【投資コラム】配当性向はマイナスになることがあるのか?配当性向の詳細を徹底解説!

サマリー

  • 本コラムでは、投資家にとって重要な「配当性向」の概念、計算方法、およびその企業財務における意味について解説します。
  • 配当性向がマイナスになる状況とその背景、投資家に与える影響に深く迫ります。 
  • 最後に、米国の高配当銘柄を例に挙げ、配当性向を考慮した投資判断の重要性を説明しています。

はじめに

このコラムでは、投資家が重視すべき重要な指標「配当性向」に焦点を当てます。配当性向は企業が稼いだ利益からどれだけを株主に還元しているかを示す指標であり、企業の財務健全性や成長戦略を理解する上で不可欠です。本コラムでは、配当性向がマイナスになる状況やその影響、さらには米国の高配当銘柄について詳しく解説し、投資家が賢明な投資判断を下すための知識を提供します。

第1章: 配当性向の基本概念

配当性向は、企業が稼いだ利益のうちどれだけを株主に配当として分配しているかを示す重要な指標です。配当性向は以下の式で計算され、パーセンテージで表されます。

この指標は、企業がどの程度株主に対して利益を還元しているかを示し、投資家にとっては企業の財務健全性や成長性を判断する上で重要な情報となります。

配当性向の意義

配当性向は、企業が再投資に対してどの程度の重みを置いているか、または株主への配当にどの程度注力しているかを示します。高い配当性向は、企業が利益の大部分を配当に回していることを意味し、株主にとっては魅力的かもしれませんが、企業の将来の成長機会を制限する可能性もあります。逆に、低い配当性向は企業が利益を関連事業等への再投資に用いていることを示し、長期的な成長を目指す企業にとっては肯定的に評価されます。

米国株式市場における配当性向

米国株式市場における配当性向はセクターによって大きな違いが見られます。平均的には30%から60%の範囲で推移していますが、ユーティリティ(公益事業)セクターや不動産セクターのように高い配当性向を示す業界もあれば、テクノロジーセクターやヘルスケアセクターのように低い配当性向を示す傾向にある業界も存在します。この違いは、各セクターのビジネスモデルやキャッシュフローの安定性に由来しています。投資戦略を立てる際には、これらの業界特性や過去のトレンドに注目し、投資目的やリスク許容度に合わせたセクターや企業の選定が重要となります。特に、ユーティリティセクターは60%から70%前後の配当性向が見られることが多い一方で、テクノロジーセクターでは20%以下の配当性向を持つ企業が多く存在します。

配当性向がマイナスになる状況

配当性向がマイナスになるのは異例の状況で、これは企業が損失を記録している(当期純利益がマイナス)にも関わらず配当を支払っている場合に起こります。このような状況は持続可能ではなく、企業が将来的に財務的な困難に直面するリスクを高めます。

配当性向は単なる数字以上の意味を持ち、企業の経営方針や市場での立ち位置、さらには将来的な成長戦略を投資家に伝える重要な指標です。米国株式市場における各セクターの平均配当性向を理解することは、効果的な投資戦略を立てる上で不可欠です。投資家はこの指標を用いて、自身の投資目標に合致した企業やセクターを見極め、長期的な資産形成に繋げることができます。

第2章: 配当性向がマイナスになる状況

【先行アクセス(+特典付き)とニュースレターへの登録】

インベストリンゴは、🇯🇵日本初、🇺🇸米国株式投資に特化した金融のプロフェッショナルが集まる📱メディアプラットフォームです。

🚀ローンチに先立ち、✉️ニュースレター経由で、彼らの最新のコンテンツを日々紹介しております。

インベストリンゴ公式ホームページはこちら

米国株投資家の皆様は、是非、上記リンクより、メールアドレスをご登録頂き、完全版の弊社レポートを、日々、無料でご覧頂ければと思います。

ご登録頂けますと、過去のレポートも全て無料でご覧頂けます。

また、X(旧Twitter)上でも、日々、米国株式市場に関する情報を配信しておりますので、是非、フォロー頂ければと思います。

X(旧Twitter):インベストリンゴ公式アカウントはこちら

米国株高配当関連レポート

【米国株式投資】シェブロン/ CVX / 予想配当利回り4.06%:連続増配エネルギー銘柄の最新の決算分析と今後の株価見通し(Chevron)

【米国株式投資】エクソン・モービル / XOM / 予想配当利回り3.65%:連続増配エネルギー銘柄の最新の決算分析と今後の株価見通し(2024年2月9日 / Exxon Mobil)

