【投資コラム:初心者向け】米国株高配当銘柄から成るポートフォリオのメリットと作り方を徹底解説!

投資コラム / 8107文字 / 所要時間16分程度

サマリー

  • 高配当株は安定した収益をもたらし、特に米国の企業は高い配当利回りを提供しており、将来の成長性も期待できる。
  • 投資には慎重な選択とポートフォリオのバランスが不可欠であり、米国高配当株はその安定性と収益性から有力な選択肢である。
  • 適切な投資戦略を用い、高配当株を取り入れたポートフォリオを構築することで、安定した資産形成を目指すことが重要である。

第1章: 高配当株とは?その特徴とメリット

高配当株とは、企業が利益の一部を配当として株主に支払う株式のことを指します。これらの株式は通常、比較的高い配当利回りを持ち、投資家に定期的な配当収入を提供することが期待されています。企業が利益の一部を配当として支払うことで、株主はその企業の成功を共有し、投資に対するリターンを得ることができます。高配当株は、配当を重視する投資家にとって特に魅力的であり、安定した収入源としての役割を果たすことが期待されます。

また、高配当株は通常、安定した収益を持つ大企業や成熟した企業が多く、そのため安定した配当を期待できます。これは、安定した配当収入を求める投資家にとっては魅力的な要素です。

さらに、高配当株は配当を重視する投資家にとっては利点があります。配当は株価の変動に左右されず、定期的な収入源として安定性をもたらします。特に年金受給者や退職者などの収入が必要な投資家にとっては、高配当株は貴重な選択肢です。

一方で、高配当株には注意すべき点も存在します。高配当を維持するために企業が財務状況を犠牲にしている場合、将来的な成長や企業価値の減少のリスクが高まります。また、配当を維持するために借金を重ねる企業もあります。そのため、高配当株を選ぶ際には企業の財務健全性を注意深く評価する必要があります。

さらに、高配当株は配当利回りだけで選ぶのではなく、企業の業績や将来の成長性も考慮することが重要です。配当利回りが高いだけでなく、企業が持続可能な収益性や成長戦略を持っているかどうかを検討することが投資の成功につながります。

高配当株をポートフォリオに組み込む際には、分散投資を行うことも重要です。複数の業種や地域に分散させることでリスクを分散し、安定した収益を期待することができます。

高配当株は安定した配当収入を得るための魅力的な選択肢ですが、その選択には上述のような慎重な検討が必要です。下記の章で、より詳しく説明していきます。

第2章: なぜ日本高配当株ではなく、米国高配当株に投資すべきなのか?

日本株と米国株の比較において、高配当株に焦点を当てると、投資初心者にとっては米国高配当株がより魅力的な選択肢であるように見えます。そして、これは、複数の要因によるものです。

日本高配当株の特徴

日本の一部の企業は安定した配当を支払っていますが、一般的に多くの企業は高配当株とは言えません。また、日本の高配当銘柄の多くは、米国株の高配当銘柄と比較して、時価総額が低く、企業としての安定性という観点でも大きな違いがあります。例えば、大企業であるトヨタ自動車は非常に安定した業績を維持しており、配当を支払っていますが、配当利回りはそれほど高くありません。日本の株式市場において、安定した大企業で高い配当利回りを持つ企業は比較的少なく、株式市場の平均的な配当利回りは、一般的には1〜3%程度です。

米国高配当株の特徴

一方、米国株式市場では多くの高配当株が存在します。例えば、AT&TやExxon Mobilなどの企業は、時価総額が10兆円を超え、安定した業績を維持しつつ、配当利回りが4%以上という高い水準を維持しています。これは、米国においては、日本以上に、多くの企業が利益のより多くの部分を株主に還元する文化が根付いているためです。 

日本とアメリカの配当利回り水準の違い

日本とアメリカの株式市場における配当利回りの水準には明確な違いがあります。日本の代表的な株価指数である日経平均株価やTOPIXの配当利回りは平均して1〜2%程度となっていますが、それに比べて、アメリカの代表的な株価指数であるS&P 500の配当利回りは2〜3%程度です。また、米国の一般的な株式市場全体の配当利回りはより高く、約2.5〜3.5%程度です。これは、米国企業が一般的に高い配当を支払っているためであり、投資家にとっては高い収益を期待できる要因の一つです。

