ロケット・ラボUSA / RKLB:注目の航空宇宙関連成長株の最新の株価分析と今後の見通し(2024年1月29日 / Rocket Lab)

Ticker: RKLB / 4284文字 / 所要時間9分程度 / 強気

サマリー

  • ロケット・ラボUSAは70%以上の成長が見込まれる航空宇宙産業関連企業である。
  • 同社には確固たる競争優位性があり、私は、同社株式は少なくとも7ドルの価値があると見ている。

ロケット・ラボUSAの概要

ロケット・ラボUSA(RKLB)打ち上げ装置やロケットの製造、関連サービスなど、「宇宙」分野で包括的なサービス群を提供するエンド・ツー・エンドの航空宇宙関連企業である。

打ち上げ実績はイーロンのスペースX社に次いで2番目に多く、無名ながら実績のある企業である。

同社の代表作である2段式ロケットは、頻繁かつ信頼性が高く、費用対効果の高い軌道へのアクセスを顧客に提供することで有名であり、特に小型宇宙船の急成長市場に対応している。

エレクトロン(Electron:再利用可能な小型ロケット)は、その革新的な設計のおかげで、はるかに小さなコストでこれらすべてを実現することに成功している。

エレクトロンは完全な炭素複合材ロケットで、最先端の3Dプリンターで製造されたロケットラボの画期的な電動ターボポンプエンジン、ラザフォード(Rutherford)によって推進されている。

初打ち上げ以来、エレクトロンは数々のマイルストーンに到達し、2022年には米国で2番目に打ち上げ回数が多いロケット、世界では4番目に打ち上げ回数が多いロケットの称号を獲得している。

そして、現在、同社はニュートロン・ロケット(Neutron)を積極的に開発している。

大規模なコンステレーション展開、惑星間ミッション、そして有人宇宙飛行の可能性を視野に入れたニュートロンは、地球周回低軌道への使い捨て打上げで約15,000kgの積載量を想定した2段式ロケットである。

以上より、革新的な製造アプローチにより、同社はより頻繁な打上げを実現し、市場以上の成果を提供することができている。

そして、同社は2つのロケット発射場を運営しており、ライバルに対して明確な競争優位性を示している。

ロケット・ラボUSAの財務動向

ロケット・ラボUSAはまだかなり若い会社であるため、下記の2つの点に注意しなければならないと考える。

  • 参照するための過去のデータが少ない
  • 足元では損失は大きいが、成長も大きい

(出典:アルファスプレッド

売上高に関しては、下記の通り主に2つのソースがある。

  • 打ち上げサービス(売上高の32%を占める)
  • スペース・システム(売上高の68%を占める)

来期以降を展望すると、売上は6900万ドルに拡大する見込みであるが、EBITDAでは2700万ドルの損失を見込んでいるといのが現状である。

(出典:投資家向けプレゼンテーション資料

最高財務責任者(CFO)は、過去12ヵ月間の売上総利益率の上昇傾向を強調するとともに、売上高1ドルあたりの売上総利益が増加傾向にあることを示唆した。

そして、このポジティブな勢いは、株価売上高倍率を10倍以上に押し上げる起爆剤となっている。

特筆すべきは、ここ数四半期、宇宙システムの売上総利益率が30%を超える大幅な伸びを示し、この基準を下回る契約はかなりの期間観測されていないことである。

同時に、打上げによる利益率(ローンチ・マージン)は、エレクトロンが毎四半期6回の打上げを達成し、船体とエンジンの再利用性を実現したことにより、50%近くにまで急上昇している。

この堅調な業績は、GAAPベースのマージンの著しい上昇につながり、前年(2022年第4四半期)の1桁台前半から第3四半期には22%まで上昇し、第4四半期には20%台半ばのマージンを達成する見通しとなっている。

ロケット・ラボUSAのSWOT分析

それでは、ロケット・ラボUSAのSWAT分析をを見てみよう。

Strength / 強み

ロケット・ラボUSAは、設計と製造にまたがる戦略的アプローチである深い垂直統合を誇りとしている。

この統合により、同社は業務のあらゆる面を綿密に管理できるようになり、最終的にコスト効率に繋がっている。

さらに、同社の2つの打ち上げ複合施設は、実質的な競争上の優位性として際立っており、年間120回の打ち上げが可能なニュージーランドの発射場は、アメリカ全土の発射場の合計を上回っている。

これは、同社に数的優位をもたらすだけでなく、同社が打ち上げスケジュールを用意にコントロールすることを可能にしている。

また、同社は、自らを包括的な宇宙ソリューション・プロバイダーと位置づけている。

包括的な一連のサービスを提供することで、顧客が複数のサプライヤーやパートナーと契約する必要性を排除しており、このワンストップ・サービス・モデルは、顧客の利便性と効率性を高める結果となっている。

