【最新】米国株の今後の見通し:S&P500の下落の可能性をテクニカル指標で探る

Ticker: SPY / 2212文字 / 所要時間5分程度 / 強気

サマリー

  • 市場はまだレンジ相場を抜けていないと見ている。
  • そして、FRBの利上げ決定がより明確になる3月まで、このレンジ相場は続く可能性がある。

FRB高官は、リスク資産に対する市場の投資家の過度な熱狂を抑えるというミッションを課せられている。

そして、彼らの武器は、利下げサイクルはすぐには始まらないとコンセンサスを誘導するためのタカ派的なレトリックである。

実際に、今年に入ってからは、人工知能をめぐる陶酔に浮かれている一握りの銘柄を除いて、彼らはほとんどの銘柄の前進を阻んでいる。

しかし、私は、最終的にはパウエル議長が、インフレ率がFRBの目標である2%に十分近づいており、利下げのタイミングが彼や彼の部下たちが言っているよりもずっと早く開始されることを認めざるを得なくなるのは必然だと考えている。

そして、このタイミングこそが、この強気相場の次の上昇につながる時であると見ている。

決算シーズンも半ばを過ぎたが、1週間前と比べると状況はかなり明るくなっている。

IBESによれば、これまでのところ、81%の企業が予想を上回り、第4四半期の利益成長率は8%を上回りそうだとのことである。

つまり、収益のモメンタムは改善しており、これは重要なプラス変化率である。

そして、これらの数字は、現在の四半期や新年をスタートする上での強固な土台となっていると見ている。

しかし、投資家が今後のFRBの政策をより明確に判断できるようになるまで、このレンジ相場を乗り切る必要がある。

そのため、この度、テクニカル指標を見直し、このトレンドが続く中での潜在的なダウンサイド・リスクの可能性を分析していきたい。

私のお気に入りの短期指標は、特定の株価指数の中で、50日移動平均を超えて取引されている銘柄の割合である。

S&P 500に関して、その割合は通常、90%でピークに達し、30%前後でボトムとなる。

また、過去には割合が一桁にまで低下した極端なケースがいくつかあり、これらは明らかな買いのタイミングであった。

足元では、今年の初めに91.6%でピークに達した後、56%まで低下したが、それでも今年の始めの過剰な買われ過ぎの状態を完全に解消したわけではないと見ている。

過去3年間でこの割合が70%を超える度に、その後は少なくとも44%程度までの下落があったが、30%台の範囲が遥かに一般的というのが現状である。

そして、S&P 500はまだその水準には達していない。

私は、この指標をニューヨーク証券取引所(約2,400銘柄)の銘柄で20日指数平滑移動平均線(EMA)を超えて取引されている割合と組み合わせて利用している。

同様の方法で、この指標も90%近くでピークに達し、20%前後でボトムとなる傾向にある。

昨年の2月末と7月に、この指標が私に懸念を抱かせたことがあった。

そのため、その時、主要な株価指数で下落や相場の一時的な停滞が見られるかもしれないと注意させていただいた。

そして、昨年9月には、この指標が20%に近づいたために、私は下落相場の終了を早くに予想した。

実際に、その反転は9月中には実現しなかったが、10月初め以降は再び上昇相場に反転することとなっている。

また、加えて、昨年末に85%でピークに達したことにも注目していただきたい。

そして、足元、私たちは、売り過ぎ状態に近づき、44%まで低下しているが、未だ40%台半ばであることを踏まえると、更なる調整の可能性はあると見ている。

ニューヨーク証券取引所のハイ・ローインデックスもフォローしている。これは、52週の新高値銘柄数を新高値銘柄数と新安値銘柄数の合計で割り算して算出するものである。

これは、極端な相場局面で最も有用な市場の幅(上昇している銘柄数)に関する指標である。

昨年末の93.8%という足元の高水準は極端であったが、その後は63%まで下落している。

ベアマーケット中に見られた極端な低水準を除けば、私はこの指標は、リスクとリターンの観点から、より合理的な水準に最初に調整される指標であると見ている。

これらの指標はS&P500にどのような影響を与えるのだろうか?