結論として、米国高配当株は投資初心者にとっても魅力的な選択肢です。なぜなら、日本の高配当銘柄とは異なり、多くの企業がより大企業で安定した業績を維持しつつ、高い配当を支払っており、さらに、米国株式市場の成長性も遥かに高いというのが現状です。一方で、米国や日本に限らず、高配当株に投資する際にはリスクもあるため、投資する際には慎重な検討が必要です。

第3章: 米国株高配当銘柄の選び方

1. 米国高配当銘柄の選定基準と指標

高配当銘柄を選ぶ際には、以下の10の基準や指標を考慮することが重要です。

1.配当利回り(Dividend Yield)

配当利回りは、配当額を株価で割ったものであり、投資家にとって魅力的な収益を示す指標です。一般的には3%以上が高配当銘柄とされますが、単純な数字の比較だけでなく、将来の配当の持続性や企業の財務状況も考慮する必要があります。配当利回りが高いだけでなく、企業が安定して配当を維持しているか、業績やキャッシュフローが安定しているかを分析することが重要です。

2.配当成長率(Dividend Growth Rate)

過去数年間の配当成長率を評価することで、企業が配当を増やす意思や能力を持っているかを判断できます。安定した配当成長率を持つ銘柄は、将来の収益性や企業価値の向上が期待できると見なされます。しかし、成長率が高すぎると企業がリスクを冒す可能性があるため、バランスが重要です。

3.配当性向(Payout Ratio)

 配当支払比率は、企業が利益の一部を配当として支払う割合を示します。50%以下が理想的とされますが、業界や企業の特性によって変わります。高い配当支払比率は将来の成長への余裕が少ないことを示す可能性があります。企業は、配当を増やすために適切な利益を再投資する必要があるため、バランスを保つことが重要です。

4.企業の安定性と成長性

安定した業績を持つ企業は、配当の安定性と成長性を示す可能性が高いです。これには業績や市場シェア、競合他社との比較などを調査し、安定性の根拠を評価することが含まれます。また、将来の成長性も重要であり、新たな市場や製品への展開能力や競争力を評価します。

5.財務健全性(Financial Health)

負債比率やキャッシュフローの状況など、企業の財務健全性を評価することは重要です。負債比率が低く、キャッシュフローが安定している企業は、将来の配当支払いの安定性が高いと考えられます。財務健全性が高い企業は、経済的な衝撃に対する耐性が強いと見なされます。

6.業種の多様性

単一の業種に偏らず、ポートフォリオ内で異なる業種の銘柄を組み込むことでリスクを分散し、安定性を確保します。これにより、特定の業界のリスクがポートフォリオ全体に与える影響が軽減されます。例えば、景気後退時にはディフェンシブセクター(医療、公益事業など)の高配当銘柄に投資することが有効です。

7.株価の安定性

株価の大幅な変動が少ない銘柄は、投資家にとって魅力的です。これは、株価の安定性が高いことを意味し、投資のリスクを軽減することができます。安定した株価は、企業の安定性や配当の持続性を示す指標となります。

8.株主還元政策

企業の株主還元政策を評価することは重要です。定期的で積極的な配当政策を持つ企業は、投資家にとって魅力的です。これにより、投資家は安定した収益を期待できます。また、株主還元政策は企業の経営陣の信頼性や企業価値の向上にも影響を与えます。

9.株価の割安さ

高配当銘柄であっても、株価が過剰に評価されている場合は投資リスクが高まります。割安な銘柄を選ぶことで、リターンの向上が期待できます。割安さは、株価が企業の実態に対して適切に評価されているかどうかを示します。これにより、投資家は将来のキャピタルゲインを期待できます。

10.市場環境の分析/ マクロ経済指標との整合性

高配当銘柄を選定する際には、選択した銘柄をマクロ環境・経済指標と照らし合わせて検討することが重要です。たとえば、特定のセクターが景気後退時に強いパフォーマンスを示す可能性があり、今後景気後退が予想される局面では、そのようなセクターに属する高配当銘柄が選好されることがあります。投資家は、市場の大局的な動向と高配当銘柄の特性を照らし合わせることで、より効果的なポートフォリオを構築できます。