【米国株式投資】コカ・コーラ / KO / 予想配当利回り3.09%:連続増配銘柄の最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し

配当性向は通常、企業が稼ぎ出した利益の中からどれだけを株主に配当として還元しているかを示す指標です。この数値は通常、正の値を示しますが、特定の条件下ではマイナスとなることがあります。ここでは、配当性向がマイナスになる可能性がある状況と、その背景にある経済的および財務的要因を掘り下げていきます。

配当性向がマイナスになる主な理由

1. 損失期における配当支払い

企業が損失を記録しているにも関わらず、株主への信頼維持や株価支持を目的として配当を支払うケースがあります。この場合、当期純利益がマイナスであるため、配当性向も自動的にマイナスとなります。その際には、一時的な資金調達や資産売却から得た利益や手元の現金から支払いを行うことが一般的です。

2. 戦略的配当政策の実施

企業が長期的な株主価値の向上を目指して積極的に配当を行う戦略を採用している場合、一時的に利益を超える配当を実施することがあります。これは、将来の成長への再投資よりも短期的な株主還元を優先した結果として現れます。

ケーススタディ: 配当性向がマイナスになる企業

ケース1: XYZエネルギー企業

XYZエネルギー企業は、原油価格の大幅な下落により業績が大きく悪化しました。しかし、同社は長年にわたり安定した配当を継続してきた実績があり、投資家からの期待も高かったため、損失を出しているにも関わらず、配当を継続する決定をしました。この結果、当該期の配当性向はマイナスとなりました。

このケースでは、投資家は短期的な業績よりも長期的な企業価値と投資家還元に焦点を当てた経営判断を評価する必要があります。同時に、企業の将来的な収益回復能力と財務構造の健全性を慎重に分析することが求められます。

ケース2: ABCテクノロジー企業

ABCテクノロジー企業は、過渡期にあるテクノロジー業界の中で急速な市場変化に直面しました。新技術への移行に伴うコスト増加と収益の一時的な減少にもかかわらず、同社は株主へのコミットメントを示すため、配当を継続しました。この結果、当該期の配当性向はマイナスを記録しました。

このケースでは、投資家は企業の将来戦略と市場での競争力回復能力を評価する必要があります。新技術への投資が中長期的に企業価値を高めるかどうかが、この企業への投資の鍵を握ります。

ケース3: DEF製薬企業

DEF製薬企業は、開発中の新薬が臨床試験で想定外の結果を出し、一時的な業績悪化を経験しました。しかし、安定した株主基盤を維持し、投資家信頼を保つために、同社は配当金の支払いを決定しました。これにより、同社の配当性向はマイナス値を示しました。

この事例では、投資家は製薬業界のリスクとリターンのバランスを理解し、企業が新薬開発のパイプラインをどのように再構築し、将来の収益性を確保するかを分析する必要があります。

これらのケーススタディは、配当性向がマイナスになる状況が多様であることを示しています。投資家は、表面的な数値だけでなく、その背景にある業界の状況、企業の戦略、および長期的なビジョンを総合的に評価することが求められます。投資判断を行う際には、企業が直面している問題は一時的なものか、それとも根本的な問題かを見極めることが不可欠です。これにより、投資家は配当性向がマイナスの企業に対する適切なリスク評価を行い、賢明な投資決定を下すことが可能になります。

第3章: 配当性向がマイナスの企業への対処法

配当性向がマイナスになる現象は、通常、企業が直面している財務的な困難を示唆しています。この状況が投資家に与える影響は深刻であり、投資戦略における重要な意味合いを持ちます。この章では、配当性向がマイナスになった場合の影響と、それが投資家や市場にどのようなサインを送るのか、そして投資家はどのように対処すべきかについて詳細に解説します。

配当性向マイナスの直接的な影響

1. 株主価値の減少

配当性向がマイナスであると、それは企業が利益を上げていない、あるいは損失を出していることを意味します。この状況は、直接的に株主への配当支払い能力に影響を与え、結果として株主価値を減少させます。

2. 投資家からの信頼の損失

企業が損失を出しながらも配当を続けると、短期的には株主からの信頼を維持しようとする意図があるものの、長期的には持続不可能な財務戦略と見なされ、投資家の信頼を損なう可能性があります。

