【最新】米国株の今後の見通し:今日の米国株に投資するには?引き続き、イコールウェイト型のS&P500に注目!

Ticker: RSP / 2809文字 / 所要時間6分程度 / 強気

画像

サマリー

  • AIへの熱狂ぶりに、米国株式市場にバブルが形成されつつあるとの見方もある。
  • しかし、AI関連銘柄のパラボリックな動きからも、市場には新規投資のチャンスは十分に残されていると見ている。

AI (人工知能)の代名詞であるエヌビディア(NVDA)の大幅増益を受けて、強気相場が本格化している。

同社の株価とAI産業に関連する株価は目もくらむような高さまで上昇し、株式市場に再びバブルが発生する懸念が高まっている。

実際に、バリュエーションが利益を上回って上昇し続ければ、バブルとなる可能性がある。

しかし、広範な市場(幅広い銘柄)が相応に評価され、基礎的な経済ファンダメンタルズが依然として堅調であることを踏まえると、それはバブルではないとの見方も可能であるように思える。

それでも、この二分化された市場は投資家に難題を突きつけており、今週のアップデートで私が注目したいのはこの点である。

「今年の最大の勝者を追うのか、それともまだ市場であまり関心が示されていないがポテンシャルのある明日の市場を探すのか」である。

私は経済や市場分析に関しては、変化率に従うことを強く支持している。

しかし、これはソフトランディング環境では難しい。なぜなら、追い風であるインフレ率の低下を実現するためには、逆風である経済成長率を減速させなければならないからである。

ここでの重要な変数はFRBの基準金利であり、経済成長率が過度に鈍化しないような時間枠の中で、緩和の過程で中立金利への復帰を開始しなければならない。

そのため、この1年間はFRBの政策が投資家の注目の的であり、この緩和サイクルの時期が不透明であったため、今年に入ってから、一部の銘柄を除く、多くの銘柄の株価が伸び悩んでいる。

もし、そう感じないのであれば、それはAI関連の株価が急騰しているからである。

AI関連銘柄の株価は、金利が長期的に高止まりする可能性があるにもかかわらず、市場ではその影響を受けにくいとみられている。

ただし、時期がどうであれ、私は市場のコンセンサスとしては、金融政策における次のステップは利下げだと確信しており、それはプラスの変化率である。

同時にエコノミストたちは、最も重要な経済変数に対する期待値も引き上げており、それらの変化率もプラスである。

これはすべて、現在進行中のディスインフレの過程で起こっていることであり、市場が強気であることは明らかである。

画像

昨年第4四半期の決算シーズンも終盤を迎えている。

前年同期比の成長率は3.2%と、予想の1.5%を上回りそうであり、またしても、プラスの変化率である。

画像

今年の予想利益の20倍以上という指数全体の高い評価を支えるには、今年の成長率が徐々に高まっていく必要がある。

弱気派は当四半期への期待率の低下を指摘するかもしれないが、それは通常のことである。

アナリストはいつも、カバーする企業が予想を少しでも上回りやすくするために、四半期が終わると翌四半期の水準を下げる傾向がある。

一方で、翌期以降のさらに先の四半期の予想は通常上昇する傾向にある。

もし、さらに先の四半期の期待値が下がるようであれば、それは赤信号である。

つまり、マイナスの変化率である。

画像

来年の予想利益の20.4倍で評価されている現在のS&P500の株価は決して安くはない。

実際、バリュエーション的には過去のレンジの上限であり、これは妥当な論点である。

しかし、その理由は、S&P500の企業価値の約30%を占める上位10社(銘柄数ベースではわずか2%を占める)のバリュエーションが極端だからである。

16倍以下で取引されている銘柄は無数にあり、現在の経済成長率とインフレ率を考慮すれば、これらの水準は、指数全体としてより妥当なバリュエーションだと私は考えている。

とはいえ、投資家はこれらメガキャップのテクノロジー銘柄の輝かしいリターンに魅了されている。

従って、もしあなたが強気の投資家であり、将来的な資金増加を望むのであれば、S&P500の上位10銘柄を法外なバリュエーションに押し上げている市場に蔓延する欲望を追いかけないことが賢明なアプローチであると私は考える。

