【最新】米国株の今後の見通し / 強気:素晴らしいインフレ関連レポートが、S&P500の史上最高値更新をサポート

Ticker: RSP / 2289文字 / 所要時間5分程度 / 強気

サマリー

  • FRBが好んで使用するインフレ指標は、ディスインフレ・トレンドが維持されていることを確認した。
  • そして、投資家はこれに反応し、S&P500を含む主要市場の平均株価は史上最高値を更新している。

昨日、経済分析局が1月の個人消費支出(PCE)物価指数を発表したとき、投資家は明らかに悪いニュースを覚悟していた。

これはFRBが好んで使用するインフレ指標であり、今月初めの消費者物価指数を見る限り、予想を上回るのではないかと懸念が高まっていた。

1月の消費者物価指数はインフレ率の上昇を示したが、これは実際の物価上昇というよりも、賃貸料のインフレ率の計算方法が変更されたことによるようである。

いずれにせよ、弱気派はこのアノマリーを利用して、2022年秋に始まったディスインフレ傾向の持続性に疑問を呈している。

実際、弱気派はこの数ヶ月間、コンセンサスへの恐怖心を煽るために、指数の構成要素に疑問を投げかけ続けてきた。

恐怖心は、なぜか楽観論よりもはるかに早く広まる。

しかし、PCEの報告によって、こうした懸念は一掃された。

そのため、主要市場の平均株価は再び史上最高値を更新した。

強気派と弱気派は議論できるが、結局のところ、最終的な決定権は市場に委ねられている。

悲観的な人々の不満は日に日に薄れつつあるが、それでも彼らの不満としては、インフレ率は12月の0.1%下方修正から1月は0.4%上昇したということである。

そして、これは昨年1月以来の月間上昇率である。

同時に、実質(インフレ調整後)支出が0.1%減少したことも重要な指標であるかのように主張している。

実際に、PCEが2.4%増加したのに対して、個人消費全体は過去1年間で4.5%増加した。

その結果、実質消費支出は2.1%増加している。

これほど良いことはなく、我々はソフトランディングに向かっているということである。

ある月から次の月へのデータは、基本的なトレンドを覆さない限りノイズと成り得る。

パンデミック時に商品価格が高騰し、サービス価格が暴落したとき、それが焦点となった。

その後、卵、中古車、ガソリンなど、過去1年半にわたってモグラたたきゲームのような状況が続いた。

これは今日まで続いており、悲観論者は現在、住宅やエネルギーを含まないサービスに近視眼的に注目している。

それは、ポートフォリオ管理手数料を中心とした専門サービスのようなものである。

金融サービスのコストは市場とともに上昇するが、これは必ずしも悪いことなのだろうか?

また、スポーツ観戦にかかる費用も急増している。

下のグラフを見ればわかるように、全体として最低の2.4%まで低下している。

これは今後も続くはずのプラス変化率である。

食品とエネルギーを除いたコア・レートを見ると、ディスインフレ傾向はさらに顕著で一貫しており、FRBが金融政策を決定する際の主要な焦点であり続けている。

FRBは利下げサイクルを開始する前にコアレートが2%に達するのを待ちたくないというのが本音である。

なぜなら、利下げは非常に長いリードタイムで機能するため、それよりも前に始めなければならないからである。

つまり、パウエル議長は行動を起こす必要がある。

FRBがインフレ期待を抑え込もうと、(タカ派的ではないにせよ)慎重なレトリックを撒き続ける余地を与えているのは、ディスインフレ傾向に対する一部の疑念である。

FRB高官は何カ月もこのようなことを続けてきた。だからこそ投資家はそれを無視し始め、今年の市場の強気な反応にもそれが表れている。

インフレが再び頭角を現すだろうと弱気な人々が警告してきたが、実際にはそうならなかっただけでなく、FRBが利上げに踏み切るのは今年のかなり後半になるだろうと言われている。

