【半導体・AI】注目の台湾半導体・AI関連銘柄一覧(後編:ITEQ / TUC / EMC / アンデス・テクノロジー)

Ticker: 2383.TW, 6213.TW, 6274.TW, 6533TW / 2692文字 / 所要時間5分程度

サマリー

  • ITEQ、TUC、EMCは、特にAIサーバー向けの銅張積層板(CCL)市場における主要な競争相手である。
  • EMCはグリーン・ラミネートの供給でリードしており、AIサーバー市場に大きなエクスポージャーを持っている一方、ITEQは特殊ラミネートに特化しており、ハイエンドCCLへのエクスポージャーは少ない。
  • メタ(META)を主要顧客とするアンデス・テクノロジーは、AIに多額の投資を行っており、最近の純損失や株価の変動にもかかわらず、大幅な増収を目指している。

※「【半導体・AI】注目の台湾半導体・AI関連銘柄一覧(前編:TSMC / AIChip / ASPEED)」の続き

ITEQ / TUC / EMC

ITEQ(6213.TW):アイ・ティー・イー・キュー

TUC(6274.TW):タイワン・ユニオン・テクノロジー

EMC(2383.TW):エリート・マテリアル

これら3社は、ラミネート市場、特にサーバーに使用される銅張積層板(CCL)の主要プレーヤー / 競合企業であり、現在特にAIサーバーの需要が高まっている。

CCLについての詳しい紹介はこちらをご覧いただきたい。

CCLに関して簡単に要約すると下記の通りである。

「銅張積層板(CCL)は、すべての回路とプリント回路基板(PCB)のベースとなる材料である。民生用電子機器(ラジオやテレビ等)、移動体通信産業、コンピュータ、航空電子工学、軍用ハードウェアなど、幅広い用途で使われるPCB産業の基本素材である。銅張積層板製造業は、特に中国や東南アジアで、移動体通信技術、民生用・産業用電子機器、半導体製造技術、PCB製造技術、表面実装技術などの発展や革新の結果、大きな発展が見込まれる成長産業となっている。」

EMC(2383.TW)は時価総額で3社の中で最も大きく、約37億ドル市場であるグリーン(ハロゲンフリー)ラミネートのNo.1サプライヤーであると主張している。

我々の分析によれば、EMCはAIサーバー市場へのエクスポージャーも最も大きいと思われる。

注:CCLを消費するのはサーバーボードだけではない。

CCLは、データセンター内のサーバー / ラックを取り囲むすべてのサポート・スイッチや周辺通信機器に使用されている。

一方で、ITEQ(6213.TW)は、時価総額では3社の中では小さい。

しかし、同社の最新の投資家向け報告書(詳細はこちら)によれば、特殊ラミネートの世界的リーダーである。

ITEQは先週台北で開催されたバンク・オブ・アメリカのTMTカンファレンスでプレゼンテーションを行った。

直接参加した同僚によると、ITEQは競合他社に比べてハイエンドのCCLへのエクスポージャーが少なく、AIサーバーに関しては主に周辺基板に注力しているとのことである。

