最新のビジネス・インテリジェンス・ソフトウェア企業関連ニュース

Ticker: PCOR, CRM, DOMO, MSFT / 2825文字 / 所要時間6分程度 / 強気

画像

サマリー

  • 本稿では、米国の大手ビジネス・インテリジェンス(BI)・ソフトウェア企業の最新ニュースを紹介する。
  • これらの企業は顧客に提供するサービスの改善を続けており、AIテクノロジーは機能強化のための最新の製品群となっている。

BIソフトウェア分野の主要企業

マイクロソフト(MSFT

ビジネス・インテリジェンス・ソフトウェアの分野では、マイクロソフトがアナリティクスとBIプラットフォームの分野で優位性を主張し続け、2023年のガートナー社の「アナリティクスとビジネス・インテリジェンス・プラットフォームのマジック・クアドラント(Gartner Magic Quadrant for Analytics and Business Intelligence Platforms)」で16年連続の首位を獲得している。

ドーモ(DOMO

ユタ州アメリカン・フォークに本社を置くドーモ(DOMO)は、データの保存と分析のための柔軟なプラットフォームを提供しており、アクセス可能なダッシュボードや意思決定プロセスを促進するさまざまなツールを特徴としている。

Tableau(タブロー)

Tableauはワシントン州シアトルに本社を置き、コーディングスキルを必要とせずにデータの可視化を作成し、AI統計モデルを適用するためのツールを提供している。同社は2019年にセールスフォース(CRM)に157億ドルで買収され、セールスフォースはBI市場における重要なプレーヤーとなっている。

BIソフトウェア市場のトレンド

BIソフトウェア市場は、今日のビジネス環境におけるデータ主導の意思決定の重要性の高まりを反映し、幅広いトレンドとシフトが見られる。

そのようなトレンドの1つは、データセキュリティへの注目が高まっていることである。データ漏洩やサイバー脅威の急増に伴い、企業はデータのセキュリティを優先し、EUのGDPR、米国のCCPA、ブラジルのLGPDなどのプライバシー規制に準拠するための対策を実施する必要に迫られている。

このようなセキュリティへの関心の高まりにより、企業はゼロ・トラストのフレームワークを採用し、デジタル資産をより効果的に保護するためのサイバーセキュリティ・メッシュ・アーキテクチャに投資するようになっている。

こうしたセキュリティへの懸念の中で、企業はデータガバナンスの確保という課題にも取り組んでいる。企業がデータを安全かつ効率的に管理し、規制要件に合致させ、リスクを最小限に抑えようとする中で、強固なデータガバナンスの実践の必要性がますます重要になっている。

ビジネスインテリジェンスソフトウェア市場そのものは、大企業から中小企業(SMB)まで、さまざまなニーズや規模に対応する多様なソリューションによって特徴付けられている。

Rippling、Zapier、Paycor、BambooHR、Procore (PCOR)、Wrikeなどのソリューションは、人事・財務からプロジェクト管理まで、さまざまなビジネスプロセスを合理化する機能で脚光を浴びている。

これらのツールは、業務効率を高め、さまざまなビジネス機能にわたって実用的な洞察を提供するBIソフトウェアの汎用性を強調している。

さらに、BIツール市場は進化を続けており、さまざまな規模の100社を超える企業が、企業がデータをより効果的に分析するためのソリューションを提供している。

この成長の背景には、ERPシステム、CRMアプリケーション、ソーシャルメディアなど、さまざまなソースからのデータの利用可能性が高まっていることがある。

BI環境の進化に伴い、よりユーザーフレンドリーなセルフサービス・アプリケーションへのシフトも顕著になっている。これらのアプリケーションは、ITスタッフだけでなく、ビジネス・ユーザーがレポートを作成したり、インタラクティブなダッシュボードを作成したり、高度な分析を実行したりできるようにし、企業全体でデータ分析をより身近なものにしている。

このように、ビジネス・インテリジェンス・ソフトウェアの分野では、マイクロソフトの継続的なリーダーシップ、データ・セキュリティとガバナンスの重視の高まり、幅広いビジネス・ニーズに対応する多様なBIツールの普及によって、近年大きな進展が見られている。

