【米国株投資】最新のサプライチェーン・マネジメント・ソフトウェア企業関連ニュース

Ticker: ORCL , SAP , ACN , MANH , MSFT / 1688文字 / 所要時間4分程度

画像

サマリー

  • 本稿では、米国のサプライチェーン管理ソフトウェア企業の最新ニュースを紹介する。
  • これらの企業は、クラウドやオンプレミスのソフトウェア・ソリューションを世界中の製造業者、流通業者、小売業者に提供している。
  • そして、特に、近年サプライチェーン管理の重要性が増していることから、堅調な成長を続けている。

サプライチェーン・マネジメント・ソフトウェア業界は、イノベーションと戦略的パートナーシップに重点を置きながら、特に大手上場企業の間で著しい発展を遂げている。

具体的には、オラクル、SAP、Inforなどの企業は、さまざまなセクターで進化する企業のニーズに対応するため、サプライチェーン管理ソリューションの強化で顕著な進歩を遂げている。

オラクル(ORCL)は最近、オラクル・フュージョン・クラウド・サプライチェーン&マニュファクチャリング(SCM)ソリューションにAIを活用した新機能を導入した。

このアップデートにより、顧客はサプライチェーンの混乱をより的確に予測し、サプライチェーンの問題にプロアクティブに対応できるようになり、より効率的なオペレーションと顧客満足度の向上が実現している。

さらにオラクルは、サプライチェーンの可視化プラットフォームをリードするproject44と提携することで、物流ネットワークを拡大し、リアルタイムの輸送可視性を提供し、エンドツーエンドのサプライチェーンパフォーマンスを向上させている。

サプライチェーン・マネジメント・ソフトウェア業界のもう1つの大手企業であるSAP SE(SAP)は、アクセンチュア(ACN)との新たな提携を発表し、企業のデジタルトランスフォーメーションの加速とサプライチェーンの強靭性向上を支援している。

この提携は、SAPの統合ビジネス・アプリケーション・スイートとアクセンチュアの業界専門知識を活用した革新的なソリューションを開発し、顧客がサプライチェーン・プロセスを最適化し、成長を促進できるようにすることを目的としている。

ビジネスクラウドソフトウェアのグローバルリーダーであるInforは、人工知能と機械学習を活用し、サプライチェーンネットワーク全体にわたるリアルタイムの可視化とコラボレーションを実現するサプライチェーンプラットフォーム、Infor Nexusをこのほど発表した。

このプラットフォームにより、企業はコスト削減、効率性の向上、顧客サービスの強化を通じて、サプライチェーンのパフォーマンスを改善することができます。

一方、マンハッタン・アソシエイツ(MANH)やJDAソフトウェアなど、サプライチェーンマネジメント・ソフトウェア業界の他の企業も、提供サービスの強化で大きく前進している。

マンハッタン・アソシエイツは、機械学習と高度な分析を活用してサプライチェーンプロセスを最適化する新しい倉庫管理と輸送管理ソリューションを発表した。

JDAソフトウェアは、マイクロソフト(MSFT)との提携を拡大し、サプライチェーン管理ソリューションの開発を加速させ、マイクロソフト・アズールのパワーを活用して、より高いスケーラビリティとパフォーマンスを実現している。

一般的に、人工知能と機械学習の統合が進むことは、多くの企業にとって大きな焦点となっている。これらのテクノロジーは、より正確な予測、より優れた意思決定、サプライチェーン全体の効率化を可能にする。

さらに、グローバルな混乱や市場ダイナミクスの変化に直面する中で、企業がサプライチェーンの回復力と対応力を向上させようと努力する中で、リアルタイムの可視性とコラボレーションが重視されるようになっている。

この業界のもう一つの顕著なトレンドは、クラウドベースのソリューションの採用である。クラウドベースのソリューションは、従来のオンプレミスのソフトウェアに比べて柔軟性、拡張性、コスト効率が高い。

デジタルトランスフォーメーションを採用する企業が増えるにつれ、クラウドベースのサプライチェーン管理ソフトウェアに対する需要は拡大し、業界のさらなる革新と競争が促進されると予想される。

【先行アクセス(+特典付き)とニュースレターへの登録】

インベストリンゴは、🇯🇵日本初、🇺🇸米国株式投資に特化した金融のプロフェッショナルが集まる📱メディアプラットフォームです。

🚀ローンチに先立ち、✉️ニュースレター経由で、彼らの最新のコンテンツを日々紹介しております。

インベストリンゴ公式ホームページはこちら

米国株投資家の皆様は、是非、上記リンクより、メールアドレスをご登録頂き、完全版の弊社レポートを、日々、無料でご覧頂ければと思います。

ご登録頂けますと、過去のレポートも全て無料でご覧頂けます。

また、X(旧Twitter)上でも、日々、米国株式市場に関する情報を配信しておりますので、是非、フォロー頂ければと思います。

X(旧Twitter):インベストリンゴ公式アカウントはこちら

弊社最新レポート

【米国株式投資】パロアルトネットワークス / PANW / 強気:サイバーセキュリティ銘柄の最新の24年度2Q決算分析と今後の株価見通し(Palo Alto Networks)

【米国株式投資】【半導体関連】2023年の世界のシリコンウェーハ市場の概要と2024年の見通し

【米国株式投資】【最新】米国株の今後の見通し / IWM / グロース株はバリュー株に取って代わられるかもしれない

【米国株式投資】リングセントラル / RNG / 中立:最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(RingCentral)

【米国株式投資】【最新】ビットコインのテクニカル分析と今後の見通し – Part 1(2024年3月 / BTCUSD / Bitcoin)

【米国株式投資】オクタ / OKTA / 中立:最新の24年4Q決算分析と今後の株価見通し(Okta)

【米国株式投資】24年1月の世界の半導体市場の売上高と今後の見通

【最新】米国株の今後の見通し / RSP / 強気:株式市場はバブルなのか?

