【投資コラム】ウォーレン・バフェットが保有する米国高配当銘柄を徹底解説!

投資コラム / 6261文字 / 所要時間13分程度

low-angle photography of man in the middle of buidligns

サマリー

  • ウォーレン・バフェットは「投資の神様」として知られ、バリュー投資を基盤にバークシャー・ハサウェイを率い、主に米国株式市場において長期にわたる高リターンを実現しています。
  • 彼の投資戦略は、企業の本質的価値に注目し、市場価格がその価値を下回る時に投資することで知られており、質の高い企業を長期保有します。
  • 高配当銘柄への投資は、安定した収益とリスク軽減の観点から多くの投資家にとって魅力的であり、ウォーレン・バフェットも多くの高配当銘柄を自身のポートフォリオに組み入れております。

第1章:ウォーレン・バフェットとは?

ウォーレン・バフェットと聞いて、多くの方がすぐに連想するのは「投資の神様」という称号ではないでしょうか。バフェット氏は、長期にわたり高いリターンを達成し続けることで世界的に名を馳せています。では、彼の成功の秘訣は何でしょうか。本章では、バフェット氏の投資哲学と彼が率いる投資会社、バークシャー・ハサウェイについて掘り下げていきます。

ウォーレン・バフェットは1930年生まれのアメリカ人投資家で、バークシャー・ハサウェイのCEOとして知られています。彼の投資哲学は「バリュー投資」に基づいており、企業の本質的価値に注目し、市場価格がその価値を下回っている時に投資を行います。この方法は、彼の師であるベンジャミン・グラハムから受け継がれたものです。

バフェット氏はただ単に安い株を買うのではなく、良い経営陣によって運営されている「質の高い企業」を長期保有することで知られています。彼は企業が持続的に収益を上げる能力、すなわち「競争優位性(モート)」があるかどうかを重視します。このような企業は、市場の変動や競争圧力に強いため、安定した利益を生み出し続けることができます。

バフェット氏のもう一つの成功の秘訣は、彼の忍耐強さです。

彼は市場の短期的な動きに惑わされることなく、長期的な視点で投資を行います。このため、彼は「株価が下がったからといって慌てて売却する」ことはほとんどありません。彼にとって重要なのは、保有している企業の長期的な価値です。

バークシャー・ハサウェイは、バフェット氏のこのような投資哲学によって絶大な成果を上げてきました。同社はもともとは繊維会社でしたが、バフェット氏が取締役会の支配権を握った後、保険業界を中心に多角的な投資を行い、現在では幅広い業界に投資する巨大なコングロマリットに成長しています。

彼の投資方法は、単に投資家にとってだけでなく、一般の人々にとっても有益な教訓を含んでいます。それは「価値を見極める目を持ち、長期的な視点で物事を考える」ということです。この哲学は投資だけでなく、日常生活においても非常に重要な考え方と言えるでしょう。

バフェット氏の投資哲学を学ぶことで、私たちは単に資産を増やす方法を学ぶだけでなく、長期的な視点で価値を判断し、決断する力を養うことができます。彼のアプローチは、急速に変化する現代社会において、一貫した成功を収めるためのヒントを提供してくれるのです。

この章では、ウォーレン・バフェットという人物と彼の投資哲学について概観しました。次章では、バフェット氏がどのようにして「高配当銘柄」に注目し、それを投資ポートフォリオに組み入れるのかについて、さらに詳しく掘り下げていきます。高配当銘柄への投資がどのようにして投資家にとって魅力的な選択肢となるのか、その理由を明らかにしていきましょう。

第2章:高配当銘柄とその魅力

高配当銘柄は、多くの投資家にとって魅力的な投資オプションです。そして、それはウォーレン・バフェットにとっても例外ではないようです。これらの銘柄は、安定した収益とリスクの軽減を投資ポートフォリオにもたらす可能性があります。本章では、高配当銘柄投資の基本的な概念から、その魅力、さらには予想配当利回りの重要性について詳しく掘り下げていきます。

高配当銘柄

高配当銘柄とは配当利回りが業界平均や市場平均を上回る株式のことを指します。配当利回りは、企業が株主に支払う年間の配当総額を株価で割ったもので、この数値が高いほど投資家にとって魅力的な投資先となります。これらの銘柄は、特に長期的な投資戦略において重要な役割を果たし、市場の不確実性の中で収入の安定源となり得ます。