これらの短期テクニカル指標が元の水準に戻れば、S&P500指数が下値を示さないとは考えにくい。

また、S&P500の相対力指数(RSI)は健全な水準である70を割り込んだが、依然としてその水準に近い。

1ヶ月前、私は50日移動平均線である4,600を試す可能性があると考えていたが、実際、現在ではS&P500は4,750を超えて上昇している。

しかし、まだ史上最高値を更新していないイコールウェイト型のS&P500(RSP)の水面下では、真のレンジ相場が進行している。

私は、159ドルの史上最高値を更新する前に、155ドルの50日移動平均線まで引き戻すと見ている。

そして、その調整が、この強気相場の次の上昇の鐘を鳴らすと考えている。

足元、収益、インフレ率、経済成長率、FRB政策、消費者心理、その他私が注視しているあらゆる高頻度の経済指標がいずれもプラスで推移している。

そのため、それらのポジティブ材料により、足元の短期テクニカル指標における過度なレベルが緩和されるため、今後控える調整は最小限に抑えられるだろうと見ている。

以上より、ポートフォリオのポジショニングを攻めに傾けている投資家にとって、今年も有益な年になるだろうと見ている。

是非、下記リンクより、メールアドレスをご登録いただき、弊社レポートを日々無料でご覧いただければと思います。

インベストリンゴ公式ホームページはこちら

また、X(旧Twitter)上でも、日々、米国株式市場に関する情報を配信しておりますので、是非、フォロー頂ければと思います。

X(旧Twitter):インベストリンゴ公式アカウントはこちら

関連記事:米国株式市場見通し①

【米国株式市場見通し】S&P500種指数が史上最高値を更新も、当面はレンジ相場を想定

【2024年の米国株式市場相場見通し】- Part 1

【2024年の米国株式市場相場見通し】- Part 2

【米国株式市場見通し】SPY:足元の過熱感より、少し警戒が必要

【米国株式市場見通し】SPY:短期的には警戒が必要か

【米国株式市場見通し】SPY:インフレとの戦いは終了

【米国株式市場見通し】TLT:債券市場のラリーは一旦終了

【米国株投資】米国株式市場見通し / SPY:タカ派はハト派に転じる

【米国株式市場見通し】SPY:2024年の景気後退指標に注目

【米国株式市場見通し】SPY:足元の経済指標はソフトランディングを示唆
【米国株式市場見通し】インフレ戦争への勝利

【米国株式市場:最新の今後の見通し】S&P500種指数にテクニカル面で大きな買いシグナル

【最新】米国株の今後の見通し:FRBの利下げ時期にかかわらず、堅調な経済指標は引き続き株価をサポート

免責事項:ローレンス・フラーは、アメリカ合衆国で登録された投資顧問会社、Fuller Asset Management(FAM)のマネージング・プリンシパルです。本情報は、幅広い読者を対象とした教育目的にのみ提供されることを意図しております。その為、本情報は、特定の証券、投資、または、投資戦略を勧誘するものではございません。更に、FAMは、税務、法律、会計に関するアドバイスを一切行っておりません。投資には常にリスクが伴い、リターン、あるいは、元本が保証されているものではない点にご留意ください。FAMは、公正でバランスの取れた方法で情報を提供しております。その為、FAMは、本レポート上の情報が、虚偽、または、重大な誤解を招く記述、または、事実の省略を含んでいないと合理的に認識しております。また、特定の投資助言による過去のパフォーマンスは、特定の状況や市場の出来事、投資の性質やタイミング、投資に関連する制約についての知識がない限り、依拠すべきではありません。FAMは、チャート、グラフ、計算式、推奨銘柄について、説明・提示をすることがありますが、それ自体が、どの証券を売買すべきか、あるいは、いつ売買すべきかを決定するために使用されることを意図したものではございません。このようなチャートやグラフは、限られた情報しか提供しないため、それだけで投資判断をすべきではありません。その為、実際に投資をされる際には、資格を有する金融の専門家にご相談されることを強くお勧めします。ここに記載された意見はあくまでも当社のものであり、予告なしに変更されることがあります。また、言及された意見は、発表日時点のものであり、市場や経済状況の変化により変更される可能性があり、更に、必ずしもその通りになるとは限らない点にもご留意ください。

アナリストによる開示:私は、この記事で言及されている企業の株式に関するポジションを現時点で保有しておらず、また、今後5日以内にそのようなポジションを持つ予定もありません。また、本記事は、私個人の見解に基づき、独自に執筆したものです。私は、インベストリンゴからの報酬を除き、この記事に対して、いかなる報酬も受け取っておりません。また、本文書で言及している企業とは、いかなる商業的関係も有しておりません。

インベストリンゴによる開示:インベストリンゴは、当社コンテンツ・クリエイターが、自身の専門・得意領域に関する情報・知識を、当社のユーザーと共有する事を目的とする米国株特化型のコミュニティです。本サイトのコンテンツは、投資教育、並びに、投資情報の提供のみを目的としており、特定の投資家に対して、投資、税務、法律等のアドバイスを提供することを意図しておりません。加えて、Investlingo Japan合同会社は、日本においてライセンスを保有する証券会社、投資顧問業者、または、投資銀行ではございません。ここで述べられている意見や見解は、あくまでも、各コンテンツ・クリエーター個人の見解であり、Investlingo Japan合同会社の立場を反映しているものではございません。当社のコンテンツ・クリエーターは、個人投資家を含む独立したブロガー・アナリストから構成されており、公的機関等からの金融関連のライセンスを取得していない場合もございます。その為、本サイト上のいかなる情報も、インベストリンゴ、または、弊社プラットフォーム上の第三者による、金融商品の推奨、或いは、投資助言として解釈されるべきではありません。インベストリンゴは、弊社プラットフォーム上の情報に基づいて行われるいかなる投資決定に対して、一切責任を負わず、各ユーザーが単独で責任を負う点にご留意ください。

アナリスト紹介

Lawrence Fuller ローレンス・フラー
拠点:アメリカ
セクター:米国マクロ経済

フラー氏は、インベストリンゴにて、米国マクロ経済・大型株に関する執筆を担当。1993年に、メリルリンチ証券でファイナンシャル・コンサルタントとしてキャリアをスタート。その後、ファースト・ユニオン・ブローカレッジ、モルガン・スタンレー証券、INGグループで同職を務め、30年以上にわたり個人投資家顧客の投資ポートフォリオを管理。2005年には、Fuller Asset Management LLCを設立。更に、2013年より、米国金融ニュースサイト「Seeking Alpha」にて、米国投資家に対して、マクロ経済・投資リサーチの提供を開始し、現在では、14,000人以上のフォロワーを獲得。ノースカロライナ大学チャペルヒル校を卒業、政治学の学士号を取得。

上部へスクロール