スノーフレイク / SNOW / 中立:最新の24年4Q決算分析と今後の株価見通し – Part 2(後編)

Ticker: SNOW / 4333文字 / 所要時間8分程度 / 中立

サマリー

  • スノーフレイク(SNOW)はCortex AIスイートを立ち上げ、AI-as-a-Serviceへの移行を強化するためにStreamlitを買収し、AIサービスの多様化を図っている。
  • 競争に直面している同社は、競争力を維持し、市場の需要に合わせるために、データとAIのイノベーションを重視している。
  • 同社の将来の成長は、技術トレンドへの適応に依存しており、進化する製品ラインアップと市場での地位について、投資家は慎重、且つ、楽観的見方を示しているように見える。

スノーフレイクのCortex & AI-as-a-サービス

11月、スノーフレイク(SNOW)はCortex AIスイート・プラットフォームを発表した。

このプラットフォームは、カスタマイズのために基礎となるAIエンジンに関与するよりも、すぐに使えるAI製品を好むユーザーに対応するように設計されている。

このスイートは、スリダール・ラマスワミ最高経営責任者(CEO)が同社に入社して約3ヶ月後に発表され、同社の標準的な製品発表のリズムからの顕著な転換を意味する。

同社は現在、様々なAIツールを提供する一方で、ベクターデータベースやユニバーサル検索といった分野にも手を広げている。

このような拡大にもかかわらず、同社が今後さらに革新的なAIソリューションを導入できるかどうかは疑問が残る。

DevOps、Streamlit、そしてスノーフレイクの進化

スリダール氏が指揮を執る中、スノーフレイク(SNOW)は急速にAI-as-a-Serviceへと移行しており、従来の製品開発サイクルからの脱却を示し、特にAI領域においてよりDevOps中心のアプローチを取り入れている。

Streamlitの買収はこのシフトを反映したもので、より簡単なデータインタラクションとアプリケーションの作成を促進することで、開発者と非技術系ユーザーの両方を惹きつけることを目指している。

そして、これは、市場においてより利用しやすいAIツールに対する需要が高まっていることと一致している。

スノーフレイクの競争力としてのデータ

AIと機械学習の重要性が高まる中、特にDatabricksのような競合他社がAI分野で前進しているため、スノーフレイク(SNOW)の成長軌道には懸念がある。

とはいえ、同社の堅実な業績と多様なAIサービスは、その回復力と適応力を示している。

業界がデータ集約的なAIモデルに傾く中、膨大なデータセットの蓄積に重点を置くことは同社にとって極めて重要な点である。

このデータ重視の姿勢は、同社に際立った優位性をもたらし、競合他社を凌駕し、成長の勢いを維持することを可能にする可能性があると見ている。

スノーフレイクの将来の展望

スノーフレイク(SNOW)のバリュエーションと将来の展望は、急速に進化するハイテク業界における成長と適応の可能性と深く関わっている。

その鍵となるのは、特に人工知能(AI)やデータ管理などの分野で、市場の需要に合わせて革新し、拡大する同社の能力である。

収益が永久成長率に達する前に、同社がその立ち位置を理解することは、投資家や利害関係者にとって極めて重要である。

クラウド・データ・ウェアハウス(CDW)

スノーフレイクのベースケース・シナリオの前提は、クラウド・データ・ウェアハウスのような市場での優位性の継続と、その提供サービスの持続的な必要性である。

しかし、よりダイナミックなシナリオでは、データ処理に革命をもたらし、従来のデータパイプラインやウェアハウスの必要性を減らす可能性のある大規模言語モデル(LLM)の急速な進歩を考慮する。

これは、同社に大きな影響を与える可能性のある、高リスクだが低確率の出来事である。

現在の市場のIT支出の傾向では、AI関連の投資が好まれ、AI予算のかなりの部分は、セキュリティを除く他のIT領域から再配分されている。

AIの進歩を可能にするクラウド・データ・ウェアハウスとデータ管理の基礎的な役割は広く認められており、同社の財務、特にIT予算全体に占めるビリング額の割合は、特に大口顧客の間で成長が見込まれている。

