【半導体関連】2023年度の世界半導体市場の統計の振り返りと2024年度の世界半導体市況の見通し

半導体  / 4019文字 / 所要時間8分程度

画像

サマリー

  • 半導体の売上高は8.3%減と予想の10%減を上回ったが、PCの出荷台数は予想以上に減少した。
  • PCとスマートフォン市場は、AI対応デバイスの台頭により、2024年には5%成長すると予測している。
  • サーバー出荷台数は2024年に10%増加すると予想し、AIアクセラレーションサーバーが成長を牽引すると見ている。

2023年度の世界の半導体市場に関して

23年第4四半期の決算シーズンもいよいよ終盤に差し掛かり、2023年度の主要指標予測を振り返る一方で、2024年度の予測を発表する時が来た。

まず、2023年度の振り返りから始めたい。

最近の記事で取り上げたものもあるので、2023年度の振り返りにはあまり時間を割かないことにする。

半導体(Semiconductor Sales)の売上高は、私の10%減の予想に対して8.3%減と、ほぼ予想通りの結果となった。

画像

WFE(Wafer Fab Equipment / 半導体前工程製造装置)部門は、私の予想(あるいは他の誰の予想)よりもはるかに好調な着地となっており、これは主に、中国顧客による下半期の支出急増によるものである。

この予想外の押し上げが実現しなければ、20%減という予想はかなり正確だったと思う。

シリコンウェーハ出荷面積(Silicon Wafer Area Shipment)は、予想の10%減に対して14.3%減となった。

これは、昨年のメモリー(Memory)部門がいかにひどかったかを反映していると考え、私たちの予想では20%減だったが、36%減の着地となっている。

TSMC(TSM)等のファウンドリー(Foundry)は8.8%減と、予想の10%減をわずかに上回る着地であった。

PC出荷台数(PC Shipments)は前年比14.8%減と、予想の10%減に対してかなり悪化した。

しかし、スマートフォンの出荷台数(Smartphone Shipments)は予想の10%減に対し3.5%減と、上振れしている。

最後に、サーバーの出荷台数(Server Shipments)は前年同期比20%減と、予想の10%減に対してかなり悪い結果となっている。

注:この結果はOMDIAによる最近の投稿から引用している。

画像

「2023年通年のサーバー出荷台数は、2022年比19%減の1,140万台を予想している。」

興味深い点は、少なくともIDCによれば、出荷台数の急激な減少にもかかわらず、2023年のサーバーの売上高は実際にはわずかに増加していることである。

画像

「需要台数の大幅な減少(前年同期比22.8%減)にもかかわらず、2023年第3四半期のサーバー市場は前年同期比0.5%増と横ばいで推移した。これは、高い平均販売価格によるもので、ハイパースケーラー向けGPUサーバーの出荷が通常より多かったことが主な要因である。」

注:上記のコメントは23年第3四半期に限定したものであるが、IDCの年間チャートは通年にも当てはまることを示している。

画像

出荷台数が20%以上減少しているにもかかわらず、売上高が横ばいである理由については、汎用サーバーに比べて平均販売価格が20倍以上になる可能性のあるAIアクセラレーションサーバーの出荷台数が大きく伸びたという事実に答えがある。

画像

2024年度の世界の半導体市場に関する見通し

では、2024年におけるこれらの主要指標に関する予測を発表し、今年の進捗についての考察を紹介したい。

また、AIを搭載したPCとスマートフォンのコンセプトと、それらが2024年の出荷台数をどのように混乱させるか(あるいは混乱させないか)についても考察する 。

まず、主要指標における2024年の私の予測を以下の通りである。

画像

これらの指標のうち、最初の5つの指標については、以前のノートですでに予測結果をお伝えしているので、ここではそれらを読み飛ばして、PCとスマートフォンの出荷台数について説明したい。

