【最新】米国株の今後の見通し:インフレ戦争への勝利

Ticker: SPY / 1576文字 / 所要時間4分程度 / 強気

サマリー

  • 米国のインフレーションは、過去18ヶ月間に上昇したのと同じ速さで低下している。
  • 結果として、米国のインフレーションは一過性のものであることが判明してきている。

この2日間、株価は急反発し、S&P500種株価指数は、今年最初の連休を挟んだ週の損失をすべて回復することとなった。

昨年の株価上昇の原動力となったメガ・キャップのテクノロジー株がその大半を占めたのは確かだが、株価の幅(上昇している銘柄数)は依然として大きく、史上最高値の更新はそう遠くない未来にあると見ている。

そして、昨日の買いの原動力はインフレであったと見ている。

特に、ニューヨーク連銀の最新の消費者調査に反映されているように、消費者がインフレの減速を感じてきている。

今後1年間のインフレ見通しは3%まで低下し、今後3年間のインフレ見通しは2.6%まで低下した。

参考までにだが、今後1年間と3年間のインフレ見通しは、4年前のパンデミック直前の消費者予想値では、それぞれ、2.5%であり、現在はその水準に非常に近づいているのが分かる。

つまり、結局のところ、インフレ率は一過性のものであったことが判明してきている。

一方で、中には、物価はまだ高く、パンデミック前の水準まで下がっていないと批判する人々もいるだろう。

しかし、市場は数字の変化率により反応する。

この調査結果は、消費者の検索活動の傾向をモニターすることができるグーグルでの「Inflation(インフレ)」という言葉の検索関心度によって裏付けられる。

下のグラフは、消費者が「recession(景気後退)」という単語を検索した回数が大幅に減少していることを示している。

つまり、歴史的に正常なレベルに戻っているのである。

ニューヨーク連銀の調査で、1年後と3年後の消費者インフレ期待が低下したきっかけが、シェルターコストの低下であることは驚くにはあたらない。

コアインフレ率が今日2%に達していない唯一の理由はそれである。

家賃インフレ率が高止まりしているのは、家賃インフレ率の計算方法によるところが大きい。

現在の賃貸価格の上昇が年率換算された数字に織り込まれれば、シェルターコストは大幅に低下し、コアインフレ率もそれに伴って低下することが分かっている。

そして、明らかに、消費者はすでにこの現象を感じているのである。

これが、FRBが早ければ3月にも利下げを開始すると投資家の総意が予想している理由である。

とはいえ、FRB関係者が私がここで述べたことに表立って同意するとは思わないでほしい。

なぜなら、FRBは人々の期待を抑えることに躍起になっているからである。

ミシェル・ボーマンFRB理事は昨日の講演で、「インフレ率が長期的に2%の目標に近づき続ければ、政策金利が過度に制限的なものになるのを防ぐため、政策金利を引き下げるプロセスを開始することがいずれ適切になるだろう」と述べた。

