ペイパル / PYPL:フィンテック関連成長株の最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(Paypal)

Ticker: PYPL / 2818文字 / 所要時間6分程度 / 強気

サマリー

  • 当初の株価下落にもかかわらず、足元の割安感と良好なマクロ環境から、勝者となる可能性がある企業として認識され始めている。
  • ペイパルの最近の決算は、アクティブアカウントの減少とマージン懸念に起因する株価下落を伴うものの、売上高とEPSでは堅調な推移を示している。
  • 同社に強気を維持する理由としては、新CEOのイニシアティブ、グローバルな成長の可能性、割安感、潜在的な上昇を示唆するテクニカル分析などが挙げられる。

なぜペイパル?

今年も決算シーズンが終わり、勝ち組と負け組が生まれた。

本稿では、今後最大の勝者となる可能性がある企業のひとつ、ペイパル(PYPL)を取り上げる。

同社は決算後に10%以上下落したため、皮肉に聞こえるかもしれないが、これこそが私が強気を強調する理由のひとつでもある。

また、同社は実に魅力的なバリュエーションを提供しているだけでなく、トレードのための素晴らしいセットアップも備えている。

加えて、同社には長い成長と収益性の実績があるが、残念ながら、足元は市場からは好まれていないように見える。

そして、この流れは、かつては好まれていなかったが、その後素晴らしい転換を遂げた別のテクノロジー企業を思い出させる。

メタ(META)が100ドル以下で取引されていた頃を覚えているだろうか?

それから2年足らずで、なんと360%のリターンを記録している。

実際に、これはテクノロジー業界の強気相場の裏返しであり、同社はコスト削減策の導入に成功したのである。

そしてそれこそが、私がペイパルに期待していることである。

具体的には、成長に拍車をかける新鮮なビジョンで、会社をスリム化し収益性を次のレベルに引き上げ、より投資家に優しい経営形態にすることである。

ペイパルの第4四半期決算に関して

ペイパルは売上高とEPSの両方で市場予想を上回る着地となった。

売上高は前年同期比9%増、Non-GAAPベースのEPSは前年同期比19%増の1.48ドルであった。

そして、投資家にとって最大の問題は、アクティブアカウントの減少だろう。

2023年にペイパルを利用する人は2022年より2%減少している。

しかし、一方で、アクティブ・アカウントあたりのトランザクション(TPA)は14%増加している。

また、決済総額(Total payment volume)は前年同期比12%増で、為替中立ベースでは悪くない水準であり、営業利益率も若干改善している。

実際には、OpEx(事業運営費)レバレッジの増加により、同社は23.3%の営業利益率を達成することとなった。

しかし、注目すべきは、取引利益率(Transaction Margin)がこの四半期には改善したものの、年間を通じて着実に低下していることである。

これは、ペイパルの収益に占める「ノンブランド・チェックアウト(unbranded checkout)」の割合が大きくなったことに起因している。

そして、この点は同社に対する正当な批判である。

たしかに同社の売上高は伸びているが、トランザクションのマージンが低い状態は続いているのである。

最後に、ペイパルは控えめなガイダンスを発表した。

24年度第1四半期のEPSは1.17ドルで、FXNの収益成長率は7%と予想されている。

通年では、ペイパルは2023年と同じ5.10ドルのEPSと、自社株買いに使われる50億ドルのキャッシュフローを見込んでいる。

それでも私がペイパルに強気な理由

ペイパルはいくつかの問題に直面しているかもしれないが、それでも強気でいられる理由はたくさんある。

ペイパルの新たな取り組みと効率化

ペイパルは、アレックス・クリスを新CEOに迎え、一連の新製品と「イノベーション」を発表した。

これらには以下が含まれる:

  • ペイパル・チェックアウト・エクスペリエンス
  • ファストレーン
  • スマートレシート
  • ペイパル・アドバンスト・オファー・プラットフォーム
  • ペイパルコンシューマーアプリ