※過去の関連記事

【半導体関連】2023年の世界のシリコンウェーハ市場の概要と2024年の見通し
【半導体関連】2024年1月の世界の半導体市場の売上高と今後の見通し

【半導体関連】WFE(半導体前工程製造装置 / 半導体ウェハー製造装置)業界と関連株式の2023年のまとめ&今後の市場見通し – Part 1

【半導体関連】半導体メモリ業界と関連株式の2023年のまとめ&今後の半導体メモリ市場の見通し – Part 1

両指標とも、直感的にはゼロ成長を予想したいところである。

しかし、ここでは、AIに対応したPCとスマートフォンという新たな要素を考慮する必要がある。

PCの出荷台数

AIに対応したPCに関しては、私は以前から懐疑的であると宣言してきたが、いまだに理解できない。

一例として、私が持っている2020年発売のMac MiniにはアップルM1プロセッサーが搭載されている。

これには、いわゆる「AIタスク」を処理するための16個のプロセッシングコアを持つニューラルエンジンが内蔵されている。

このニューラルエンジンが実際に何をするのか私にはわからないし、それが何かをすることに特に気づいたこともない。

しかし、これは今や「AIに対応したPC」に分類されるだろう。

この見解に対抗するのは、インテル(INTC)、AMD(AMD)、そして彼らのPCエコシステム・パートナーによる、AIに対応したPCをモノにしようという決意である。

彼らの立場からすれば、これは理にかなっている。

PC市場は、パンデミック(世界的大流行)以前に成長率が横ばいになっていた。

パンデミックは2020年と2021年に市場に新たな息吹を与えたが、それは今や遠い記憶となった。

要するに、今後販売されるPCのほとんどが「AIに対応したPC」として販売されるようになるということだ。

その意味で、「AIに対応したPC」市場は絶対に存在し、急速に成長するだろう。

しかし、PC市場全体はどうだろうか?AIに対応したPCの結果、市場は成長するのだろうか?

最近のIDCのレポートによると、2024年の世界のPC出荷台数は前年比2%増になると予測している。

画像

「インターナショナル・データ・コーポレーションによると、世界経済が回復に向かうにつれ、PC市場も回復し、2024年の世界出荷台数は前年比2.0%増の2億6540万台に達すると予測されている。」

今年は2%の成長を見込んでいるだけでなく、2028年までの年平均成長率も2.4%と予測している。

画像

しかし、私は、IDCは間違っていると見ている。

実際、PC出荷台数は今年2%以上増加する可能性があると私は考えているが、その成長は次の年にはなくなると考えている。

なぜか?

なぜなら、今年はインテルに代表されるPCエコシステムが、現在存在する一般的なAIマニアに後押しされ、「AIに対応したPC」の販売を促進するためにマーケティング、プロモーション、ディスカウントに多額の投資を行うからである。

しかし、AIに対応したPCに関連するキラーアプリやキラー機能がない限り、AIに対応PCへの熱意は冷め、PC出荷台数は年間ベースで横ばいから減少するという、より正常な軌道に戻ると見ている。

そのため、2024年のPC出荷台数は5%程度成長すると考えており、これが私の正式な予測である。

スマートフォンの出荷台数

スマートフォンの出荷台数に関しても、似たようなものである。

実は、AIに対応したスマートフォンの方が、PCよりも多くのユースケースが考えられる。

例えば、リアルタイムの言語翻訳が可能になり、異なる言語を話す2人の間でシームレスな対面会話が可能になるというのは、説得力のあるユースケースである。

アプリは、Google翻訳など、今日すでに存在している。

しかし、AIを加速させるハードウェアを追加使用することで、おそらく改善できるだろう。

最近のギャラクシーS24の発表で、サムスンはフラッグシップ携帯のAI対応機能に大きく傾注している。

そして、サムスン電子のTM Roh社長兼モバイルエクスペリエンス事業部長は下記の様に述べている。

「ギャラクシーS24シリーズの発売は、現在のスマートフォンを超えるAI携帯電話の新時代に向けた第一歩を示すものです。私たちの日常生活に欠かせない存在となるよう設計されたギャラクシーAIは、人々の世界との関わり方を恒久的に変えるでしょう。我々は、ユーザーがGalaxy AIによって日常生活をどのように向上させ、無限の可能性を切り開く力を与えるかを見るのが待ち遠しいです。」

そして、この最近のレポートは、S24がすでに昨年のS23をかなりの差で上回っていることを示唆している。

サムスンが出荷台数目標を1200万台から1300万台に引き上げたことから、ギャラクシーS24シリーズが好調であることはすでに予感していた。報告書によると、サムスンの最新フラッグシップの世界販売台数は、同期間(1月28日から2月17日まで)のギャラクシーS23の販売台数を8%上回っている。」