配当性向マイナスが示すサイン

1. 財務的な困難

配当性向がマイナスであることは、企業が経済的な困難に直面している可能性が高いことを示しています。これは、投資家にとって、企業の将来性を再評価する重要なシグナルです。

2. 経営戦略の再考

企業が損失を出しながらも配当を継続する場合、その背景には経営陣の戦略的な判断があります。投資家は、このような経営判断が企業の長期的な成長と持続可能性にどのように影響を与えるかを慎重に分析する必要があります。

投資家の対応策

1. 詳細な財務分析の実施

配当性向がマイナスの企業の財務諸表を徹底的に分析します。利益、キャッシュフロー、負債水準、資産の健全性など、企業の財務状況を総合的に評価します。特に、キャッシュフローの詳細な分析は、企業が将来的に配当を継続する能力を評価する上で重要です。

2. 経営戦略の理解

企業がどのような理由でマイナスの配当性向を示しているのか、経営戦略との関連性を理解します。例えば、企業が大規模な投資や買収を行っている場合、短期的には財務圧迫が生じるものの、長期的な成長戦略の一環として正当化できるかもしれません。

3. 市場および業界の動向の分析

企業の業績は市場や業界の動向に大きく影響されます。業界全体の問題や市場の不確実性が配当性向マイナスの背景にある場合、これらの要因を考慮に入れた上で投資判断を行う必要があります。

長期的な投資戦略

1. リスク許容度の再評価

投資家自身のリスク許容度を再評価し、配当性向がマイナスの企業への投資が自身の投資方針に適合しているかを判断します。高リスク・高リターンの投資が適していない場合は、ポートフォリオからそのような企業を除外することを検討します。

2. 分散投資の原則の適用

配当性向がマイナスの企業に過剰に投資することは避け、分散投資を通じてリスクを管理します。異なる業界、地域、資産クラスに投資することで、個別のリスクを軽減します。

3. 定期的なポートフォリオの見直し

経済環境や市場の変動に応じて、定期的にポートフォリオを見直し、投資戦略を調整します。配当性向がマイナスの企業の状況が改善した場合や、逆にさらに悪化した場合に備え、柔軟な対応が可能なようにします。

配当性向がマイナスになることは、投資家にとって重要な警告信号です。この状況は、企業が直面している財務的な困難や経営上の課題を示しており、投資家はこれを適切に解釈し、リスクを管理しながら投資戦略を立てる必要があります。投資家は、単一の指標に依存することなく、企業の包括的な分析を行い、長期的な視点から投資判断を下すべきです。このようなアプローチにより、投資家は不確実性を乗り越え、賢明な投資選択を行うことができるでしょう。

第4章: 米国株高配当銘柄10選と配当性向(※配当性向は2024年2月末時点の数字です)

米国の高配当銘柄は、安定した収益と堅実なビジネスモデルを持つ企業から選ばれることが多く、投資家にとって魅力的な投資先となります。しかし、高配当であっても、その背後にある配当性向を理解することは、賢明な投資判断を下す上で不可欠です。ここでは、米国株高配当銘柄の中から特に注目すべき10選を紹介し、それぞれの配当性向についても解説します。

エクソンモービル / Exxon Mobil (XOM)

配当性向:39%

世界最大級の公開石油会社で、探査、抽出、製造、精製および販売を含むエネルギー関連事業を幅広く展開しています。市場価格の変動に強い耐性を持つため、長期投資家にとって魅力的な選択肢となっています。

エクソンモービルに関するレポートはこちら

AT&T / AT&T Inc. (T)

配当性向:47%

通信業界の大手であり、固定電話サービス、モバイル通信、ブロードバンドの提供を行っています。デジタルトランスフォーメーションや5Gへの投資が注目されていますが、高い債務水準は投資家にとって懸念事項であり、その配当の持続可能性には注意が必要です。

AT&Tに関するレポートはこちら

ジョンソン&ジョンソン / Johnson & Johnson (JNJ)

配当性向:49%

医薬品、医療機器、消費者向け製品の3つのセグメントでビジネスを展開する多国籍企業で、安定した配当と業績を維持しています。多様な製品ポートフォリオが強みであり、長期的な安定性と成長潜在力から、多くの投資家にとって魅力的な銘柄となっています。

ジョンソン・エンド・ジョンソンに関するレポートはこちら

プロクター&ギャンブル / Procter & Gamble Co. (PG)

