【米国株投資】最新の米国ワークフォース・マネジメント・ソフトウェア企業関連ニュース

Ticker: MSFT, ADBE, GOOGL, MNDY, IBM, ORCL, CRM, ASAN, SMAR / 2298文字 / 所要時間5分程度

サマリー

  • 本稿では、米国のワークフォース・マネジメント・ソフトウェア企業の最新ニュースを紹介する。
  • ワークフォース・ソフトウェアの重要性は、オフィス内、リモート、ハイブリッドのワークフォースを管理する必要性を持つ企業が増えるにつれて高まっている。
  • そして、多くのテクノロジー企業が、この分野の成長から利益を得ようとしている。

ワークフォース・マネジメント・ソフトウェア市場動向

ワークフォース・マネジメント・ソフトウェア業界は、リモートワーカーへの需要の高まりにより、近年成長を遂げており、その結果、様々なポジティブなトレンドが生まれている。

同市場は、特にヘルスケアなどの分野でリモートワークの傾向が高まっているため、需要の増加を目の当たりにしている。

このソフトウェアは、労務管理やスタッフ管理ソフトウェアとしても知られ、効果的な事業運営に不可欠となっている。

具体的には、労働力予測、スケジューリング、勤怠管理、タスク管理、人事管理などのソリューションを提供している。

例えば、従業員のスケジュール管理ソフトウェアは、各従業員の勤務スケジュールと追加の勤務時間に対する報酬を提供する上で柔の軟性を可能にしている。

同市場は競争が激しく細分化されており、主なプレーヤーとしては、 Active Operations Management International LLP、NICE Systems Ltd.、Oracle Corporation、Infor Group、UKG Inc.などが挙げられる。

生産性管理ソフトウェア市場のプレーヤー

生産性管理ソフトウェア業界の主要プレイヤーには、 Adobe、Google LLC、HyperOffice、IBM Corporation、Microsoft、Monday.com、Oracle、Salesforce.com, Inc.、Slack Technologies, Inc.、Zoho Corporation Pvtが挙げられる。

デジタル・トランスフォーメーションのトレンド

企業は、入社から退職までの従業員のライフサイクル全体をサポートするAIやML(機械学習)対応のプラットフォームを導入することで、デジタルドリームチームを構築している。

そして、デジタルインテリジェンスが職場中に浸透し、重大な結果をもたらすこととなっている。

プロジェクト管理ソフトウェア産業の成長

世界のプロジェクト管理ソフトウェア業界の規模は、2021年にはほぼ119億6,000万ドルであり、2030年には約150億8,000万ドルに増加すると予測されている。

その為、企業は、自社のプロジェクト管理ツールを最適化するために、新たなトレンドを常に把握しておく必要がある。

統合ワークプレイス管理システム(IWMS)

IWMS市場は、不動産管理、施設管理、スペース最適化のためのソリューションを提供し、足元牽引力を増している。

この分野の主要プレーヤーには、オンプレミスとクラウドベースのソリューションを提供する企業が含まれる。

Microsoft (MSFT / マイクロソフト):最近、人気の作業管理ソフト「Microsoft Teams」のメジャーアップデートを発表した。

このアップデートには、AIを活用した会議サマリーやコラボレーション機能の強化などの新機能が含まれており、業界における同社の地位はさらに強固なものとなっている。

Slack(スラック):代表的なチーム・コラボレーション・プラットフォームであるSlackは、Salesforce(CRM / セールスフォース)に277億ドルで買収された。

この買収により、Slackの機能が強化され、Salesforceの顧客により包括的な業務管理ソリューションが提供されると期待されている。

Asana(ASAN / アサナ):最近、目標設定の新機能「ゴール」や、チームの時間管理を効率化するAI搭載の「スマートカレンダー」など、仕事管理プラットフォームに新機能を導入した。

これらのアップデートは、全体的なユーザー体験の向上と作業プロセスの合理化を目的としている。

Monday.com(MNDY / マンデードットコム):人気の仕事管理プラットフォームである同社は、 最近Microsoft Teamsとの新しい統合を発表した。

この統合により、ユーザーはMicrosoft Teamsのインターフェイス内でMonday.comのプロジェクトに直接アクセスして管理できるようになり、チームでの共同作業や整理整頓が容易になる。

Smartsheet:作業実行プラットフォームの大手である同社は、最近、ユーザーがタスクに優先順位をつけるのを支援するAIを搭載した「Predictive Index」や、作業プロセスを改善するためのパーソナライズされた提案を提供する「Smart Assistant」などの新機能をプラットフォームに導入した。

これらのアップデートは、同プラットフォームの機能を強化し、より効率的な作業管理体験をユーザーに提供することを目的としている。

Wrike:Citrix(シトリックス)が所有する作業管理プラットフォームWrikeは、最近Adobe Creative Cloudとの新たな統合を発表した。

この統合により、ユーザーはAdobe Creative Cloudのインターフェイス内で直接Wrikeのプロジェクトにアクセスし、管理することができるようになり、クリエイティブ・チームのコラボレーションとプロジェクト管理が容易になった。

