ナイキ / NKE /予想配当利回り1.5%:連続増配有名ブランド銘柄の最新の株価分析と今後の見通し – Part 1(NIKE)

Ticker: NKE / 1896文字 / 所要時間4分程度 / 強気

サマリー

  • ブランディングはあらゆるビジネスにとって極めて重要であり、独自のアイデンティティと顧客間のロイヤリティを生み出すのに役立っている。
  • ウォーレン・バフェットは、強力なブランドは、ビジネスを守る上で重要な「モート(競争優位性)」を形成するとして高く評価している。
  • 本稿では、世界最大のアスレチックシューズとアパレルのサプライヤーであるナイキを取り上げたい。

はじめに

ブランディングは、製品、サービス、企業、個人のユニークなアイデンティティを作り出し、ターゲットとなる消費者の心に定着させる上で、常にビジネスの重要な側面となっている。

そして、強力なブランドは、消費者の間で信頼と信用を培うことに繋がる。

個人がブランドを認識し、信頼することで、ロイヤリティが高まり、顧客は競合他社よりもその製品やサービスを選ぶ可能性が高くなる。

伝説的な投資家であるウォーレン・バフェットは、強いブランドを誇る企業が好きなことで知られている。

彼は、コカ・コーラ(KO)、アメリカン・エキスプレス(AXP)、ジレット(Gillette)、アップル(AAPL)といった強力なグローバル・ブランドが享受する競争優位性と価格決定力を見極めることで、数十年にわたって資産を増やしてきた。

“Possessing a powerful worldwide brand is essential for sustained success.”

日本語訳:「持続的な成功には、強力な世界的ブランドを持つことが不可欠である」

ウォーレン・バフェット

そこで、本稿では、世界で最も人気のあるスポーツアパレルブランド、ナイキ(NKE)について説明したい。

ナイキ (年間予想配当利回り1.5%)

ナイキ(NKE)は、世界最大のアスレチックシューズとアパレルのサプライヤーであり、年間売上高500億ドルを超えるスポーツ用品とアクセサリーの大手メーカーである。

ナイキは、ナイキ直営の小売店、デジタル・プラットフォームを通じた販売、独立系ディストリビューター、ライセンシー、販売代理店を通じて、世界中のほぼ全ての国で製品を販売している。

ナイキはジェネレーションZに最も人気のあるブランドのひとつで、そのポートフォリオはいくつかのサブブランドで構成され、それぞれが特定の層をターゲットにしている。

  • Nike Air Jordan(ナイキ・エア・ジョーダン):バスケットボール愛好家向けスニーカー
  • Cole Haan(コールハーン):高級靴、バッグ、コート
  • Converse(コンバース):若年層向けスポーツ・カジュアルシューズ
  • Hurley(ハーレー):アクティブなライフスタイル向けのスポーツウェア、シューズ、アクセサリー

(出典:ZenBusiness

ナイキの第2四半期決算は、売上高が前年同期比1%増の134億ドルにとどまり、やや精彩を欠いたが、戦略的な価格設定と海上運賃の引き下げにより、粗利益率は44.6%に改善した。

加えて、同社は、純利益が前年同期比19%増の16億ドルとなった一方で、今後3年間で累積20億ドルのコスト削減を実現するために、削減可能項目を特定する取り組みを開始した。

同社が検討しているコスト削減の可能性のある分野には、商品の品揃えの簡素化、自動化とテクノロジーの活用の拡大、組織のスリム化、会社の規模を活かした効率性の向上などが挙げられる。

同社は第2四半期末時点で、バランスシートに99億ドルの現金および現金同等物を計上しており、AA-の信用格付けを得ている。

同社は22年にわたり毎年配当を増配しており、同社の一株当たり四半期配当である0.37ドルは年率1.5%の利回りとなる。

また、配当性向は36%であることからも、スポーツ・アパレルのリーダーである同社は、当分の間、配当成長を続けることができると見ている。

さらに、配当金に加え、同社は手厚い自社株買いでも株主還元を高めてきた。

第2四半期中、同社は以下を含む約17億ドルを株主に還元している。

  • 配当金として5億2300万ドル(前年同期比9%増)
  • 180億ドルの自社株買いプログラムから12億ドルの自社株買い(第3四半期時点で総額約71億ドルを使用済み)

成長の停滞と潜在的な競争圧力の高まりを反映した第2四半期決算を経て、同社の株価は現在フォワードPERベースで24倍で取引されている。

同社のブランド価値は常に割高なバリュエーションを正当化・提供してきた過去があることからも、現在の暴落は、この配当成長企業の押し目買いのタイミングを計る上で、魅力的なエントリー・ポイントを示しているように見える。

是非、下記リンクより、メールアドレスをご登録いただき、弊社レポートを日々無料でご覧いただければと思います。

インベストリンゴ公式ホームページはこちら

また、X(旧Twitter)上でも、日々、米国株式市場に関する情報を配信しておりますので、是非、フォロー頂ければと思います。

X(旧Twitter):インベストリンゴ公式アカウントはこちら

関連記事:高配当銘柄

【米国株投資】アルトリア・グループ(年間予想配当利回り10%):著しく割安に放置されているおススメの高配当銘柄 Part-2

【米国株投資】ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(年間予想配当利回り10%):著しく割安に放置されているおススメの高配当銘柄 Part-1