配当性向:58%

日用消費財業界のリーダーで、多数の有名ブランドを保有しています。一貫したイノベーションと効果的な市場戦略により、安定した収益を生み出しています。

プロクター&ギャンブルに関するレポートはこちら

コカ・コーラ / Coca-Cola Co. (KO)

配当性向:66%

世界最大の飲料会社で、200以上の国と地域で製品を販売しています。長期的なブランド価値と世界的な認知度が高いです。

コカ・コーラに関するレポートはこちら

ファイザー / Pfizer Inc. (PFE)

配当性向:90%

世界有数の製薬会社で、多くの重要な医薬品とワクチンを提供しています。研究開発への投資と新薬の開発が成長の鍵を握っています。

ファイザー に関するレポートはこちら

3M / 3M Company (MMM)

配当性向:65%

多様な製品を提供する多国籍企業で、事業は消費者向け製品から医療用品まで幅広い。革新的な製品と技術により、長期的な成長が見込まれます。

3Mに関するレポートはこちら

ベライゾン・コミュニケーションズ / Verizon Communications Inc. (VZ)

配当性向:56%

一流の通信会社で、高品質なワイヤレスサービスとブロードバンドを提供。5G技術への移行が今後の成長エンジンとなる見込みです。

ベライゾンに関するレポートはこちら

シェブロン / Chevron Corporation (CVX)

配当性向:46%

エクソンモービルと同様に、エネルギーセクターで高い配当を提供。エネルギーセクターの大手で、全世界で石油、天然ガスの探査および生産を行っています。石油価格の変動に左右されますが、業界内で強固なポジションを維持しています。

シェブロンに関するレポートはこちら

マクドナルド / McDonald’s Corp. (MCD)

配当性向:52%

世界中で知られるファーストフードチェーンのリーダーで、長期にわたり安定した配当を提供しています。同社は、幅広い地域において多様な顧客層に対応し、経済的な波にも比較的強い安定性を持っています。そのビジネスモデルは、一貫した顧客体験と効率的なオペレーションに支えられており、世界的なブランド認知度とともに、投資家にとって魅力的な高配当銘柄の一つとなっています。

マクドナルドに関するレポートはこちら

まとめ

このコラムでは、配当性向の基礎から、マイナスに転じる状況に至るまでを網羅しました。配当性向は、企業の財務健全性や将来性を示す重要な指標であり、投資家は配当銘柄を選定する際にこの指標を考慮する必要があります。企業が直面する短期的または構造的な問題を理解し、長期的な視点で賢明な投資決定を下すことが、成功への鍵です。

最後に

インベストリンゴでは、弊社のアナリストが、高配当関連銘柄を含め、米国株個別企業に関する動向を日々アップデートしております。米国株式市場に関心のある方は、是非、弊社プラットフォームより、関連のレポートをご覧いただければと思います。

【先行アクセス(+特典付き)とニュースレターへの登録】

インベストリンゴは、🇯🇵日本初、🇺🇸米国株式投資に特化した金融のプロフェッショナルが集まる📱メディアプラットフォームです。

🚀ローンチに先立ち、✉️ニュースレター経由で、彼らの最新のコンテンツを日々紹介しております。

インベストリンゴ公式ホームページはこちら

米国株投資家の皆様は、是非、上記リンクより、メールアドレスをご登録頂き、完全版の弊社レポートを、日々、無料でご覧頂ければと思います。

ご登録頂けますと、過去のレポートも全て無料でご覧頂けます。

また、X(旧Twitter)上でも、日々、米国株式市場に関する情報を配信しておりますので、是非、フォロー頂ければと思います。

X(旧Twitter):インベストリンゴ公式アカウントはこちら

弊社配当関連レポート

【米国株式投資】シンシナティ・ファイナンシャル / CINF / 予想配当利回り2.7% / 中立 / 配当王:23年4Q決算と今後の株価見通し(Cincinnati Financial)

【米国株式投資】アッヴィ / ABBV / 予想配当利回り3.47% / 弱気 / 配当王:最新の23年4Q決算と今後の株価見通し(AbbVie)

【米国株式投資】アボット・ラボラトリーズ / ABT / 予想配当利回り1.83% / 中立 / 配当王:最新の23年4Q決算と今後の株価見通し(Abbott Laboratories)

【米国株式投資】ターゲット / TGT / 予想配当利回り2.57% / 中立 / 配当王:最新の23年4Q決算と今後の株価見通し(Target)

【米国株式投資】フィリップ・モリス / PM / 予想配当利回り5.65% / 強気:最新の23年4Q決算と今後の株価見通し(Philip Morris)

【米国株式投資】TモバイルUS / TMUS / 予想配当利回り0.8% / 中立:最新の23年4Q決算と今後の株価見通し(T-Mobile)

【米国株式投資】【投資コラム】米国株配当王の一覧と配当王への投資を検討する際に考慮すべきポイントを徹底解説!

