【米国株式投資】最新のクラウドデータウェアハウス企業関連ニュース

Ticker: MSFT, SNOW, GOOGL, TDC, AMZN, ORCL, IBM, SAP / 1312文字 / 所要時間3分程度

サマリー

  • クラウドデータウェアハウス業界は近年力強い成長を遂げているセクターである。
  • 本稿では、米国のデータウェアハウス・ソフトウェアを提供する上場企業の最新のニュースを紹介する。

クラウドデータウェアハウス業界は、大手の上場企業、並びに、非上場企業を含め、幅広い企業に力強い成長機会をもたらしている。

アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)は、米国ミシシッピ州に2つのデータセンター複合施設を建設するために100億ドルを投資する計画を発表し、クラウドデータウェアハウス市場におけるプレゼンスを拡大している。

クラウドデータウェアハウスの世界市場は、クラウドベースの技術採用の拡大、ビッグデータ分析に対する需要の高まり、人工知能(AI)とクラウドセキュリティの役割の増大などを背景に、2021年から2026年にかけて年平均成長率22.3%を記録すると予測されている。

そして、2021年の市場規模は47億ドルで、2026年には129億ドルに達すると予測されている。

また、クラウドベースのデータウェアハウスへのシフトが進んでおり、クラウドへの投資額がオンプレミスを上回り、さらに急速に拡大している。

アプリケーションの面では、顧客分析、予測分析など、大規模なデータストレージと分析を必要とする分野で市場が成長している。

スノーフレイク(SNOW)、アルファベット・グーグル(GOOG/ GOOGL)、マイクロソフト(MSFT)といった企業は、クラウド・データウェアハウス・サービスの需要拡大に対応する革新的なソリューションを提供しており、市場の主要プレーヤーとなっている。

その他、同市場で活発な動きを見せている著名企業には、以下の企業が挙げられる。

IBM(IBM):ストレージとコンピューティングの独立したスケーリングを提供する、フルマネージドでエラスティックなクラウドデータウェアハウスであるIBM Db2 Warehouseを含む、さまざまなデータ管理とアナリティクスのソリューションを提供。

オラクル(ORCL):データウェアハウスの運用、データの保護、データ駆動型アプリケーションの開発といった複雑な作業をすべて排除するクラウド・データウェアハウス・サービス、Oracle Autonomous Data Warehouseを提供。

SAP:SAP Data Warehouse Cloudを提供しており、データ管理機能と高度なアナリティクスを組み合わせることで、データアナリスト、エンジニア、サイエンティストに統合されたビジネス中心のエクスペリエンスを提供。

テラデータ(TDC):Teradata Vantageと呼ばれるクラウド・データウェアハウス・プラットフォームを提供。データウェアハウスとビッグデータ分析を組み合わせ、データ主導の洞察のためのスケーラブルで安全かつ柔軟なソリューションを提供する。

全体として、クラウドデータウェアハウス業界は大きな成長と進歩を遂げており、クラウドベースのデータストレージとアナリティクス・ソリューションに対する需要の高まりに対応するため、大手上場企業がこの分野に多額の投資を行っているというのが現状である。

是非、下記リンクより、メールアドレスをご登録いただき、弊社レポートを日々無料でご覧いただければと思います。

インベストリンゴ公式ホームページはこちら

また、X(旧Twitter)上でも、日々、米国株式市場に関する情報を配信しておりますので、是非、フォロー頂ければと思います。

X(旧Twitter):インベストリンゴ公式アカウントはこちら

関連記事

➡【米国株式投資】スノーフレイク / SNOW(Snowflake):増収も営業赤字は高止まりしている、注目のクラウド関連成長株の最新の株価分析と今後の見通し(2023年1月30日)