企業が意思決定の指針としてデータ主導の洞察にますます依存するようになる中、このシフトを促進するBIソフトウェアの役割はますます重要になっている。

【先行アクセス(+特典付き)とニュースレターへの登録】

インベストリンゴは、🇯🇵日本初、🇺🇸米国株式投資に特化した金融のプロフェッショナルが集まる📱メディアプラットフォームです。

🚀ローンチに先立ち、✉️ニュースレター経由で、彼らの最新のコンテンツを日々紹介しております。

インベストリンゴ公式ホームページはこちら

米国株投資家の皆様は、是非、上記リンクより、メールアドレスをご登録頂き、完全版の弊社レポートを、日々、無料でご覧頂ければと思います。

ご登録頂けますと、過去のレポートも全て無料でご覧頂けます。

また、X(旧Twitter)上でも、日々、米国株式市場に関する情報を配信しておりますので、是非、フォロー頂ければと思います。

X(旧Twitter):インベストリンゴ公式アカウントはこちら

弊社最新レポート

【米国株式投資】ユーアイパス / PATH / 強気:最新の24年4Q決算分析と今後の株価見通し(UiPath)

【米国株式投資】センチネルワン / S / 強気:最新の24年4Q決算分析と今後の株価見通し(SentinelOne)

【米国株式投資】イテリス / ITI / 中立:最新の24年3Q決算分析と今後の株価見通し(Iteris)

【米国株式投資】フォーティネット / FTNT / 強気:サイバーセキュリティ関連銘柄のテクノロジー分析と今後の株価見通し – Part 1

【米国株式投資】ライフMD / LFMD / 強気:テレヘルス(遠隔医療)企業の最新の23年4Q決算と今後の株価見通し(LifeMD)

【米国株式投資】【半導体関連】2023年度の世界半導体市場の統計の振り返りと2024年度の世界半導体市況の見通し

【米国株式投資】スノーフレイク / SNOW :新CEOのスリダール・ラマスワミ氏と2024年以降の同社の戦略に関して

【米国株式投資】セールスフォース / CRM / 強気:最新の24年4Q決算分析と今後の株価見通し(Salesforce)

【米国株式投資】最新のサプライチェーン・マネジメント・ソフトウェア企業関連ニュース

【米国株式投資】パロアルトネットワークス / PANW / 強気:サイバーセキュリティ銘柄の最新の24年度2Q決算分析と今後の株価見通し(Palo Alto Networks)

【米国株式投資】【半導体関連】2023年の世界のシリコンウェーハ市場の概要と2024年の見通し

【米国株式投資】【最新】米国株の今後の見通し / IWM / グロース株はバリュー株に取って代わられるかもしれない

【米国株式投資】リングセントラル / RNG / 中立:最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(RingCentral)

【米国株式投資】【最新】ビットコインのテクニカル分析と今後の見通し – Part 1(2024年3月 / BTCUSD / Bitcoin)

【米国株式投資】オクタ / OKTA / 中立:最新の24年4Q決算分析と今後の株価見通し(Okta)

【米国株式投資】24年1月の世界の半導体市場の売上高と今後の見通

【最新】米国株の今後の見通し / RSP / 強気:株式市場はバブルなのか?

【米国株式投資】WFE(半導体前工程製造装置 / 半導体ウェハー製造装置)業界と関連株式の2023年のまとめ&今後の市場見通し – Part 2

【米国株式投資】WFE(半導体前工程製造装置 / 半導体ウェハー製造装置)業界と関連株式の2023年のまとめ&今後の市場見通し – Part 1

【米国株式投資】半導体メモリ業界と関連株式の2023年のまとめ&今後の半導体メモリ市場の見通し – Part 2

【米国株式投資】最新のエンタープライズ・リソース・プランニング(ERP)ソフトウェア企業関連ニュース

【米国株式投資】半導体メモリ業界と関連株式の2023年のまとめ&今後の半導体メモリ市場の見通し – Part 1

【米国株式投資】アブポイント / AVPT / 中立:最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(AvePoint)

【最新】米国株の今後の見通し / RSP / 強気:強気派が主導権を握る市場へ

【最新】米国株の今後の見通し:今日の米国株に投資するには?引き続き、イコールウェイト型のS&P500に注目!

