半導体メモリ業界と関連株式の2023年のまとめ&今後の半導体メモリ市場の見通し – Part 1

Ticker: MU , ASML  / 2444文字 / 所要時間5分程度

画像

サマリー

  • 半導体メモリ業界は第2四半期から第3四半期にかけて回復が鈍かったが、第4四半期はDRAMとNANDともに大幅な増収となり、NANDは前四半期比22%増、前年同期比9.4%増、DRAMは前四半期比30%増、前年同期比39.5%増となった。
  • しかし、2023年通年では、NANDの売上高は36.6%減、DRAMの売上高は17.56%減となり、合計で前年比36%の減収となる。
  • 2023年の深刻な半導体メモリ市場の不況は、2020-2021年の急成長による生産能力過剰が引き金となり、2022年下半期のパンデミック後の需要崩壊でさらに悪化し、過去10年で最も深刻な不況となっている。

半導体メモリ業界の概要

23年第1四半期に谷底に達した半導体メモリー部門は、第2四半期、第3四半期にかけて痛ましいほどゆっくりと回復した。

しかし、23年第4四半期には、DRAMとNANDの両方で、メモリ価格とビット出荷の両方で力強い上昇の動きが見られている。

NANDの場合、23年第4四半期の売上高は前四半期比22%増、前年同期比9.4%増の114億ドルとなっている。

これは前年同期比では22年第2四半期以来の増加である。

画像

DRAMの第4四半期の売上高は、前四半期比30%増、前年同期比39.5%増の171億ドルと、さらに力強い回復を見せた。

画像

年間ベースで見ると、2023年のNANDの売上高は36.6%減の382億ドルに達した。これは2022年の12.2%減に続くものである。

画像

DRAMの場合、売上高は17.56%減の660億ドルとなった。

これは 2022 年には 15.6%の減少に続く。

画像

2023年のDRAMとNANDの売上を合計すると、全体では前年比36%減の1,403億ドルから892億ドルとなる。

これは2022年の前年比14%減に続くものである。

※2023年の半導体メモリーに関する私たちの予測は20%減であった。

事態は明らかに予想よりはるかに悪化した。

画像

2023年が半導体メモリ部門にとって残酷な年であったという事実から逃れることはできない。

実際、上記の四半期チャートから明らかなように、DRAM、NANDともに22年第3四半期から状況は悪化し始めた。

対照的に、22年第1四半期と22年第2四半期は史上最高値に迫る勢いであった。

この22年第1四半期の好調な業績は、2022年通年の業績悪化の影響を歪め、その結果、通年の売上高は前年比14%減にとどまった。

もちろん、第4四半期の好転を見るまで、2023年まで状況は悪化の一途をたどったことになる。

今回の半導体メモリ不況が主要プレーヤーの財務にどれだけ打撃を与えたかは、マイクロン・テクノロジー(MU)の23年第4四半期決算報告書から引用した以下の図がすべてを物語っている。

23年度の売上高は前年同期比49%減、純利益は22年度の95億ドルから23年度は48億ドルの赤字に転落した。

著しい悪化であることが分かる。

画像

では、過去10年で最悪の落ち込みとなったのはなぜなのか?

結局のところ、2019年にさかのぼる前回の不況では、売上高が前年同期比で34%減少していたにもかかわらず、フリー・キャッシュフローがマイナスとなる四半期がちらほらあったかもしれないとはいえ、すべての主要プレーヤーは2019年も黒字を維持していた。

この不況を脱するために何が必要だったのか、そして2024年への期待について説明していきたい。

半導体メモリ業界の景気後退の原因は何か?