【米国株投資】最新の米国ワークフォース・マネジメント・ソフトウェア企業関連ニュース

【米国株投資】最新のAI関連ニュース

【米国株投資】アップル & アマゾン / AAPL & AMZN:私が長期債務を抱える株式を好む理由

【米国株投資】ハシコープ / HCP:損益分岐点に向けてさらなる前進が必要なテクノロジー企業

➡【米国株投資】データドッグ / DDOG:驚異的な成長と足元の営業利益の改善が魅力的なクラウド関連テクノロジー企業

【米国株投資】サービスナウ / NOW:増収増益が魅力的なクラウド関連テクノロジー企業

免責事項:本レポート上で紹介する情報は、投資教育を目的としております。その為、本情報は、特定の証券の売買や投資戦略を勧誘するものではありません。また、私は税務、法律、会計に関する助言は一切いたしません。投資には常にリスクが伴い、リターン、あるいは、元本が保証されているものではない点にご留意ください。私の知る限りでは、私は自らの分析に、虚偽、または、重大な誤解を招く記述や事実の省略が含まれていないと認識しております。特定の投資助言における過去のパフォーマンスは、特定の状況、または、市場の出来事、投資の性質、および、タイミング、ならびに、投資に関連する制約についての知識がない限り、依拠すべきではありません。私は、チャート、グラフ、計算式、推奨銘柄について述べたり、表示したりすることがありますが、これらはそれ自体でどの証券を売買すべきか、あるいはいつ売買すべきかを決定するために使用されることを意図しておりません。このようなチャートやグラフは、限られた情報しか提供していないため、それだけで投資判断を下すべきではありません。実際に投資をする際には、ライセンスを保有する金融の専門家にご相談されることを強くお勧めします。ここに記載された意見は、あくまでも私個人のものであり、予告なしに変更されることがあります。また、参照した意見やデータは本レポートの発表日時点のものであり、市場や経済状況の変化により変更される可能性があります。

アナリストによる開示:私は、この記事で言及されている企業の株式に関するポジションを現時点で保有しておらず、また、今後5日以内にそのようなポジションを持つ予定もありません。本レポートは投資教育を目的としており、金融、法律、投資のアドバイスを意図しておりません。また、本記事は、私個人の見解に基づき、独自に執筆したものです。私は、インベストリンゴからの報酬を除き、この記事に対して、いかなる報酬も受け取っておりません。また、本文書で言及している企業とは、いかなる商業的関係も有しておりません。

インベストリンゴによる開示:インベストリンゴは、当社コンテンツ・クリエイターが、自身の専門・得意領域に関する情報・知識を、当社のユーザーと共有する事を目的とする米国株特化型のコミュニティです。本サイトのコンテンツは、投資教育、並びに、投資情報の提供のみを目的としており、特定の投資家に対して、投資、税務、法律等のアドバイスを提供することを意図しておりません。加えて、Investlingo Japan合同会社は、日本においてライセンスを保有する証券会社、投資顧問業者、または、投資銀行ではございません。ここで述べられている意見や見解は、あくまでも、各コンテンツ・クリエーター個人の見解であり、Investlingo Japan合同会社の立場を反映しているものではございません。当社のコンテンツ・クリエーターは、個人投資家を含む独立したブロガー・アナリストから構成されており、公的機関等からの金融関連のライセンスを取得していない場合もございます。その為、本サイト上のいかなる情報も、インベストリンゴ、または、弊社プラットフォーム上の第三者による、金融商品の推奨、或いは、投資助言として解釈されるべきではありません。インベストリンゴは、弊社プラットフォーム上の情報に基づいて行われるいかなる投資決定に対して、一切責任を負わず、各ユーザーが単独で責任を負う点にご留意ください。

アナリスト紹介

Donovan Jones ドノヴァン・ジョーンズ
拠点:米国
セクター:テクノロジー・IPO

ジョーンズ氏は、米国を拠点とする株式リサーチのスペシャリストであり、15年にわたり、米国のソフトウェア関連企業やIPO企業の投資を分析。主に、「高成長テクノロジー銘柄」、「消費者関連銘柄」、「資本財・サービス関連銘柄」、「メディア関連関連」、「ライフサイエンス銘柄」に焦点を当て、ファンダメンタル分析を用いて企業分析を実施。

にほんブログ村:米国株ランキング

人気ブログランキング:米国株ランキング

上部へスクロール