【米国株投資】ウェイスト・マネジメント & ウォルマート / WM & WMT:不況に負けない2つの銘柄

Ticker: WM/ WMT / 1616文字 / 所要時間3分程度 / Buy / チャールズ・サイズモア

画像

サマリー

  • 今月は、世界で最も儲かっているゴミ収集業者、ウェイスト・マネジメント(NYSE:WM)について触れたい
  • そして、今月2番目の銘柄は、紹介するまでもないだろうが、世界最大の小売業者、ウォルマート(NYSE:WMT)である

ウェイスト・マネジメント(NYSE:WM)

画像

ウェイスト・マネジメントのトラックがゴロゴロと近所を走っているのを見たことがあるだろう。

同社は15,000以上の収集ルートと254の埋立地を運営している 。

しかし、単にゴミを集めるだけでなく、同社はリサイクル・回収施設や、埋立地からガスを生み出す再生可能エネルギーを通じて、ゴミから利益を得る方法を見出している。

同社はゴミを天然ガスに変換し、それを自社のトラックの燃料としている。

希少な人間の労働力を代替するために自動化が必要だと私が言ったことを覚えているだろうか?

実際に、同社は、自動化されたリサイクル施設に投資している。

同社は、ゴミ収集という不快な仕事を、競合他社がほとんどいない収益性の高いビジネスに変えたのである。

この会社は、ゴミの運搬と処理で25%から30%の株主資本利益率を定期的に生み出している。

画像

また、その利益を配当の上昇に変えている(Figure 17)。

同社は高配当企業ではない。

なぜなら、現在の配当利回りはわずか1.6%だからである。

しかし、同社は、毎年時計仕掛けのように増配しているので、これは完璧なフォーエバー・ストックであるとみている。

過去2年間だけでも22%、過去10年間では92%増配している。

私が欲しい株は

  1. 不況に強い
  2. 政府債務超過に強い
  3. インフレに強い

そして、同社は、これらの条件をすべて満たしているため、これ以上言及することは無いのが現状である。

その為、私個人としては、同社の株式を永久保有銘柄と見ている。

ウォルマート(NYSE:WMT)

画像

ウォルマートは伝統的な「配当株」ではない。

なぜなら、常に低配当株であり、今日の利回りは約1.6%である。

しかし、私たちは利回りのためにウォルマートを買っているのではない。

私達は、この銘柄が、ハルマゲドンすらも乗り越えることができる様な銘柄であると考えるから保有するのである。

上述のウェイスト・マネジメントで述べたように、私は不況に強く、政府の債務超過に強く、インフレに強い企業を求めている。

そして、ウォルマートは、その全てを満たしている。

画像

ウォルマートに関する私の永遠の思い出は、2005年のハリケーン・カトリーナへの対応だろう。

ウォルマートの物流システムは、米軍では対応できない規模で、ハリケーン難民に食料と水を届けることができた。

政府が失敗したとき、ウォルマートは成功したのである。

そしてそれは、年月が経つにつれて更に強力になっている。

ウォルマートは人工知能にも多額の投資を行っており、今年のクリスマスにはAIを使って在庫管理を行っている。

ウォルマートのシステムは、特定の地域で売れ筋の玩具を認識し、人手を介さずに自動的にその商品をその店舗に多く送っている。

同社によれば、今年は、15%以上の店舗が自動配送センターから商品を受け取ることになり、トラックから商品をより早く、より効率的に売り場に並べることができているとのことである 。

ウォルマートは「エブリデイ・ロープライス(毎日低価格)」を提供することで名声を築いたが、それは冷酷なまでにコストを管理しているからこそ可能なのである。

人件費もその一つであり、経費を徹底的に削減することをアイデンティティとしている企業にとって、平均時給17.50ドルが許容できる水準ではない 。

もし、同社が時給17.50ドルを支払わなければならないのであれば、同社はAIやオートメーション技術を駆使して労働時間を代替することで、より少ない人員から、より多くの生産性を生み出すことに努めることは間違いない。