今、私はこれらのどれにも特に圧倒されたわけではないが、特別なオファーを顧客のレシートに含めることができるスマート・レシートは良い機能であると感じている。

そして、これらの変化はすべて正しい方向へのステップであると見ている。

なぜなら、ペイパルは4億3,000万人以上のペイパルアカウントから膨大なデータを得ており、そろそろそれを活用し始める時期であると感じているからである。

最近まで、ペイパルが平穏で野心的でなくなっていたことには同意する。

しかし、同社は今、モーニングコールを受け、それに応えようとしていることからも、2024年にこれがどのように進展するのかを見定める必要がある。

少なくとも、ペイパルはMETAと同様、事業を最適化し、効率とマージンを高め、少なくとも投資家の信頼を取り戻すことができるはずだと私は見ている。

ペイパルの海外事業における成長

ペイパルは売上高が若干停滞しているにもかかわらず、海外事業における売上高の強化を示している。

海外FXNは、欧州とアジアでの好調な流れにより、前年同期比17%増となった。

決算を見ると、新興国は、ペイパルが利益を得ることができる分野であることは間違いない。

そして、ペイパルは既にそれらの国々に足を踏み入れていることから、今後はさらに拡大する必要がある。

ペイパルのキャッシュとバリュエーション

ペイパルの市場におけるバリュエーションは、同社が今後全く成長しないことを前提としているように見える。

しかし、実際には、同社は2024年に50億ドルの現金を生み出し、さらに、現在の価格で、自社株の8%以上を買い戻すことができる。

ただし、市場の投資家はこれらの点を気にしていないように見える。

言うまでもないが、ペイパルはほとんどの指標で、歴史上最も割安なバリュエーションにある。

ペイパルの株価売上高倍率は2であり、株価キャッシュフロー倍率は16以下となっており、これらは同社の株価が非常に割安に評価されている可能性を示唆している。

この割安なバリュエーションから、仮に、今後5年間、同社の成長率がゼロで、マージンが完全に横ばいだと仮定しても、同社株式には上昇の余地があるように見える。

しかし、私達が目指している景色はそのようなものではない。

同社のガイダンスは弱かったが、依然として2桁近い成長を続けており、前四半期で証明されたように、マージンには上昇の可能性が大いにあるのである。

ペイパルのテクニカル分析における株価見通し

ペイパルは現在、前回の上昇の61.8%リトレースメントのすぐ上に位置している。

私に言わせれば、理想的な1-2セットアップである。

上記に基づくと53ドルまで下がる余地があるが、その後にサポートが維持されれば、ペイパルは100ドルに迫る第3波で上昇する可能性がある。

そして、これは、第2波のボトムから測定した第1波の延長線1.618に基づいている。

結論

結論として、株式投資に関しては、対象銘柄が市場の参加者の間で避けられている、或いは、嫌われている時に買うのが良いと考えており、実際に、足元のペイパルは市場では避けられている銘柄のひとつである。

加えて、上記の理由を踏まえると、同社株の上昇の余地は下降の余地よりもはるかに大きいと考えている。

是非、下記リンクより、メールアドレスをご登録いただき、弊社レポートを日々無料でご覧いただければと思います。

インベストリンゴ公式ホームページはこちら

また、X(旧Twitter)上でも、日々、米国株式市場に関する情報を配信しておりますので、是非、フォロー頂ければと思います。

X(旧Twitter):インベストリンゴ公式アカウントはこちら

関連記事  

 ユナイテッド・マイクロエレクトロニックス / UMC:インテルとの提携で注目の半導体・AI関連成長株の最新の決算分析と今後の株価見通し – Part 1

➡ ユナイテッド・マイクロエレクトロニックス / UMC:インテルとの提携で注目の半導体・AI関連成長株の最新の決算分析と今後の株価見通し – Part 2

【米国株投資】アーム・ホールディングス(ARM):チップレット技術と有望な半導体銘柄への考察 – Part 1

【米国株投資】アーム・ホールディングス(ARM):チップレット技術と有望な半導体銘柄への考察 – Part 2

【米国株投資】クアルコム / QCOM:今後の更なる成長が期待出来る魅力的な半導体関連銘柄 – Part 1

【米国株投資】クアルコム / QCOM:今後の更なる成長が期待出来る魅力的な半導体関連銘柄 – Part 2

【米国株投資】エヌビディア / NVDA(NVIDIA Corp:年間予想配当利回り0.03%):注目の半導体・AI関連銘柄の株価分析と今後の展望

【米国株投資】エヌビディア / NVDA(NVIDIA Corp:年間予想配当利回り0.03%):注目の半導体・AI関連銘柄から学んだ配当と株価リターンに関する教訓

【米国株式投資】ラム・リサーチ / LRCX(Lam Research:予想配当利回り0.95%):注目の半導体関連銘柄の24年度第2四半期決算・株価分析と今後の展望

【米国株式投資】ラム・リサーチ / LRCX:注目の半導体関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月1日 / Lam Research )

【米国株投資】ドラフト・キングス / DKNG:インベスター・デイのハイライト

【米国株投資】ドラフト・キングス / DKNG:分岐点となり得る四半期、2024年は強力なフリーキャッシュフローに期待

【米国株投資】アップル / AAPL :なぜ同社の株式より社債の方が魅力的に見えるのか?

