【最新】米国株の今後の見通し / RSP / 強気:強気派が主導権を握る市場へ

Ticker: RSP / 2923文字 / 所要時間6分程度 / 強気

画像

サマリー

  • 足元の経済データの変化率は継続して改善し続けている。
  • そして、株式市場は今年後半のソフトランディングを予想している。

金融市場は、市場が反映することになっている現実世界の経済動向を先取りして上下に動く傾向があるため、長い間ディスカウント・メカニズムと考えられてきた。

大金融危機の後、連邦準備制度理事会(FRB)は貨幣コストをゼロにし、患者に点滴で薬を投与するように金融システムに流動性を安定的に注入することで、自由市場のディスカウント・メカニズムを巧みに操作している。

その結果、金融資産価格が上昇した。

自由市場における金利はリスクを測るものであり、FRBが短期金利をゼロまで引き下げ、量的緩和として知られる債券購入プログラムで長期金利を重くしたことで、市場のリスク価格決定能力はさらに損なわれた。

画像

実住宅バブル崩壊後の10年間はデフレに瀕していたため、金融危機後の数年間、FRBが目指したのは、成長を回復させ、インフレ率を平均2%まで高めることだった。

FRBは金融資産価格を操作して富の効果を生み出し、それが経済成長の加速とインフレ率の上昇につながると期待したのである。

そのくすぐり政策がどれだけうまくいったか、まだ結論は出ていない。

今日、バーナンキ議長は経済を救ったという手柄を立てたがっている。

しかし私は、バーナンキ議長が、金融危機までの数年間、連邦準備制度理事会(FRB)のかじ取り役を務めながら、米国経済を崩壊寸前まで追い込んだと考えている。

私は2010年代のFRBの政策が好きではなく、当時、日常的に自身のレポートにおいてFRBを非難していた。

FRBの操作を軽蔑していたことも、私の投資戦略と市場見通しに影響を与え、自分自身が市場の上昇に参加することを制限した。

画像

そのころの私は、経済や市場に何が起こるかではなく、何が起こるべきかを考えて投資していたため、自分自身のバイアスの犠牲になっていた。

私は次第に、そのようなアプローチが無駄であることを学んだ。

というのも、市場は私の考えなど気にも留めず、長期的には悪い政策かもしれないことなど気にも留めなかったからだ。

通常、市場が自由に機能する場合、6〜12ヶ月の期間で機能する。

ありがたいことに、FRBは金利政策を正常化し、量的緩和のプロセスを逆戻りさせ始めたことで、もはや金融緩和を操作するモードではなくなっている。

市場は再び自由になり、完全なディスカウントモードに入った。

ありがたいことに、私はここ数年、市場がどう動くべきかよりも、市場がどう動く可能性が高いかに焦点を当てるよう、アプローチを修正してきた。

そのおかげで、私は市場やビジネスサイクルをうまく乗り切ることができるようになった。

今日、多くの投資家や評論家が2010年代の私と同じ間違いを犯している。

現政権が気に入らない、連邦債務と赤字が気に入らない、FRBの金融政策が気に入らない、バリュエーションが気に入らない、などなど挙げればきりがない。

多くの評論家は、市場の天井を予測したり、人工知能バブルのピークを見極めようとしている。

そして、彼らはネガティブな経済指標に焦点を当て、ポジティブな指標を無視する。

これはほとんどの投資家を迷わせるアプローチだと思う。

私の批判者は、私はポジティブなものだけに注目してきたと言うだろうし、私を常に強気であると言う人もいるが、それは公正な評価ではない。

なぜなら、私は常に両方に注目している。

この景気循環を特に測定しにくくしているのは、ソフトランディング時には、入ってくる経済データのプラスとマイナスのバランスが比較的均等であることである。

そのため、強気派と弱気派の両方が主張することができる。

物価上昇率を下げるためには、経済データが弱くなることが必要だが、景気拡大が続くためには、レジリエンスが必要なのである。

私はどちらか一方に注目しているのではなく、両者の変化率に注目している。

変化率こそが自由市場の原動力であり、現在の市場は、経済がソフトランディングに向かっていることを物語っている。