また、利下げはまったくなく、再利上げの可能性もあるとの見方もある。

ただし、私はそうは思わない。

なぜなら、5月までに利下げサイクルを開始する理由は多くあると思うからである。

しかし、本音としては、私は3月に利下げが始まるのを見たい。

私が驚いているのは、市場が6月に利下げを実施することを問題視していないことだ。

そして、それはFRBの最新の予想と一致している。

経済の回復力が高いため、遅れは投資家にとって問題ではないということなのだろうか。

これは市場にとってもうひとつの追い風となる可能性がある。

なぜなら、経済の好調が持続し、インフレ率が低下し続ければ、FRBは5月から利下げに踏み切ることができるからである。

今日の市場の予想に基づけば、これは強気のサプライズとなるだろう。

そして、市場の最新のテクニカル動向は、この見方を裏付けている。

SentimenTraderは昨日、株式市場において、より多くの銘柄が上昇してきていると指摘した。

実際に、S&P500種構成銘柄のうち、50日移動平均線が150日移動平均線を上回った銘柄の割合が、3年ぶりに20%未満から80%以上に上昇しているのである。

この割合が80%を超えると(この割合は21%しか存在しない)、市場の年間リターンはこの水準が80%を下回ったときの2倍以上になっている。

言い換えれば、市場参加率や市場の幅(上昇している銘柄数)は驚異的に改善し、そして、現在も改善し続けているのである。

これは1942年以来19回目のことである。

この18回の現象の際には、S&P500は、1回を除き、その後の6ヵ月および12ヵ月で上昇している。

これは弱気のシナリオに対しては厳しい(あまりに高い)確率である。

そのため、私は引き続き2024年の米国株式市場を強気で見ている。

【先行アクセス(+特典付き)とニュースレターへの登録】

インベストリンゴは、🇯🇵日本初、🇺🇸米国株式投資に特化した金融のプロフェッショナルが集まる📱メディアプラットフォームです。

🚀ローンチに先立ち、✉️ニュースレター経由で、彼らの最新のコンテンツを日々紹介しております。

インベストリンゴ公式ホームページはこちら

米国株投資家の皆様は、是非、上記リンクより、メールアドレスをご登録頂き、完全版の弊社レポートを、日々、無料でご覧頂ければと思います。

ご登録頂けますと、過去のレポートも全て無料でご覧頂けます。

また、X(旧Twitter)上でも、日々、米国株式市場に関する情報を配信しておりますので、是非、フォロー頂ければと思います。

X(旧Twitter):インベストリンゴ公式アカウントはこちら

関連記事

【最新】米国株の今後の見通し:今日の米国株に投資するには?引き続き、イコールウェイト型のS&P500に注目!

【最新】米国株の今後の見通し:AI関連銘柄以外の銘柄、イコールウェイト型のS&P500(RSP)に引き続き注目!

【最新】米国株の今後の見通し:イコールウェイト型のS&P500に注目!先週のローテションより、強気ブレイクアウトが発動!

【米国株投資】ドロップボックス / DBX / 強気:最新の23年度第4四半期決算分析と今後の株価見通し(Dropbox)

【米国株式投資】グローバルファウンドリーズ / GFS:最新の23年第4四半期決算分析と今後の株価見通し – Part 1(GlobalFoundries)

【米国株式投資】パロアルト・ネットワークス / PANW / 弱気:最新の24年度第2四半期決算分析と今後の株価見通し(Palo Alto Networks)

【米国株式投資】サイバーアーク・ソフトウェア / CYBR:テクノロジー関連成長株の最新の24年第4四半期決算分析と今後の株価見通し(CyberArk Software)

【米国株式投資】アプライド・マテリアルズ / AMAT:半導体・AI関連成長株の最新の24 年1Q決算分析と今後の株価見通し – Part 1(Applied Materials)

【米国株式投資】マクドナルド / MCD / 予想配当利回り2.29%:連続増配ディフェンシブ銘柄の最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(McDonald’s)

【米国株式投資】コカ・コーラ / KO / 予想配当利回り3.09%:連続増配銘柄の最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し

