パロアルトネットワークス / PANW:サイバーセキュリティ関連成長株の最新の決算分析と今後の株価見通し

Ticker: PANW / 4278文字 / 所要時間9分程度 / 強気

サマリー

  • パロアルトは、サイバーセキュリティ・ソフトウェアと関連サービスを世界中の企業に提供しているテクノロジー企業である
  • 同社は、堅実な売上高成長に加え、利益を増加させ、更に、素晴らしい水準のフリーキャッシュフローまで実現している
  • 以上より、私は同社の将来性と株価に対して「強気」に見ている

パロアルトネットワークスについて

パロアルトネットワークス(PANW)は11月15日、2024年度第1四半期決算を発表し、売上高およびコンセンサス利益予想を上回った。

同社は、サイバーセキュリティ・ソフトウェアと関連サービスを世界中の企業に提供している。

同社の成長見通し、大幅な収益性の向上、非常に堅調なフリーキャッシュフローに基づき、同社株式に対して、私は「強気」に見ている。

概要

パロアルトネットワークスは、ITソリューションを世界中に提供するサイバーセキュリティ企業である。

米国カリフォルニア州サンタクララに本社を置き、80,000社以上の企業顧客にサービスを提供するまでに成長し、世界中で数十億人をサポートしている。

同社は現在、2018年6月1日に就任したニケシュ・アローラ最高経営責任者兼会長が率いている。

パロアルトネットワークスに入社する前、アローラ氏はT-Motion PLCのCEO兼創業者だった。

そして、同社は幅広い製品とサービスを提供しており、その中には以下のようなものがある。

– Cloud NGFW(次世代ファイアウォール)

– Threat Intelligence Management(脅威インテリジェンス管理)

– CN-Series

– Cortex XDR

– Cortex XSOAR

– Cortex XPANSE

– Cortex XSIAM

これらに加え、同社はサイバー脅威の防止と検知のための次世代ファイアウォールの導入を支援する様々なサービスも提供している。

これらのサービスは、ベストプラクティスを用いて展開を加速し、専門家によるガイダンスを通じてリスクを最小限に抑え、必要に応じて専門家による迅速なサポートを提供するように設計されています。

同社のサイバーセキュリティ・ポートフォリオとサービスは、クラウド、ネットワーク、モバイルデバイスなど、様々なプラットフォームで組織を保護するように設計されている。

また、世界のサイバーセキュリティ市場は、2022年に1,735億ドルと評価され、2027年には2,662億ドルに達し、年平均成長率(CAGR)8.9%で成長すると予測されている。

この成長の背景には、世界的なデータ侵害の増加、デジタル化の進展、より巧妙なサイバー攻撃が挙げられる。

しかし、高度な脅威の複雑さや、サイバーセキュリティ・ソリューション導入時の実装上の課題が、市場成長の妨げになる可能性も指摘されている。

一方で、サイバーセキュリティ業界の主な動きとしては、業務上の混乱を引き起こす標的型サイバー攻撃の増加が注目されている。

そして、世界経済に対するサイバー攻撃のコストは、2024年末までに10兆5,000億ドルを超えると予測されており、あらゆるレベルでサイバーセキュリティを戦略的優先事項として扱う必要性が高まっていることを反映している。

地域別の見通しでは、北米はイノベーションとコンプライアンスを重視し、欧州は厳しいデータ保護法によりプライバシー中心のソリューションを優先し、アジア太平洋地域は多様なビジネスニーズに対応する拡張性の高いサイバーセキュリティ・ツールに重点を置いている。

2023年には、組織当たりのランサムウェア攻撃の前年比増加率は、アジア太平洋地域と欧州地域が最も高く、29%になると推定される。

サイバーセキュリティ市場の動向としては、サイバー攻撃から組織を保護するために必要なスキルを持つ専門家の不足、サイバー脅威の状況の複雑化、サイバー脅威の軽減を図るうえで必要な対人コミュニケーション、関係構築、問題解決などのソフトスキルの重要性の高まりなどが挙げられる。

サイバーセキュリティ市場の主要企業には、シスコシステムズ社、IBM社、マイクロソフト社、シマンテック社、マカフィー社、パロアルトネットワークス社、フォーティネット社、トレンドマイクロ社、チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ社、ファイア・アイ社などがある。