【米国株投資】コストコ / COST(年間予想配当利回り 2.4%):継続して成長する配当が魅力的な大手小売企業 – Part 1
【米国株投資】AT&T(年間予想配当利回り 6.7%)/ T :魅力的な高配当を提供する大手テレコム企業 – Part 2

【米国株投資】ウィリアムズ・カンパニーズ / WMB(年間予想配当利回り:5%):魅力的な高配当の中流企業を探る – Part 2

【米国株投資】ONEOK(ワンオーク)/ OKE(年間予想配当利回り:5.6%):魅力的な高配当の中流企業を探る – Part 1

【米国株投資】メドトロニック / MDT(年間予想配当利回り:3.9%):MedTech(メドテック)業界における高配当銘柄 – Part 2

【米国株投資】アボット・ラボラトリーズ / ABT(年間予想配当利回り:2.1%):MedTech(メドテック)業界における高配当銘柄 – Part 1

【米国株投資】アメリカン・ファイナンシャル・グループ / AFG(年間予想配当利回り:3.9%):保険株への投資を通じて、パッシブ・インカムを実現 – Part 2

【米国株投資】マニュライフ・ファイナンシャル / MFC(年間予想配当利回り:5.8%):保険株への投資を通じて、パッシブ・インカムを実現 – Part 1

【米国株投資】バンク・オブ・ノバスコシア / BNS(年間予想配当利回り:7.5%):退職後の生活を支える2つの高配当銘柄 – Part 2

【米国株投資】ハンティントン・バンクシェアーズ / HBAN(年間予想利回り:6.5%):退職後の生活を支える2つの高配当銘柄 – Part 1

➡【米国株投資】エマソン・エレクトリック(EMR:年間予想配当利回り2.2%):産業用オートメーション関連のおススメの高配当銘柄 Part-1

【米国株投資】ファイザー(PFE):予想配当利回り5.85%の注目の高配当銘柄

【米国株投資】ハネウェル・インターナショナル(HON:年間予想配当利回り2.1%):産業用オートメーション関連のおススメの高配当銘柄 Part-2

【米国株投資】ベライゾン・コミュニケーションズ (VZ):予想配当利回り7.06%の注目の高配当銘柄

【米国株投資】マニュライフ・フィナンシャル / MFC:予想配当利回り5.1%の注目の高配当銘柄

免責事項:本レポート上で紹介する情報は、あくまでも私個人の意見であり、投資教育を目的としております。その為、本レポートは、特定の投資家に対して、どのような投資が適切であるかについて、推奨、または、助言するものではございません。また、過去のパフォーマンスは、将来の結果を保証するものではございません。Venkat Raghavan、または、Finfluencer Inc.は、政府より認可を受けた証券ディーラー、ブローカー、投資アドバイザー、投資銀行ではございません。その為、当社の分析は、規制当局からの免許、または、認可を受けていない著者により執筆されている可能性がある点にご留意ください。以上より、実際に投資をする際には、ライセンスを保有する金融の専門家にご相談されることを強くお勧めします。

アナリストによる開示:私はNKEに関するロング・ポジションを現在保有しております。また、本記事は、私個人の見解に基づき、独自に執筆したものです。私は、インベストリンゴからの報酬を除き、この記事に対して、いかなる報酬も受け取ってお私はHONに関するロング・ポジションを現在保有しております。りません。また、本文書で言及している企業とは、いかなる商業的関係も有しておりません。

インベストリンゴによる開示:インベストリンゴは、当社コンテンツ・クリエイターが、自身の専門・得意領域に関する情報・知識を、当社のユーザーと共有する事を目的とする米国株特化型のコミュニティです。本サイトのコンテンツは、投資教育、並びに、投資情報の提供のみを目的としており、特定の投資家に対して、投資、税務、法律等のアドバイスを提供することを意図しておりません。加えて、Investlingo Japan合同会社は、日本においてライセンスを保有する証券会社、投資顧問業者、または、投資銀行ではございません。ここで述べられている意見や見解は、あくまでも、各コンテンツ・クリエーター個人の見解であり、Investlingo Japan合同会社の立場を反映しているものではございません。当社のコンテンツ・クリエーターは、個人投資家を含む独立したブロガー・アナリストから構成されており、公的機関等からの金融関連のライセンスを取得していない場合もございます。その為、本サイト上のいかなる情報も、インベストリンゴ、または、弊社プラットフォーム上の第三者による、金融商品の推奨、或いは、投資助言として解釈されるべきではありません。インベストリンゴは、弊社プラットフォーム上の情報に基づいて行われるいかなる投資決定に対して、一切責任を負わず、各ユーザーが単独で責任を負う点にご留意ください。

アナリスト紹介

Venkat Raghavan ヴェンカット・ラガーヴァン
拠点:カナダ
セクター:北米高配当銘柄

テクノロジー・アドバイザーのラガーヴァン氏は、高配当銘柄を中心に投資アイデアを執筆。執筆活動以前は、米国とカナダにて、経営コンサルタントとして、主にフォーチュン500社に含まれる大手テクノロジー企業を中心に、コンサルティング・サービスを提供。彼は、強固なファンダメンタルズと競争優位性を持ち、更に、巨大なキャッシュフローを生み出す可能性のある魅力的なビジネスモデルを特定・評価するプロフェッショナル。その為、インカム・ゲイン(配当収入)と長期キャピタルゲインを同時に狙える割安な高配当成長銘柄を投資対象としている。

にほんブログ村:米国株ランキング

人気ブログランキング:米国株ランキング

上部へスクロール