マンデードットコム / MNDY / 強気:最新の23年度第4四半期決算分析と今後の株価見通し – Part 2(Monday.Com)

Ticker: MNDY / 3742文字 / 所要時間8分程度 / 強気

画像

サマリー

  • マンデードットコム(MNDY)は、monday CRM、monday Dev、そして今後のmonday Serviceなど、様々な業務管理プラットフォームを提供しており、異なる分野に効果的に適応し、革新する能力を示している。
  • 40%ルールの指標において42%の水準を維持する等、堅調な財務状況を誇る同社は、同業他社と比較して合理的なバリュエーションで取引されているように見える。 そのため、今後、安定した経済状況の下で更なるバリュエーションの上昇の可能性があると見ている。
  • 将来の成功を確かなものにするために、同社は、競争上の課題を克服しながら、有機的成長戦略とテーラーメイドのソリューションを活用し、より大きな企業顧客へと移行し、より大きな市場へと拡大しなければならない。

マンデードットコムのプロダクト一覧

マンデードットコム(MNDY)は、比類のないカスタマイズ性と使いやすさを統合し、シンプルさと適応性の間のありがちな妥協を排除したプラットフォームを提供することで、ワークマネジメント分野で際立っている。

このユニークなブレンドにより、同社はプログラム性、使いやすさ、そして様々な管理レベルにわたる幅広い適用性に優れ、業界に新たなベンチマークを打ち立てている。

画像

マンデードットコムの中核的な強みを活かし、monday CRMはユーザー中心のエクスペリエンスを提供し、瞬く間に高いユーザー評価と大きな売上高を達成している。

これは、同社がユーザーのニーズを深く理解し、特定のワークフロー要件に合わせたソリューションを提供する能力を保持していることを実証しており、ユーザー満足度と製品の卓越性に対する同社のコミットメントを裏付けている。

画像
画像

monday Devにより、マンデードットコムはDevOpsコミュニティの特定のニーズに対応し、組織機能全体のコラボレーションとプロジェクト管理を強化している。

この拡張は、同社の適応性と業務効率とチームワークの向上へのコミットメントを示し、隣接する市場への戦略的成長を反映している。

画像
画像

近日公開予定のmonday Serviceは、部門間のコラボレーションを強化し、問題解決を合理化することで、ITサービス・マネジメントの分野を革新するように設定されており、サービスデリバリーとユーザーエクスペリエンスを向上させながら、市場のギャップを埋めるマンデードットコムのアプローチを示しています。

画像

mondayAIは、マンデードットコムをワークマネジメントにおけるAI統合の最前線に位置づけ、意思決定と効率性を向上させる機能を開発し、さらに、同社をAIを活用したワークプレイスソリューションのリーダーとして確立し、イノベーションと価値創造のために先進技術を活用するという同社のコミットメントを強調している。

画像
画像

マンデードットコム株式への長期投資家としての考察

マンデードットコム(MNDY)は、製品開発と財務指標の両方で顕著な業績を示しており、SaaSのリーディングカンパニーとしての地位を確立している。

同社の戦略は、スマートシート(SMAR)やアトラシアン(TEAM)のようなポイントソリューションにとどまることなく、TAM(獲得可能な最大市場規模)の拡大とプラットフォーム化に重点を置いている。

このアプローチは、2010年代前半のワークデイ(WDAY)と比較した際の、サービスナウ(NOW)の成功と類似している。

スイッチング・コストの低いコモディティ化した競争の激しい領域で事業を行っているにもかかわらず、マンデードットコムの継続的な革新と拡大は、10億ドルの年間経常収益(ARR)に近づいていることと相まって、同社がクラウドフレア(NET)やスノーフレイク(SNOW)のようなエリート評価銘柄と非常によく似ている銘柄であることを示している。

しかし、課題はその市場のコモディティ化した性質にあり、スティッキーなOffice 365バンドルを持つマイクロソフト(MSFT)のような既存企業の定着した地位とは対照的である。