そうなれば、これまで見てきた上昇の正当性が証明され、まだ参加していない市場部門(まだ上昇していない銘柄)にさらなる上昇余地が生まれることになる。

今年も景気後退を予想する識者も少なくないが、コンセンサスは景気拡大継続派に固まっている。

実際、2024年の経済成長率の予測は、今年の初めから改善し続けている。

これはプラスの変化率であり、企業収益にとって追い風となる。

画像

このため、S&P500のコンセンサス業績予想は1月下旬から上昇傾向にあり、これもプラスの変化率である。

画像

同時に、先週の1月の数字で分かったように、FRBがインフレを測る指標として好んで使用するコア個人消費支出(PCE)価格指数は、年率換算で低下し続けている。

ベア派は、先月上昇した構成要素を探すのに精一杯であった。

しかし要するに、全体のコア金利は低下し続けているということなのである。

これが今後のFRBの政策を決定することになる。

そして今年後半には2%に到達する予定であり、これはまた別のプラスの変化率である。

画像

ソフトランディングの軌道に乗っているにもかかわらず、投資家はもはや利下げが何回実現するかには関心がなく、短期金利がピークに達し、今年のある時点で低下し始めるという事実に安心しているようだ。

そして、当初は7回の利下げを予想していたが、現在はわずか4回にまで減っている。

私は、FRBが遅かれ早かれ始める必要があることを懸念しており、もし5月までに始まらなければ、私は厳戒態勢をとることになるだろう。

しかし、私は市場の声に耳を傾け、現在の金利環境を長く乗り切れるほど経済が強いことを市場が教えてくれているのだとも考えている。

2022年秋、経済環境がこれ以上悪くなることはないだろうというときに申し上げたように、市場の方向性を決めるには、絶対的な数字は無視して、数字の変化率に注目することである。

変化率はそれ以来改善し続け、現在も改善し続けている。

これが、強気派がソフトランディングに向けて走り続ける理由なのである。

私は、バブルに沸くAI(人工知能)市場の天井を予想しているわけではない。

しかし、リスク対リターンを考慮した場合、より大きなバリュー・プロポジションを提示し、なおかつ上昇の可能性がある市場セグメントに注目することを好む。

そこで私は、小型株に重点を置いた平均的な銘柄に注目している。

先週、ナスダック100(QQQ)とS&P500(SPY)の年初来パフォーマンスを比較した以下のチャートを投資家と共有した。

この2つの指数は、最大手のテクノロジー企業とイコール・ウェイト型のS&P500(RSP)とラッセル2000(IWM)の構成銘柄で構成されている。

そして、年が明ければ、RSPとIWMがQQQとSPYとの差を縮めると私は見ている。

実際に、ラッセル2000小型株指数は先週、ようやくプラス圏に浮上している。

画像

変化率の改善が止まり、悪化し始めたら、市場と経済に対する私の見通しも変わるだろう。

それまでは、今の状況を存分に楽しんでほしい。

【先行アクセス(+特典付き)とニュースレターへの登録】

インベストリンゴは、🇯🇵日本初、🇺🇸米国株式投資に特化した金融のプロフェッショナルが集まる📱メディアプラットフォームです。

🚀ローンチに先立ち、✉️ニュースレター経由で、彼らの最新のコンテンツを日々紹介しております。

インベストリンゴ公式ホームページはこちら

米国株投資家の皆様は、是非、上記リンクより、メールアドレスをご登録頂き、完全版の弊社レポートを、日々、無料でご覧頂ければと思います。

ご登録頂けますと、過去のレポートも全て無料でご覧頂けます。

また、X(旧Twitter)上でも、日々、米国株式市場に関する情報を配信しておりますので、是非、フォロー頂ければと思います。

X(旧Twitter):インベストリンゴ公式アカウントはこちら

関連記事

【最新】米国株の今後の見通し:今日の米国株に投資するには?引き続き、イコールウェイト型のS&P500に注目!

【最新】米国株の今後の見通し:AI関連銘柄以外の銘柄、イコールウェイト型のS&P500(RSP)に引き続き注目!

【最新】米国株の今後の見通し:イコールウェイト型のS&P500に注目!先週のローテションより、強気ブレイクアウトが発動!