高配当銘柄の魅力は、定期的な配当収入にあります。これにより、投資家は株価の変動リスクに対する一定の保護を得ながら、市場がどのような環境であっても利益を享受することができます。さらに、高配当銘柄は通常、経済の変動に強い安定した業種に属する企業から出されることが多く、これがさらなる安心感を投資家に提供します。

しかし、高配当銘柄投資においては、「予想配当利回り」という概念を理解することが不可欠です。

予想配当利回り

予想配当利回りは、将来にわたって企業が支払うと予想される配当を基に計算されます。具体的には、次の1年間に1株当たりで支払われると予想される配当総額を現在の株価で割ることで算出されます。

しかし、重要なのはこの利回りが「予想」に基づいているという点です。予想配当利回りは、企業の未来の業績や経済状況によって変動する可能性があり、その数値が確定的なものではないことを理解しておく必要があります。企業の業績が予想を下回る場合、配当がカットされるリスクがあり、その逆もまた然りです。

予想配当利回りを計算する際、将来にわたって企業が支払うと予想される配当総額を算出するには、いくつかの方法がありますが、主に以下のような手法が用いられます。

1.過去の配当実績に基づく予測

企業が過去にどのような配当を行ってきたかを基に、将来の配当を予測します。これは、企業が過去の配当ポリシーを継続すると仮定した場合のシンプルな方法です。ただし、企業の業績や経済状況が変化すれば、配当も変わる可能性があるため、この方法だけに依存するのはリスクが伴います。

2.企業の利益予測に基づく予測

企業の将来の利益予測を基に、その一部が配当として支払われると予測します。多くの企業は利益の一定割合を配当に回すポリシーを持っているため、利益予測から配当を推測することができます。この方法は、企業の将来の業績に基づくため、過去の実績だけに依存するよりも現実的な予測が得られる可能性があります。

また、高配当銘柄投資を行う際に配当性向を考慮することも重要です。

配当性向

配当性向は、企業が稼いだ利益のうちどれだけを配当に回しているかを示す指標であり、通常、各企業によって計算され、財務報告書などを通じて公表されます。投資家は企業の年次報告書や四半期報告書、投資家向けのプレゼンテーション資料からこの情報を得ることができます。また、金融情報サービスや投資情報サイトでは、企業の配当性向を含むさまざまな財務指標が提供されています。

そして、配当性向を評価する際には、過去のデータと予測データの両方を考慮することが有効です。過去の配当性向は企業が過去にどのように利益を配当に充ててきたかを示し、将来の配当性向の予測は企業の将来的な配当方針や業績予測を反映します。ただし、予測は不確実性を伴うため、複数の情報源からのデータを照らし合わせることが重要です。

また、当期純利益がマイナスであるにもかかわらず配当を行う企業は存在し、この場合配当性向はマイナスとなります。これは、「企業が損失を出しているにもかかわらず配当を支払っている」ことを示しており、その企業が外部資金や過去の利益蓄積を配当に充てている可能性があります。この状況は、企業の財務健全性や将来の配当支払い能力に関する疑問を投げかけるため、投資家はこのような企業に対して慎重な評価が必要です。長期的には、企業が利益を生み出し、その利益から配当を支払う能力を持っているかが重要となってきます。

したがって、高配当銘柄への投資を検討する際には、ただ単に予想配当利回りが高いからといって選ぶのではなく、企業の財務健全性、業界内での競争力、市場環境など、多角的な視点から分析することが求められます。

最終的に、高配当銘柄への投資は、ポートフォリオの一部として考え、分散投資の原則を適用することが重要です。これにより、特定の企業や業界の下振れリスクを軽減しつつ、安定した配当収入を享受することが可能になります。