このような深刻な景気後退の原因を理解するために、今度は左軸の最小値を40,000に設定した年間チャートをもう一度見てみよう。

前回の低迷期である2019年に何が起こったかを振り返る必要がある。

画像

2019年は、メモリーの需要も価格も2年間異常な伸びを示したことがきっかけとなった。

私のレポートの読者であれば、ASML(ASML)の半導体メモリー関連売上高をメモリー・エコシステムの健全性を示す先行指標として用いていることを思い出すだろう。

2017年と2018年のデータを見ると、半導体メモリ関連支出が〜50%急増し、2018年には45億ドルという当時の史上最高額に達したことがわかる。

画像

これがメモリの巨大な過剰生産能力を生み出し、2018年後半にエヌビディア(NVDA)が中古のマイニングGPUの氾濫によって困難に陥ると、全体的な低迷が引き起こされた。

これにより、メモリ価格とビット出荷量は暴落したのである。

不況に対応して、2019年にはメモリ関連の設備投資が前年比50%近く削減されたこともわかる。

そして、本来、次に起こるべきことは、2020年と2021年にはメモリ価格が安定し、半導体メモリ関連のCapExは横ばいになるはずだった。

しかし、パンデミックが起こり、メモリー需要が急増したのである。

このため、半導体メモリー関連の設備投資は大幅に増加し、2022年には過去最高の54億ドルに達した。

画像

これはもちろん、再び膨大な半導体メモリーの過剰生産能力をもたらした。

そして、コロナ・パンデミックに牽引された需要(主にPC、スマートフォン、データセンター容量)が22年第2四半期初頭に崩壊するまで、この流れは順調だった。

半導体メモリの在庫レベルは軒並み高騰し、メモリメーカーは需要がゼロであるにもかかわらず、膨大な容量を抱えたまま取り残された。

つまり一言で言えば、2020年と2021年は、本来では2019年の不況からの比較的緩やかな回復の年となるはずが、急速な成長の年、大規模な生産能力拡張の年、そして忘れてはならないが、半導体メモリメーカーにとって巨額の利益を生む年となったのである。

しかし、この2年間の好況には代償が必要であった。

その代償とは、過去10年間で最も厳しい景気後退であった。

※続きは「半導体メモリ業界と関連株式の2023年のまとめ&今後の半導体メモリ市場の見通し – Part 2」をご覧ください。

【先行アクセス(+特典付き)とニュースレターへの登録】

インベストリンゴは、🇯🇵日本初、🇺🇸米国株式投資に特化した金融のプロフェッショナルが集まる📱メディアプラットフォームです。

🚀ローンチに先立ち、✉️ニュースレター経由で、彼らの最新のコンテンツを日々紹介しております。

インベストリンゴ公式ホームページはこちら

米国株投資家の皆様は、是非、上記リンクより、メールアドレスをご登録頂き、完全版の弊社レポートを、日々、無料でご覧頂ければと思います。

ご登録頂けますと、過去のレポートも全て無料でご覧頂けます。

また、X(旧Twitter)上でも、日々、米国株式市場に関する情報を配信しておりますので、是非、フォロー頂ければと思います。

X(旧Twitter):インベストリンゴ公式アカウントはこちら

関連記事

【米国株式投資】アブポイント / AVPT / 中立:最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(AvePoint)

【最新】米国株の今後の見通し / RSP / 強気:強気派が主導権を握る市場へ

【最新】米国株の今後の見通し:今日の米国株に投資するには?引き続き、イコールウェイト型のS&P500に注目!

【最新】米国株の今後の見通し:AI関連銘柄以外の銘柄、イコールウェイト型のS&P500(RSP)に引き続き注目!

【最新】米国株の今後の見通し:イコールウェイト型のS&P500に注目!先週のローテションより、強気ブレイクアウトが発動!