この成長軌道は、同社が大手クラウドサービス・プロバイダーに匹敵する規模の重要なプレーヤーになる可能性を示唆している。

しかし、同社にとっての課題は、AI主導の未来における支出と市場シェアを正当化することにあり、AI中心の製品に軸足を移すか、拡大する必要がある。

スノーフレイクへの支出の減少が指摘されたInstacartのシナリオは、市場のダイナミックな性質とDatabricksのようなライバルからの競争圧力を強調している。

この事件は、スノーフレイクがその価値提案を強化し、顧客基盤を維持・成長させるために価格設定やサービスを適応させる必要性を浮き彫りにしている。

実際に、スノーフレイクに対する反論は、しばしばその価格設定を中心に展開される。

しかし、この比較は、同社のas-a-Serviceモデルが提供する利便性、効率性、拡張性を見落としており、これは、サービスベース、標準化、自動化されたITソリューションに向けた幅広いトレンドを体現している。

スノーフレイクが提供する投資利益率(ROI)に重点を置くべきであり、それは最終的に業務効率、ビジネス洞察力、財務パフォーマンスの面で付加価値によって測定される。

短期的な収益に影響を与える可能性がある一方で、顧客のコスト最適化を支援する同社の積極的なアプローチは、長期的な関係と顧客維持を促進するための戦略的な動きである。

データ・アプリケーションとマーケットプレイスに向けて進化する焦点は、同社を単なるコストセンターとしてではなく、既存のクラウド・サービス・プロバイダーと同様に、価値を推進する中核的なインフラストラクチャー・コンポーネントとして位置づける戦略的なピボットである。

AI/ML/LLMとガバナンス

AI、機械学習(ML)、大規模言語モデル(LLM)をスノーフレイクのエコシステムに統合することで、成長と市場拡大の可能性が大きく広がる。

また、AIとデータ管理の領域では、ガバナンスとセキュリティは単なる運用要件ではなく、競争上の重要な差別化要因である。

同社が重視する強力なガバナンスの枠組みは、データ漏洩やコンプライアンスの失敗が壊滅的な影響を及ぼしかねない時代において極めて重要である。

Mistralとのパートナーシップのようなダイナミクスは、同社の市場でのポジショニングと、強みとしてのガバナンスの活用に焦点を当てた戦略的なニュアンスを示している。

スノーフレイクのバリュエーションに関して

様々なDCF法によるバリュエーションのシナリオについては追って説明していくが、まず、消費トレンドが回復しておらず、2023年の業績が予想を下回ったことを認識したい。

そして、2024年3月に開催されたモルガン・スタンレー・テクノロジー・カンファレンスで、我々はスノーフレイクに関して次のことを学んだ。

・25年度はスノーフレイクにとって最大の製品立ち上げの年であり、今のところガイダンスではスノーパークからの3%の収益しか織り込んでいない。

・スノーフレイクのUnistoreは、最初の売上を上げ始めるだろう。しかし、従来のアプリ開発者層への販売が多く、オンライン・トランザクション処理の成熟にも5~7年かかるため、これは長期的な立ち上がりとなるはずである。

・Cortexは7ヶ月間プレビューされ、今年のサミット(2024年6月)までに利用可能になる見込みである。

・Streamlitは現在利用可能である。

・Cortexは最も有意義なドライバーとなるはずで、Snowparkコンテナサービスはまさに立ち上がりつつある。

・ダイナミック・テーブルも立ち上がりつつあるが、すぐには採用されない。

・スノーフレイクは第4四半期に自社株買いを実施しなかった。これはまた、経営陣が23年第4四半期の暴騰は行き過ぎだと感じていることを示している。スノーフレイクは20億ドルという当初の承認枠に約14億ドルを残している。

・スノーフレイクの財務計画には疑問がある。計画は長年の消費パターンに基づいており、論理的ではなく純粋に経験的なものであるため、消費パターンの変化、新しいマクロトレンド、大規模な製品変更などのショックに対して非常に脆弱である。

・株価の上昇ですべてが正当化されたため、投資家は昨夏の100億ドルという目標に十分な疑問を抱かなかった。しかし今は、新製品への期待は最低限で、クラウド・データ・ウェアハウスへの期待は控えめというセンチメントになっているようだ。

・スノーフレイクのUnistoreが一秒以内のオンライン・トランザクション処理に拡大している一方で、モンゴDB(MDB)はデータ・ウェアハウスに拡大しており、サイバーセキュリティと同様に、データベースにおけるプラットフォームの継続的な拡大と採用傾向を示している。