【最新】米国株の今後の見通し:AI関連銘柄以外の銘柄、イコールウェイト型のS&P500(RSP)に引き続き注目!

【最新】米国株の今後の見通し:イコールウェイト型のS&P500に注目!先週のローテションより、強気ブレイクアウトが発動!

【米国株投資】ドロップボックス / DBX / 強気:最新の23年度第4四半期決算分析と今後の株価見通し(Dropbox)

【米国株式投資】グローバルファウンドリーズ / GFS:最新の23年第4四半期決算分析と今後の株価見通し – Part 1(GlobalFoundries)

【米国株式投資】パロアルト・ネットワークス / PANW / 弱気:最新の24年度第2四半期決算分析と今後の株価見通し(Palo Alto Networks)

【米国株式投資】サイバーアーク・ソフトウェア / CYBR:テクノロジー関連成長株の最新の24年第4四半期決算分析と今後の株価見通し(CyberArk Software)

【米国株式投資】アプライド・マテリアルズ / AMAT:半導体・AI関連成長株の最新の24 年1Q決算分析と今後の株価見通し – Part 1(Applied Materials)

免責事項: 本レポートは投資教育を目的としており、金融、法律、投資のアドバイスを意図しておりません。また、本レポート上の情報は、誤りを含む可能性、時間の経過に伴い無関係となる可能性、また、予告なく変更・削除される可能性があります。加えて、私は投資アドバイザーのライセンスを保持しておりません。その為、投資の意思決定を下す際には、自身の財務状況について、自らの責任で調査を行ってください。また、過去のパフォーマンスは、将来の結果を保証するものではありません。米国上場企業、または、IPO銘柄への投資は、常に大きな変動と損失リスクを伴う可能性がある点にはご留意ください。

アナリストによる開示:私は、この記事で言及されている企業の株式に関するポジションを現時点で保有しておらず、また、今後5日以内にそのようなポジションを持つ予定もありません。本レポートは投資教育を目的としており、金融、法律、投資のアドバイスを意図しておりません。また、本記事は、私個人の見解に基づき、独自に執筆したものです。私は、インベストリンゴからの報酬を除き、この記事に対して、いかなる報酬も受け取っておりません。また、本文書で言及している企業とは、いかなる商業的関係も有しておりません。

インベストリンゴによる開示:インベストリンゴは、当社コンテンツ・クリエイターが、自身の専門・得意領域に関する情報・知識を、当社のユーザーと共有する事を目的とする米国株特化型のコミュニティです。本サイトのコンテンツは、投資教育、並びに、投資情報の提供のみを目的としており、特定の投資家に対して、投資、税務、法律等のアドバイスを提供することを意図しておりません。加えて、Investlingo Japan合同会社は、日本においてライセンスを保有する証券会社、投資顧問業者、または、投資銀行ではございません。ここで述べられている意見や見解は、あくまでも、各コンテンツ・クリエーター個人の見解であり、Investlingo Japan合同会社の立場を反映しているものではございません。当社のコンテンツ・クリエーターは、個人投資家を含む独立したブロガー・アナリストから構成されており、公的機関等からの金融関連のライセンスを取得していない場合もございます。その為、本サイト上のいかなる情報も、インベストリンゴ、または、弊社プラットフォーム上の第三者による、金融商品の推奨、或いは、投資助言として解釈されるべきではありません。インベストリンゴは、弊社プラットフォーム上の情報に基づいて行われるいかなる投資決定に対して、一切責任を負わず、各ユーザーが単独で責任を負う点にご留意ください。

アナリスト紹介

ドノヴァン・ジョーンズ
拠点:米国
セクター:テクノロジー・IPO

ジョーンズ氏は、米国を拠点とする株式リサーチのスペシャリストであり、15年にわたり、米国のソフトウェア関連企業やIPO企業の投資を分析。主に、「高成長テクノロジー銘柄」、「消費者関連銘柄」、「資本財・サービス関連銘柄」、「メディア関連関連」、「ライフサイエンス銘柄」に焦点を当て、ファンダメンタル分析を用いて企業分析を実施。

にほんブログ村:米国株ランキング

人気ブログランキング:米国株ランキング

上部へスクロール