【米国株投資】ドロップボックス / DBX / 強気:最新の23年度第4四半期決算分析と今後の株価見通し(Dropbox)

【米国株式投資】グローバルファウンドリーズ / GFS:最新の23年第4四半期決算分析と今後の株価見通し – Part 1(GlobalFoundries)

【米国株式投資】パロアルト・ネットワークス / PANW / 弱気:最新の24年度第2四半期決算分析と今後の株価見通し(Palo Alto Networks)

【米国株式投資】サイバーアーク・ソフトウェア / CYBR:テクノロジー関連成長株の最新の24年第4四半期決算分析と今後の株価見通し(CyberArk Software)

【米国株式投資】アプライド・マテリアルズ / AMAT:半導体・AI関連成長株の最新の24 年1Q決算分析と今後の株価見通し – Part 1(Applied Materials)

免責事項:ローレンス・フラーは、アメリカ合衆国で登録された投資顧問会社、Fuller Asset Management(FAM)のマネージング・プリンシパルです。本情報は、幅広い読者を対象とした教育目的にのみ提供されることを意図しております。その為、本情報は、特定の証券、投資、または、投資戦略を勧誘するものではございません。更に、FAMは、税務、法律、会計に関するアドバイスを一切行っておりません。投資には常にリスクが伴い、リターン、あるいは、元本が保証されているものではない点にご留意ください。FAMは、公正でバランスの取れた方法で情報を提供しております。その為、FAMは、本レポート上の情報が、虚偽、または、重大な誤解を招く記述、または、事実の省略を含んでいないと合理的に認識しております。また、特定の投資助言による過去のパフォーマンスは、特定の状況や市場の出来事、投資の性質やタイミング、投資に関連する制約についての知識がない限り、依拠すべきではありません。FAMは、チャート、グラフ、計算式、推奨銘柄について、説明・提示をすることがありますが、それ自体が、どの証券を売買すべきか、あるいは、いつ売買すべきかを決定するために使用されることを意図したものではございません。このようなチャートやグラフは、限られた情報しか提供しないため、それだけで投資判断をすべきではありません。その為、実際に投資をされる際には、資格を有する金融の専門家にご相談されることを強くお勧めします。ここに記載された意見はあくまでも当社のものであり、予告なしに変更されることがあります。また、言及された意見は、発表日時点のものであり、市場や経済状況の変化により変更される可能性があり、更に、必ずしもその通りになるとは限らない点にもご留意ください。

アナリストによる開示: 私はRSPに関するロング・ポジションを現在保有しております。また、本記事は、私個人の見解に基づき、独自に執筆したものです。私は、インベストリンゴからの報酬を除き、この記事に対して、いかなる報酬も受け取っておりません。また、本文書で言及している企業とは、いかなる商業的関係も有しておりません。

インベストリンゴによる開示:インベストリンゴは、当社コンテンツ・クリエイターが、自身の専門・得意領域に関する情報・知識を、当社のユーザーと共有する事を目的とする米国株特化型のコミュニティです。本サイトのコンテンツは、投資教育、並びに、投資情報の提供のみを目的としており、特定の投資家に対して、投資、税務、法律等のアドバイスを提供することを意図しておりません。加えて、Investlingo Japan合同会社は、日本においてライセンスを保有する証券会社、投資顧問業者、または、投資銀行ではございません。ここで述べられている意見や見解は、あくまでも、各コンテンツ・クリエーター個人の見解であり、Investlingo Japan合同会社の立場を反映しているものではございません。当社のコンテンツ・クリエーターは、個人投資家を含む独立したブロガー・アナリストから構成されており、公的機関等からの金融関連のライセンスを取得していない場合もございます。その為、本サイト上のいかなる情報も、インベストリンゴ、または、弊社プラットフォーム上の第三者による、金融商品の推奨、或いは、投資助言として解釈されるべきではありません。インベストリンゴは、弊社プラットフォーム上の情報に基づいて行われるいかなる投資決定に対して、一切責任を負わず、各ユーザーが単独で責任を負う点にご留意ください。

アナリスト紹介

ローレンス・フラー
拠点:アメリカ
セクター:米国マクロ経済

フラー氏は、インベストリンゴにて、米国マクロ経済・大型株に関する執筆を担当。1993年に、メリルリンチ証券でファイナンシャル・コンサルタントとしてキャリアをスタート。その後、ファースト・ユニオン・ブローカレッジ、モルガン・スタンレー証券、INGグループで同職を務め、30年以上にわたり個人投資家顧客の投資ポートフォリオを管理。2005年には、Fuller Asset Management LLCを設立。更に、2013年より、米国金融ニュースサイト「Seeking Alpha」にて、米国投資家に対して、マクロ経済・投資リサーチの提供を開始し、現在では、14,000人以上のフォロワーを獲得。ノースカロライナ大学チャペルヒル校を卒業、政治学の学士号を取得。

にほんブログ村:米国株ランキング

人気ブログランキング:米国株ランキング

上部へスクロール