そして、重要な問題は、スノーフレイクの今後20年間の成長軌道である。

通常、投資家はハイテク企業の収益成長が5年以内に高水準から低水準へと先細りし、やがて安定すると予想している。

投資家は、常に高い成長率を望むことが多いが、より現実的なシナリオは、成長期、減速期、潜在的な再加速期を含む。

スノーフレイクの場合、目先の成長は減速し、その後穏やかな再加速の可能性がある。

アナリストは、同社の成長維持能力への自信を反映し、今後2、3年の成長率は23%まで若干上昇すると、慎重な成長見通しを予測している。

一方で、28年度と29年度の収益予想は修正され、予想はより保守的になっている。

そして、下記が弊社のDCF法を用いた際の、同社の株価予想水準である。

弱気シナリオでは、同社の成長が大幅に減速した場合、回復と持続的成長を前提として、1株当たりの価値は136ドル程度になる可能性が示唆されている。

メインシナリオでは、年複利成長率20%で、29年度までに売上高80億ドル、その後もさらに成長し、1株当たりの価値は207.8ドル程度になる可能性が示唆されている。

強気シナリオはより楽観的で、同社をAIとクラウド・コンピューティングのトレンドに沿わせ、38年度までに売上高300億ドルに達する可能性があり、2021年とここ数ヶ月の高水準のバリュエーションを裏付けるものである。このケースでは、1株当たりの価値は279ドル程度になる可能性が示唆されている。

結論

スノーフレイク(SNOW)は、その安定した株価と、潜在的な将来のアンダーパフォームにもかかわらず持続する可能性のあるポジティブな機関投資家のセンチメントにより、例外的とまでは言えないものの、有利なリスク・リターンのシナリオを提示している。

潜在的な不確実性と競争上の課題にもかかわらず、スリダール・ラマスワミ最高経営責任者(CEO)のもとでの効果的なリーダーシップと同社の戦略的イニシアティブによって、SNOWの長期的な見通しは有望と思われる。

しかし、同社の認知度の高さと強力な投資家基盤は、将来の大きなリスク・リターンの機会を制限する可能性がある。

ただし、これはまた、他のハイテク企業と比較して、同社の堅実な成長の可能性を強調するものでもある。


【先行アクセス(+特典付き)とニュースレターへの登録】

インベストリンゴは、🇯🇵日本初、🇺🇸米国株式投資に特化した金融のプロフェッショナルが集まる📱メディアプラットフォームです。

🚀ローンチに先立ち、✉️ニュースレター経由で、彼らの最新のコンテンツを日々紹介しております。

インベストリンゴ公式ホームページはこちら

米国株投資家の皆様は、是非、上記リンクより、メールアドレスをご登録頂き、完全版の弊社レポートを、日々、無料でご覧頂ければと思います。

ご登録頂けますと、過去のレポートも全て無料でご覧頂けます。

また、X(旧Twitter)上でも、日々、米国株式市場に関する情報を配信しておりますので、是非、フォロー頂ければと思います。

X(旧Twitter):インベストリンゴ公式アカウントはこちら

弊社関連レポート

【米国株式投資】スノーフレイク / SNOW / 中立:最新の24年4Q決算分析と今後の株価見通し – Part 2(前編)

【米国株式投資】パランティア / PLTR / 強気:同社のLLM / 大規模言語モデルの詳細な分析と今後の株価見通し – Part 1

【米国株式投資】アドビ / ADBE / 強気:24年1Q決算分析と今後の株価見通し(Adobe)

【米国株式投資】【最新】米国株の今後の見通し / RSP / 強気:新たな指標「コンファレンス・ボードが発表する景気先行指数(LEI)」が強気に転換

【米国株式投資】最新の大手人事管理(HRM)システム企業関連ニュース

【米国株式投資】【最新】米国株の今後の見通し / RSP / 強気:ローテーションが今のマーケットのキーポイント

【米国株式投資】パランティア / PLTR / 強気:最新のAI企業の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(Palantir)

【米国株式投資】インテル / INTC:米国CHIPS法に関する資金調達セレモニーは、新工場設立の遅延報告の影に隠れる結果に(Intel)

