【半導体関連】2023年の世界のシリコンウェーハ市場の概要と2024年の見通し

半導体  / 2514文字 / 所要時間6分程度

画像

サマリー

  • 22023年のシリコンウェーハ出荷量は14.3%減少し、ウェーハ収入は10.9%減少したが、長期契約で事前に合意された値上げにより平均販売価格は緩やかに上昇した。
  • Globalwafersは0.5%の微増収で他メーカーを上回ったが、Siltronicは16%の大幅減収、SUMCOと信越は3-4%の減収となった。
  • 2023年の高水準の設備投資に対する懸念は、2021年比で約3倍となり、供給過剰や高水準の在庫といった課題を悪化させ、特にグローバルウェーハーズのケースで顕著な粗利益率の低下に繋がっているようにも見える。

世界のシリコンウェーハ市場の概要

SEMI Silicon Manufacturers Groupによると、2023年の世界のシリコンウェーハ出荷量は14.3%減の126億200万平方インチとなっている。

ちなみに、これは私たちの予想の前年比10%減とほぼ同じ水準となっている。

画像

ウェーハの売上高も同期間に10.9%減の123億ドルになっている。

これは、ウェーハ需要の落ち込みにもかかわらず、平均販売価格が小幅ながら上昇したことを示唆している。

これは、多くのLTA(Long Term Agreement:長期契約)の条件に織り込まれている事前合意による値上げの直接的な結果である。

この結果について、SEMI SMGのLee Chungwei議長は次のようにコメントしている。

「今回の落ち込みは、過去3年間の連続した成長から急転直下したもので、最終需要の鈍化に加え、広範な在庫調整によるものである。メモリとロジックセクターの需要軟化が12インチウェーハの受注減少につながり、ファウンドリーとアナログの取り込みが弱まったことが8インチウェーハの出荷減少につながった。また、2023年の12インチ・ポリッシュドウェーハとエピウェーハの出荷量はそれぞれ13%と5%減少した。そして、2023年下半期の全ウエハーサイズの総出荷量は上半期比で9%減少した。」

この記事では、シリコンウェーハ・メーカー上位4社の相対的なパフォーマンスをレビューし、過去2年間の異常なレベルの設備投資を掘り下げ、私の今年の見通しを共有したい。

世界のシリコンウェーハ・メーカーの相対的パフォーマンス

2023年にはGlobalwafers(グローバルウェーハズ)が首位に立ち、前年比0.5%の微増収で、増収を確保した唯一の企業となった。

最下位はSiltronic(シルトロニック)で、前年比16%の減収となっている。

SUMCOと信越化学はともに前年同期比3-4%減であった。

画像

ちなみに、信越化学は「電子材料」セグメントで多くの異なる製品ラインを一括しているため、シリコンウェーハの売上高を正確に把握するのは難しい。

そのため、信越化学の4%減という数字は、2023年4月から12月までこのセグメントで報告された売上高に基づいている。

世界のシリコンウェーハ市場の2024年の見通し

SUMCOは24年第1四半期の売上高を前四半期比17%減と予想しているが、通期の見通しは示していない。

同じようなパターンがGlobalwafersにも見られる。

同社は2月の収益報告を発表したばかりだが、その内容はひどいものだった。

1月と2月を合わせた売上高は前年同期比20.8%減となっている。

画像

Doris Hsu最高経営責任者(CEO)は最近の決算説明会で、24年第1四半期が谷間の四半期になると予想し、24年第2四半期には売上高がわずかに増加すると述べている。

そして、24年第2四半期に予想される回復を背景に、彼女は2024年通年の売上高は横ばいか微増になると予想している。

これは私には少し楽観的な見通しであるように思える。

歴史的な高水準の在庫水準とファウンドリー部門の低調な見通しを考慮すると、私はウェーハ出荷量は今年も若干減少する可能性が高いと思う。

具体的には、私は5%の減少を予想している。

世界のシリコンウェーハ市場における設備投資への懸念

2023年、シリコンウェーハ・セグメント全体の設備投資は過去最高水準となった。

画像

設備投資は2021年の16億4600万ドルから2023年には49億3100万ドルとほぼ3倍に増加している。

問題は、このタイミングがこれ以上ないほど悪いということである。

業界は2026年まで供給過剰が続く。

その間、記録的な高水準の在庫が2024年末まで業界を苦しめ続けることが予想される。

減価償却費の増加、低稼働の継続、需要の低迷が重なり、粗利率は徐々に低下していくだろう。

Globalwafersの場合、これまで同業他社の中で最も業績が良かったにもかかわらず、このことは明らかである。

粗利益率は22年第3四半期の43.7%をピークに、23年第4四半期には34.5%まで低下している。

画像

Siltronicの場合、フリー・キャッシュ・フローは2023年にはかなりのマイナスに転じている。

前述の高額の先行投資を考慮すると、2023年の暫定的なネット・キャッシュ・フローはマイナス6億6,400万ユーロと予想通りである(2022年はマイナス3億9,500万ユーロ)。