その為、私個人としては、ウォルマートの株式を永久保有銘柄と見ている。

画像
画像

免責事項:本レポート上で紹介する情報は、投資教育を目的としております。その為、本情報は、特定の証券の売買や投資戦略を勧誘するものではありません。また、私は税務、法律、会計に関する助言は一切いたしません。投資には常にリスクが伴い、リターン、あるいは、元本が保証されているものではない点にご留意ください。私は、自らの分析に、虚偽、または、重大な誤解を招く記述や事実の省略が含まれていないと認識しております。特定の投資助言における過去のパフォーマンスは、特定の状況、または、市場の出来事、投資の性質、および、タイミング、ならびに、投資に関連する制約についての知識がない限り、依拠すべきではありません。私は、チャート、グラフ、計算式、推奨銘柄について述べたり、表示したりすることがありますが、これらはそれ自体でどの証券を売買すべきか、あるいはいつ売買すべきかを決定するために使用されることを意図しておりません。このようなチャートやグラフは、限られた情報しか提供していないため、それだけで投資判断を下すべきではありません。実際に投資をする際には、ライセンスを保有する金融の専門家にご相談されることを強くお勧めします。ここに記載された意見は、あくまでも私個人のものであり、予告なしに変更されることがあります。また、参照した意見やデータは本レポートの発表日時点のものであり、市場や経済状況の変化により変更される可能性があります。

アナリストによる開示:私はWM、 WMTに関するロング・ポジションを現在保有しております。また、本記事は、私個人の見解に基づき、独自に執筆したものです。私は、インベストリンゴからの報酬を除き、この記事に対して、いかなる報酬も受け取っておりません。また、本文書で言及している企業とは、いかなる商業的関係も有しておりません。

インベストリンゴによる開示:インベストリンゴは、当社コンテンツ・クリエイターが、自身の専門・得意領域に関する情報・知識を、当社のユーザーと共有する事を目的とする米国株特化型のコミュニティです。本サイトのコンテンツは、投資教育、並びに、投資情報の提供のみを目的としており、特定の投資家に対して、投資、税務、法律等のアドバイスを提供することを意図しておりません。加えて、Investlingo Japan合同会社は、日本においてライセンスを保有する証券会社、投資顧問業者、または、投資銀行ではございません。ここで述べられている意見や見解は、あくまでも、各コンテンツ・クリエーター個人の見解であり、Investlingo Japan合同会社の立場を反映しているものではございません。当社のコンテンツ・クリエーターは、個人投資家を含む独立したブロガー・アナリストから構成されており、公的機関等からの金融関連のライセンスを取得していない場合もございます。その為、本サイト上のいかなる情報も、インベストリンゴ、または、弊社プラットフォーム上の第三者による、金融商品の推奨、或いは、投資助言として解釈されるべきではありません。インベストリンゴは、弊社プラットフォーム上の情報に基づいて行われるいかなる投資決定に対して、一切責任を負わず、各ユーザーが単独で責任を負う点にご留意ください。

アナリスト紹介

画像
Charles Sizemore チャールズ・サイズモア
拠点:米国
セクター:北米高配当株

サイズモア氏は、テキサス州ダラスを拠点とする登録投資顧問会社Sizemore Capital Management LLCの最高投資責任者(CIO)。また、Blue Orbit Capital Fund I, LP、及び、Blue Orbit Multi-Strategy Fund, LPのポートフォリオ・マネージャーとしても活躍。配当重視のポートフォリオと、株式市場との相関を最小限に抑えた税効率の高いオルタナティブ・アロケーションの構築を専門としている。CNBC、Bloomberg TV、Fox Business Newsにゲストとして出演する一方で、Barron’s誌、Wall Street Journal、The Washington Postでも頻繁に引用されている。テキサス・クリスチャン大学にてファイナンスの経営学士号を取得し、その後、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスで財務・会計修士号を取得、CFAも保有。

上部へスクロール