まだ始まったばかりではあるが、スマートフォンの販売台数は今年、PCの販売台数と同じように5%程度増加すると見ている。

サーバーの出荷台数

最後に、サーバー市場を見てみよう。

先ほど紹介したIDCのチャートによると、出荷台数は前年比10%弱の成長を見込んでいる。

ASPEEDの最新データを見ると、2月は前月比20%減という予想外の落ち込みがあったものの、1月と2月の売上高は前年同月比でかなり好調のようである。

画像

2024年においても、AIアクセラレーション・サーバーの売上が汎用サーバーの売上を共食いすると予想されるが、その程度は昨年ほどではないだろう。

従って、私はサーバー出荷台数の成長率予想は10%に据え置くことにしたい。

【先行アクセス(+特典付き)とニュースレターへの登録】

インベストリンゴは、🇯🇵日本初、🇺🇸米国株式投資に特化した金融のプロフェッショナルが集まる📱メディアプラットフォームです。

🚀ローンチに先立ち、✉️ニュースレター経由で、彼らの最新のコンテンツを日々紹介しております。

インベストリンゴ公式ホームページはこちら

米国株投資家の皆様は、是非、上記リンクより、メールアドレスをご登録頂き、完全版の弊社レポートを、日々、無料でご覧頂ければと思います。

ご登録頂けますと、過去のレポートも全て無料でご覧頂けます。

また、X(旧Twitter)上でも、日々、米国株式市場に関する情報を配信しておりますので、是非、フォロー頂ければと思います。

X(旧Twitter):インベストリンゴ公式アカウントはこちら

弊社最新レポート

【米国株式投資】スノーフレイク / SNOW :新CEOのスリダール・ラマスワミ氏と2024年以降の同社の戦略に関して

【米国株式投資】セールスフォース / CRM / 強気:最新の24年4Q決算分析と今後の株価見通し(Salesforce)

【米国株式投資】最新のサプライチェーン・マネジメント・ソフトウェア企業関連ニュース

【米国株式投資】パロアルトネットワークス / PANW / 強気:サイバーセキュリティ銘柄の最新の24年度2Q決算分析と今後の株価見通し(Palo Alto Networks)

【米国株式投資】【半導体関連】2023年の世界のシリコンウェーハ市場の概要と2024年の見通し

【米国株式投資】【最新】米国株の今後の見通し / IWM / グロース株はバリュー株に取って代わられるかもしれない

【米国株式投資】リングセントラル / RNG / 中立:最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(RingCentral)

【米国株式投資】【最新】ビットコインのテクニカル分析と今後の見通し – Part 1(2024年3月 / BTCUSD / Bitcoin)

【米国株式投資】オクタ / OKTA / 中立:最新の24年4Q決算分析と今後の株価見通し(Okta)

【米国株式投資】24年1月の世界の半導体市場の売上高と今後の見通

【最新】米国株の今後の見通し / RSP / 強気:株式市場はバブルなのか?

【米国株式投資】WFE(半導体前工程製造装置 / 半導体ウェハー製造装置)業界と関連株式の2023年のまとめ&今後の市場見通し – Part 2

【米国株式投資】WFE(半導体前工程製造装置 / 半導体ウェハー製造装置)業界と関連株式の2023年のまとめ&今後の市場見通し – Part 1

【米国株式投資】半導体メモリ業界と関連株式の2023年のまとめ&今後の半導体メモリ市場の見通し – Part 2

【米国株式投資】最新のエンタープライズ・リソース・プランニング(ERP)ソフトウェア企業関連ニュース

【米国株式投資】半導体メモリ業界と関連株式の2023年のまとめ&今後の半導体メモリ市場の見通し – Part 1

【米国株式投資】アブポイント / AVPT / 中立:最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(AvePoint)

【最新】米国株の今後の見通し / RSP / 強気:強気派が主導権を握る市場へ

【最新】米国株の今後の見通し:今日の米国株に投資するには?引き続き、イコールウェイト型のS&P500に注目!

【最新】米国株の今後の見通し:AI関連銘柄以外の銘柄、イコールウェイト型のS&P500(RSP)に引き続き注目!

【最新】米国株の今後の見通し:イコールウェイト型のS&P500に注目!先週のローテションより、強気ブレイクアウトが発動!

