パランティア / PLTR:人気のAI関連成長株の注目すべき2024年の4つのカタリストと今後の株価見通し

Ticker: PLTR / 2511文字 / 所要時間5分程度 / 強気

  • 私は、パランティアは2024年も成長を続けると予想しており、後述の4つのカタリストが同社の成長をサポートすると見ている。
  • 具体的には、収益性の向上、S&Pへの組み入れ、特定の大型契約等が挙げられる。

サマリー

パランティア(PLTR)は2023年に最も好調だった銘柄の一つである。

AIの流れに乗ったのは確かだが、その過程で巨額の契約を獲得し、画期的な新製品AIPをリリースしている。

2024年に入り、多くの人々が次の大きなトレンドに注目している。

一方で、目まぐるしく変化する今日の世界では、AIはすでに過去のもののように思われているのも現状である。

しかしながら、同社に関しては、まだまだアップサイドの余地は十分に残っており、今年こそは注目したい銘柄の一つであると見ている。

昨年の秋に、私は同社の業績を分析し、同社が今後10年間でメガ・キャップになる可能性があると予測した。

この点に関する私の見解は現時点でも変わっておらず、当時と同様に強気である。

しかし本稿では、2024年に向けた4つのカタリストを紹介したい。

1. NHSとの契約

多くの議論を経て、パランティアは最近 、 英国の国民健康保険制度であるNHSと契約を締結した。

英国の医療は中央集権的で、NHSという形を取っている。

NHSの年間予算は約1,688億ポンドであり、データプラットフォームのセットアップ、更新、運用のため、同社を採用するために約3億3,000万ポンドを投資することを決定している。

しかし、この昨年に発表された古いニュースを、なぜ2024年になった今、私が注目しているのだろうか?

なぜなら、今こそ、同社がNHSに対して契約を実行するのを確認する時であり、もし彼らが約束の半分の成果を出すことができれば、この契約はもっと多くの契約につながると見ているからである。

この点に関しては、既に心強いニュースがいくつかある。

多くの否定的な見出しにもかかわらず、同社がNHSと契約して以来、NHSの利用者のごく一部だけがNHSプラットフォームとのデータ共有を拒否しているとのことである。

(出典:X)

同社が必要な生のデータにたくさんアクセスできるようになることを踏まえると、これは素晴らしいニュースである。

同社がここで良い仕事をすれば、3億3,000万ポンドはほんの始まりに過ぎないとに私は見ている。

2. TITAN契約

まだ発注されておらず、近い将来発注されるであろう契約は、米陸軍の戦術情報ターゲット・アクセス・ノード(Tactical Intelligence Targeting Access Node)で、「TITAN」とも呼ばれる戦闘管理システムである。

「TITAN」と呼ばれるこのプログラムは、RTX社(旧レイセオン社)とパランティアが互いにシステムのデモを行った14ヶ月のラピッド・プロトタイピング段階を経ている

両社は以前、これらのプロトタイプを開発するために3600万ドルを獲得している。

最近の情報開示によると、陸軍は更なる武器調達に約15億ドルの投資を検討している可能性があり、仮にパランティアがTITAN契約を獲得した場合、その大部分は同社に支払われる可能性があると見ている。

3. 継続的な収益性

上述の大型契約も魅力的なカタリストである一方で、昨年来の同社の収益性の改善についても注目したい。

(出典:2023年度第3四半期プレゼンテーション資料

同社は過去4四半期にわたりGAAPベースの利益を計上しており、中でも第3四半期は前四半期比で2倍以上と、目覚ましい収益性の向上を遂げている。

また、営業利益を見ると、収益性の向上はさらに顕著であることが分かる。

(出典:2023年度第3四半期プレゼンテーション資料

ご覧の通り、同社は2022年第3四半期に6220万ドルの赤字だったのが、2023年には4000万ドルの黒字となっている。

同社の収益性の問題は、足元までは、同社に対する最も説得力のある弱気材料であったと思われる。

しかし同社は現在、市場のアナリストの予測によると、収益性が継続的に増加する見込みである。

そして、この持続的な成長は、弱気派の主張を打ち砕くだけでなく、次に取り上げるカタリストを可能にする役割を果たすだろう。

4. S&P500への採用

パランティアは現在、S&P500の構成銘柄になるための必要条件を満たしている。

GAAPベースで4四半期連続の黒字を達成し、米国に本社を置き、時価総額が145億ドルを超えている。

実際、現在の時価総額は350億ドル近くであり、S&P500種株価指数に採用されている企業の半数以上の規模となっている。

指数への組み入れ / 除外の基準は明確ではないが、概ね毎年20社前後が除外され、入れ替わる。

近年追加された銘柄の中には5%前後上昇している銘柄も見られる通り、過去には、S&P500に追加された銘柄が「S&P500組み入れ」の恩恵を受けたというケースも見受けられる。

これは、S&P500指数に連動するインデックス・ファンドがそれらの新規組み入れ銘柄を買わざるを得ないためと思われる。

近年追加された注目株の例としては、昨年12月4日に6.2%上昇したウーバー・テクノロジーズ(UBER)、9月5日の発表後に7.2%上昇したエアビーアンドビー(ABNB)などが挙げられる。

その為、同社のS&P500指数への組み入れが決定した場合には、同様に組み入れ効果の恩恵を受ける可能性があり、最近の同指数銘柄入れ替えにおけるトレンドを踏まえると、この組み入れに関するニュースで同社株価がサポートされることも期待出来る。