【米国株投資】ドロップボックス / DBX / 強気:最新の23年度第4四半期決算分析と今後の株価見通し(Dropbox)

【米国株式投資】グローバルファウンドリーズ / GFS:最新の23年第4四半期決算分析と今後の株価見通し – Part 1(GlobalFoundries)

【米国株式投資】パロアルト・ネットワークス / PANW / 弱気:最新の24年度第2四半期決算分析と今後の株価見通し(Palo Alto Networks)

【米国株式投資】サイバーアーク・ソフトウェア / CYBR:テクノロジー関連成長株の最新の24年第4四半期決算分析と今後の株価見通し(CyberArk Software)

【米国株式投資】アプライド・マテリアルズ / AMAT:半導体・AI関連成長株の最新の24 年1Q決算分析と今後の株価見通し – Part 1(Applied Materials)

免責事項:本レポート上で紹介する情報は、情報の提供、並びに、エンターテインメントの提供を目的としております。その為、本情報は、特定の証券の売買や投資戦略を勧誘するものではありません。また、私は税務、法律、会計に関する助言は一切いたしません。投資には常にリスクが伴い、リターン、あるいは、元本が保証されているものではない点にご留意ください。私の知る限りでは、私は自らの分析に、虚偽、または、重大な誤解を招く記述や事実の省略が含まれていないと認識しております。特定の投資助言における過去のパフォーマンスは、特定の状況、または、市場の出来事、投資の性質、および、タイミング、ならびに、投資に関連する制約についての知識がない限り、依拠すべきではありません。私は、チャート、グラフ、計算式、推奨銘柄について述べたり、表示したりすることがありますが、これらはそれ自体でどの証券を売買すべきか、あるいはいつ売買すべきかを決定するために使用されることを意図しておりません。このようなチャートやグラフは、限られた情報しか提供していないため、それだけで投資判断を下すべきではありません。実際に投資をする際には、ライセンスを保有する金融の専門家にご相談されることを強くお勧めします。ここに記載された意見は、あくまでも私個人のものであり、予告なしに変更されることがあります。また、参照した意見やデータは本レポートの発表日時点のものであり、市場や経済状況の変化により変更される可能性があります。

アナリストによる開示:私はMUに関するロング・ポジションを現在保有しております。また、本記事は、私個人の見解に基づき、独自に執筆したものです。私は、インベストリンゴからの報酬を除き、この記事に対して、いかなる報酬も受け取っておりません。また、本文書で言及している企業とは、いかなる商業的関係も有しておりません。

インベストリンゴによる開示:インベストリンゴは、当社コンテンツ・クリエイターが、自身の専門・得意領域に関する情報・知識を、当社のユーザーと共有する事を目的とする米国株特化型のコミュニティです。本サイトのコンテンツは、投資教育、並びに、投資情報の提供のみを目的としており、特定の投資家に対して、投資、税務、法律等のアドバイスを提供することを意図しておりません。加えて、Investlingo Japan合同会社は、日本においてライセンスを保有する証券会社、投資顧問業者、または、投資銀行ではございません。ここで述べられている意見や見解は、あくまでも、各コンテンツ・クリエーター個人の見解であり、Investlingo Japan合同会社の立場を反映しているものではございません。当社のコンテンツ・クリエーターは、個人投資家を含む独立したブロガー・アナリストから構成されており、公的機関等からの金融関連のライセンスを取得していない場合もございます。その為、本サイト上のいかなる情報も、インベストリンゴ、または、弊社プラットフォーム上の第三者による、金融商品の推奨、或いは、投資助言として解釈されるべきではありません。インベストリンゴは、弊社プラットフォーム上の情報に基づいて行われるいかなる投資決定に対して、一切責任を負わず、各ユーザーが単独で責任を負う点にご留意ください。

アナリスト紹介

ウィリアム・キーティング
拠点:香港
セクター:半導体・テクノロジー

キーティング氏は、半導体とテクノロジーのリサーチ&コンサルティング会社であるIngenuity (Hong Kong) Ltdの創立者兼CEO。半導体業界において重要性の高いニッチなテーマを専門にする。主に、インテル、AMD、サムスン、アップル、マイクロン等の企業や、ASML、AMAT、キヤノン、ニコンなどの主要機器サプライヤーの製品、ロードマップ、技術に焦点を当てたリサーチ、並びに、コンサルティング・サービスを提供。

にほんブログ村:米国株ランキング

人気ブログランキング:米国株ランキング

上部へスクロール