【米国株式投資】クローガー / KR / 予想配当利回り2.36% / 中立:注目の連続増配銘柄の最新の23年3Q決算と今後の株価見通し(Kroger)

【米国株式投資】ウォルマート / WMT / 中立 / 予想配当利回り1.39% / 配当王:最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(Walmart)

【米国株式投資】エマソン・エレクトリック / EMR / 予想配当利回り2% / 中立 / 配当王:最新の24年1Q決算と今後の株価見通し(Emerson Electric)

【米国株式投資】パーカー・ハネフィン / PH / 予想配当利回り1.12% / 弱気 / 配当王:最新の24年2Q決算分析と今後の株価見通し(Parker-Hannifin)

【米国株式投資】ドーバー / DOV / 予想配当利回り1.24% / 中立 / 配当王:最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(Dover)

【米国株式投資】ノースウエスト・ナチュラル / NWN / 予想配当利回り5.32% / 配当王:23年4Q決算分析と今後の株価見通し(Northwest Natural Holding)

【米国株式投資】アメリカン・ステイツ・ウォーター / AWR / 予想配当利回り2.43% / 強気 / 配当王:最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(American States Water)

【米国株式投資】ペプシコ / PEP / 予想配当利回り3.04%:連続増配ディフェンシブ銘柄の最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(PepsiCo)

【米国株式投資】フォード・モーター / F / 予想配当利回り4.88%:注目の高配当銘柄の最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(Ford Motor)

【米国株式投資】マクドナルド / MCD / 予想配当利回り2.29%:連続増配ディフェンシブ銘柄の最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(McDonald’s)

【米国株式投資】コカ・コーラ / KO / 予想配当利回り3.09%:連続増配銘柄の最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し

➡ 【米国株式投資】ブリティッシュ・アメリカン・タバコ / BTI / 予想配当利回り9.57%:ディフェンシブ・タバコ関連銘柄の最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(British American Tobacco)

➡【米国株式投資】スターバックス・スタバ / SBUX / 予想配当利回り2.41%:連続増配ディフェンシブ銘柄の最新の決算分析と今後の株価見通し(2024年2月7日 / Starbucks)


【米国株式投資】アルトリア・グループ / MO / 予想配当利回り9.79%:連続増配ディフェンシブ銘柄の最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(Altria)

【米国株式投資】シェブロン/ CVX / 予想配当利回り4.06%:連続増配エネルギー銘柄の最新の決算分析と今後の株価見通し(Chevron)

【米国株式投資】エクソン・モービル / XOM / 予想配当利回り3.65%:連続増配エネルギー銘柄の最新の決算分析と今後の株価見通し(2024年2月9日 / Exxon Mobil)

【米国株式投資】ファイザー / PFE:予想配当利回り6.24%の増配を継続する注目の製薬・ディフェンシブ高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月5日 / Pfizer)

【米国株式投資】JPモルガン / JPM / 予想配当利回り2.38%:連続して増配する注目の銀行・高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(米国株式投資 / 2024年1月31日 / JP Morgan)

【米国株式投資】ジョンソン・エンド・ジョンソン / JNJ:予想配当利回り2.99%の増配を継続する注目のディフェンシブ高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月1日)

【米国株式投資】プロクター・アンド・ギャンブル / PG:予想配当利回り2.39 %の増配を継続する注目のディフェンシブ高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月1日)

【米国株式投資】ロッキード・マーチン / LMT:予想配当利回り2.92%の増配を継続する注目のディフェンシブ高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月1日 / 米国株式投資 / Lockheed Martin)

【米国株式投資】スリーエム / MMM:予想配当利回り6.29%の注目のディフェンシブ高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月1日 / 米国株式投資 / 3M Co)

【米国株式投資】メタ・フェイスブック / META / 予想配当利回り0.43%:注目のメタバース・AI関連成長株の最新の決算分析と今後の株価見通し(2024年2月2日 / Meta / Facebook)

【米国株式投資】ベライゾン / VZ:予想配当利回り6.28%の増配を継続する注目のディフェンシブ高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月1日 / 米国株式投資 / Verizon)