にもかかわらず、マンデードットコムは「脱出速度(Escape Velocity)」を達成し、エリート・バリュエーション企業群の仲間入りをする潜在的な候補として注目されている。

しかし、足元では、市場の投資家の間では未だ同社の競争力と将来の軌道に関する懐疑的な見方が根強く、結果として同社株式の割安なバリュエーションにつながっている。

同社の将来の成功の鍵は、より大きな市場に浸透し、より大きな取引を確保する能力であると見ている。

中堅中小企業向けから大企業向けへの移行は、競合がひしめく中、困難ではあるが極めて重要である。

最近のバリュエーションの調整は、成長とマージンの拡大の鈍化に対する懸念を反映しているが、同社の長期的な売上高成長の可能性については楽観的な見方も聞こえている。

同社のS&M費用(営業及びマーケティングに関する費用)戦略は、有機的な顧客獲得とコア分野にわたるテーラーメイドのソリューションを重視しており、スノーフレイクの成功に似た継続的な成長を約束しているようにも見える。

特定のユースケース、バーティカル、ユーザーペルソナの統合は、アプリマーケットプレイスとローコード開発プラットフォームと相まって、同社の成長軌道が業界平均を上回ることを示唆しており、スノーフレイクの成長軌道を彷彿とさせ、クラウドフレアの平凡な企業向けビジネスの拡大戦略よりも優れているように映る。

マンデードットコムのバリュエーション

サイバーセキュリティ、データ、生産性、オブザーバビリティ(可観測性)のセクターにまたがる40銘柄の中で、マンデードットコム(MNDY)は、SBC(株式ベースの報酬)を含み42%という強固な40%ルールにおける水準を誇っており、これは、主に28%という特筆すべき今後12カ月間の成長率、28%という直近過去12カ月間のフリー・キャッシュフロー(FCF)・マージン、14%という比較的低いSBC比率に牽引されている。

画像
画像

そして、40%ルール(SBCを含む)とEV/(FCF-SBC)倍率を比較すると、マンデードットコムが割高に見えることはなく、株価が魅力的に見えると主張する人もいると言っていいだろう。

※EV/(FCF-SBC)倍率 = 企業価値 / (フリー・キャッシュフロー ー 株式ベースの報酬)

マンデードットコムは、ゼットスケーラー(ZS)やダイナトレース(DT)のような、40%ルールにおける水準が低いにもかかわらずEV/(FCF-SBC)が高い銘柄を見ると、特に魅力的に見える。

また、フリー・キャッシュフローがマイナスであるため40%ルールの内容は非常に悪いが、高い企業価値/ 売上高と企業価値/ 粗利益を誇る

ハブスポット(HUBS)、センチネルワン(S)、ギットラブ(GTLB)のような、同社と同じような収益レンジにある他の数多くの銘柄と比較するのも良いかもしれない。

マンデードットコムの財務状況と相対的なバリュエーションを考慮すると、同社はクラウドストライク(CRWD)のような高業績銘柄とのバリュエーションギャップを縮小することが期待される。

そのため、広範な市場の調整がないと仮定すると、マンデードットコムの倍率は50%拡大する可能性があると見ている。

しかし、これはインフレの安定性や利下げ期待などの要因にかかっている。

一方で、割引キャッシュフロー(DCF)によるバリュエーション分析では、マンデードットコムのアップサイドの可能性が比較的小さいことを示唆している。

25年度から28年度の年平均成長率25%はベースケースであり、このケースでは一株当たりの本質的価値は245ドルとなり、現在の価格である210ドルを17%上回るだけである。

本稿執筆時点の株価である210ドルを実現するには、25年度から28年度の年平均成長率を20%に変更する必要がある。

但し、24年度の成長ガイダンスが27%であることを考えると、25年度から28年度の年平均成長率20%は妥当ではあるが、同社の革新性と実行力を考えると、20%は保守的すぎると思われる。

それぞれ300億ドル、530億ドルの時価総額を持つハブスポット(HUBS)やアトラシアン(TEAM)のような企業との比較は、革新的な製品で同様の市場に参入する同社の潜在的な市場機会を強調している。

