クアルコム / QCOM:半導体関連成長株の最新の株価分析と今後の見通し- Part 2(Qualcomm)

Ticker: QCOM / 1695文字 / 所要時間4分程度 / 強気

画像

サマリー

  • クアルコムは、特にGenAIスマートフォン、自動車、XR/VRなどの分野を強気で見る傾向がある。
  • GenAIスマートフォン、自動車、XR/VRにおけるクアルコムの将来性については楽観的な見方がある一方、マーケットやウォール街の見方は保守的で短期的な視点が強い印象を受ける。
  • 足元、ウォール街はマーケットの見方よりもクアルコムに強気であり、37のレーティングのうち、Buyが16件、Strong Buyが7件となっている。

クアルコムは、コネクティビティ、SoC、ADAS を含む包括的なソリューションにより、車載半導体市場で際立った存在となっている。

この包括的なソリューションは、市場シェアでは優位に立つものの、同社のような統合的なアプローチを持たないNXP、ルネサス、TI といった競合他社に対して、同社を有利に位置づけることとなっている。

リファレンスデザインを提供するという同社の戦略は、自動車メーカーがフルスタックのソリューションを採用することを可能にし、エヌビディアの硬直的なADAS製品やモービルアイ(MBLY)のやや柔軟なアプローチとの差別化を図っている。

一方で、PC市場におけるマイクロソフトとクアルコムの過去の協業は、アーム(ARM)・ベースのSnapdragonプロセッサとの互換性の問題により、期待外れに終わっていた。

しかし、大手アプリケーション開発者との提携など、こうした課題を解決するための最近の共同努力は、明るい未来を示唆している。

同社のPC市場への参入は、特にOEM PCやマイクロソフトのSurfaceデバイスに同社のAI搭載SoCが統合される予定であることから、大きな収益機会をもたらし、2025年会計年度までに注目に値する規模の市場シェアを獲得する可能性があると見ている。

画像

一方で、サーバーCPU市場は、同社にとって、現在市場シェアがない分野への参入による収益機会の増加をもたらす。

この市場におけるアーム・ベースCPUの成長と同社の有望なサーバーCPU技術は、市場シェア獲得の可能性を強く示唆している。

この分野における同社の競合には、AWS、アンペア・コンピューティング(Ampere Computing)、エヌビディア、マーベル(Marvell)などがいる。

しかし、アーム・ベースのサーバーCPU市場でかなりの部分を獲得できる見込みはあると見ている。

画像

最近、同社のSnapdragon AR1 Gen 1を搭載したRay-Ban Metaメガネが発売され、新たな市場機会が開かれた。

約5億人の潜在的な顧客層を持つこのメガネは、視力サポートが必要な人々やサングラスを求める人々の大部分にアピールできる可能性がある。

1個350ドルのこのメガネの成功は、同社に大きな収益をもたらす可能性があるが、市場への影響はまだわからないというのが現状である。

同社は、成長するXR/MR/VRヘッドセット市場にも関与しており、特にMeta Quest 2と3、Ray-Ban Meta glassesのような製品で、長期的な成長に向けて有利な立場にある。