第3章:バフェットが選ぶ高配当銘柄の特徴

【先行アクセス(+特典付き)とニュースレターへの登録】

インベストリンゴは、🇯🇵日本初、🇺🇸米国株式投資に特化した金融のプロフェッショナルが集まる📱メディアプラットフォームです。

🚀ローンチに先立ち、✉️ニュースレター経由で、彼らの最新のコンテンツを日々紹介しております。

インベストリンゴ公式ホームページはこちら

米国株投資家の皆様は、是非、上記リンクより、メールアドレスをご登録頂き、完全版の弊社レポートを、日々、無料でご覧頂ければと思います。

ご登録頂けますと、過去のレポートも全て無料でご覧頂けます。

また、X(旧Twitter)上でも、日々、米国株式市場に関する情報を配信しておりますので、是非、フォロー頂ければと思います。

X(旧Twitter):インベストリンゴ公式アカウントはこちら

関連記事

【米国株式投資】コカ・コーラ / KO / 予想配当利回り3.09%:連続増配銘柄の最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し

➡ 【米国株式投資】ブリティッシュ・アメリカン・タバコ / BTI / 予想配当利回り9.57%:ディフェンシブ・タバコ関連銘柄の最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(British American Tobacco)

➡【米国株式投資】スターバックス・スタバ / SBUX / 予想配当利回り2.41%:連続増配ディフェンシブ銘柄の最新の決算分析と今後の株価見通し(2024年2月7日 / Starbucks)

ウォーレン・バフェットが率いるバークシャー・ハサウェイは、長期にわたり安定した成果を上げており、その投資戦略は世界中の投資家から注目されています。特に、バフェットが選ぶ「高配当銘柄」は、多くの投資家が学びたいと望む対象です。本章では、バフェットが高配当銘柄を選ぶ際に重視する特徴について改めて詳しく解説します。

バフェットの投資哲学は、単純明快ですが非常に効果的です。彼はバリュー投資を信条とし、企業の内在価値に注目して投資を行います。この哲学のもと、高配当銘柄を選ぶ際にバフェットが注目するのは主に以下の4つの特徴です。

1.強固なビジネスモデル

バフェットは、市場の変動に強く、安定したキャッシュフローを生み出すビジネスモデルを持つ企業を好みます。特に、独自の競争優位性(モート)を持ち、業界内での強固な地位を築いている企業が選ばれる傾向にあります。

2.財務の健全性

高い配当利回りを持つ銘柄でも、財務が健全でなければ長期的な投資対象とはなりません。バフェットは、低い負債比率、高い自己資本比率、安定したキャッシュフローを重視します。これらは、企業が未来にわたって配当を維持、あるいは増やす能力があるかを示す重要な指標です。

3.明瞭な経営陣

経営陣の質は、企業の長期的な成功に不可欠です。バフェットは、ビジョンが明確で、株主の価値を最大化することに注力している経営陣を重視します。また、経営陣が自社株を保有しているかどうかも、彼の評価基準の一つです。

4.合理的なバリュエーション

高配当銘柄であっても、その株価が内在価値を反映しているかは重要なポイントです。バフェットは過大評価されている割高な銘柄を避け、内在価値に対して割安であると判断される銘柄を選びます。

これらの特徴を踏まえた上で、バフェットが選ぶ銘柄は、長期的な視点で見た場合に安定した収益と成長を見込める企業であることが分かります。高配当銘柄への投資を考える際には、これらのポイントを参考に、自身の投資戦略に合った選択を行うことが大切です。

第4章:バフェットが保有する高配当銘柄5選

ウォーレン・バフェットとその投資会社であるバークシャー・ハサウェイが選ぶ高配当銘柄は、投資家にとって非常に参考になる情報です。彼らが選ぶ企業は、安定したビジネスモデル、堅実な財務基盤、そして長期的な視点での増配が特徴です。ここでは、2023年12月31日時点でバフェットが保有する高配当銘柄の中から、特に高配当銘柄として市場で人気の高い5つの企業を紹介します。

1.コカ・コーラ(KO

世界的な飲料メーカーであるコカ・コーラは、長年にわたって安定した成長を遂げています。同社は60年以上にわたり連続して配当を増やしており、その堅実なビジネスと配当政策は多くの投資家に支持されています。

コカ・コーラの関連レポートはこちら

2.シェブロン(CVX

エネルギー業界の大手であるシェブロンは、石油とガスの探査から生産、精製、販売まで幅広い事業を展開しています。同社は30年以上の連続増配を誇り、エネルギー業界の中でも特に投資家にとって魅力的な銘柄です。

シェブロンの関連レポートはこちら

3.クローガー (KR)