これらの企業は、アンチウイルス・ソフトウェア、ファイアウォール、侵入検知・防御システム、ネットワーク・セキュリティ、クラウド・セキュリティ、エンドポイント・セキュリティなど、様々なサイバーセキュリティ・ソリューションを提供しており、ヘルスケア、金融サービス、政府、教育、小売など、様々な業界に対応している。

関連記事:サイバーセキュリティ銘柄

【米国株投資】フォーティネット / FTNT:収益成長の鈍化に警戒が必要なサイバーセキュリティ銘柄

【米国株投資】パロアルトネットワークス決算 / PANW:サイバーセキュリティ関連株として最高の銘柄

【米国株投資】パロアルトネットワークス / PANW:私がこの銘柄にまだ強気である理由

【米国株投資】ゼットスケーラー / ZS:クラウド・セキュリティ分野で目覚ましい成長を実現

【米国株投資】センチネルワン (SentinelOne) / S:エンドポイント・セキュリティ市場で有利な立場にある魅力的なサイバーセキュリティ関連銘柄

【米国株投資】センチネルワン (SentinelOne) / S:魅力的なサイバーセキュリティ銘柄

【米国株投資】クラウドストライク / CRWD:着実な成長軌道を維持する有望なサイバーセキュリティ企業

最近の財務動向

四半期別総売上高(青色の線:Total Revenue)は前年同期比で大幅な成長を続けており、四半期別営業利益(赤色の線:Operating Income)は最近の四半期で顕著に増加している。

四半期別売上総利益率(緑色の線:Gross Profit Margin)は引き続き上昇傾向にあり、四半期別総売上高に占める販売費および一般管理費(茶線の線:Selling, G&A % of Revenue)の割合はここ数四半期で低下している。

希薄化後1株当たり利益(赤色の線:Earnings Per Share)は、下表の通り、ここ数四半期で著しく上昇している:

(上記グラフのデータは全てGAAPベース)

一方で、過去12ヶ月間で、同社の株価は101.39%上昇したのに対し、フォーティネット(FTNT)の上昇率は僅かに10.85%であった。

バリュエーションとその他の指標

以下は、同社に関連するバリュエーションの表である。

また、40%ルールとは、ソフトウェア業界の経験則であり、売上高成長率とEBITDA成長率の合計が40%以上であれば、その企業は、ソフトウェア企業として、許容できる成長とEBITDAの軌道に乗っていることを示すものである。

下表のように、同社の直近の調整前40%ルールの計算値は、2024年第1四半期決算時点で35.3%であったため、下表の通り、同社はこの重要な指標に近い業績を上げていることが分かる。

パロアルトネットワークスに関するコメント

2024年度第1四半期決算に関する前回の決算説明会では、経営陣からの下記の点が強調された。

  • 2023年8月に発表した3カ年計画の第1四半期において、イスラエルとウクライナの地政学的問題や業界の正常化に直面しながらも、不安定な環境の中で力強い業績を達成したことを強調した。
  • また、経営陣は金利上昇にも対応した。製品面では、同社はAI対応のクラウド・マネージャーとネットワーク・セキュリティを発表し、TalonとDig Securityの買収を発表するなど、好調な年度スタートを切った。
  • 優れた収益性と収益性を報告し、現金回収額が過去最高の四半期となった。第1四半期の売上高は20%増、請求額は16%増、RPOは26%増といずれも上回った。
  • Non-GAAPベースの営業利益率は760ベーシス・ポイント拡大し、Non-GAAPベースの1株当たり利益は1.38となり、第1四半期の調整後フリー・キャッシュ・フローは過去最高の15億ドルを記録した。
  • 経営陣は、サイバーセキュリティ活動の活発化を報告し、ランサムウェア攻撃は頻度と深刻さを増したと指摘。これに対応するため、同社はUnit 42 Rapid Incident Response Retainerをすべての戦略的顧客に無償で提供することを発表した。
  • 連邦政府機関が2,500万ドルの拡張取引、大手グローバルSaaSプロバイダーが1,800万ドルのPrisma Cloud取引、大手教育機関が1,500万ドルの取引で関係を拡大、国家が2,800万ドルの取引に署名するなど、次世代セキュリティ・ポートフォリオ全体に対する関心の高さを強調した。
  • 同社の第1四半期決算では、NGSのARRが53%増加し、30億ドルのマイルストーンを突破した。パロアルト全体の経常収益は、前年同期の77%から83%に増加した。
  • Non-GAAPベースの1株当たり利益は66%増加したが、これは主にNon-GAAPベースの営業利益率が大幅に上昇したことによるもので、前年同期比で760ベーシス・ポイント拡大した。また、第1四半期のキャッシュフローも好調で、12ヵ月累計の調整後フリーキャッシュフローは30億ドル、12ヵ月累計のフリーキャッシュフロー・マージンは41%を達成した。
  • 市場のアナリストは、新製品の発売、サイバー脅威環境、顧客の需要動向について同社幹部に質問した。
  • 経営陣は、製品の成長は正常化しており、AI対応のクラウド・マネージャーやネットワーク・セキュリティーを含むいくつかの新製品を発売し、Generative AIとPrisma Cloudのデータ・セキュリティーを強化するためにDig Securityの買収を発表したと述べた。
  • 同社はランサムウェア攻撃を含むサイバー脅威の増加と戦っていると指摘。これに対応するため、Unit 42 Rapid Incident Response Retainerを発表した。
  • 同社は、顧客行動や請求額に影響を与えるコスト上昇に対処していると発言。しかし、年間課金プラン、PANFSを通じた資金調達、パートナーによる資金調達などの戦略を駆使して、これに対処している。