2. 米国高配当銘柄から構成されるポートフォリオを構築する際に気を付けるべきポイント

ポートフォリオに適した高配当銘柄を選ぶ際には、以下の10のポイントを意識することが大切です。

1. 分散投資の考え方

リスクを分散するために、異なる業種やセクターに属する複数の銘柄を組み込みます。これにより、特定の業績悪化や市場の変動に対する耐性が向上します。例えば、金融、医療、エネルギー、情報技術など異なるセクターから銘柄を選定し、リスクを分散させます。そして、ポートフォリオ内の個々の銘柄のウェイトを適切に配分することで、リスクを最適化します。

また、高配当株投資に特化したポートフォリオを構築する場合、一般的にはポートフォリオ内における銘柄数は比較的多い傾向があります。これは、高配当株投資が単一の銘柄に依存するのではなく、複数の銘柄を組み合わせてリスクを分散することが重要であるためです。一般的に、高配当株投資家はポートフォリオ内に10から20程度の銘柄を組み込むことがあります。これにより、ポートフォリオ全体のリスクが分散され、安定した収益性を確保することが期待されます。

しかし、投資家の投資目標やリスク許容度、資産規模などによって異なります。一部の投資家は、20銘柄以上の銘柄を組み込むこともあります。これは、より広範なリスク分散を実現するために、多様な業種やセクターからの銘柄選択を行うためです。

過去のデータや専門家の見解によれば、銘柄数が増えるほどポートフォリオのリスクは低減しますが、同時に運用コストや管理の複雑さも増加します。そのため、投資家は自身の投資目標やリスク許容度に合わせて、ポートフォリオ内の銘柄数を適切にバランスさせることが重要です。

2.長期投資の視点

長期的な視点で銘柄を選択することは、投資家にとって重要な戦略です。このアプローチでは、短期の株価変動、一時的なニュースや感情に左右されずに冷静な判断を行い、安定した成長性や配当の継続性を重視します。つまり、企業の将来性や業績の持続可能性を評価し、その企業のビジネスモデルや市場動向を分析することで、ポートフォリオに組み込む銘柄を選択します。

過去の事例からは、長期投資の視点を持つ投資家が、市場の短期の変動に左右されずに安定したリターンを収めてきました。株価の波乱に惑わされず、企業の基本的な価値や成長の可能性に焦点を当てることで、ポートフォリオの収益性を最大化することができます。

3.業績の安定性と将来性のバランス

業績の安定性と将来性のバランスは、ポートフォリオの安定性と成長性を確保する上で重要です。安定した業績を持ちつつ、将来的な成長性が期待される銘柄を選択することで、安定した配当収入と資産の増加を両立させることが可能です。

過去の成功事例からは、業績の安定性と将来性のバランスが取れた銘柄がポートフォリオに組み込まれ、投資家に安定したリターンを提供してきました。業績の安定性が投資リスクを軽減し、将来性がポートフォリオの成長を支える要因となります。

4.配当再投資の考慮

配当再投資は、投資家にとって重要な資産の増加手段です。配当を再投資することで、複利効果を活用し資産を増やすことができます。過去の実績からは、配当再投資を行ったポートフォリオが、より高いリターンをもたらしています。配当を再投資することで、資産の成長を促進し、将来のリターンを増加させることができます。

5.企業の持続可能性と倫理的観点

企業の持続可能性や倫理的観点は、投資家がポートフォリオを構築する際に考慮すべき重要な要素です。過去の成功事例からは、ESG(Environmental, Social, and Governance)に配慮したポートフォリオが投資家の信頼を得ています。企業の持続可能性や倫理的な観点を考慮し、社会的価値の高い企業を選定することで、ポートフォリオのリスクを軽減し、持続可能なリターンを確保することができます。