加えて、イノベーションは同社のアイデンティティの中核である。

軌道ロケットエンジンの3Dプリンティング、電動ターボポンプ給油式ロケットエンジン、炭素複合材構造といった先進的な技術は、業界をリードするという同社のコミットメントを裏付けている。

これらの進歩は、コスト効率の改善にも貢献し、同社を競合他社とは一線を画す存在にしている。

Weakness / 弱点

ロケット・ラボUSAには、いくつかの潜在的なリスクが想定される。

そして、それらのリスクは、今後12~24ヶ月間の私のロケット・ラボUSAへの分析、並びに、今後の目標株価に影響を与える可能性があると見ている。

まず第一に、ロケット・ラボUSAは過去に打ち上げの遅れに直面しており、その原因の多くは天候や顧客の準備状況にあった。

2023年第3四半期の決算質疑応答で、2024年に予定されている野心的な22回の打ち上げにおける顧客の遅延に対処する用意があるとの経営陣の前向きなフィードバックがあったにもかかわらず、2023年からの打ち上げ計画を倍増させるという課題は依然として極めて困難な課題であるように見える。

私の予想では、綿密な計画を立てても、今年の打ち上げ総数は目標に届かず、20回を下回る可能性が高いと見ている。

第二に、ロケット・ラボUSAは打ち上げ・宇宙システム事業の売上総利益率を高めるために称賛に値する努力をしており、調整後のNon-GAAPベースで30%前後を推移しているが、宇宙産業は歴史的に収益性に課題があるといのが実情である。。

同業界の倒産実績と業界のバリュエーションへの影響を考えると、ロケット・ラボUSAの株価には依然としてリスクが残る。

傑出したプレーヤーとしての可能性はあるものの、同社がEBITDA損益分岐点またはプラスのキャッシュフローを達成するまでは、倒産や株主希薄化の懸念が投資家の心に常に残る可能性が想定される。

そして、このことは、同業他社と比較した同社の相対的な強さにもかかわらず、常に意識されるポイントであろう。

Opportunities / 機会

ロケット・ラボUSAにとって最大のチャンスのひとつとして、新型ミサイル「エレクトロン」の成長と、宇宙分野の全体としての成長トレンドが挙げられる。

小型軌道ロケットであるエレクトロンは、小型宇宙船の打上げサービスに対する特定の要件を持つ顧客に対応し、高い打上げシーケンスのビジネスモデルで運用されるように綿密に設計されている。

そして、シティ・リサーチと衛星産業協会による「Space Economy 2040」報告書によると、この分野は2040年まで一桁台半ばの成長が見込まれている。

頻繁、且つ、信頼性の高い打ち上げという目標を達成するため、エレクトロンは自動化や3Dプリンティングといった革新的な製造技術によって最適化を図ってきた。

エレクトロンの原動力である同社は、民間軌道打ち上げ複合施設、完全炭素複合材燃料タンク、3Dプリント電動ターボポンプロケットエンジン、軌道上で高度な宇宙船に変身できる多用途キックステージ、潜在的な再利用性など、業界をリードする革新性で際立っている。

300kgまでの宇宙船を地球低軌道に投入するために特別に設計されたエレクトロンは、専用ミッションとライドシェアミッションの両方に対応している。

2つのプライマリーステージと独創的なサードキックステージから構成されるエレクトロンのカーボンコンポジット構造は、質量を約40%削減し、全体的な軌道投入質量性能を向上させることに寄与している。

そして、エレクトロンのラザフォードエンジン、複合材タンク、および構造体の自社組立は、生産速度の合理化とコスト効率の向上において極めて重要な役割を果たしている。

この戦略的アプローチにより、エレクトロンは小型ロケットの競争環境において、信頼性が高く費用対効果の高いソリューションとして位置づけられている。

Threats / 脅威

称賛に値する業績にもかかわらず、ロケット・ラボUSAはダイナミックな宇宙産業において様々なリスクや課題に直面している。

この分野の競争は、同社が極めて重要な打上げ契約を獲得し、一貫した打上げスケジュールを維持する能力に大きな重点を置いている。

潜在的な規制の変更、打ち上げの失敗や遅延は、同社の経営効率と業界における地位の両方に悪影響を及ぼす可能性がある。

さらに、斬新な技術や破壊的な市場勢力の出現は、同社の確立された市場ポジションに影響を与える可能性のある根強い脅威である。

こうした課題に対処するには、同社の戦略的俊敏性と適応力が必要となる。

ロケット・ラボUSAのバリュエーション

現在のロケット・ラボUSAの利益と収益の予想を考慮すると、同社株式が評価されないとは考えにくい。

EPSは今後5年間で「急上昇」する可能性があり、収益は2024年に70%以上の成長が見込まれている。

単純に現在の推定値を取り、今日の株価売上高倍率を適用すれば、2024年末の同社の株価は8.55ドルになると推定できる。

ロケット・ラボUSAのテクニカル分析

テクニカルな面では心強い内容が幾つか確認できている。

(出典:筆者作成)