今後の見通しとして、2024年度の売上高成長率のコンセンサス予測は、2023年度比で32%の成長を示唆している。

以上より、同社の成長見通し、大幅な収益性の向上、非常に堅調なフリー・キャッシュ・フローを踏まえ、私は同社の将来性と株価に対して「強気」に見ている。

免責事項:本レポートは投資教育を目的としており、金融、法律、投資のアドバイスを意図しておりません。また、本レポート上の情報は、誤りを含む可能性、時間の経過に伴い無関係となる可能性、また、予告なく変更・削除される可能性があります。加えて、私は投資アドバイザーのライセンスを保持しておりません。その為、投資の意思決定を下す際には、自身の財務状況について、自らの責任で調査を行ってください。また、過去のパフォーマンスは、将来の結果を保証するものではありません。米国上場企業、または、IPO銘柄への投資は、常に大きな変動と損失リスクを伴う可能性がある点にはご留意ください。

アナリストによる開示:私は、この記事で言及されている企業の株式に関するポジションを現時点で保有しておらず、また、今後5日以内にそのようなポジションを持つ予定もありません。本レポートは投資教育を目的としており、金融、法律、投資のアドバイスを意図しておりません。また、本記事は、私個人の見解に基づき、独自に執筆したものです。私は、インベストリンゴからの報酬を除き、この記事に対して、いかなる報酬も受け取っておりません。また、本文書で言及している企業とは、いかなる商業的関係も有しておりません。

インベストリンゴによる開示:インベストリンゴは、当社コンテンツ・クリエイターが、自身の専門・得意領域に関する情報・知識を、当社のユーザーと共有する事を目的とする米国株特化型のコミュニティです。本サイトのコンテンツは、投資教育、並びに、投資情報の提供のみを目的としており、特定の投資家に対して、投資、税務、法律等のアドバイスを提供することを意図しておりません。加えて、Investlingo Japan合同会社は、日本においてライセンスを保有する証券会社、投資顧問業者、または、投資銀行ではございません。ここで述べられている意見や見解は、あくまでも、各コンテンツ・クリエーター個人の見解であり、Investlingo Japan合同会社の立場を反映しているものではございません。当社のコンテンツ・クリエーターは、個人投資家を含む独立したブロガー・アナリストから構成されており、公的機関等からの金融関連のライセンスを取得していない場合もございます。その為、本サイト上のいかなる情報も、インベストリンゴ、または、弊社プラットフォーム上の第三者による、金融商品の推奨、或いは、投資助言として解釈されるべきではありません。インベストリンゴは、弊社プラットフォーム上の情報に基づいて行われるいかなる投資決定に対して、一切責任を負わず、各ユーザーが単独で責任を負う点にご留意ください。

アナリスト紹介

Donovan Jones ドノヴァン・ジョーンズ
拠点:米国
セクター:テクノロジー・IPO

ジョーンズ氏は、米国を拠点とする株式リサーチのスペシャリストであり、15年にわたり、米国のソフトウェア関連企業やIPO企業の投資を分析。主に、「高成長テクノロジー銘柄」、「消費者関連銘柄」、「資本財・サービス関連銘柄」、「メディア関連関連」、「ライフサイエンス銘柄」に焦点を当て、ファンダメンタル分析を用いて企業分析を実施。

にほんブログ村:米国株ランキング

人気ブログランキング:米国株ランキング

上部へスクロール