台湾聯合科技股份有限公司(6274.TW)、略してTUCは、時価総額ではITEQとEMCの中間に位置する。

グリーンラミネートの市場シェアでは第3位で、EMCが第1位、ITEQが第2位である。

これら3社が一般的なサーバー市場、特にAIサーバー市場に存在していることは、投資家に気づかれなかったわけではない。

実際、これらの企業の株価は2023年半ばに大きく上昇し始めた。

その結果、これらの企業はもはや割安な投資対象ではなくなった。

しかし、下記の通り、これら競合3社の直近過去12カ月間ベースのPERの乖離は興味深い。

ITEQ:~53倍

EMC:30倍

TUC:60倍

個人的には、TUCのPERがEMCのPERの2倍である理由をファンダメンタルズの観点から正当化するのは難しい。

そして、私は間違いなくこのスペースに注目している。

TUCとEMCのバリュエーションが下がるか、或いは、EMCのバリュエーション上がるのか。

今後の展開を楽しみにしたい。

アンデス・テクノロジー・コーポレーション

アンデス・テクノロジー・コーポレーション(6533.TW)については、ほぼ1年前にリリースしたRISC-Vディープ・ダイブ・レポートで簡単に紹介した。

アンデスには、AI関連製品から売上を上げてきた長い歴史がある。

より正確には、アンデスには数年前にさかのぼるAI関連製品の主要な米国顧客がいる。

上のグラフから、その1社のAI顧客は、アンデスの上位10社の顧客リストの下位5社を合わせたよりも収益面で価値があるように見える。

明らかな理由だが、これは理想的な状況ではない。

2021年当時、アンデスは収益成長の新たな源泉としてAIをあまり重視していなかった。

アンデスの最新の投資家向けプレゼンテーション(詳細はこちら)によると、AI関連の売上は2021年には全体の28%だったが、2023年には38%に成長している。

アンデスは現在、AIに大きく賭けており、トップ3の成長ドライバーの1つとしてAIを強調し、2027年までに年平均成長率(CAGR)〜76%で成長し、250億ユニット、2910億ドルの売上高に達すると予想している。

念のため言っておくが、私はこの成長率は現実的ではないと思うが、たとえ予測されている半分に過ぎないとしても、アンデスにとっては巨大な市場機会であることに変わりはない。

現時点では、最新の投資家向けプレゼンテーションからわかるように、アンデスはその米国のAI顧客が誰であるかを明らかに自由に開示している。

その顧客とはもちろんメタ(META)であり、彼らは2023年5月に第一世代のAI推論アクセラレータであるMTIA v1を発表している(詳細はこちら)。

アンデスがメタを顧客として獲得した経緯は魅力的なものであり、ここにうまく記録されている。

原文:We might not be the most recognizable or the most affordable in the industry. However, Meta was profoundly satisfied with our proposition, primarily because their requirements were extensive and demanded a collaborator who was fully invested,” Su emphasizes.

日本語訳:「我々は、業界で最も知名度が高いという訳でもなく、最も手頃な価格ではないかもしれない。 しかし、メタは私たちの提案に非常に満足してくれました。なぜなら、彼らの要求が広範囲に及び、全面的に投資してくれる協力者を求めていたからです」とスーは強調する。

先に述べたように、単一の顧客に高い収益が集中することには長所と短所がある。

短所のひとつは、その顧客の要求を満たすために必要な研究開発費が高くつくことだ。

このため、上記のレポートによると、アンデスは2023年に純損失を計上している。

原文:Primarily due to the spike in R&D expenditure, the operational costs surged by 40.9 percent in the first half of 2023, relative to the corresponding period the previous year. Although consolidated revenue experienced a 15.1 percent YoY growth, amounting to NT$404 million during the first half of the year, the augmented R&D-centric operational expenses resulted in a net loss per share of NT$1.91.

日本語訳:主に研究開発費の急増により、2023年上半期の営業費用は前年同期比で40.9%急増した。上半期の連結売上高は前年同期比15.1%増の4億400万台湾ドルに達したが、研究開発費を中心とした営業費用の増加により、1株当たり純損失は1.91台湾ドルとなった。

メタとの提携は、当然ながらここ数年のアンデスの株価に大きな影響を与えた。

しかし、ある種の現実が見えてきた。

現在、アンデスの株価は432台湾ドルであり、2021年以降の610台湾ドル以上の高値から下落していることが分かる。

アンデスの株価はまだ高いが、今回の調整で400台湾ドルを下回れば、検討する価値はあるだろう。

【先行アクセス(+特典付き)とニュースレターへの登録】

インベストリンゴは、🇯🇵日本初、🇺🇸米国株式投資に特化した金融のプロフェッショナルが集まる📱メディアプラットフォームです。

🚀ローンチに先立ち、✉️ニュースレター経由で、彼らの最新のコンテンツを日々紹介しております。

インベストリンゴ公式ホームページはこちら

米国株投資家の皆様は、是非、上記リンクより、メールアドレスをご登録頂き、完全版の弊社レポートを、日々、無料でご覧頂ければと思います。

ご登録頂けますと、過去のレポートも全て無料でご覧頂けます。

また、X(旧Twitter)上でも、日々、米国株式市場に関する情報を配信しておりますので、是非、フォロー頂ければと思います。

X(旧Twitter):インベストリンゴ公式アカウントはこちら

弊社配当関連レポート

【米国株式投資】【半導体・AI】注目の台湾半導体・AI関連銘柄一覧(前編:TSMC / AIChip / ASPEED)