➡ 【米国株式投資】ブリティッシュ・アメリカン・タバコ / BTI / 予想配当利回り9.57%:ディフェンシブ・タバコ関連銘柄の最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(British American Tobacco)

➡【米国株式投資】スターバックス・スタバ / SBUX / 予想配当利回り2.41%:連続増配ディフェンシブ銘柄の最新の決算分析と今後の株価見通し(2024年2月7日 / Starbucks)

【米国株式投資】アルトリア・グループ / MO / 予想配当利回り9.79%:連続増配ディフェンシブ銘柄の最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(Altria)

【米国株式投資】シェブロン/ CVX / 予想配当利回り4.06%:連続増配エネルギー銘柄の最新の決算分析と今後の株価見通し(Chevron)

【米国株式投資】エクソン・モービル / XOM / 予想配当利回り3.65%:連続増配エネルギー銘柄の最新の決算分析と今後の株価見通し(2024年2月9日 / Exxon Mobil)

【米国株式投資】ファイザー / PFE:予想配当利回り6.24%の増配を継続する注目の製薬・ディフェンシブ高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月5日 / Pfizer)

【米国株式投資】JPモルガン / JPM / 予想配当利回り2.38%:連続して増配する注目の銀行・高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(米国株式投資 / 2024年1月31日 / JP Morgan)

【米国株式投資】ジョンソン・エンド・ジョンソン / JNJ:予想配当利回り2.99%の増配を継続する注目のディフェンシブ高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月1日)

【米国株式投資】プロクター・アンド・ギャンブル / PG:予想配当利回り2.39 %の増配を継続する注目のディフェンシブ高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月1日)

【米国株式投資】ロッキード・マーチン / LMT:予想配当利回り2.92%の増配を継続する注目のディフェンシブ高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月1日 / 米国株式投資 / Lockheed Martin)

【米国株式投資】スリーエム / MMM:予想配当利回り6.29%の注目のディフェンシブ高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月1日 / 米国株式投資 / 3M Co)

【米国株式投資】メタ・フェイスブック / META / 予想配当利回り0.43%:注目のメタバース・AI関連成長株の最新の決算分析と今後の株価見通し(2024年2月2日 / Meta / Facebook)

【米国株式投資】ベライゾン / VZ:予想配当利回り6.28%の増配を継続する注目のディフェンシブ高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月1日 / 米国株式投資 / Verizon)

【米国株式投資】AT&T / T:予想配当利回り6.26%の注目のディフェンシブ高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月1日 )

【米国株式投資】ラム・リサーチ / LRCX(Lam Research:予想配当利回り0.95%):注目の半導体関連銘柄の24年度第2四半期決算・株価分析と今後の展望

【米国株投資】エヌビディア / NVDA(NVIDIA Corp:年間予想配当利回り0.03%):注目の半導体・AI関連銘柄から学んだ配当と株価リターンに関する教訓

【米国株投資】エヌビディア / NVDA / 予想配当利回り0.03%:半導体AI関連銘柄の株価分析と今後の見通し(NVIDIA)

【米国株投資】エンブリッジ(ENB:年間予想配当利回り7.5%)& ベライゾン(VZ:年間予想配当利回り6.7%):高水準の予想配当利回りが魅力的な、おススメの2つの高配当個別銘柄