アメリカの大手スーパーマーケットチェーンであるクローガーは、食料品小売業界で安定した業績を維持しています。同社は配当を継続的に増やしており、投資家にとって魅力的な配当収益を提供しています。

クローガーの関連レポートはこちら

4.ディアジオ(DEO

世界最大級のスピリッツ製造会社であるディアジオは、ジョニーウォーカー、ギネス、スミノフなどの有名ブランドを保有しています。同社は安定した収益基盤を背景に、着実に配当を支払っており、長期的な投資家にとって魅力的な選択肢となっています。

ディアジオの関連レポートはこちら

5.シティグループ(C

金融業界の大手であるシティグループは、広範な金融サービスとグローバルなネットワークを持ちます。金融危機後、シティグループは配当の安定性と成長を取り戻しつつあります。

これらの企業は、それぞれ異なる業界に属しながらも、安定したビジネスモデルと長期にわたる配当の増加を通じて、投資家に安定したリターンを提供しています。ウォーレン・バフェットがこれらの銘柄を選んだ理由は、彼の投資哲学に基づいた堅実なビジネス運営と将来にわたる収益の持続可能性にあります。これらの企業から学ぶべき点は多く、投資家がポートフォリオを構築する際の重要な参考情報となるでしょう。

シティグループの関連レポートはこちら

第5章:バフェット流高配当銘柄投資のコツ

ウォーレン・バフェットの投資方法は多くの投資家にとって魅力的ですが、彼が選んだ銘柄を盲目的にフォローすることは推奨されません。バフェットが購入した時点と現在では市場環境が異なり、彼が同じ銘柄を現在の価格で購入するとは限りません。したがって、バフェットの投資戦略を理解し、自身で銘柄選択を行うことが重要です。以下に、バフェット流の高配当銘柄投資のコツを紹介します。

1.企業の本質的価値を見極める

バフェットは企業の内在価値と市場価格の乖離を評価して投資を行います。企業の業績、市場地位、競争優位性などを総合的に分析し、その企業が長期的に価値を提供し続けるかを判断します。

2.財務健全性に注目する

投資を検討する企業が健全な財務状況にあるかを確認します。高い債務、不透明な財務報告、過剰なリスク取りは避けるべきシグナルです。特に、バフェットが購入した当時と現在で財務状況が大きく変わっていないかを確認することが重要です。

3.長期的な視点を持つ

短期的な市場の変動に惑わされず、企業が将来的にどのような価値を提供し続けるかを考えます。バフェットのように、10年、20年と保有し続けられる銘柄を選ぶことが、成功への鍵です。

4.分散投資を心掛ける

バフェットも全資産を一つの銘柄に投じることはありません。市場の不確実性に備え、複数の銘柄やセクターに分散投資を行うことでリスクを軽減します。

5.自己責任の原則を守る

バフェットの投資戦略を参考にすることは有益ですが、最終的な投資判断は自己の責任で行う必要があります。他人の意見や流行に流されず、独自の調査と分析に基づいて投資を行いましょう。

投資家がバフェットの高配当銘柄投資戦略から学ぶべきは、彼の選択した銘柄を盲目的に真似ることではなく、その背後にある分析プロセスと長期的な視点です。自身で市場を分析し、賢明な投資判断を下すことが、成功への道となります。

最後に

インベストリンゴでは、弊社のアナリストが、これらの米国株高配当銘柄、並びに、米国株配当王銘柄の動向を日々アップデートしております。米国株式市場において、連続して増配を続ける高配当銘柄に関心のある方は、是非、弊社プラットフォームより、関連のレポートをご覧いただければと思います。

【先行アクセス(+特典付き)とニュースレターへの登録】

インベストリンゴは、🇯🇵日本初、🇺🇸米国株式投資に特化した金融のプロフェッショナルが集まる📱メディアプラットフォームです。

🚀ローンチに先立ち、✉️ニュースレター経由で、彼らの最新のコンテンツを日々紹介しております。

インベストリンゴ公式ホームページはこちら

米国株投資家の皆様は、是非、上記リンクより、メールアドレスをご登録頂き、完全版の弊社レポートを、日々、無料でご覧頂ければと思います。

ご登録頂けますと、過去のレポートも全て無料でご覧頂けます。

また、X(旧Twitter)上でも、日々、米国株式市場に関する情報を配信しておりますので、是非、フォロー頂ければと思います。

X(旧Twitter):インベストリンゴ公式アカウントはこちら

関連記事

【米国株式投資】エマソン・エレクトリック / EMR / 予想配当利回り2% / 中立 / 配当王:最新の24年1Q決算と今後の株価見通し(Emerson Electric)