3.5ドルまで下落した後、株価は波動1と思われる8ドル以上の上昇に成功し、その後、リトレースメント78.6%を維持している。

これは非常に心強いニュースであり、その後再び上昇し、現在50日移動平均線の上に推移している。

私個人の印象としては、このチャートは、これからロングポジションを作る上で、準備が整っていることを示しているように映る。

結論

全体として、私はロケット・ラボUSAは明確な競争優位性とテクニカル分析において優れたサポートを兼ね備えた魅力的な企業だと見ている。

免責事項:本レポート上で紹介する情報は、投資教育を目的としております。その為、本情報は、特定の証券の売買や投資戦略を勧誘するものではありません。また、私は税務、法律、会計に関する助言は一切いたしません。投資には常にリスクが伴い、リターン、あるいは、元本が保証されているものではない点にご留意ください。私の知る限りでは、私は自らの分析に、虚偽、または、重大な誤解を招く記述や事実の省略が含まれていないと認識しております。特定の投資助言における過去のパフォーマンスは、特定の状況、または、市場の出来事、投資の性質、および、タイミング、ならびに、投資に関連する制約についての知識がない限り、依拠すべきではありません。私は、チャート、グラフ、計算式、推奨銘柄について述べたり、表示したりすることがありますが、これらはそれ自体でどの証券を売買すべきか、あるいはいつ売買すべきかを決定するために使用されることを意図しておりません。このようなチャートやグラフは、限られた情報しか提供していないため、それだけで投資判断を下すべきではありません。実際に投資をする際には、ライセンスを保有する金融の専門家にご相談されることを強くお勧めします。ここに記載された意見は、あくまでも私個人のものであり、予告なしに変更されることがあります。また、参照した意見やデータは本レポートの発表日時点のものであり、市場や経済状況の変化により変更される可能性があります。

アナリストによる開示:私は、この記事で言及されている企業の株式に関するポジションを現時点で保有しておらず、また、今後5日以内にそのようなポジションを持つ予定もありません。本記事は、私個人の見解に基づき、独自に執筆したものです。私は、Investlingoからの報酬を除き、この記事に対して、いかなる報酬も受け取っておりません。また、本文書で言及している企業とは、いかなる商業的関係も有しておりません。

インベストリンゴによる開示:インベストリンゴは、当社コンテンツ・クリエイターが、自身の専門・得意領域に関する情報・知識を、当社のユーザーと共有する事を目的とする米国株特化型のコミュニティです。本サイトのコンテンツは、投資教育、並びに、投資情報の提供のみを目的としており、特定の投資家に対して、投資、税務、法律等のアドバイスを提供することを意図しておりません。加えて、Investlingo Japan合同会社は、日本においてライセンスを保有する証券会社、投資顧問業者、または、投資銀行ではございません。ここで述べられている意見や見解は、あくまでも、各コンテンツ・クリエーター個人の見解であり、Investlingo Japan合同会社の立場を反映しているものではございません。当社のコンテンツ・クリエーターは、個人投資家を含む独立したブロガー・アナリストから構成されており、公的機関等からの金融関連のライセンスを取得していない場合もございます。その為、本サイト上のいかなる情報も、インベストリンゴ、または、弊社プラットフォーム上の第三者による、金融商品の推奨、或いは、投資助言として解釈されるべきではありません。インベストリンゴは、弊社プラットフォーム上の情報に基づいて行われるいかなる投資決定に対して、一切責任を負わず、各ユーザーが単独で責任を負う点にご留意ください。

アナリスト紹介

James Foord ジェームズ・フォード
拠点:スペイン
セクター:ハイテク・コモディティ・仮想通貨

フォード氏は、エコノミストとして、過去10年に渡り、世界市場の株式市場を分析。自らを「実践的な投資家」と位置付け、資産を継続的に維持・拡大させることを目的とした、分散されたポートフォリオを構築することに重点を置いている。主に、「グローバル・マクロ」、「ハイテク銘柄」、「コモディティ銘柄」、「暗号通貨関連銘柄」に焦点を当て、ファンダメンタル分析、並びに、テクニカル分析を用いて企業分析を実施。

にほんブログ村:米国株ランキング

人気ブログランキング:米国株ランキング

上部へスクロール