異なるタイプの企業ではあるが、長期的な視野でスタックを慎重に設計し、モジュールや新製品を容易に構築できるオペレーティング・システム(FoundryとWorkOS)を構築した2つのベンダーであるという点で、パランティア(PLTR)との類似点は多いようにも思える。

さらに、両社はM&Aにおけるアクティビティが限られているため、技術的負債が急速に膨らむのを防ぐことができている。

これらの特性により、マンデードットコムは新市場への参入と効果的な製品導入が可能となり、持続的な成長の道筋が確保されると見ている。

【先行アクセス(+特典付き)とニュースレターへの登録】

インベストリンゴは、🇯🇵日本初、🇺🇸米国株式投資に特化した金融のプロフェッショナルが集まる📱メディアプラットフォームです。

🚀ローンチに先立ち、✉️ニュースレター経由で、彼らの最新のコンテンツを日々紹介しております。

インベストリンゴ公式ホームページはこちら

米国株投資家の皆様は、是非、上記リンクより、メールアドレスをご登録頂き、完全版の弊社レポートを、日々、無料でご覧頂ければと思います。

ご登録頂けますと、過去のレポートも全て無料でご覧頂けます。

また、X(旧Twitter)上でも、日々、米国株式市場に関する情報を配信しておりますので、是非、フォロー頂ければと思います。

X(旧Twitter):インベストリンゴ公式アカウントはこちら

関連記事
【米国株式投資】マンデードットコム / MNDY / 強気:最新の23年度第4四半期決算分析と今後の株価見通し – Part 1(Monday.Com)

【米国株式投資】ギットラブ / GTLB / 強気:来月に決算を控える注目のテクノロジー企業の今後の株価見通し(GitLab)

【米国株式投資】テナブル/ TENB / 中立:最新の23年度第4四半期決算分析と今後の株価見通し(Tenable)

【最新】米国株の今後の見通し:今日の米国株に投資するには?引き続き、イコールウェイト型のS&P500に注目!

【米国株式投資】ドロップボックス / DBX / 強気:最新の23年度第4四半期決算分析と今後の株価見通し(Dropbox)

【最新】米国株の今後の見通し:AI関連銘柄以外の銘柄、イコールウェイト型のS&P500(RSP)に引き続き注目!

【米国株式投資】グローバルファウンドリーズ / GFS:最新の23年第4四半期決算分析と今後の株価見通し – Part 1(GlobalFoundries)

【米国株式投資】パロアルト・ネットワークス / PANW / 弱気:最新の24年度第2四半期決算分析と今後の株価見通し(Palo Alto Networks)

【米国株式投資】サイバーアーク・ソフトウェア / CYBR:テクノロジー関連成長株の最新の24年第4四半期決算分析と今後の株価見通し(CyberArk Software)

【米国株式投資】アプライド・マテリアルズ / AMAT:半導体・AI関連成長株の最新の24 年1Q決算分析と今後の株価見通し – Part 1(Applied Materials)

【最新】米国株の今後の見通し:イコールウェイト型のS&P500に注目!先週のローテションより、強気ブレイクアウトが発動!

【米国株式投資】マクドナルド / MCD / 予想配当利回り2.29%:連続増配ディフェンシブ銘柄の最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(McDonald’s)

【米国株式投資】コカ・コーラ / KO / 予想配当利回り3.09%:連続増配銘柄の最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し

➡ 【米国株式投資】ブリティッシュ・アメリカン・タバコ / BTI / 予想配当利回り9.57%:ディフェンシブ・タバコ関連銘柄の最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(British American Tobacco)

➡【米国株式投資】スターバックス・スタバ / SBUX / 予想配当利回り2.41%:連続増配ディフェンシブ銘柄の最新の決算分析と今後の株価見通し(2024年2月7日 / Starbucks)

【米国株式投資】アルトリア・グループ / MO / 予想配当利回り9.79%:連続増配ディフェンシブ銘柄の最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(Altria)