【米国株式投資】パーカー・ハネフィン / PH / 予想配当利回り1.12% / 弱気 / 配当王:最新の24年2Q決算分析と今後の株価見通し(Parker-Hannifin)

【米国株式投資】ドーバー / DOV / 予想配当利回り1.24% / 中立 / 配当王:最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(Dover)

【米国株式投資】ノースウエスト・ナチュラル / NWN / 予想配当利回り5.32% / 配当王:23年4Q決算分析と今後の株価見通し(Northwest Natural Holding)

【米国株式投資】アメリカン・ステイツ・ウォーター / AWR / 予想配当利回り2.43% / 強気 / 配当王:最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(American States Water)

【米国株式投資】ペプシコ / PEP / 予想配当利回り3.04%:連続増配ディフェンシブ銘柄の最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(PepsiCo)

【米国株式投資】フォード・モーター / F / 予想配当利回り4.88%:注目の高配当銘柄の最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(Ford Motor)

【米国株式投資】マクドナルド / MCD / 予想配当利回り2.29%:連続増配ディフェンシブ銘柄の最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(McDonald’s)

【米国株式投資】コカ・コーラ / KO / 予想配当利回り3.09%:連続増配銘柄の最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し

➡ 【米国株式投資】ブリティッシュ・アメリカン・タバコ / BTI / 予想配当利回り9.57%:ディフェンシブ・タバコ関連銘柄の最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(British American Tobacco)

➡【米国株式投資】スターバックス・スタバ / SBUX / 予想配当利回り2.41%:連続増配ディフェンシブ銘柄の最新の決算分析と今後の株価見通し(2024年2月7日 / Starbucks)


【米国株式投資】アルトリア・グループ / MO / 予想配当利回り9.79%:連続増配ディフェンシブ銘柄の最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(Altria)

【米国株式投資】シェブロン/ CVX / 予想配当利回り4.06%:連続増配エネルギー銘柄の最新の決算分析と今後の株価見通し(Chevron)

【米国株式投資】エクソン・モービル / XOM / 予想配当利回り3.65%:連続増配エネルギー銘柄の最新の決算分析と今後の株価見通し(2024年2月9日 / Exxon Mobil)

【米国株式投資】ファイザー / PFE:予想配当利回り6.24%の増配を継続する注目の製薬・ディフェンシブ高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月5日 / Pfizer)

【米国株式投資】JPモルガン / JPM / 予想配当利回り2.38%:連続して増配する注目の銀行・高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(米国株式投資 / 2024年1月31日 / JP Morgan)

【米国株式投資】ジョンソン・エンド・ジョンソン / JNJ:予想配当利回り2.99%の増配を継続する注目のディフェンシブ高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月1日)

【米国株式投資】プロクター・アンド・ギャンブル / PG:予想配当利回り2.39 %の増配を継続する注目のディフェンシブ高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月1日)

【米国株式投資】ロッキード・マーチン / LMT:予想配当利回り2.92%の増配を継続する注目のディフェンシブ高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月1日 / 米国株式投資 / Lockheed Martin)

【米国株式投資】スリーエム / MMM:予想配当利回り6.29%の注目のディフェンシブ高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月1日 / 米国株式投資 / 3M Co)

【米国株式投資】メタ・フェイスブック / META / 予想配当利回り0.43%:注目のメタバース・AI関連成長株の最新の決算分析と今後の株価見通し(2024年2月2日 / Meta / Facebook)

【米国株式投資】ベライゾン / VZ:予想配当利回り6.28%の増配を継続する注目のディフェンシブ高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月1日 / 米国株式投資 / Verizon)

【米国株式投資】AT&T / T:予想配当利回り6.26%の注目のディフェンシブ高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月1日 )