確かにこれらのメガキャップ企業は驚異的な企業だが、足元の水準で新たな資金を投入することは、今年中に上昇する可能性よりも下降する可能性の方が大きいと思われる。

保有期間が3~5年以上であれば、今日のバリュエーションは問題ではないかもしれないが、私は投資戦略の期間の目安として今後12ヵ月単位で見ている。

そして、その期間にもっと良いエントリー・ポイントがあると思っている。

私は、強気相場の現段階では、大手10社で占められているS&P500(SPY)よりも、イコールウェイト型のS&P500(RSP)を保有する方をはるかに好んでいる。

また、ラッセル2000小型株指数(IWM)を構成する収益性の高い企業にも多くの価値が残されていると見ている 。

一部の超大型株よりも、平均的な銘柄の方がはるかに優れたリスクリワードを提供している現在、以下に見るようなパフォーマンス格差は今後も縮まっていくと思う。

画像

このアプローチには、FOMO(Fear of missing out:取り残されることへの恐れ)の犠牲にならないための規律が必要である。

極めて強いモメンタムを買うのは非常に簡単で、コンセンサスが今やっていることである。

投資テーマに対するこのような熱狂を最後に見たのは、3年前に人気とパフォーマンスのピークを迎えたキャシー・ウッドのARKイノベーションETF(ARKK)だった。

それ以降のリターンは、以下に見られるように望ましいものではない。

AIは新興産業であり、ポートフォリオ・マネジャーが「破壊的イノベーション」に投資しているわけではないことは認めるが、ここでのポイントとしては、市場のセンチメントがバリュエーションを極端な水準に押し上げているが、いずれ、それらのバリュエーションは必然的に平均に戻るということである。

難しいのは、平均回帰のきっかけがわからないことである。

画像

先週のこの強気相場にとって最も重要な展開のひとつは、エヌビディア(NVDA)の突出した決算報告ではなく、イコールウェイト型のS&P500種株価指数のブレイクアウトだったと考えている。

この指数が先週の水準に立つのは2年ぶりであり、2年以上経過してのこのようなブレイクアウトの意味合いは極めて強気のシグナルであると見ている。

SentimenTraderが指摘するように、ほとんどのケースにおいて、このような現象が発生した後には、イコールウェイト型指数(RSP)は時価総額加重型指数(SPY)をアウトパフォームしている。

さらに、この指数は12ヵ月後には100%高値で取引を終えている。

つまり、これこそが、ベア(弱気派)が登るべき険しい山なのである。

【先行アクセス(+特典付き)とニュースレターへの登録】

インベストリンゴは、🇯🇵日本初、🇺🇸米国株式投資に特化した金融のプロフェッショナルが集まる📱メディアプラットフォームです。

🚀ローンチに先立ち、✉️ニュースレター経由で、彼らの最新のコンテンツを日々紹介しております。

インベストリンゴ公式ホームページはこちら

米国株投資家の皆様は、是非、上記リンクより、メールアドレスをご登録頂き、完全版の弊社レポートを、日々、無料でご覧頂ければと思います。

ご登録頂けますと、過去のレポートも全て無料でご覧頂けます。

また、X(旧Twitter)上でも、日々、米国株式市場に関する情報を配信しておりますので、是非、フォロー頂ければと思います。

X(旧Twitter):インベストリンゴ公式アカウントはこちら

関連記事

【最新】米国株の今後の見通し:AI関連銘柄以外の銘柄、イコールウェイト型のS&P500(RSP)に引き続き注目!

【最新】米国株の今後の見通し:イコールウェイト型のS&P500に注目!先週のローテションより、強気ブレイクアウトが発動!