結論

メモリ部門に比べ、シリコンウェーハ部門は、現在の不況期を通じ、これまで見事な業績を上げてきた。

これは主に、顧客と締結している高水準の長期契約によるものである。

以前にも述べたように、このセーフティネットは、同時に、シリコンウェーハに関する限り、景気後退の実質的な期間を長引かせる原因ともなっている。

シリコンウェーハ部門に対する私の長期的な見方は、依然として力強くポジティブなものであるが、今年度は引き続き厳しい年になると感じている。

特に第1四半期は、売上高が前四半期比~20%減少する見込みとなっている。

また、Globalwafersが期待する下期の回復の原動力が何であるかは不明である。

むしろ、私にとっては、在庫水準の上昇が、年末まで同セグメントにとって逆風であり続ける可能性の方が高いと思われる。

来週12日に行われる決算説明会で、Siltronicがどのような発言をするかに注目したい。

【先行アクセス(+特典付き)とニュースレターへの登録】

インベストリンゴは、🇯🇵日本初、🇺🇸米国株式投資に特化した金融のプロフェッショナルが集まる📱メディアプラットフォームです。

🚀ローンチに先立ち、✉️ニュースレター経由で、彼らの最新のコンテンツを日々紹介しております。

インベストリンゴ公式ホームページはこちら

米国株投資家の皆様は、是非、上記リンクより、メールアドレスをご登録頂き、完全版の弊社レポートを、日々、無料でご覧頂ければと思います。

ご登録頂けますと、過去のレポートも全て無料でご覧頂けます。

また、X(旧Twitter)上でも、日々、米国株式市場に関する情報を配信しておりますので、是非、フォロー頂ければと思います。

X(旧Twitter):インベストリンゴ公式アカウントはこちら

弊社最新レポート

【米国株式投資】【最新】米国株の今後の見通し / IWM / グロース株はバリュー株に取って代わられるかもしれない

【米国株式投資】リングセントラル / RNG / 中立:最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(RingCentral)

【米国株式投資】【最新】ビットコインのテクニカル分析と今後の見通し – Part 1(2024年3月 / BTCUSD / Bitcoin)

【米国株式投資】オクタ / OKTA / 中立:最新の24年4Q決算分析と今後の株価見通し(Okta)

【米国株式投資】24年1月の世界の半導体市場の売上高と今後の見通

【最新】米国株の今後の見通し / RSP / 強気:株式市場はバブルなのか?

【米国株式投資】WFE(半導体前工程製造装置 / 半導体ウェハー製造装置)業界と関連株式の2023年のまとめ&今後の市場見通し – Part 2

【米国株式投資】WFE(半導体前工程製造装置 / 半導体ウェハー製造装置)業界と関連株式の2023年のまとめ&今後の市場見通し – Part 1

【米国株式投資】半導体メモリ業界と関連株式の2023年のまとめ&今後の半導体メモリ市場の見通し – Part 2

【米国株式投資】最新のエンタープライズ・リソース・プランニング(ERP)ソフトウェア企業関連ニュース

【米国株式投資】半導体メモリ業界と関連株式の2023年のまとめ&今後の半導体メモリ市場の見通し – Part 1

【米国株式投資】アブポイント / AVPT / 中立:最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(AvePoint)

【最新】米国株の今後の見通し / RSP / 強気:強気派が主導権を握る市場へ

【最新】米国株の今後の見通し:今日の米国株に投資するには?引き続き、イコールウェイト型のS&P500に注目!

【最新】米国株の今後の見通し:AI関連銘柄以外の銘柄、イコールウェイト型のS&P500(RSP)に引き続き注目!

【最新】米国株の今後の見通し:イコールウェイト型のS&P500に注目!先週のローテションより、強気ブレイクアウトが発動!