【米国株式投資】【最新】米国株の今後の見通し / RSP / 強気:ソフトランディングは目前

【米国株式投資】注目の受託製造業者のジェイビル(JBL)とフレックス(FLEX)の最新の決算と今後の株価見通し – Part 2

【米国株式投資】注目の受託製造業者のジェイビル(JBL)とフレックス(FLEX)の最新の決算と今後の株価見通し – Part 1

【米国株式投資】ブラック・ヒルズ / BKH / 予想配当利回り5% / 弱気 / 配当王:23年4Q決算と今後の株価見通し(Black Hills)

【米国株式投資】キンバリー・クラーク / KMB / 予想配当利回り3.92% / 中立 / 配当王:23年4Q決算と今後の株価見通し(Kimberly-Clark)

【米国株式投資】レゲット・アンド・プラット / LEG / 予想配当利回り10% / 弱気 / 配当王:23年4Q決算と今後の株価見通し(Leggett & Platt)

【米国株式投資】コストコ / COST / 予想配当利回り0.56% / 中立:最新の24年2Q決算と今後の株価見通し(Costco)

【米国株式投資】コルゲート・パルモリーブ / CL / 予想配当利回り2.17% / 中立 / 配当王:23年4Q決算と今後の株価見通し(Colgate)

【米国株式投資】シンシナティ・ファイナンシャル / CINF / 予想配当利回り2.7% / 中立 / 配当王:23年4Q決算と今後の株価見通し(Cincinnati Financial)

【米国株式投資】アッヴィ / ABBV / 予想配当利回り3.47% / 弱気 / 配当王:最新の23年4Q決算と今後の株価見通し(AbbVie)

【米国株式投資】アボット・ラボラトリーズ / ABT / 予想配当利回り1.83% / 中立 / 配当王:最新の23年4Q決算と今後の株価見通し(Abbott Laboratories)

【米国株式投資】ターゲット / TGT / 予想配当利回り2.57% / 中立 / 配当王:最新の23年4Q決算と今後の株価見通し(Target)

【米国株式投資】フィリップ・モリス / PM / 予想配当利回り5.65% / 強気:最新の23年4Q決算と今後の株価見通し(Philip Morris)

【米国株式投資】TモバイルUS / TMUS / 予想配当利回り0.8% / 中立:最新の23年4Q決算と今後の株価見通し(T-Mobile)

【米国株式投資】【投資コラム】米国株配当王の一覧と配当王への投資を検討する際に考慮すべきポイントを徹底解説!

【米国株式投資】クローガー / KR / 予想配当利回り2.36% / 中立:注目の連続増配銘柄の最新の23年3Q決算と今後の株価見通し(Kroger)

【米国株式投資】ウォルマート / WMT / 中立 / 予想配当利回り1.39% / 配当王:最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(Walmart)

【米国株式投資】エマソン・エレクトリック / EMR / 予想配当利回り2% / 中立 / 配当王:最新の24年1Q決算と今後の株価見通し(Emerson Electric)

【米国株式投資】パーカー・ハネフィン / PH / 予想配当利回り1.12% / 弱気 / 配当王:最新の24年2Q決算分析と今後の株価見通し(Parker-Hannifin)

【米国株式投資】ドーバー / DOV / 予想配当利回り1.24% / 中立 / 配当王:最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(Dover)

【米国株式投資】ノースウエスト・ナチュラル / NWN / 予想配当利回り5.32% / 配当王:23年4Q決算分析と今後の株価見通し(Northwest Natural Holding)

【米国株式投資】アメリカン・ステイツ・ウォーター / AWR / 予想配当利回り2.43% / 強気 / 配当王:最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(American States Water)

【米国株式投資】ペプシコ / PEP / 予想配当利回り3.04%:連続増配ディフェンシブ銘柄の最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(PepsiCo)

【米国株式投資】フォード・モーター / F / 予想配当利回り4.88%:注目の高配当銘柄の最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(Ford Motor)

【米国株式投資】マクドナルド / MCD / 予想配当利回り2.29%:連続増配ディフェンシブ銘柄の最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(McDonald’s)

【米国株式投資】コカ・コーラ / KO / 予想配当利回り3.09%:連続増配銘柄の最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し