【米国株投資】メタ(フェイスブック) / META:広告・AI・メタバースの三本柱からなる魅力的なテクノロジー企業の株式分析と市場トレンドに基づく今後の展望 – Part 1

【米国株投資】メタ(フェイスブック) / META:広告・AI・メタバースの三本柱からなる魅力的なテクノロジー企業の株式分析と市場トレンドに基づく今後の展望 – Part 2

【米国株投資】ダイナトレース / DT:収益成長とバリュエーションの改善が期待出来る注目のオブザーバビリティ(可観測性)・AI関連テクノロジー企業

【米国株式投資】アルファベット・グーグル / GOOG・GOOGL:最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年1月31日 / Alphabet )

【米国株式投資】アルファベット・グーグル / GOOG・GOOGL:メタとは対照的に無配当を継続するGAFAMの一角の最新の決算分析と今後の株価見通し(2024年2月5日 / Alphabet)

【米国株式投資】アドバンスト・マイクロ・デバイセズ / AMD:人気の半導体・AI関連成長株の最新の決算・株価分析と今後の見通し – Part 1(2024年2月8日 / Advanced Micro Devices)

【米国株式投資】アドバンスト・マイクロ・デバイセズ / AMD:人気の半導体・AI関連成長株の最新の決算・株価分析と今後の見通し – Part 2(2024年2月8日 / Advanced Micro Devices)

免責事項:本レポート上で紹介する情報は、投資教育を目的としております。その為、本情報は、特定の証券の売買や投資戦略を勧誘するものではありません。また、私は税務、法律、会計に関する助言は一切いたしません。投資には常にリスクが伴い、リターン、あるいは、元本が保証されているものではない点にご留意ください。私の知る限りでは、私は自らの分析に、虚偽、または、重大な誤解を招く記述や事実の省略が含まれていないと認識しております。特定の投資助言における過去のパフォーマンスは、特定の状況、または、市場の出来事、投資の性質、および、タイミング、ならびに、投資に関連する制約についての知識がない限り、依拠すべきではありません。私は、チャート、グラフ、計算式、推奨銘柄について述べたり、表示したりすることがありますが、これらはそれ自体でどの証券を売買すべきか、あるいはいつ売買すべきかを決定するために使用されることを意図しておりません。このようなチャートやグラフは、限られた情報しか提供していないため、それだけで投資判断を下すべきではありません。実際に投資をする際には、ライセンスを保有する金融の専門家にご相談されることを強くお勧めします。ここに記載された意見は、あくまでも私個人のものであり、予告なしに変更されることがあります。また、参照した意見やデータは本レポートの発表日時点のものであり、市場や経済状況の変化により変更される可能性があります。

アナリストによる開示:私は、この記事で言及されている企業の株式に関するポジションを現時点で保有しておらず、また、今後5日以内にそのようなポジションを持つ予定もありません。本記事は、私個人の見解に基づき、独自に執筆したものです。私は、Investlingoからの報酬を除き、この記事に対して、いかなる報酬も受け取っておりません。また、本文書で言及している企業とは、いかなる商業的関係も有しておりません。

インベストリンゴによる開示:インベストリンゴは、当社コンテンツ・クリエイターが、自身の専門・得意領域に関する情報・知識を、当社のユーザーと共有する事を目的とする米国株特化型のコミュニティです。本サイトのコンテンツは、投資教育、並びに、投資情報の提供のみを目的としており、特定の投資家に対して、投資、税務、法律等のアドバイスを提供することを意図しておりません。加えて、Investlingo Japan合同会社は、日本においてライセンスを保有する証券会社、投資顧問業者、または、投資銀行ではございません。ここで述べられている意見や見解は、あくまでも、各コンテンツ・クリエーター個人の見解であり、Investlingo Japan合同会社の立場を反映しているものではございません。当社のコンテンツ・クリエーターは、個人投資家を含む独立したブロガー・アナリストから構成されており、公的機関等からの金融関連のライセンスを取得していない場合もございます。その為、本サイト上のいかなる情報も、インベストリンゴ、または、弊社プラットフォーム上の第三者による、金融商品の推奨、或いは、投資助言として解釈されるべきではありません。インベストリンゴは、弊社プラットフォーム上の情報に基づいて行われるいかなる投資決定に対して、一切責任を負わず、各ユーザーが単独で責任を負う点にご留意ください。

アナリスト紹介

ジェームズ・フォード
拠点:スペイン
セクター:ハイテク・コモディティ・仮想通貨

フォード氏は、エコノミストとして、過去10年に渡り、世界市場の株式市場を分析。自らを「実践的な投資家」と位置付け、資産を継続的に維持・拡大させることを目的とした、分散されたポートフォリオを構築することに重点を置いている。主に、「グローバル・マクロ」、「ハイテク銘柄」、「コモディティ銘柄」、「暗号通貨関連銘柄」に焦点を当て、ファンダメンタル分析、並びに、テクニカル分析を用いて企業分析を実施。

上部へスクロール