【米国株式投資】AT&T / T:予想配当利回り6.26%の注目のディフェンシブ高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月1日 )

【米国株式投資】ラム・リサーチ / LRCX(Lam Research:予想配当利回り0.95%):注目の半導体関連銘柄の24年度第2四半期決算・株価分析と今後の展望

【米国株投資】エヌビディア / NVDA(NVIDIA Corp:年間予想配当利回り0.03%):注目の半導体・AI関連銘柄から学んだ配当と株価リターンに関する教訓

【米国株投資】エヌビディア / NVDA / 予想配当利回り0.03%:半導体AI関連銘柄の株価分析と今後の見通し(NVIDIA)

【米国株投資】エンブリッジ(ENB:年間予想配当利回り7.5%)& ベライゾン(VZ:年間予想配当利回り6.7%):高水準の予想配当利回りが魅力的な、おススメの2つの高配当個別銘柄

【米国株投資】マリオット・インターナショナル(MAR:年間予想配当利回り0.9%):グローバル・ブランド関連のおススメの高配当個別銘柄 – Part 2

【米国株投資】メドトロニック/ MDT:予想配当利回り3.20%の注目の高配当ヘルスケア関連個別銘柄

【米国株投資】ONEOK(ワンオーク)/ OKE:予想配当利回り5.57%の注目の高配当エネルギー関連銘柄

免責事項:本レポート上で紹介する情報は、投資教育を目的としております。その為、本情報は、特定の証券の売買や投資戦略を勧誘するものではありません。また、私は税務、法律、会計に関する助言は一切いたしません。投資には常にリスクが伴い、リターン、あるいは、元本が保証されているものではない点にご留意ください。私の知る限りでは、私は自らの分析に、虚偽、または、重大な誤解を招く記述や事実の省略が含まれていないと認識しております。特定の投資助言における過去のパフォーマンスは、特定の状況、または、市場の出来事、投資の性質、および、タイミング、ならびに、投資に関連する制約についての知識がない限り、依拠すべきではありません。私は、チャート、グラフ、計算式、推奨銘柄について述べたり、表示したりすることがありますが、これらはそれ自体でどの証券を売買すべきか、あるいはいつ売買すべきかを決定するために使用されることを意図しておりません。このようなチャートやグラフは、限られた情報しか提供していないため、それだけで投資判断を下すべきではありません。実際に投資をする際には、ライセンスを保有する金融の専門家にご相談されることを強くお勧めします。ここに記載された意見は、あくまでも私個人のものであり、予告なしに変更されることがあります。また、参照した意見やデータは本レポートの発表日時点のものであり、市場や経済状況の変化により変更される可能性があります。

アナリストによる開示:私は、この記事で言及されている企業の株式に関するポジションを現時点で保有しておらず、また、今後5日以内にそのようなポジションを持つ予定もありません。また、本記事は、私個人の見解に基づき、独自に執筆したものです。私は、インベストリンゴからの報酬を除き、この記事に対して、いかなる報酬も受け取っておりません。また、本文書で言及している企業とは、いかなる商業的関係も有しておりません。

インベストリンゴによる開示:インベストリンゴは、当社コンテンツ・クリエイターが、自身の専門・得意領域に関する情報・知識を、当社のユーザーと共有する事を目的とする米国株特化型のコミュニティです。本サイトのコンテンツは、投資教育、並びに、投資情報の提供のみを目的としており、特定の投資家に対して、投資、税務、法律等のアドバイスを提供することを意図しておりません。加えて、Investlingo Japan合同会社は、日本においてライセンスを保有する証券会社、投資顧問業者、または、投資銀行ではございません。ここで述べられている意見や見解は、あくまでも、各コンテンツ・クリエーター個人の見解であり、Investlingo Japan合同会社の立場を反映しているものではございません。当社のコンテンツ・クリエーターは、個人投資家を含む独立したブロガー・アナリストから構成されており、公的機関等からの金融関連のライセンスを取得していない場合もございます。その為、本サイト上のいかなる情報も、インベストリンゴ、または、弊社プラットフォーム上の第三者による、金融商品の推奨、或いは、投資助言として解釈されるべきではありません。インベストリンゴは、弊社プラットフォーム上の情報に基づいて行われるいかなる投資決定に対して、一切責任を負わず、各ユーザーが単独で責任を負う点にご留意ください。

にほんブログ村:米国株ランキング

人気ブログランキング:米国株ランキング

上部へスクロール