【米国株式投資】スノーフレイク / SNOW / 中立:最新の24年4Q決算分析と今後の株価見通し – Part 2(前編)

【米国株式投資】パランティア / PLTR / 強気:同社のLLM / 大規模言語モデルの詳細な分析と今後の株価見通し – Part 1

【米国株式投資】アドビ / ADBE / 強気:24年1Q決算分析と今後の株価見通し(Adobe)

【米国株式投資】【最新】米国株の今後の見通し / RSP / 強気:新たな指標「コンファレンス・ボードが発表する景気先行指数(LEI)」が強気に転換

【米国株式投資】最新の大手人事管理(HRM)システム企業関連ニュース

【米国株式投資】【最新】米国株の今後の見通し / RSP / 強気:ローテーションが今のマーケットのキーポイント

【米国株式投資】パランティア / PLTR / 強気:最新のAI企業の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(Palantir)

【米国株式投資】インテル / INTC:米国CHIPS法に関する資金調達セレモニーは、新工場設立の遅延報告の影に隠れる結果に(Intel)

【米国株式投資】【最新】米国株の今後の見通し / RSP / 強気:ソフトランディングは目前

【米国株式投資】注目の受託製造業者のジェイビル(JBL)とフレックス(FLEX)の最新の決算と今後の株価見通し – Part 2

【米国株式投資】注目の受託製造業者のジェイビル(JBL)とフレックス(FLEX)の最新の決算と今後の株価見通し – Part 1

【米国株式投資】ブラック・ヒルズ / BKH / 予想配当利回り5% / 弱気 / 配当王:23年4Q決算と今後の株価見通し(Black Hills)

【米国株式投資】キンバリー・クラーク / KMB / 予想配当利回り3.92% / 中立 / 配当王:23年4Q決算と今後の株価見通し(Kimberly-Clark)

【米国株式投資】レゲット・アンド・プラット / LEG / 予想配当利回り10% / 弱気 / 配当王:23年4Q決算と今後の株価見通し(Leggett & Platt)

【米国株式投資】コストコ / COST / 予想配当利回り0.56% / 中立:最新の24年2Q決算と今後の株価見通し(Costco)

【米国株式投資】コルゲート・パルモリーブ / CL / 予想配当利回り2.17% / 中立 / 配当王:23年4Q決算と今後の株価見通し(Colgate)

【米国株式投資】シンシナティ・ファイナンシャル / CINF / 予想配当利回り2.7% / 中立 / 配当王:23年4Q決算と今後の株価見通し(Cincinnati Financial)

【米国株式投資】アッヴィ / ABBV / 予想配当利回り3.47% / 弱気 / 配当王:最新の23年4Q決算と今後の株価見通し(AbbVie)

【米国株式投資】アボット・ラボラトリーズ / ABT / 予想配当利回り1.83% / 中立 / 配当王:最新の23年4Q決算と今後の株価見通し(Abbott Laboratories)

【米国株式投資】ターゲット / TGT / 予想配当利回り2.57% / 中立 / 配当王:最新の23年4Q決算と今後の株価見通し(Target)

【米国株式投資】フィリップ・モリス / PM / 予想配当利回り5.65% / 強気:最新の23年4Q決算と今後の株価見通し(Philip Morris)

【米国株式投資】TモバイルUS / TMUS / 予想配当利回り0.8% / 中立:最新の23年4Q決算と今後の株価見通し(T-Mobile)

【米国株式投資】【投資コラム】米国株配当王の一覧と配当王への投資を検討する際に考慮すべきポイントを徹底解説!