【米国株式投資】WFE(半導体前工程製造装置 / 半導体ウェハー製造装置)業界と関連株式の2023年のまとめ&今後の市場見通し – Part 2

【米国株式投資】WFE(半導体前工程製造装置 / 半導体ウェハー製造装置)業界と関連株式の2023年のまとめ&今後の市場見通し – Part 1

【米国株式投資】半導体メモリ業界と関連株式の2023年のまとめ&今後の半導体メモリ市場の見通し – Part 2

【米国株式投資】最新のエンタープライズ・リソース・プランニング(ERP)ソフトウェア企業関連ニュース

【米国株式投資】半導体メモリ業界と関連株式の2023年のまとめ&今後の半導体メモリ市場の見通し – Part 1

【米国株式投資】アブポイント / AVPT / 中立:最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(AvePoint)

【最新】米国株の今後の見通し / RSP / 強気:強気派が主導権を握る市場へ

【最新】米国株の今後の見通し:今日の米国株に投資するには?引き続き、イコールウェイト型のS&P500に注目!

【最新】米国株の今後の見通し:AI関連銘柄以外の銘柄、イコールウェイト型のS&P500(RSP)に引き続き注目!

【最新】米国株の今後の見通し:イコールウェイト型のS&P500に注目!先週のローテションより、強気ブレイクアウトが発動!

【米国株投資】ドロップボックス / DBX / 強気:最新の23年度第4四半期決算分析と今後の株価見通し(Dropbox)

【米国株式投資】グローバルファウンドリーズ / GFS:最新の23年第4四半期決算分析と今後の株価見通し – Part 1(GlobalFoundries)

【米国株式投資】パロアルト・ネットワークス / PANW / 弱気:最新の24年度第2四半期決算分析と今後の株価見通し(Palo Alto Networks)

【米国株式投資】サイバーアーク・ソフトウェア / CYBR:テクノロジー関連成長株の最新の24年第4四半期決算分析と今後の株価見通し(CyberArk Software)

【米国株式投資】アプライド・マテリアルズ / AMAT:半導体・AI関連成長株の最新の24 年1Q決算分析と今後の株価見通し – Part 1(Applied Materials)

免責事項: 本レポートは投資教育を目的としており、金融、法律、投資のアドバイスを意図しておりません。また、本レポート上の情報は、誤りを含む可能性、時間の経過に伴い無関係となる可能性、また、予告なく変更・削除される可能性があります。加えて、私は投資アドバイザーのライセンスを保持しておりません。その為、投資の意思決定を下す際には、自身の財務状況について、自らの責任で調査を行ってください。また、過去のパフォーマンスは、将来の結果を保証するものではありません。米国上場企業、または、IPO銘柄への投資は、常に大きな変動と損失リスクを伴う可能性がある点にはご留意ください。

アナリストによる開示:私は、この記事で言及されている企業の株式に関するポジションを現時点で保有しておらず、また、今後5日以内にそのようなポジションを持つ予定もありません。本レポートは投資教育を目的としており、金融、法律、投資のアドバイスを意図しておりません。また、本記事は、私個人の見解に基づき、独自に執筆したものです。私は、インベストリンゴからの報酬を除き、この記事に対して、いかなる報酬も受け取っておりません。また、本文書で言及している企業とは、いかなる商業的関係も有しておりません。

インベストリンゴによる開示:インベストリンゴは、当社コンテンツ・クリエイターが、自身の専門・得意領域に関する情報・知識を、当社のユーザーと共有する事を目的とする米国株特化型のコミュニティです。本サイトのコンテンツは、投資教育、並びに、投資情報の提供のみを目的としており、特定の投資家に対して、投資、税務、法律等のアドバイスを提供することを意図しておりません。加えて、Investlingo Japan合同会社は、日本においてライセンスを保有する証券会社、投資顧問業者、または、投資銀行ではございません。ここで述べられている意見や見解は、あくまでも、各コンテンツ・クリエーター個人の見解であり、Investlingo Japan合同会社の立場を反映しているものではございません。当社のコンテンツ・クリエーターは、個人投資家を含む独立したブロガー・アナリストから構成されており、公的機関等からの金融関連のライセンスを取得していない場合もございます。その為、本サイト上のいかなる情報も、インベストリンゴ、または、弊社プラットフォーム上の第三者による、金融商品の推奨、或いは、投資助言として解釈されるべきではありません。インベストリンゴは、弊社プラットフォーム上の情報に基づいて行われるいかなる投資決定に対して、一切責任を負わず、各ユーザーが単独で責任を負う点にご留意ください。

アナリスト紹介

ドノヴァン・ジョーンズ
拠点:米国
セクター:テクノロジー・IPO

ジョーンズ氏は、米国を拠点とする株式リサーチのスペシャリストであり、15年にわたり、米国のソフトウェア関連企業やIPO企業の投資を分析。主に、「高成長テクノロジー銘柄」、「消費者関連銘柄」、「資本財・サービス関連銘柄」、「メディア関連関連」、「ライフサイエンス銘柄」に焦点を当て、ファンダメンタル分析を用いて企業分析を実施。

にほんブログ村:米国株ランキング

人気ブログランキング:米国株ランキング

上部へスクロール