【米国株投資】ドロップボックス / DBX / 強気:最新の23年度第4四半期決算分析と今後の株価見通し(Dropbox)

【米国株式投資】グローバルファウンドリーズ / GFS:最新の23年第4四半期決算分析と今後の株価見通し – Part 1(GlobalFoundries)

【米国株式投資】パロアルト・ネットワークス / PANW / 弱気:最新の24年度第2四半期決算分析と今後の株価見通し(Palo Alto Networks)

【米国株式投資】サイバーアーク・ソフトウェア / CYBR:テクノロジー関連成長株の最新の24年第4四半期決算分析と今後の株価見通し(CyberArk Software)

【米国株式投資】アプライド・マテリアルズ / AMAT:半導体・AI関連成長株の最新の24 年1Q決算分析と今後の株価見通し – Part 1(Applied Materials)

免責事項:本レポート上で紹介する情報は、情報の提供、並びに、エンターテインメントの提供を目的としております。その為、本情報は、特定の証券の売買や投資戦略を勧誘するものではありません。また、私は税務、法律、会計に関する助言は一切いたしません。投資には常にリスクが伴い、リターン、あるいは、元本が保証されているものではない点にご留意ください。私の知る限りでは、私は自らの分析に、虚偽、または、重大な誤解を招く記述や事実の省略が含まれていないと認識しております。特定の投資助言における過去のパフォーマンスは、特定の状況、または、市場の出来事、投資の性質、および、タイミング、ならびに、投資に関連する制約についての知識がない限り、依拠すべきではありません。私は、チャート、グラフ、計算式、推奨銘柄について述べたり、表示したりすることがありますが、これらはそれ自体でどの証券を売買すべきか、あるいはいつ売買すべきかを決定するために使用されることを意図しておりません。このようなチャートやグラフは、限られた情報しか提供していないため、それだけで投資判断を下すべきではありません。実際に投資をする際には、ライセンスを保有する金融の専門家にご相談されることを強くお勧めします。ここに記載された意見は、あくまでも私個人のものであり、予告なしに変更されることがあります。また、参照した意見やデータは本レポートの発表日時点のものであり、市場や経済状況の変化により変更される可能性があります。

アナリストによる開示:私は、この記事で言及されている企業の株式に関するポジションを現時点で保有しておらず、また、今後5日以内にそのようなポジションを持つ予定もありません。また、本記事は、私個人の見解に基づき、独自に執筆したものです。私は、インベストリンゴからの報酬を除き、この記事に対して、いかなる報酬も受け取っておりません。また、本文書で言及している企業とは、いかなる商業的関係も有しておりません。

インベストリンゴによる開示:インベストリンゴは、当社コンテンツ・クリエイターが、自身の専門・得意領域に関する情報・知識を、当社のユーザーと共有する事を目的とする米国株特化型のコミュニティです。本サイトのコンテンツは、投資教育、並びに、投資情報の提供のみを目的としており、特定の投資家に対して、投資、税務、法律等のアドバイスを提供することを意図しておりません。加えて、Investlingo Japan合同会社は、日本においてライセンスを保有する証券会社、投資顧問業者、または、投資銀行ではございません。ここで述べられている意見や見解は、あくまでも、各コンテンツ・クリエーター個人の見解であり、Investlingo Japan合同会社の立場を反映しているものではございません。当社のコンテンツ・クリエーターは、個人投資家を含む独立したブロガー・アナリストから構成されており、公的機関等からの金融関連のライセンスを取得していない場合もございます。その為、本サイト上のいかなる情報も、インベストリンゴ、または、弊社プラットフォーム上の第三者による、金融商品の推奨、或いは、投資助言として解釈されるべきではありません。インベストリンゴは、弊社プラットフォーム上の情報に基づいて行われるいかなる投資決定に対して、一切責任を負わず、各ユーザーが単独で責任を負う点にご留意ください。

アナリスト紹介

ウィリアム・キーティング
拠点:香港
セクター:半導体・テクノロジー

キーティング氏は、半導体とテクノロジーのリサーチ&コンサルティング会社であるIngenuity (Hong Kong) Ltdの創立者兼CEO。半導体業界において重要性の高いニッチなテーマを専門にする。主に、インテル、AMD、サムスン、アップル、マイクロン等の企業や、ASML、AMAT、キヤノン、ニコンなどの主要機器サプライヤーの製品、ロードマップ、技術に焦点を当てたリサーチ、並びに、コンサルティング・サービスを提供。

にほんブログ村:米国株ランキング

人気ブログランキング:米国株ランキング

上部へスクロール