【米国株投資】ドロップボックス / DBX / 強気:最新の23年度第4四半期決算分析と今後の株価見通し(Dropbox)

【米国株式投資】グローバルファウンドリーズ / GFS:最新の23年第4四半期決算分析と今後の株価見通し – Part 1(GlobalFoundries)

【米国株式投資】パロアルト・ネットワークス / PANW / 弱気:最新の24年度第2四半期決算分析と今後の株価見通し(Palo Alto Networks)

【米国株式投資】サイバーアーク・ソフトウェア / CYBR:テクノロジー関連成長株の最新の24年第4四半期決算分析と今後の株価見通し(CyberArk Software)

【米国株式投資】アプライド・マテリアルズ / AMAT:半導体・AI関連成長株の最新の24 年1Q決算分析と今後の株価見通し – Part 1(Applied Materials)

免責事項:本レポート上で紹介する情報は、情報の提供、並びに、エンターテインメントの提供を目的としております。その為、本情報は、特定の証券の売買や投資戦略を勧誘するものではありません。また、私は税務、法律、会計に関する助言は一切いたしません。投資には常にリスクが伴い、リターン、あるいは、元本が保証されているものではない点にご留意ください。私の知る限りでは、私は自らの分析に、虚偽、または、重大な誤解を招く記述や事実の省略が含まれていないと認識しております。特定の投資助言における過去のパフォーマンスは、特定の状況、または、市場の出来事、投資の性質、および、タイミング、ならびに、投資に関連する制約についての知識がない限り、依拠すべきではありません。私は、チャート、グラフ、計算式、推奨銘柄について述べたり、表示したりすることがありますが、これらはそれ自体でどの証券を売買すべきか、あるいはいつ売買すべきかを決定するために使用されることを意図しておりません。このようなチャートやグラフは、限られた情報しか提供していないため、それだけで投資判断を下すべきではありません。実際に投資をする際には、ライセンスを保有する金融の専門家にご相談されることを強くお勧めします。ここに記載された意見は、あくまでも私個人のものであり、予告なしに変更されることがあります。また、参照した意見やデータは本レポートの発表日時点のものであり、市場や経済状況の変化により変更される可能性があります。

アナリストによる開示:私は、この記事で言及されている企業の株式に関するポジションを現時点で保有しておらず、また、今後5日以内にそのようなポジションを持つ予定もありません。また、本記事は、私個人の見解に基づき、独自に執筆したものです。私は、インベストリンゴからの報酬を除き、この記事に対して、いかなる報酬も受け取っておりません。また、本文書で言及している企業とは、いかなる商業的関係も有しておりません。

インベストリンゴによる開示:インベストリンゴは、当社コンテンツ・クリエイターが、自身の専門・得意領域に関する情報・知識を、当社のユーザーと共有する事を目的とする米国株特化型のコミュニティです。本サイトのコンテンツは、投資教育、並びに、投資情報の提供のみを目的としており、特定の投資家に対して、投資、税務、法律等のアドバイスを提供することを意図しておりません。加えて、Investlingo Japan合同会社は、日本においてライセンスを保有する証券会社、投資顧問業者、または、投資銀行ではございません。ここで述べられている意見や見解は、あくまでも、各コンテンツ・クリエーター個人の見解であり、Investlingo Japan合同会社の立場を反映しているものではございません。当社のコンテンツ・クリエーターは、個人投資家を含む独立したブロガー・アナリストから構成されており、公的機関等からの金融関連のライセンスを取得していない場合もございます。その為、本サイト上のいかなる情報も、インベストリンゴ、または、弊社プラットフォーム上の第三者による、金融商品の推奨、或いは、投資助言として解釈されるべきではありません。インベストリンゴは、弊社プラットフォーム上の情報に基づいて行われるいかなる投資決定に対して、一切責任を負わず、各ユーザーが単独で責任を負う点にご留意ください。

アナリスト紹介

ウィリアム・キーティング
拠点:香港
セクター:半導体・テクノロジー

キーティング氏は、半導体とテクノロジーのリサーチ&コンサルティング会社であるIngenuity (Hong Kong) Ltdの創立者兼CEO。半導体業界において重要性の高いニッチなテーマを専門にする。主に、インテル、AMD、サムスン、アップル、マイクロン等の企業や、ASML、AMAT、キヤノン、ニコンなどの主要機器サプライヤーの製品、ロードマップ、技術に焦点を当てたリサーチ、並びに、コンサルティング・サービスを提供。

にほんブログ村:米国株ランキング

人気ブログランキング:米国株ランキング

上部へスクロール