【米国株式投資】シェブロン/ CVX / 予想配当利回り4.06%:連続増配エネルギー銘柄の最新の決算分析と今後の株価見通し(Chevron)

【米国株式投資】エクソン・モービル / XOM / 予想配当利回り3.65%:連続増配エネルギー銘柄の最新の決算分析と今後の株価見通し(2024年2月9日 / Exxon Mobil)

【米国株式投資】ファイザー / PFE:予想配当利回り6.24%の増配を継続する注目の製薬・ディフェンシブ高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月5日 / Pfizer)

【米国株式投資】JPモルガン / JPM / 予想配当利回り2.38%:連続して増配する注目の銀行・高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(米国株式投資 / 2024年1月31日 / JP Morgan)

【米国株式投資】ジョンソン・エンド・ジョンソン / JNJ:予想配当利回り2.99%の増配を継続する注目のディフェンシブ高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月1日)

【米国株式投資】プロクター・アンド・ギャンブル / PG:予想配当利回り2.39 %の増配を継続する注目のディフェンシブ高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月1日)

【米国株式投資】ロッキード・マーチン / LMT:予想配当利回り2.92%の増配を継続する注目のディフェンシブ高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月1日 / 米国株式投資 / Lockheed Martin)

【米国株式投資】スリーエム / MMM:予想配当利回り6.29%の注目のディフェンシブ高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月1日 / 米国株式投資 / 3M Co)

【米国株式投資】メタ・フェイスブック / META / 予想配当利回り0.43%:注目のメタバース・AI関連成長株の最新の決算分析と今後の株価見通し(2024年2月2日 / Meta / Facebook)

【米国株式投資】ベライゾン / VZ:予想配当利回り6.28%の増配を継続する注目のディフェンシブ高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月1日 / 米国株式投資 / Verizon)

【米国株式投資】AT&T / T:予想配当利回り6.26%の注目のディフェンシブ高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月1日 )

【米国株式投資】ラム・リサーチ / LRCX(Lam Research:予想配当利回り0.95%):注目の半導体関連銘柄の24年度第2四半期決算・株価分析と今後の展望

【米国株投資】エヌビディア / NVDA(NVIDIA Corp:年間予想配当利回り0.03%):注目の半導体・AI関連銘柄から学んだ配当と株価リターンに関する教訓

【米国株投資】エヌビディア / NVDA / 予想配当利回り0.03%:半導体AI関連銘柄の株価分析と今後の見通し(NVIDIA)

【米国株投資】エンブリッジ(ENB:年間予想配当利回り7.5%)& ベライゾン(VZ:年間予想配当利回り6.7%):高水準の予想配当利回りが魅力的な、おススメの2つの高配当個別銘柄

【米国株投資】マリオット・インターナショナル(MAR:年間予想配当利回り0.9%):グローバル・ブランド関連のおススメの高配当個別銘柄 – Part 2

【米国株投資】メドトロニック/ MDT:予想配当利回り3.20%の注目の高配当ヘルスケア関連個別銘柄

【米国株投資】ONEOK(ワンオーク)/ OKE:予想配当利回り5.57%の注目の高配当エネルギー関連銘柄

免責事項: 本レポート上で紹介する情報は、投資教育を目的としております。その為、本情報は、特定の証券の売買や投資戦略を勧誘するものではありません。また、私は税務、法律、会計に関する助言は一切いたしません。投資には常にリスクが伴い、リターン、あるいは、元本が保証されているものではない点にご留意ください。私の知る限りでは、私は自らの分析に、虚偽、または、重大な誤解を招く記述や事実の省略が含まれていないと認識しております。特定の投資助言における過去のパフォーマンスは、特定の状況、または、市場の出来事、投資の性質、および、タイミング、ならびに、投資に関連する制約についての知識がない限り、依拠すべきではありません。私は、チャート、グラフ、計算式、推奨銘柄について述べたり、表示したりすることがありますが、これらはそれ自体でどの証券を売買すべきか、あるいはいつ売買すべきかを決定するために使用されることを意図しておりません。このようなチャートやグラフは、限られた情報しか提供していないため、それだけで投資判断を下すべきではありません。実際に投資をする際には、ライセンスを保有する金融の専門家にご相談されることを強くお勧めします。ここに記載された意見は、あくまでも私個人のものであり、予告なしに変更されることがあります。また、参照した意見やデータは本レポートの発表日時点のものであり、市場や経済状況の変化により変更される可能性があります。