【米国株投資】ドロップボックス / DBX / 強気:最新の23年度第4四半期決算分析と今後の株価見通し(Dropbox)

【米国株式投資】グローバルファウンドリーズ / GFS:最新の23年第4四半期決算分析と今後の株価見通し – Part 1(GlobalFoundries)

【米国株式投資】パロアルト・ネットワークス / PANW / 弱気:最新の24年度第2四半期決算分析と今後の株価見通し(Palo Alto Networks)

【米国株式投資】サイバーアーク・ソフトウェア / CYBR:テクノロジー関連成長株の最新の24年第4四半期決算分析と今後の株価見通し(CyberArk Software)

【米国株式投資】アプライド・マテリアルズ / AMAT:半導体・AI関連成長株の最新の24 年1Q決算分析と今後の株価見通し – Part 1(Applied Materials)

【米国株式投資】マクドナルド / MCD / 予想配当利回り2.29%:連続増配ディフェンシブ銘柄の最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(McDonald’s)

【米国株式投資】コカ・コーラ / KO / 予想配当利回り3.09%:連続増配銘柄の最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し

➡ 【米国株式投資】ブリティッシュ・アメリカン・タバコ / BTI / 予想配当利回り9.57%:ディフェンシブ・タバコ関連銘柄の最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(British American Tobacco)

➡【米国株式投資】スターバックス・スタバ / SBUX / 予想配当利回り2.41%:連続増配ディフェンシブ銘柄の最新の決算分析と今後の株価見通し(2024年2月7日 / Starbucks)

【米国株式投資】アルトリア・グループ / MO / 予想配当利回り9.79%:連続増配ディフェンシブ銘柄の最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(Altria)

【米国株式投資】シェブロン/ CVX / 予想配当利回り4.06%:連続増配エネルギー銘柄の最新の決算分析と今後の株価見通し(Chevron)

【米国株式投資】エクソン・モービル / XOM / 予想配当利回り3.65%:連続増配エネルギー銘柄の最新の決算分析と今後の株価見通し(2024年2月9日 / Exxon Mobil)

【米国株式投資】ファイザー / PFE:予想配当利回り6.24%の増配を継続する注目の製薬・ディフェンシブ高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月5日 / Pfizer)

【米国株式投資】JPモルガン / JPM / 予想配当利回り2.38%:連続して増配する注目の銀行・高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(米国株式投資 / 2024年1月31日 / JP Morgan)

【米国株式投資】ジョンソン・エンド・ジョンソン / JNJ:予想配当利回り2.99%の増配を継続する注目のディフェンシブ高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月1日)

【米国株式投資】プロクター・アンド・ギャンブル / PG:予想配当利回り2.39 %の増配を継続する注目のディフェンシブ高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月1日)

【米国株式投資】ロッキード・マーチン / LMT:予想配当利回り2.92%の増配を継続する注目のディフェンシブ高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月1日 / 米国株式投資 / Lockheed Martin)

【米国株式投資】スリーエム / MMM:予想配当利回り6.29%の注目のディフェンシブ高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月1日 / 米国株式投資 / 3M Co)

【米国株式投資】メタ・フェイスブック / META / 予想配当利回り0.43%:注目のメタバース・AI関連成長株の最新の決算分析と今後の株価見通し(2024年2月2日 / Meta / Facebook)

【米国株式投資】ベライゾン / VZ:予想配当利回り6.28%の増配を継続する注目のディフェンシブ高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月1日 / 米国株式投資 / Verizon)

【米国株式投資】AT&T / T:予想配当利回り6.26%の注目のディフェンシブ高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月1日 )

【米国株式投資】ラム・リサーチ / LRCX(Lam Research:予想配当利回り0.95%):注目の半導体関連銘柄の24年度第2四半期決算・株価分析と今後の展望

【米国株投資】エヌビディア / NVDA(NVIDIA Corp:年間予想配当利回り0.03%):注目の半導体・AI関連銘柄から学んだ配当と株価リターンに関する教訓

【米国株投資】エヌビディア / NVDA / 予想配当利回り0.03%:半導体AI関連銘柄の株価分析と今後の見通し(NVIDIA)

【米国株投資】エンブリッジ(ENB:年間予想配当利回り7.5%)& ベライゾン(VZ:年間予想配当利回り6.7%):高水準の予想配当利回りが魅力的な、おススメの2つの高配当個別銘柄