【米国株式投資】クローガー / KR / 予想配当利回り2.36% / 中立:注目の連続増配銘柄の最新の23年3Q決算と今後の株価見通し(Kroger)

【米国株式投資】ウォルマート / WMT / 中立 / 予想配当利回り1.39% / 配当王:最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(Walmart)

【米国株式投資】エマソン・エレクトリック / EMR / 予想配当利回り2% / 中立 / 配当王:最新の24年1Q決算と今後の株価見通し(Emerson Electric)

【米国株式投資】パーカー・ハネフィン / PH / 予想配当利回り1.12% / 弱気 / 配当王:最新の24年2Q決算分析と今後の株価見通し(Parker-Hannifin)

【米国株式投資】ドーバー / DOV / 予想配当利回り1.24% / 中立 / 配当王:最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(Dover)

【米国株式投資】ノースウエスト・ナチュラル / NWN / 予想配当利回り5.32% / 配当王:23年4Q決算分析と今後の株価見通し(Northwest Natural Holding)

【米国株式投資】アメリカン・ステイツ・ウォーター / AWR / 予想配当利回り2.43% / 強気 / 配当王:最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(American States Water)

【米国株式投資】ペプシコ / PEP / 予想配当利回り3.04%:連続増配ディフェンシブ銘柄の最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(PepsiCo)

【米国株式投資】フォード・モーター / F / 予想配当利回り4.88%:注目の高配当銘柄の最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(Ford Motor)

【米国株式投資】マクドナルド / MCD / 予想配当利回り2.29%:連続増配ディフェンシブ銘柄の最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(McDonald’s)

【米国株式投資】コカ・コーラ / KO / 予想配当利回り3.09%:連続増配銘柄の最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し

➡ 【米国株式投資】ブリティッシュ・アメリカン・タバコ / BTI / 予想配当利回り9.57%:ディフェンシブ・タバコ関連銘柄の最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(British American Tobacco)

➡【米国株式投資】スターバックス・スタバ / SBUX / 予想配当利回り2.41%:連続増配ディフェンシブ銘柄の最新の決算分析と今後の株価見通し(2024年2月7日 / Starbucks)


【米国株式投資】アルトリア・グループ / MO / 予想配当利回り9.79%:連続増配ディフェンシブ銘柄の最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(Altria)

【米国株式投資】シェブロン/ CVX / 予想配当利回り4.06%:連続増配エネルギー銘柄の最新の決算分析と今後の株価見通し(Chevron)

【米国株式投資】エクソン・モービル / XOM / 予想配当利回り3.65%:連続増配エネルギー銘柄の最新の決算分析と今後の株価見通し(2024年2月9日 / Exxon Mobil)

【米国株式投資】ファイザー / PFE:予想配当利回り6.24%の増配を継続する注目の製薬・ディフェンシブ高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月5日 / Pfizer)

【米国株式投資】JPモルガン / JPM / 予想配当利回り2.38%:連続して増配する注目の銀行・高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(米国株式投資 / 2024年1月31日 / JP Morgan)

【米国株式投資】ジョンソン・エンド・ジョンソン / JNJ:予想配当利回り2.99%の増配を継続する注目のディフェンシブ高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月1日)

【米国株式投資】プロクター・アンド・ギャンブル / PG:予想配当利回り2.39 %の増配を継続する注目のディフェンシブ高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月1日)

【米国株式投資】ロッキード・マーチン / LMT:予想配当利回り2.92%の増配を継続する注目のディフェンシブ高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月1日 / 米国株式投資 / Lockheed Martin)

【米国株式投資】スリーエム / MMM:予想配当利回り6.29%の注目のディフェンシブ高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月1日 / 米国株式投資 / 3M Co)

【米国株式投資】メタ・フェイスブック / META / 予想配当利回り0.43%:注目のメタバース・AI関連成長株の最新の決算分析と今後の株価見通し(2024年2月2日 / Meta / Facebook)

【米国株式投資】ベライゾン / VZ:予想配当利回り6.28%の増配を継続する注目のディフェンシブ高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月1日 / 米国株式投資 / Verizon)

【米国株式投資】AT&T / T:予想配当利回り6.26%の注目のディフェンシブ高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月1日 )

【米国株式投資】ラム・リサーチ / LRCX(Lam Research:予想配当利回り0.95%):注目の半導体関連銘柄の24年度第2四半期決算・株価分析と今後の展望

【米国株投資】エヌビディア / NVDA(NVIDIA Corp:年間予想配当利回り0.03%):注目の半導体・AI関連銘柄から学んだ配当と株価リターンに関する教訓

【米国株投資】エヌビディア / NVDA / 予想配当利回り0.03%:半導体AI関連銘柄の株価分析と今後の見通し(NVIDIA)