6.市場の動向の監視

市場の動向を定期的に監視することは、ポートフォリオの運用において重要な役割を果たします。過去の実績からは、市場の動向を的確に捉えた投資家がリスクを回避し、リターンを最大化しています。市場の変動や経済指標などを注視し、ポートフォリオのリバランスや銘柄の見直しを行うことで、市場の状況に適応し、ポートフォリオの価値を維持することができます。

7. 専門家やアナリストの意見を参考にする

専門家やアナリストのリサーチレポートや投資アドバイスを参考にし、情報収集を行います。それに基づいて銘柄選びを行い、ポートフォリオの品質を向上させます。

8. リスク管理の徹底

ポートフォリオ内のリスクを適切に管理するために、投資目標やリスク許容度を明確に設定し、それに基づいて銘柄選びやポートフォリオの調整を行います。

9. ポートフォリオの収益性とリスクのバランス

高配当銘柄を選ぶ際には、収益性とリスクのバランスを考慮することが重要です。収益性は配当利回りや配当成長率などの指標を通じて評価されますが、同時にリスクも考慮する必要があります。例えば、高配当銘柄はリスクが低いとは限りません。業績の不安定な企業や財務状況が悪化している企業の高配当銘柄は、配当継続性や株価の安定性にリスクが伴います。したがって、収益性とリスクのバランスを保ちながら、ポートフォリオに組み込む銘柄を選定することが重要です。

10. ポートフォリオの運用コストの最適化

ポートフォリオを構築する際には、運用コストも考慮する必要があります。運用コストは取引手数料や管理費用などが含まれます。高い運用コストは投資リターンを圧迫するため、できるだけ低コストでポートフォリオを運用することが望ましいです。具体的には、手数料の低い証券会社を活用したり、取引回数を最小限に抑えるなどの方法で運用コストを最適化します。過去のデータや研究によれば、低コストで運用されるポートフォリオの方が長期的に高いリターンをもたらす傾向があります。

以上のポイントを考慮しながら、安定した米国株高配当銘柄を選定し、バランスの取れたポートフォリオを構築することが重要です。また、市場は常に変化しております。そのため、上記のポイントを意識しながら、米国株高配当銘柄への投資を通じて資産を形成していくためには、継続的な学習とポートフォリオの改善が必要です。インベストリンゴのプラットフォームを活用して、自己の投資知識を向上させ、ポートフォリオのパフォーマンスの向上を図りましょう!

第4章: 人気の米国株高配当ポートフォリオのための銘柄15選

【先行アクセス(+特典付き)とニュースレターへの登録】

インベストリンゴは、🇯🇵日本初、🇺🇸米国株式投資に特化した金融のプロフェッショナルが集まる📱メディアプラットフォームです。

🚀ローンチに先立ち、✉️ニュースレター経由で、彼らの最新のコンテンツを日々紹介しております。

インベストリンゴ公式ホームページはこちら

米国株投資家の皆様は、是非、上記リンクより、メールアドレスをご登録頂き、完全版の弊社レポートを、日々、無料でご覧頂ければと思います。

ご登録頂けますと、過去のレポートも全て無料でご覧頂けます。

また、X(旧Twitter)上でも、日々、米国株式市場に関する情報を配信しておりますので、是非、フォロー頂ければと思います。

X(旧Twitter):インベストリンゴ公式アカウントはこちら

高配当銘柄関連記事

ブリティッシュ・アメリカン・タバコ / BTI / 予想配当利回り9.57%:ディフェンシブ・タバコ関連銘柄の最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(British American Tobacco)

アルトリア・グループ / MO / 予想配当利回り9.79%:連続増配ディフェンシブ銘柄の最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(Altria)

高配当の銘柄を選ぶことは、安定的な収益を追求する上で重要な要素です。以下は、様々なセクターから選ばれた15銘柄を挙げ、それぞれの企業の概要と配当に関する情報を提供します。

1. プロクター・アンド・ギャンブル (PG)

プロクター・アンド・ギャンブルは、消費財企業であり、世界中で幅広い製品を提供しています。安定した業績と魅力的な配当を誇ります。毎年配当を増額しており、過去の予想配当利回りは平均で3%程度です。

プロクター・アンド・ギャンブルの関連レポートはこちら

2. ジョンソン・エンド・ジョンソン (JNJ)