➡ 【米国株式投資】ブリティッシュ・アメリカン・タバコ / BTI / 予想配当利回り9.57%:ディフェンシブ・タバコ関連銘柄の最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(British American Tobacco)

➡【米国株式投資】スターバックス・スタバ / SBUX / 予想配当利回り2.41%:連続増配ディフェンシブ銘柄の最新の決算分析と今後の株価見通し(2024年2月7日 / Starbucks)


【米国株式投資】アルトリア・グループ / MO / 予想配当利回り9.79%:連続増配ディフェンシブ銘柄の最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(Altria)

【米国株式投資】シェブロン/ CVX / 予想配当利回り4.06%:連続増配エネルギー銘柄の最新の決算分析と今後の株価見通し(Chevron)

【米国株式投資】エクソン・モービル / XOM / 予想配当利回り3.65%:連続増配エネルギー銘柄の最新の決算分析と今後の株価見通し(2024年2月9日 / Exxon Mobil)

【米国株式投資】ファイザー / PFE:予想配当利回り6.24%の増配を継続する注目の製薬・ディフェンシブ高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月5日 / Pfizer)

【米国株式投資】JPモルガン / JPM / 予想配当利回り2.38%:連続して増配する注目の銀行・高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(米国株式投資 / 2024年1月31日 / JP Morgan)

【米国株式投資】ジョンソン・エンド・ジョンソン / JNJ:予想配当利回り2.99%の増配を継続する注目のディフェンシブ高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月1日)

【米国株式投資】プロクター・アンド・ギャンブル / PG:予想配当利回り2.39 %の増配を継続する注目のディフェンシブ高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月1日)

【米国株式投資】ロッキード・マーチン / LMT:予想配当利回り2.92%の増配を継続する注目のディフェンシブ高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月1日 / 米国株式投資 / Lockheed Martin)

【米国株式投資】スリーエム / MMM:予想配当利回り6.29%の注目のディフェンシブ高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月1日 / 米国株式投資 / 3M Co)

【米国株式投資】メタ・フェイスブック / META / 予想配当利回り0.43%:注目のメタバース・AI関連成長株の最新の決算分析と今後の株価見通し(2024年2月2日 / Meta / Facebook)

【米国株式投資】ベライゾン / VZ:予想配当利回り6.28%の増配を継続する注目のディフェンシブ高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月1日 / 米国株式投資 / Verizon)

【米国株式投資】AT&T / T:予想配当利回り6.26%の注目のディフェンシブ高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月1日 )

【米国株式投資】ラム・リサーチ / LRCX(Lam Research:予想配当利回り0.95%):注目の半導体関連銘柄の24年度第2四半期決算・株価分析と今後の展望

【米国株投資】エヌビディア / NVDA(NVIDIA Corp:年間予想配当利回り0.03%):注目の半導体・AI関連銘柄から学んだ配当と株価リターンに関する教訓

【米国株投資】エヌビディア / NVDA / 予想配当利回り0.03%:半導体AI関連銘柄の株価分析と今後の見通し(NVIDIA)

【米国株投資】エンブリッジ(ENB:年間予想配当利回り7.5%)& ベライゾン(VZ:年間予想配当利回り6.7%):高水準の予想配当利回りが魅力的な、おススメの2つの高配当個別銘柄