【米国株投資】マリオット・インターナショナル(MAR:年間予想配当利回り0.9%):グローバル・ブランド関連のおススメの高配当個別銘柄 – Part 2

【米国株投資】メドトロニック/ MDT:予想配当利回り3.20%の注目の高配当ヘルスケア関連個別銘柄

【米国株投資】ONEOK(ワンオーク)/ OKE:予想配当利回り5.57%の注目の高配当エネルギー関連銘柄

免責事項:ローレンス・フラーは、アメリカ合衆国で登録された投資顧問会社、Fuller Asset Management(FAM)のマネージング・プリンシパルです。本情報は、幅広い読者を対象とした教育目的にのみ提供されることを意図しております。その為、本情報は、特定の証券、投資、または、投資戦略を勧誘するものではございません。更に、FAMは、税務、法律、会計に関するアドバイスを一切行っておりません。投資には常にリスクが伴い、リターン、あるいは、元本が保証されているものではない点にご留意ください。FAMは、公正でバランスの取れた方法で情報を提供しております。その為、FAMは、本レポート上の情報が、虚偽、または、重大な誤解を招く記述、または、事実の省略を含んでいないと合理的に認識しております。また、特定の投資助言による過去のパフォーマンスは、特定の状況や市場の出来事、投資の性質やタイミング、投資に関連する制約についての知識がない限り、依拠すべきではありません。FAMは、チャート、グラフ、計算式、推奨銘柄について、説明・提示をすることがありますが、それ自体が、どの証券を売買すべきか、あるいは、いつ売買すべきかを決定するために使用されることを意図したものではございません。このようなチャートやグラフは、限られた情報しか提供しないため、それだけで投資判断をすべきではありません。その為、実際に投資をされる際には、資格を有する金融の専門家にご相談されることを強くお勧めします。ここに記載された意見はあくまでも当社のものであり、予告なしに変更されることがあります。また、言及された意見は、発表日時点のものであり、市場や経済状況の変化により変更される可能性があり、更に、必ずしもその通りになるとは限らない点にもご留意ください。

アナリストによる開示:私はRSPに関するロング・ポジションを現在保有しております。また、本記事は、私個人の見解に基づき、独自に執筆したものです。私は、インベストリンゴからの報酬を除き、この記事に対して、いかなる報酬も受け取っておりません。また、本文書で言及している企業とは、いかなる商業的関係も有しておりません。

インベストリンゴによる開示:インベストリンゴは、当社コンテンツ・クリエイターが、自身の専門・得意領域に関する情報・知識を、当社のユーザーと共有する事を目的とする米国株特化型のコミュニティです。本サイトのコンテンツは、投資教育、並びに、投資情報の提供のみを目的としており、特定の投資家に対して、投資、税務、法律等のアドバイスを提供することを意図しておりません。加えて、Investlingo Japan合同会社は、日本においてライセンスを保有する証券会社、投資顧問業者、または、投資銀行ではございません。ここで述べられている意見や見解は、あくまでも、各コンテンツ・クリエーター個人の見解であり、Investlingo Japan合同会社の立場を反映しているものではございません。当社のコンテンツ・クリエーターは、個人投資家を含む独立したブロガー・アナリストから構成されており、公的機関等からの金融関連のライセンスを取得していない場合もございます。その為、本サイト上のいかなる情報も、インベストリンゴ、または、弊社プラットフォーム上の第三者による、金融商品の推奨、或いは、投資助言として解釈されるべきではありません。インベストリンゴは、弊社プラットフォーム上の情報に基づいて行われるいかなる投資決定に対して、一切責任を負わず、各ユーザーが単独で責任を負う点にご留意ください。

アナリスト紹介

ローレンス・フラー
拠点:アメリカ
セクター:米国マクロ経済

フラー氏は、インベストリンゴにて、米国マクロ経済・大型株に関する執筆を担当。1993年に、メリルリンチ証券でファイナンシャル・コンサルタントとしてキャリアをスタート。その後、ファースト・ユニオン・ブローカレッジ、モルガン・スタンレー証券、INGグループで同職を務め、30年以上にわたり個人投資家顧客の投資ポートフォリオを管理。2005年には、Fuller Asset Management LLCを設立。更に、2013年より、米国金融ニュースサイト「Seeking Alpha」にて、米国投資家に対して、マクロ経済・投資リサーチの提供を開始し、現在では、14,000人以上のフォロワーを獲得。ノースカロライナ大学チャペルヒル校を卒業、政治学の学士号を取得。

にほんブログ村:米国株ランキング

人気ブログランキング:米国株ランキング

上部へスクロール