アナリストによる開示:私はMNDYに関するロング・ポジションを現在保有しております。また、本記事は、私個人の見解に基づき、独自に執筆したものです。私は、インベストリンゴからの報酬を除き、この記事に対して、いかなる報酬も受け取っておりません。また、本文書で言及している企業とは、いかなる商業的関係も有しておりません。

インベストリンゴによる開示:インベストリンゴは、当社コンテンツ・クリエイターが、自身の専門・得意領域に関する情報・知識を、当社のユーザーと共有する事を目的とする米国株特化型のコミュニティです。本サイトのコンテンツは、投資教育、並びに、投資情報の提供のみを目的としており、特定の投資家に対して、投資、税務、法律等のアドバイスを提供することを意図しておりません。加えて、Investlingo Japan合同会社は、日本においてライセンスを保有する証券会社、投資顧問業者、または、投資銀行ではございません。ここで述べられている意見や見解は、あくまでも、各コンテンツ・クリエーター個人の見解であり、Investlingo Japan合同会社の立場を反映しているものではございません。当社のコンテンツ・クリエーターは、個人投資家を含む独立したブロガー・アナリストから構成されており、公的機関等からの金融関連のライセンスを取得していない場合もございます。その為、本サイト上のいかなる情報も、インベストリンゴ、または、弊社プラットフォーム上の第三者による、金融商品の推奨、或いは、投資助言として解釈されるべきではありません。インベストリンゴは、弊社プラットフォーム上の情報に基づいて行われるいかなる投資決定に対して、一切責任を負わず、各ユーザーが単独で責任を負う点にご留意ください。

アナリスト紹介

コンヴェクィティ
拠点:イギリス / アラブ首長国連邦(UAE)
セクター:テクノロジー

2019年に設立されたConvequityは、サイバーセキュリティ、SaaSを含むエンタープライズ(企業)向けテクノロジーを扱うテック企業に関するエクイティ・リサーチを提供。セールス・チャネルや対象企業の経営陣との関係に依存する投資銀行や証券会社のアナリストとは異なり、Convequityは対象企業のプロダクト、アーキテクチャー、ビジョンを深掘りすることで投資家に有益な情報を提供することに努めている。特に、Convequityは、第一線で活躍する企業や イノベーションをリードするスタートアップ企業を含め、テクノロジー業界を幅広くカバーすることで、投資家のビジビリティと長期的なアルファの向上に努めている。

ジョーダン・ランバート CFA / LinkedIn

長年にわたるハイテク投資家であり、テクノロジー関連銘柄、および、株式リサーチとバリュエーションのニュアンスに特別な関心を持つ。CFA取得後、自身のソフトウェア、株式リサーチ、並びに、株式投資へのパッションを下に、2019年10月にConvequityを設立。新たなテクノロジー業界におけるトレンドと長期的に成功する可能性が高い企業を見極めることを得意としている。

サイモン・ヒー / LinkedIn

10年以上に渡りテクノロジーのあらゆる側面をカバーしてきた経験を生かし、テクノロジー起業への投資における、勝者と敗者を見極める鋭い洞察力を持つ。彼のテクノロジーに関するノウハウは、ビジネス戦略や財務分析への理解と相まって、Convequityの投資リサーチに反映されている。Convequityを設立する前は、オンラインITフォーラムでコミュニティ・マネージャーを務め、ネットワーク・セキュリティの業務に従事。ユニバーシティ・カレッジ・ダブリンで商学士号を取得。

にほんブログ村:米国株ランキング

人気ブログランキング:米国株ランキング

上部へスクロール