【米国株投資】マリオット・インターナショナル(MAR:年間予想配当利回り0.9%):グローバル・ブランド関連のおススメの高配当個別銘柄 – Part 2

【米国株投資】メドトロニック/ MDT:予想配当利回り3.20%の注目の高配当ヘルスケア関連個別銘柄

【米国株投資】ONEOK(ワンオーク)/ OKE:予想配当利回り5.57%の注目の高配当エネルギー関連銘柄

免責事項: 本レポート上で紹介する情報は、投資教育を目的としております。その為、本情報は、特定の証券の売買や投資戦略を勧誘するものではありません。また、私は税務、法律、会計に関する助言は一切いたしません。投資には常にリスクが伴い、リターン、あるいは、元本が保証されているものではない点にご留意ください。私の知る限りでは、私は自らの分析に、虚偽、または、重大な誤解を招く記述や事実の省略が含まれていないと認識しております。特定の投資助言における過去のパフォーマンスは、特定の状況、または、市場の出来事、投資の性質、および、タイミング、ならびに、投資に関連する制約についての知識がない限り、依拠すべきではありません。私は、チャート、グラフ、計算式、推奨銘柄について述べたり、表示したりすることがありますが、これらはそれ自体でどの証券を売買すべきか、あるいはいつ売買すべきかを決定するために使用されることを意図しておりません。このようなチャートやグラフは、限られた情報しか提供していないため、それだけで投資判断を下すべきではありません。実際に投資をする際には、ライセンスを保有する金融の専門家にご相談されることを強くお勧めします。ここに記載された意見は、あくまでも私個人のものであり、予告なしに変更されることがあります。また、参照した意見やデータは本レポートの発表日時点のものであり、市場や経済状況の変化により変更される可能性があります。

アナリストによる開示:私はSNOWに関するロング・ポジションを現在保有しております。また、本記事は、私個人の見解に基づき、独自に執筆したものです。私は、インベストリンゴからの報酬を除き、この記事に対して、いかなる報酬も受け取っておりません。また、本文書で言及している企業とは、いかなる商業的関係も有しておりません。

インベストリンゴによる開示:インベストリンゴは、当社コンテンツ・クリエイターが、自身の専門・得意領域に関する情報・知識を、当社のユーザーと共有する事を目的とする米国株特化型のコミュニティです。本サイトのコンテンツは、投資教育、並びに、投資情報の提供のみを目的としており、特定の投資家に対して、投資、税務、法律等のアドバイスを提供することを意図しておりません。加えて、Investlingo Japan合同会社は、日本においてライセンスを保有する証券会社、投資顧問業者、または、投資銀行ではございません。ここで述べられている意見や見解は、あくまでも、各コンテンツ・クリエーター個人の見解であり、Investlingo Japan合同会社の立場を反映しているものではございません。当社のコンテンツ・クリエーターは、個人投資家を含む独立したブロガー・アナリストから構成されており、公的機関等からの金融関連のライセンスを取得していない場合もございます。その為、本サイト上のいかなる情報も、インベストリンゴ、または、弊社プラットフォーム上の第三者による、金融商品の推奨、或いは、投資助言として解釈されるべきではありません。インベストリンゴは、弊社プラットフォーム上の情報に基づいて行われるいかなる投資決定に対して、一切責任を負わず、各ユーザーが単独で責任を負う点にご留意ください。

アナリスト紹介

コンヴェクィティ
拠点:イギリス / アラブ首長国連邦(UAE)
セクター:テクノロジー

2019年に設立されたConvequityは、サイバーセキュリティ、SaaSを含むエンタープライズ(企業)向けテクノロジーを扱うテック企業に関するエクイティ・リサーチを提供。セールス・チャネルや対象企業の経営陣との関係に依存する投資銀行や証券会社のアナリストとは異なり、Convequityは対象企業のプロダクト、アーキテクチャー、ビジョンを深掘りすることで投資家に有益な情報を提供することに努めている。特に、Convequityは、第一線で活躍する企業や イノベーションをリードするスタートアップ企業を含め、テクノロジー業界を幅広くカバーすることで、投資家のビジビリティと長期的なアルファの向上に努めている。

ジョーダン・ランバート CFA / LinkedIn

長年にわたるハイテク投資家であり、テクノロジー関連銘柄、および、株式リサーチとバリュエーションのニュアンスに特別な関心を持つ。CFA取得後、自身のソフトウェア、株式リサーチ、並びに、株式投資へのパッションを下に、2019年10月にConvequityを設立。新たなテクノロジー業界におけるトレンドと長期的に成功する可能性が高い企業を見極めることを得意としている。

サイモン・ヒー / LinkedIn

10年以上に渡りテクノロジーのあらゆる側面をカバーしてきた経験を生かし、テクノロジー起業への投資における、勝者と敗者を見極める鋭い洞察力を持つ。彼のテクノロジーに関するノウハウは、ビジネス戦略や財務分析への理解と相まって、Convequityの投資リサーチに反映されている。Convequityを設立する前は、オンラインITフォーラムでコミュニティ・マネージャーを務め、ネットワーク・セキュリティの業務に従事。ユニバーシティ・カレッジ・ダブリンで商学士号を取得。

にほんブログ村:米国株ランキング

人気ブログランキング:米国株ランキング

上部へスクロール