しかし、大変失礼ながら、これは私にとって、大変馬鹿げた発言であるように感じる。

これは、「政策金利が過度に緩くなるのを防ぐために、インフレ率が9%になるまで待ってから政策金利を引き上げ始める」と言っているようなものである。

利上げや利下げが経済全体に波及するには6~12ヵ月かかるため、政策金利の変更には多大なタイムラグが生じる。

今回のFRBに対する最大の批判は、インフレ率が上昇し始めたのにもかかわらず、利上げを待つのに時間がかかりすぎたことである。

パウエル議長もそれを認めており、同じ過ちを2度繰り返したくないと考えている。

そして、ボーマンFRB理事は、こうしたディスインフレへの期待をレトリックで抑え込もうとしているだけだ。

但し、ありがたいことに、投資家のコンセンサスはこのことを理解している。

だからこそ、市場はもうFRB高官の言うことに耳を傾けていないのである。

是非、下記リンクより、メールアドレスをご登録いただき、弊社レポートを日々無料でご覧いただければと思います。

インベストリンゴ公式ホームページはこちら

また、X(旧Twitter)上でも、日々、米国株式市場に関する情報を配信しておりますので、是非、フォロー頂ければと思います。

X(旧Twitter):インベストリンゴ公式アカウントはこちら

関連記事:米国株式市場見通し①

【2024年の米国株式市場相場見通し】- Part 1

【2024年の米国株式市場相場見通し】- Part 2

【米国株式市場見通し】SPY:足元の過熱感より、少し警戒が必要

【米国株式市場見通し】SPY:短期的には警戒が必要か

【米国株式市場見通し】SPY:インフレとの戦いは終了

【米国株式市場見通し】TLT:債券市場のラリーは一旦終了

【米国株投資】米国株式市場見通し / SPY:タカ派はハト派に転じる

【米国株式市場見通し】SPY:2024年の景気後退指標に注目

【米国株式市場見通し】SPY:足元の経済指標はソフトランディングを示唆

免責事項:ローレンス・フラーは、アメリカ合衆国で登録された投資顧問会社、Fuller Asset Management(FAM)のマネージング・プリンシパルです。本情報は、幅広い読者を対象とした教育目的にのみ提供されることを意図しております。その為、本情報は、特定の証券、投資、または、投資戦略を勧誘するものではございません。更に、FAMは、税務、法律、会計に関するアドバイスを一切行っておりません。投資には常にリスクが伴い、リターン、あるいは、元本が保証されているものではない点にご留意ください。FAMは、公正でバランスの取れた方法で情報を提供しております。その為、FAMは、本レポート上の情報が、虚偽、または、重大な誤解を招く記述、または、事実の省略を含んでいないと合理的に認識しております。また、特定の投資助言による過去のパフォーマンスは、特定の状況や市場の出来事、投資の性質やタイミング、投資に関連する制約についての知識がない限り、依拠すべきではありません。FAMは、チャート、グラフ、計算式、推奨銘柄について、説明・提示をすることがありますが、それ自体が、どの証券を売買すべきか、あるいは、いつ売買すべきかを決定するために使用されることを意図したものではございません。このようなチャートやグラフは、限られた情報しか提供しないため、それだけで投資判断をすべきではありません。その為、実際に投資をされる際には、資格を有する金融の専門家にご相談されることを強くお勧めします。ここに記載された意見はあくまでも当社のものであり、予告なしに変更されることがあります。また、言及された意見は、発表日時点のものであり、市場や経済状況の変化により変更される可能性があり、更に、必ずしもその通りになるとは限らない点にもご留意ください。

アナリストによる開示:私は、この記事で言及されている企業の株式に関するポジションを現時点で保有しておらず、また、今後5日以内にそのようなポジションを持つ予定もありません。また、本記事は、私個人の見解に基づき、独自に執筆したものです。私は、インベストリンゴからの報酬を除き、この記事に対して、いかなる報酬も受け取っておりません。また、本文書で言及している企業とは、いかなる商業的関係も有しておりません。

インベストリンゴによる開示:インベストリンゴは、当社コンテンツ・クリエイターが、自身の専門・得意領域に関する情報・知識を、当社のユーザーと共有する事を目的とする米国株特化型のコミュニティです。本サイトのコンテンツは、投資教育、並びに、投資情報の提供のみを目的としており、特定の投資家に対して、投資、税務、法律等のアドバイスを提供することを意図しておりません。加えて、Investlingo Japan合同会社は、日本においてライセンスを保有する証券会社、投資顧問業者、または、投資銀行ではございません。ここで述べられている意見や見解は、あくまでも、各コンテンツ・クリエーター個人の見解であり、Investlingo Japan合同会社の立場を反映しているものではございません。当社のコンテンツ・クリエーターは、個人投資家を含む独立したブロガー・アナリストから構成されており、公的機関等からの金融関連のライセンスを取得していない場合もございます。その為、本サイト上のいかなる情報も、インベストリンゴ、または、弊社プラットフォーム上の第三者による、金融商品の推奨、或いは、投資助言として解釈されるべきではありません。インベストリンゴは、弊社プラットフォーム上の情報に基づいて行われるいかなる投資決定に対して、一切責任を負わず、各ユーザーが単独で責任を負う点にご留意ください。

アナリスト紹介

Lawrence Fuller ローレンス・フラー
拠点:アメリカ
セクター:米国マクロ経済

フラー氏は、インベストリンゴにて、米国マクロ経済・大型株に関する執筆を担当。1993年に、メリルリンチ証券でファイナンシャル・コンサルタントとしてキャリアをスタート。その後、ファースト・ユニオン・ブローカレッジ、モルガン・スタンレー証券、INGグループで同職を務め、30年以上にわたり個人投資家顧客の投資ポートフォリオを管理。2005年には、Fuller Asset Management LLCを設立。更に、2013年より、米国金融ニュースサイト「Seeking Alpha」にて、米国投資家に対して、マクロ経済・投資リサーチの提供を開始し、現在では、14,000人以上のフォロワーを獲得。ノースカロライナ大学チャペルヒル校を卒業、政治学の学士号を取得。

にほんブログ村:米国株ランキング

人気ブログランキング:米国株ランキング

上部へスクロール