【米国株投資】エンブリッジ(ENB:年間予想配当利回り7.5%)& ベライゾン(VZ:年間予想配当利回り6.7%):高水準の予想配当利回りが魅力的な、おススメの2つの高配当個別銘柄

【米国株投資】マリオット・インターナショナル(MAR:年間予想配当利回り0.9%):グローバル・ブランド関連のおススメの高配当個別銘柄 – Part 2

【米国株投資】メドトロニック/ MDT:予想配当利回り3.20%の注目の高配当ヘルスケア関連個別銘柄

【米国株投資】ONEOK(ワンオーク)/ OKE:予想配当利回り5.57%の注目の高配当エネルギー関連銘柄

免責事項:本レポート上で紹介する情報は、情報の提供、並びに、エンターテインメントの提供を目的としております。その為、本情報は、特定の証券の売買や投資戦略を勧誘するものではありません。また、私は税務、法律、会計に関する助言は一切いたしません。投資には常にリスクが伴い、リターン、あるいは、元本が保証されているものではない点にご留意ください。私の知る限りでは、私は自らの分析に、虚偽、または、重大な誤解を招く記述や事実の省略が含まれていないと認識しております。特定の投資助言における過去のパフォーマンスは、特定の状況、または、市場の出来事、投資の性質、および、タイミング、ならびに、投資に関連する制約についての知識がない限り、依拠すべきではありません。私は、チャート、グラフ、計算式、推奨銘柄について述べたり、表示したりすることがありますが、これらはそれ自体でどの証券を売買すべきか、あるいはいつ売買すべきかを決定するために使用されることを意図しておりません。このようなチャートやグラフは、限られた情報しか提供していないため、それだけで投資判断を下すべきではありません。実際に投資をする際には、ライセンスを保有する金融の専門家にご相談されることを強くお勧めします。ここに記載された意見は、あくまでも私個人のものであり、予告なしに変更されることがあります。また、参照した意見やデータは本レポートの発表日時点のものであり、市場や経済状況の変化により変更される可能性があります。

アナリストによる開示:私はTSMに関するロング・ポジションを現在保有しておりますまた、本記事は、私個人の見解に基づき、独自に執筆したものです。私は、インベストリンゴからの報酬を除き、この記事に対して、いかなる報酬も受け取っておりません。また、本文書で言及している企業とは、いかなる商業的関係も有しておりません。

インベストリンゴによる開示:インベストリンゴは、当社コンテンツ・クリエイターが、自身の専門・得意領域に関する情報・知識を、当社のユーザーと共有する事を目的とする米国株特化型のコミュニティです。本サイトのコンテンツは、投資教育、並びに、投資情報の提供のみを目的としており、特定の投資家に対して、投資、税務、法律等のアドバイスを提供することを意図しておりません。加えて、Investlingo Japan合同会社は、日本においてライセンスを保有する証券会社、投資顧問業者、または、投資銀行ではございません。ここで述べられている意見や見解は、あくまでも、各コンテンツ・クリエーター個人の見解であり、Investlingo Japan合同会社の立場を反映しているものではございません。当社のコンテンツ・クリエーターは、個人投資家を含む独立したブロガー・アナリストから構成されており、公的機関等からの金融関連のライセンスを取得していない場合もございます。その為、本サイト上のいかなる情報も、インベストリンゴ、または、弊社プラットフォーム上の第三者による、金融商品の推奨、或いは、投資助言として解釈されるべきではありません。インベストリンゴは、弊社プラットフォーム上の情報に基づいて行われるいかなる投資決定に対して、一切責任を負わず、各ユーザーが単独で責任を負う点にご留意ください。

アナリスト紹介

ウィリアム・キーティング
拠点:香港
セクター:半導体・テクノロジー

キーティング氏は、半導体とテクノロジーのリサーチ&コンサルティング会社であるIngenuity (Hong Kong) Ltdの創立者兼CEO。半導体業界において重要性の高いニッチなテーマを専門にする。主に、インテル、AMD、サムスン、アップル、マイクロン等の企業や、ASML、AMAT、キヤノン、ニコンなどの主要機器サプライヤーの製品、ロードマップ、技術に焦点を当てたリサーチ、並びに、コンサルティング・サービスを提供。

にほんブログ村:米国株ランキング

人気ブログランキング:米国株ランキング

上部へスクロール