ジョンソン・エンド・ジョンソンは、医療機器や製薬分野で活躍する企業です。高い信頼性と配当性向が特徴です。連続して配当を増やしており、過去の予想配当利回りは平均で2.5%程度です。

ジョンソン・エンド・ジョンソンの関連レポートはこちら

3. マクドナルド (MCD)

マクドナルドは、世界的なファストフードチェーンであり、安定した収益と魅力的な配当を提供しています。毎年配当を増額しており、過去の予想配当利回りは平均で2.8%程度です。毎年配当を増額しており、過去の予想配当利回りは平均で2.8%程度です。

マクドナルドの関連レポートはこちら

4. ブリティッシュ・アメリカン・タバコ (BTI)

ブリティッシュアメリカンタバコは、国際的なタバコ企業であり、高い配当性向を持っています。連続して配当を増やしており、過去の予想配当利回りは平均で6%程度です。

ブリティッシュ・アメリカン・タバコの関連レポートはこちら

5. ペプシコ (PEP)

ペプシコは、世界的な飲料とスナックの企業であり、安定した業績と魅力的な配当を提供しています。毎年配当を増額しており、過去の予想配当利回りは平均で2.6%程度です。

ペプシコの関連レポートはこちら

6. コカ・コーラ (KO)

コカ・コーラは、世界的な飲料メーカーであり、安定した需要と魅力的な配当を提供しています。毎年配当を増額しており、過去の予想配当利回りは平均で3%程度です。

コカ・コーラの関連レポートはこちら

7. AT&T (T)

AT&Tは、通信サービスプロバイダーであり、安定した業績と高い配当を提供しています。過去の予想配当利回りは平均で5%程度です。

AT&Tの関連レポートはこちら

8. フィリップモリス・インターナショナル (PM)

フィリップモリス・インターナショナルは、世界的なタバコ会社であり、高い配当利回りを提供しています。連続して配当を増やしており、過去の予想配当利回りは平均で5.5%程度です。

フィリップモリスの関連レポートはこちら

9. シェブロン (CVX)

シェブロンは、石油・ガス企業であり、高い配当性向を持っています。毎年配当を増額しており、過去の予想配当利回りは平均で4%程度です。

シェブロンの関連レポートはこちら

10. アルトリア・グループ (MO)

アルトリア・グループは、タバコ企業であり、高い配当性向を持っています。連続して配当を増やしており、過去の予想配当利回りは平均で7%程度です。

アルトリアの関連レポートはこちら

11. フォード・モーター (F)

フォード・モーターは、自動車メーカーであり、安定した業績と配当を提供しています。毎年配当を増額しており、過去の予想配当利回りは平均で4.5%程度です。

フォードの関連レポートはこちら

12. ベライゾン・コミュニケーションズ (VZ)

ベライゾンは、通信サービスプロバイダーであり、安定した業績と魅力的な配当を提供しています。連続して配当を増やしており、過去の予想配当利回りは平均で4.2%程度です。

ベライゾンの関連レポートはこちら

13. ファイザー (PFE)

ファイザーは、世界的な製薬会社であり、高い配当性向を持っています。連続して配当を増やしており、過去の予想配当利回りは平均で3.8%程度です。

ファイザーの関連レポートはこちら

14. 3M (MMM)

3Mは、多様な産業向け製品を提供する企業であり、安定した業績と魅力的な配当を提供しています。毎年配当を増額しており、過去の予想配当利回りは平均で3.2%程度です。

3Mの関連レポートはこちら

15. ロッキード・マーチン (LMT)

ロッキード・マーチンは、航空宇宙・国防企業であり、高い配当性向を持っています。連続して配当を増やしており、過去の予想配当利回りは平均で2.7%程度です。

ロッキード・マーチンの関連レポートはこちら

まとめ

高配当株は安定した収益を提供し、投資家にとって魅力的な選択肢です。特に米国高配当株は多くの企業が安定した業績を誇り、高い配当を支払っています。その成長性も高く、将来の収益性を見据えた投資が期待できます。投資の際には慎重な選定とポートフォリオのバランスが不可欠ですが、米国高配当株への投資は安定した収益を追求する上で有力な手段です。是非、インベストリンゴのプラットフォームを活用して、自己の投資知識を向上させ、高配当株を取り入れたポートフォリオを構築し、安定した資産形成を目指しましょう。