結論

これまで何度も述べてきたように、パランティアは魅力的な企業である。

最先端のAIプラットフォームを有し、ヘルスケアや防衛といった高成長分野でその技術を活用している。

2024年には、新規大型契約、今後の一層の業績の改善、さらにはS&P500への組み入れの可能性など、注目すべき材料が多く存在する。

同社の株価は未だ直近高値の21ドルを大きく下回っていることからも、私には現在の株価水準も魅力的に見える。

是非、下記リンクより、メールアドレスをご登録いただき、弊社レポートを日々無料でご覧いただければと思います。

インベストリンゴ公式ホームページはこちら

また、X(旧Twitter)上でも、日々、米国株式市場に関する情報を配信しておりますので、是非、フォロー頂ければと思います。

X(旧Twitter):インベストリンゴ公式アカウントはこちら

関連記事:サイバーセキュリティ銘柄

【米国株投資】チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ / CHKP:収益成長の鈍化に警戒が必要なサイバーセキュリティ銘柄

【米国株投資】フォーティネット(FTNT):2023年度第3四半期決算アップデートと今後の展望 – Part 1

【米国株投資】フォーティネット(FTNT):2023年度第3四半期決算アップデートと今後の展望 – Part 2

【米国株投資】パロアルトネットワークス / PANW:私がこの銘柄にまだ強気である理由

【米国株投資】ゼットスケーラー / ZS:クラウド・セキュリティ分野で目覚ましい成長を実現

【米国株投資】センチネルワン (SentinelOne) / S:エンドポイント・セキュリティ市場で有利な立場にある魅力的なサイバーセキュリティ関連銘柄

【米国株投資】センチネルワン (SentinelOne) / S:魅力的なサイバーセキュリティ銘柄

【米国株投資】クラウドストライク / CRWD:着実な成長軌道を維持する有望なサイバーセキュリティ企業

【米国株投資】データドッグ / DDOG:驚異的な成長と足元の営業利益の改善が魅力的なクラウド関連テクノロジー企業

【米国株投資】サービスナウ / NOW:増収増益が魅力的なクラウド関連テクノロジー企業

免責事項:本レポート上で紹介する情報は、投資教育を目的としております。その為、本情報は、特定の証券の売買や投資戦略を勧誘するものではありません。また、私は税務、法律、会計に関する助言は一切いたしません。投資には常にリスクが伴い、リターン、あるいは、元本が保証されているものではない点にご留意ください。私の知る限りでは、私は自らの分析に、虚偽、または、重大な誤解を招く記述や事実の省略が含まれていないと認識しております。特定の投資助言における過去のパフォーマンスは、特定の状況、または、市場の出来事、投資の性質、および、タイミング、ならびに、投資に関連する制約についての知識がない限り、依拠すべきではありません。私は、チャート、グラフ、計算式、推奨銘柄について述べたり、表示したりすることがありますが、これらはそれ自体でどの証券を売買すべきか、あるいはいつ売買すべきかを決定するために使用されることを意図しておりません。このようなチャートやグラフは、限られた情報しか提供していないため、それだけで投資判断を下すべきではありません。実際に投資をする際には、ライセンスを保有する金融の専門家にご相談されることを強くお勧めします。ここに記載された意見は、あくまでも私個人のものであり、予告なしに変更されることがあります。また、参照した意見やデータは本レポートの発表日時点のものであり、市場や経済状況の変化により変更される可能性があります。

アナリストによる開示:私はPLTRに関するロング・ポジションを現在保有しております。本記事は、私個人の見解に基づき、独自に執筆したものです。私は、Investlingoからの報酬を除き、この記事に対して、いかなる報酬も受け取っておりません。また、本文書で言及している企業とは、いかなる商業的関係も有しておりません。

インベストリンゴによる開示:インベストリンゴは、当社コンテンツ・クリエイターが、自身の専門・得意領域に関する情報・知識を、当社のユーザーと共有する事を目的とする米国株特化型のコミュニティです。本サイトのコンテンツは、投資教育、並びに、投資情報の提供のみを目的としており、特定の投資家に対して、投資、税務、法律等のアドバイスを提供することを意図しておりません。加えて、Investlingo Japan合同会社は、日本においてライセンスを保有する証券会社、投資顧問業者、または、投資銀行ではございません。ここで述べられている意見や見解は、あくまでも、各コンテンツ・クリエーター個人の見解であり、Investlingo Japan合同会社の立場を反映しているものではございません。当社のコンテンツ・クリエーターは、個人投資家を含む独立したブロガー・アナリストから構成されており、公的機関等からの金融関連のライセンスを取得していない場合もございます。その為、本サイト上のいかなる情報も、インベストリンゴ、または、弊社プラットフォーム上の第三者による、金融商品の推奨、或いは、投資助言として解釈されるべきではありません。インベストリンゴは、弊社プラットフォーム上の情報に基づいて行われるいかなる投資決定に対して、一切責任を負わず、各ユーザーが単独で責任を負う点にご留意ください。

アナリスト紹介

James Foord ジェームズ・フォード
拠点:スペイン
セクター:ハイテク・コモディティ・仮想通貨

フォード氏は、エコノミストとして、過去10年に渡り、世界市場の株式市場を分析。自らを「実践的な投資家」と位置付け、資産を継続的に維持・拡大させることを目的とした、分散されたポートフォリオを構築することに重点を置いている。主に、「グローバル・マクロ」、「ハイテク銘柄」、「コモディティ銘柄」、「暗号通貨関連銘柄」に焦点を当て、ファンダメンタル分析、並びに、テクニカル分析を用いて企業分析を実施。

にほんブログ村:米国株ランキング

人気ブログランキング:米国株ランキング

上部へスクロール