そして、アップルのVision Proの影響もあり、これらの技術への関心が再び高まっていることが、同社の将来性を高めている。

その為、メタバースとその関連技術が主流になる可能性は、同社の長期的な投資見通しを大きく押し上げる可能性がある。

現在の経済情勢により、産業分野におけるIoTプロジェクトは一時停止しており、この分野における同社の当面のビジネスチャンスに影響を与えている。

しかし、インダストリー4.0の関連性が進行していることから、2025年会見年度にはIoT投資が復活し、この分野での同社の成長を後押しする可能性が高いと見ている。

当社の同社に対する収益成長予測では、2024年度に予想外の成長が見込まれ、2025年度以降には更に大きな収益が見込まれると見ている。

そして、最終的には市場も当社の見通しに同調し、同社の株価倍率が拡大すると予想している。

最後に、当社によるクアルコムの調整後売上高予想の概要をこちらで共有したい。

画像

是非、下記リンクより、メールアドレスをご登録いただき、弊社レポートを日々無料でご覧いただければと思います。

インベストリンゴ公式ホームページはこちら

また、X(旧Twitter)上でも、日々、米国株式市場に関する情報を配信しておりますので、是非、フォロー頂ければと思います。

X(旧Twitter):インベストリンゴ公式アカウントはこちら

関連記事

【米国株投資】フォーティネット / FTNT:収益成長の鈍化に警戒が必要なサイバーセキュリティ銘柄

➡【米国株投資】パロアルトネットワークス / PANW:好調な決算を発表、魅力的なサイバーセキュリティ関連銘柄

【米国株投資】パロアルトネットワークス決算 / PANW:サイバーセキュリティ関連株として最高の銘柄

【米国株投資】パロアルトネットワークス / PANW:私がこの銘柄にまだ強気である理由

【米国株投資】ゼットスケーラー / ZS:クラウド・セキュリティ分野で目覚ましい成長を実現

【米国株投資】センチネルワン (SentinelOne) / S:エンドポイント・セキュリティ市場で有利な立場にある魅力的なサイバーセキュリティ関連銘柄

【米国株投資】センチネルワン (SentinelOne) / S:魅力的なサイバーセキュリティ銘柄

【米国株投資】クラウドストライク / CRWD:着実な成長軌道を維持する有望なサイバーセキュリティ企業

【米国株投資】アーム・ホールディングス(ARM):チップレット技術と有望な半導体銘柄への考察 – Part 1

【米国株投資】アーム・ホールディングス(ARM):チップレット技術と有望な半導体銘柄への考察 – Part 2

【米国株投資】クアルコム / QCOM:今後の更なる成長が期待出来る魅力的な半導体関連銘柄 – Part 1

免責事項:本レポート上で紹介する情報は、投資教育を目的としております。その為、本情報は、特定の証券の売買や投資戦略を勧誘するものではありません。また、私は税務、法律、会計に関する助言は一切いたしません。投資には常にリスクが伴い、リターン、あるいは、元本が保証されているものではない点にご留意ください。私の知る限りでは、私は自らの分析に、虚偽、または、重大な誤解を招く記述や事実の省略が含まれていないと認識しております。特定の投資助言における過去のパフォーマンスは、特定の状況、または、市場の出来事、投資の性質、および、タイミング、ならびに、投資に関連する制約についての知識がない限り、依拠すべきではありません。私は、チャート、グラフ、計算式、推奨銘柄について述べたり、表示したりすることがありますが、これらはそれ自体でどの証券を売買すべきか、あるいはいつ売買すべきかを決定するために使用されることを意図しておりません。このようなチャートやグラフは、限られた情報しか提供していないため、それだけで投資判断を下すべきではありません。実際に投資をする際には、ライセンスを保有する金融の専門家にご相談されることを強くお勧めします。ここに記載された意見は、あくまでも私個人のものであり、予告なしに変更されることがあります。また、参照した意見やデータは本レポートの発表日時点のものであり、市場や経済状況の変化により変更される可能性があります。

アナリストによる開示:私は、この記事で言及されている企業の株式に関するポジションを現時点で保有しておらず、また、今後5日以内にそのようなポジションを持つ予定もありません。また、本記事は、私個人の見解に基づき、独自に執筆したものです。私は、インベストリンゴからの報酬を除き、この記事に対して、いかなる報酬も受け取っておりません。また、本文書で言及している企業とは、いかなる商業的関係も有しておりません。

インベストリンゴによる開示:インベストリンゴは、当社コンテンツ・クリエイターが、自身の専門・得意領域に関する情報・知識を、当社のユーザーと共有する事を目的とする米国株特化型のコミュニティです。本サイトのコンテンツは、投資教育、並びに、投資情報の提供のみを目的としており、特定の投資家に対して、投資、税務、法律等のアドバイスを提供することを意図しておりません。加えて、Investlingo Japan合同会社は、日本においてライセンスを保有する証券会社、投資顧問業者、または、投資銀行ではございません。ここで述べられている意見や見解は、あくまでも、各コンテンツ・クリエーター個人の見解であり、Investlingo Japan合同会社の立場を反映しているものではございません。当社のコンテンツ・クリエーターは、個人投資家を含む独立したブロガー・アナリストから構成されており、公的機関等からの金融関連のライセンスを取得していない場合もございます。その為、本サイト上のいかなる情報も、インベストリンゴ、または、弊社プラットフォーム上の第三者による、金融商品の推奨、或いは、投資助言として解釈されるべきではありません。インベストリンゴは、弊社プラットフォーム上の情報に基づいて行われるいかなる投資決定に対して、一切責任を負わず、各ユーザーが単独で責任を負う点にご留意ください。

アナリスト紹介

Convequity – FZCO / コンヴェクィティ
拠点:イギリス / アラブ首長国連邦(UAE)
セクター:テクノロジー

2019年に設立されたConvequityは、サイバーセキュリティ、SaaSを含むエンタープライズ(企業)向けテクノロジーを扱うテック企業に関するエクイティ・リサーチを提供。セールス・チャネルや対象企業の経営陣との関係に依存する投資銀行や証券会社のアナリストとは異なり、Convequityは対象企業のプロダクト、アーキテクチャー、ビジョンを深掘りすることで投資家に有益な情報を提供することに努めている。特に、Convequityは、第一線で活躍する企業や イノベーションをリードするスタートアップ企業を含め、テクノロジー業界を幅広くカバーすることで、投資家のビジビリティと長期的なアルファの向上に努めている。

ジョーダン・ランバート CFA / LinkedIn

長年にわたるハイテク投資家であり、テクノロジー関連銘柄、および、株式リサーチとバリュエーションのニュアンスに特別な関心を持つ。CFA取得後、自身のソフトウェア、株式リサーチ、並びに、株式投資へのパッションを下に、2019年10月にConvequityを設立。新たなテクノロジー業界におけるトレンドと長期的に成功する可能性が高い企業を見極めることを得意としている。

サイモン・ヒー / LinkedIn

10年以上に渡りテクノロジーのあらゆる側面をカバーしてきた経験を生かし、テクノロジー起業への投資における、勝者と敗者を見極める鋭い洞察力を持つ。彼のテクノロジーに関するノウハウは、ビジネス戦略や財務分析への理解と相まって、Convequityの投資リサーチに反映されている。Convequityを設立する前は、オンラインITフォーラムでコミュニティ・マネージャーを務め、ネットワーク・セキュリティの業務に従事。ユニバーシティ・カレッジ・ダブリンで商学士号を取得。

にほんブログ村:米国株ランキング

人気ブログランキング:米国株ランキング

上部へスクロール