【米国株投資】マリオット・インターナショナル(MAR:年間予想配当利回り0.9%):グローバル・ブランド関連のおススメの高配当個別銘柄 – Part 2

【米国株投資】メドトロニック/ MDT:予想配当利回り3.20%の注目の高配当ヘルスケア関連個別銘柄

【米国株投資】ONEOK(ワンオーク)/ OKE:予想配当利回り5.57%の注目の高配当エネルギー関連銘柄

免責事項:ローレンス・フラーは、アメリカ合衆国で登録された投資顧問会社、Fuller Asset Management(FAM)のマネージング・プリンシパルです。本情報は、幅広い読者を対象とした教育目的にのみ提供されることを意図しております。その為、本情報は、特定の証券、投資、または、投資戦略を勧誘するものではございません。更に、FAMは、税務、法律、会計に関するアドバイスを一切行っておりません。投資には常にリスクが伴い、リターン、あるいは、元本が保証されているものではない点にご留意ください。FAMは、公正でバランスの取れた方法で情報を提供しております。その為、FAMは、本レポート上の情報が、虚偽、または、重大な誤解を招く記述、または、事実の省略を含んでいないと合理的に認識しております。また、特定の投資助言による過去のパフォーマンスは、特定の状況や市場の出来事、投資の性質やタイミング、投資に関連する制約についての知識がない限り、依拠すべきではありません。FAMは、チャート、グラフ、計算式、推奨銘柄について、説明・提示をすることがありますが、それ自体が、どの証券を売買すべきか、あるいは、いつ売買すべきかを決定するために使用されることを意図したものではございません。このようなチャートやグラフは、限られた情報しか提供しないため、それだけで投資判断をすべきではありません。その為、実際に投資をされる際には、資格を有する金融の専門家にご相談されることを強くお勧めします。ここに記載された意見はあくまでも当社のものであり、予告なしに変更されることがあります。また、言及された意見は、発表日時点のものであり、市場や経済状況の変化により変更される可能性があり、更に、必ずしもその通りになるとは限らない点にもご留意ください。

アナリストによる開示:私はRSPに関するロング・ポジションを現在保有しております。また、本記事は、私個人の見解に基づき、独自に執筆したものです。私は、インベストリンゴからの報酬を除き、この記事に対して、いかなる報酬も受け取っておりません。また、本文書で言及している企業とは、いかなる商業的関係も有しておりません。

インベストリンゴによる開示:インベストリンゴは、当社コンテンツ・クリエイターが、自身の専門・得意領域に関する情報・知識を、当社のユーザーと共有する事を目的とする米国株特化型のコミュニティです。本サイトのコンテンツは、投資教育、並びに、投資情報の提供のみを目的としており、特定の投資家に対して、投資、税務、法律等のアドバイスを提供することを意図しておりません。加えて、Investlingo Japan合同会社は、日本においてライセンスを保有する証券会社、投資顧問業者、または、投資銀行ではございません。ここで述べられている意見や見解は、あくまでも、各コンテンツ・クリエーター個人の見解であり、Investlingo Japan合同会社の立場を反映しているものではございません。当社のコンテンツ・クリエーターは、個人投資家を含む独立したブロガー・アナリストから構成されており、公的機関等からの金融関連のライセンスを取得していない場合もございます。その為、本サイト上のいかなる情報も、インベストリンゴ、または、弊社プラットフォーム上の第三者による、金融商品の推奨、或いは、投資助言として解釈されるべきではありません。インベストリンゴは、弊社プラットフォーム上の情報に基づいて行われるいかなる投資決定に対して、一切責任を負わず、各ユーザーが単独で責任を負う点にご留意ください。

アナリスト紹介

ローレンス・フラー
拠点:アメリカ
セクター:米国マクロ経済

フラー氏は、インベストリンゴにて、米国マクロ経済・大型株に関する執筆を担当。1993年に、メリルリンチ証券でファイナンシャル・コンサルタントとしてキャリアをスタート。その後、ファースト・ユニオン・ブローカレッジ、モルガン・スタンレー証券、INGグループで同職を務め、30年以上にわたり個人投資家顧客の投資ポートフォリオを管理。2005年には、Fuller Asset Management LLCを設立。更に、2013年より、米国金融ニュースサイト「Seeking Alpha」にて、米国投資家に対して、マクロ経済・投資リサーチの提供を開始し、現在では、14,000人以上のフォロワーを獲得。ノースカロライナ大学チャペルヒル校を卒業、政治学の学士号を取得。

にほんブログ村:米国株ランキング

人気ブログランキング:米国株ランキング

上部へスクロール