【先行アクセス(+特典付き)とニュースレターへの登録】

インベストリンゴは、🇯🇵日本初、🇺🇸米国株式投資に特化した金融のプロフェッショナルが集まる📱メディアプラットフォームです。

🚀ローンチに先立ち、✉️ニュースレター経由で、彼らの最新のコンテンツを日々紹介しております。

インベストリンゴ公式ホームページはこちら

米国株投資家の皆様は、是非、上記リンクより、メールアドレスをご登録頂き、完全版の弊社レポートを、日々、無料でご覧頂ければと思います。

ご登録頂けますと、過去のレポートも全て無料でご覧頂けます。

また、X(旧Twitter)上でも、日々、米国株式市場に関する情報を配信しておりますので、是非、フォロー頂ければと思います。  

X(旧Twitter):インベストリンゴ公式アカウントはこちら  

高配当関連記事

マクドナルド / MCD / 予想配当利回り2.29%:連続増配ディフェンシブ銘柄の最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(McDonald’s)

フォード・モーター / F / 予想配当利回り4.88%:注目の高配当銘柄の最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(Ford Motor)

【米国株式投資】エクソン・モービル / XOM / 予想配当利回り3.65%:連続増配エネルギー銘柄の最新の決算分析と今後の株価見通し(2024年2月9日 / Exxon Mobil)

【米国株式投資】スターバックス・スタバ / SBUX / 予想配当利回り2.41%:連続増配ディフェンシブ銘柄の最新の決算分析と今後の株価見通し(2024年2月7日 / Starbucks)

【米国株式投資】アップル / AAPL / 予想配当利回り0.51%:連続増配テクノロジー銘柄の最新の決算分析と今後の株価見通し(2024年2月9日 / Apple)

【米国株式投資】シェブロン/ CVX / 予想配当利回り4.06%:連続増配エネルギー銘柄の最新の決算分析と今後の株価見通し(Chevron)

【米国株式投資】マイクロソフト / MSFT / 予想配当利回り0.73% / 連続増配テクノロジー企業の最新の決算分析と今後の株価見通し(2024年2月6日 / Microsoft / 配当金:0.75ドル)

【米国株式投資】ファイザー / PFE:予想配当利回り6.24%の増配を継続する注目の製薬・ディフェンシブ高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月5日 / Pfizer)

【米国株式投資】JPモルガン / JPM / 予想配当利回り2.38%:連続して増配する注目の銀行・高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(米国株式投資 / 2024年1月31日 / JP Morgan)

【米国株式投資】ジョンソン・エンド・ジョンソン / JNJ:予想配当利回り2.99%の増配を継続する注目のディフェンシブ高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月1日)

【米国株式投資】プロクター・アンド・ギャンブル / PG:予想配当利回り2.39 %の増配を継続する注目のディフェンシブ高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月1日)

【米国株式投資】ロッキード・マーチン / LMT:予想配当利回り2.92%の増配を継続する注目のディフェンシブ高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月1日 / 米国株式投資 / Lockheed Martin)

【米国株式投資】スリーエム / MMM:予想配当利回り6.29%の注目のディフェンシブ高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月1日 / 米国株式投資 / 3M Co)

【米国株式投資】メタ・フェイスブック / META / 予想配当利回り0.43%:注目のメタバース・AI関連成長株の最新の決算分析と今後の株価見通し(2024年2月2日 / Meta / Facebook)

【米国株式投資】ベライゾン / VZ:予想配当利回り6.28%の増配を継続する注目のディフェンシブ高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月1日 / 米国株式投資 / Verizon)

【米国株式投資】AT&T / T:予想配当利回り6.26%の注目のディフェンシブ高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月1日 )

【米国株式投資】ラム・リサーチ / LRCX(Lam Research:予想配当利回り0.95%):注目の半導体関連銘柄の24年度第2四半期決算・株価分析と今後の展望