是非、下記リンクより、メールアドレスをご登録いただき、弊社レポートを日々無料でご覧いただければと思います。

インベストリンゴ公式ホームページはこちら

また、X(旧Twitter)上でも、日々、米国株式市場に関する情報を配信しておりますので、是非、フォロー頂ければと思います。

X(旧Twitter):インベストリンゴ公式アカウントはこちら

関連記事

【米国株投資】フォーティネット / FTNT:収益成長の鈍化に警戒が必要なサイバーセキュリティ銘柄

➡【米国株投資】パロアルトネットワークス / PANW:好調な決算を発表、魅力的なサイバーセキュリティ関連銘柄

【米国株投資】パロアルトネットワークス決算 / PANW:サイバーセキュリティ関連株として最高の銘柄

【米国株投資】パロアルトネットワークス / PANW:私がこの銘柄にまだ強気である理由

【米国株投資】ゼットスケーラー / ZS:クラウド・セキュリティ分野で目覚ましい成長を実現

【米国株投資】センチネルワン (SentinelOne) / S:エンドポイント・セキュリティ市場で有利な立場にある魅力的なサイバーセキュリティ関連銘柄

【米国株投資】センチネルワン (SentinelOne) / S:魅力的なサイバーセキュリティ銘柄

【米国株投資】クラウドストライク / CRWD:着実な成長軌道を維持する有望なサイバーセキュリティ企業

【米国株投資】アーム・ホールディングス(ARM):チップレット技術と有望な半導体銘柄への考察 – Part 1

【米国株投資】アーム・ホールディングス(ARM):チップレット技術と有望な半導体銘柄への考察 – Part 2

【米国株投資】クアルコム / QCOM:今後の更なる成長が期待出来る魅力的な半導体関連銘柄 – Part 1

【米国株投資】クアルコム / QCOM:今後の更なる成長が期待出来る魅力的な半導体関連銘柄 – Part 2

免責事項:本レポートは投資教育を目的としており、金融、法律、投資のアドバイスを意図しておりません。また、本レポート上の情報は、誤りを含む可能性、時間の経過に伴い無関係となる可能性、また、予告なく変更・削除される可能性があります。加えて、私は投資アドバイザーのライセンスを保持しておりません。その為、投資の意思決定を下す際には、自身の財務状況について、自らの責任で調査を行ってください。また、過去のパフォーマンスは、将来の結果を保証するものではありません。米国上場企業、または、IPO銘柄への投資は、常に大きな変動と損失リスクを伴う可能性がある点にはご留意ください。

アナリストによる開示:私は、この記事で言及されている企業の株式に関するポジションを現時点で保有しておらず、また、今後5日以内にそのようなポジションを持つ予定もありません。本レポートは投資教育を目的としており、金融、法律、投資のアドバイスを意図しておりません。また、本記事は、私個人の見解に基づき、独自に執筆したものです。私は、インベストリンゴからの報酬を除き、この記事に対して、いかなる報酬も受け取っておりません。また、本文書で言及している企業とは、いかなる商業的関係も有しておりません。

インベストリンゴによる開示:インベストリンゴは、当社コンテンツ・クリエイターが、自身の専門・得意領域に関する情報・知識を、当社のユーザーと共有する事を目的とする米国株特化型のコミュニティです。本サイトのコンテンツは、投資教育、並びに、投資情報の提供のみを目的としており、特定の投資家に対して、投資、税務、法律等のアドバイスを提供することを意図しておりません。加えて、Investlingo Japan合同会社は、日本においてライセンスを保有する証券会社、投資顧問業者、または、投資銀行ではございません。ここで述べられている意見や見解は、あくまでも、各コンテンツ・クリエーター個人の見解であり、Investlingo Japan合同会社の立場を反映しているものではございません。当社のコンテンツ・クリエーターは、個人投資家を含む独立したブロガー・アナリストから構成されており、公的機関等からの金融関連のライセンスを取得していない場合もございます。その為、本サイト上のいかなる情報も、インベストリンゴ、または、弊社プラットフォーム上の第三者による、金融商品の推奨、或いは、投資助言として解釈されるべきではありません。インベストリンゴは、弊社プラットフォーム上の情報に基づいて行われるいかなる投資決定に対して、一切責任を負わず、各ユーザーが単独で責任を負う点にご留意ください。

アナリスト紹介

Donovan Jones ドノヴァン・ジョーンズ
拠点:米国
セクター:テクノロジー・IPO

ジョーンズ氏は、米国を拠点とする株式リサーチのスペシャリストであり、15年にわたり、米国のソフトウェア関連企業やIPO企業の投資を分析。主に、「高成長テクノロジー銘柄」、「消費者関連銘柄」、「資本財・サービス関連銘柄」、「メディア関連関連」、「ライフサイエンス銘柄」に焦点を当て、ファンダメンタル分析を用いて企業分析を実施。

にほんブログ村:米国株ランキング

人気ブログランキング:米国株ランキング

上部へスクロール