【米国株式投資】ラム・リサーチ / LRCX(Lam Research:予想配当利回り0.95%):注目の半導体関連銘柄の24年度第2四半期決算・株価分析と今後の展望

【米国株投資】エヌビディア / NVDA(NVIDIA Corp:年間予想配当利回り0.03%):注目の半導体・AI関連銘柄から学んだ配当と株価リターンに関する教訓

【米国株投資】エヌビディア / NVDA / 予想配当利回り0.03%:半導体AI関連銘柄の株価分析と今後の見通し(NVIDIA)

【米国株投資】エンブリッジ(ENB:年間予想配当利回り7.5%)& ベライゾン(VZ:年間予想配当利回り6.7%):高水準の予想配当利回りが魅力的な、おススメの2つの高配当個別銘柄

【米国株投資】マリオット・インターナショナル(MAR:年間予想配当利回り0.9%):グローバル・ブランド関連のおススメの高配当個別銘柄 – Part 2

【米国株投資】メドトロニック/ MDT:予想配当利回り3.20%の注目の高配当ヘルスケア関連個別銘柄

【米国株投資】ONEOK(ワンオーク)/ OKE:予想配当利回り5.57%の注目の高配当エネルギー関連銘柄

免責事項:本レポート上で紹介する情報は、投資教育を目的としております。その為、本情報は、特定の証券の売買や投資戦略を勧誘するものではありません。また、私は税務、法律、会計に関する助言は一切いたしません。投資には常にリスクが伴い、リターン、あるいは、元本が保証されているものではない点にご留意ください。私の知る限りでは、私は自らの分析に、虚偽、または、重大な誤解を招く記述や事実の省略が含まれていないと認識しております。特定の投資助言における過去のパフォーマンスは、特定の状況、または、市場の出来事、投資の性質、および、タイミング、ならびに、投資に関連する制約についての知識がない限り、依拠すべきではありません。私は、チャート、グラフ、計算式、推奨銘柄について述べたり、表示したりすることがありますが、これらはそれ自体でどの証券を売買すべきか、あるいはいつ売買すべきかを決定するために使用されることを意図しておりません。このようなチャートやグラフは、限られた情報しか提供していないため、それだけで投資判断を下すべきではありません。実際に投資をする際には、ライセンスを保有する金融の専門家にご相談されることを強くお勧めします。ここに記載された意見は、あくまでも私個人のものであり、予告なしに変更されることがあります。また、参照した意見やデータは本レポートの発表日時点のものであり、市場や経済状況の変化により変更される可能性があります。

アナリストによる開示:私は、この記事で言及されている企業の株式に関するポジションを現時点で保有しておらず、また、今後5日以内にそのようなポジションを持つ予定もありません。また、本記事は、私個人の見解に基づき、独自に執筆したものです。私は、インベストリンゴからの報酬を除き、この記事に対して、いかなる報酬も受け取っておりません。また、本文書で言及している企業とは、いかなる商業的関係も有しておりません。

インベストリンゴによる開示:インベストリンゴは、当社コンテンツ・クリエイターが、自身の専門・得意領域に関する情報・知識を、当社のユーザーと共有する事を目的とする米国株特化型のコミュニティです。本サイトのコンテンツは、投資教育、並びに、投資情報の提供のみを目的としており、特定の投資家に対して、投資、税務、法律等のアドバイスを提供することを意図しておりません。加えて、Investlingo Japan合同会社は、日本においてライセンスを保有する証券会社、投資顧問業者、または、投資銀行ではございません。ここで述べられている意見や見解は、あくまでも、各コンテンツ・クリエーター個人の見解であり、Investlingo Japan合同会社の立場を反映しているものではございません。当社のコンテンツ・クリエーターは、個人投資家を含む独立したブロガー・アナリストから構成されており、公的機関等からの金融関連のライセンスを取得していない場合もございます。その為、本サイト上のいかなる情報も、インベストリンゴ、または、弊社プラットフォーム上の第三者による、金融商品の推奨、或いは、投資助言として解釈されるべきではありません。インベストリンゴは、弊社プラットフォーム上の情報に基づいて行われるいかなる投資決定に対して、一切責任を負わず、各ユーザーが単独で責任を負う点にご留意ください。

にほんブログ村:米国株ランキング

人気ブログランキング:米国株ランキング

上部へスクロール