【米国株投資】エヌビディア / NVDA(NVIDIA Corp:年間予想配当利回り0.03%):注目の半導体・AI関連銘柄から学んだ配当と株価リターンに関する教訓

【米国株投資】エヌビディア / NVDA / 予想配当利回り0.03%:半導体AI関連銘柄の株価分析と今後の見通し(NVIDIA)

【米国株投資】エンブリッジ(ENB:年間予想配当利回り7.5%)& ベライゾン(VZ:年間予想配当利回り6.7%):高水準の予想配当利回りが魅力的な、おススメの2つの高配当個別銘柄

【米国株投資】マリオット・インターナショナル(MAR:年間予想配当利回り0.9%):グローバル・ブランド関連のおススメの高配当個別銘柄 – Part 2

【米国株投資】メドトロニック/ MDT:予想配当利回り3.20%の注目の高配当ヘルスケア関連個別銘柄

【米国株投資】ONEOK(ワンオーク)/ OKE:予想配当利回り5.57%の注目の高配当エネルギー関連銘柄

免責事項:本レポート上で紹介する情報は、投資教育を目的としております。その為、本情報は、特定の証券の売買や投資戦略を勧誘するものではありません。また、私は税務、法律、会計に関する助言は一切いたしません。投資には常にリスクが伴い、リターン、あるいは、元本が保証されているものではない点にご留意ください。私の知る限りでは、私は自らの分析に、虚偽、または、重大な誤解を招く記述や事実の省略が含まれていないと認識しております。特定の投資助言における過去のパフォーマンスは、特定の状況、または、市場の出来事、投資の性質、および、タイミング、ならびに、投資に関連する制約についての知識がない限り、依拠すべきではありません。私は、チャート、グラフ、計算式、推奨銘柄について述べたり、表示したりすることがありますが、これらはそれ自体でどの証券を売買すべきか、あるいはいつ売買すべきかを決定するために使用されることを意図しておりません。このようなチャートやグラフは、限られた情報しか提供していないため、それだけで投資判断を下すべきではありません。実際に投資をする際には、ライセンスを保有する金融の専門家にご相談されることを強くお勧めします。ここに記載された意見は、あくまでも私個人のものであり、予告なしに変更されることがあります。また、参照した意見やデータは本レポートの発表日時点のものであり、市場や経済状況の変化により変更される可能性があります。

アナリストによる開示:私は、この記事で言及されている企業の株式に関するポジションを現時点で保有しておらず、また、今後5日以内にそのようなポジションを持つ予定もありません。また、本記事は、私個人の見解に基づき、独自に執筆したものです。私は、インベストリンゴからの報酬を除き、この記事に対して、いかなる報酬も受け取っておりません。また、本文書で言及している企業とは、いかなる商業的関係も有しておりません。

インベストリンゴによる開示:インベストリンゴは、当社コンテンツ・クリエイターが、自身の専門・得意領域に関する情報・知識を、当社のユーザーと共有する事を目的とする米国株特化型のコミュニティです。本サイトのコンテンツは、投資教育、並びに、投資情報の提供のみを目的としており、特定の投資家に対して、投資、税務、法律等のアドバイスを提供することを意図しておりません。加えて、Investlingo Japan合同会社は、日本においてライセンスを保有する証券会社、投資顧問業者、または、投資銀行ではございません。ここで述べられている意見や見解は、あくまでも、各コンテンツ・クリエーター個人の見解であり、Investlingo Japan合同会社の立場を反映しているものではございません。当社のコンテンツ・クリエーターは、個人投資家を含む独立したブロガー・アナリストから構成されており、公的機関等からの金融関連のライセンスを取得していない場合もございます。その為、本サイト上のいかなる情報も、インベストリンゴ、または、弊社プラットフォーム上の第三者による、金融商品の推奨、或いは、投資助言として解釈されるべきではありません。インベストリンゴは、弊社プラットフォーム上の情報に基づいて行われるいかなる投資決定に対して、一切責任を負わず、各ユーザーが単独で責任を負う点にご留意ください。

にほんブログ村:米国株ランキング

人気ブログランキング:米国株ランキング


上部へスクロール