モービルアイ/ MBLY:自動運転技術・ADAS関連成長株の最新の株価分析と今後の見通し – Part 1(Mobileye)

Ticker: MBLY / 3693文字 / 所要時間8分程度 / 中立

画像

サマリー

  • モービルアイは、先進運転支援システム(ADAS)分野において、レベル0からレベル2までのソリューションに特化した極めて重要なプレーヤーである。
  • 同社は、先進的なチップとソフトウェア技術において、ADAS製品を強化する新興企業や既存企業との競争激化に直面している。
  • アナリストの予想はまだ楽観的だが、一方で、株価急落以降、リスク・リターンは大幅に改善したように見える。

モービルアイの自律走行技術の前進

自律走行技術のリーダーであるモービルアイ(MBLY)は、相手先商標製品製造会社(OEM)向けにチップとソフトウェアのソリューションを提供している。

この分野のパイオニアとして、同社はビジョンベースの先進運転支援システム(ADAS)の先陣を切り、特にテスラ(TSLA)が2017年に自動車の電動化とデジタル化を推進する以前は、高級内燃機関(ICE)車で早くから成功を収めていた。

モービルアイの主な成功要素

同社の成功は、ソフトウェアとハードウェアの融合、データの管理、費用対効果の高いアプローチに起因しており、市場での地位を確固たるものにしている。

同社は、新技術の採用が遅れがちな自動車メーカーに卓越したサービスを提供している。

例えば、2022年のベントレーやマイバッハのような高級車には、消費者市場における価値が50ドル未満であるにもかかわらず、時代遅れの2014年製サムスンsm-t230nzタブレットが搭載されている。

これは、進化の早い家電製品に比べ、自動車技術のペースが遅いことを物語っている。

高級車のオーナーは、劣悪なデジタル機能に対して1万ドル以上を支払うことが多いが、一方で1000ドルで優れたiPadが簡単に入手可能であるもの現状であり、技術格差が浮き彫りになっている。

モービルアイのOEM重視のシフトと同社の役割拡大

2017年頃、テスラの人気と2020年以降の販売台数の伸びは、OEMにデジタル化と電動化の必要性を認識させた。

そして、新興企業が市場に参入したことで、EVセクターの成長と同社の関連性が高まった。

2017年のインテル(INTC)による同社の153億ドルでの買収は戦略的なものだったが、買収後にインテルで発生した問題は、同社の自律走行におけるイノベーションとリーダーシップに影響を与えた。

画像

モービルアイの競争環境

同社は、エヌビディア(NVDA)やクアルコム(QCOM)のようなチップ製造のライバルや、ファーウェイを含む中国の新興競合に直面している。

ADASの分野では、チップ製造の直接の競合企業やテスラのような統合企業が、独自の車両、チップ、ソフトウェアを開発しており、課題となっている。

同社はまた、Cruise、Zoox、Waymoなど、ADASアルゴリズムに特化した専門ソフトウェア企業とも競合している。

OEMは現在、単なるTera Operations Per Second(TOPS)よりも包括的な自動車向けソリューションを優先している。

同社の製品は、強力なロードマップにもかかわらず、クアルコムのようなダイナミックなプレーヤーとの厳しい競争に直面している。

同社の戦略は、エヌビディアのハードウェアとソフトウェアコンポーネントの分離や、クアルコムのコネクティビティからOEMにアピールする車載アプリケーションへの拡大により、影を潜めることとなってしまっているように見える。

中国メーカーもADASチップを大きなチャンスと見ており、インテル、AMD(アドバンスド・マイクロ・デバイシズ)、ブロードコム(AVGO)が主導する安定したPC市場とは対照的である。

同社の2017年以前のADASアプローチは、大規模なソフトウェア開発とメンテナンスを伴うもので、時代遅れになりつつある。

そして、デジタル化は自動車メーカーの成功にますます欠かせないものとなっており、車載システムは複雑さを増している。

エヌビディアは、2015年頃にモバイルSoCからADASアプリケーションに焦点を移し、ADASのエッジ推論チップに汎用グラフィックス処理ユニット(GPGPU)の専門知識を活用している。

Convequityによる注目のADASチップ&ベンダー情報 2024年1月11日

画像

是非、下記リンクより、メールアドレスをご登録いただき、弊社レポートを日々無料でご覧いただければと思います。

インベストリンゴ公式ホームページはこちら

また、X(旧Twitter)上でも、日々、米国株式市場に関する情報を配信しておりますので、是非、フォロー頂ければと思います。

X(旧Twitter):インベストリンゴ公式アカウントはこちら

関連記事

【米国株投資】フォーティネット / FTNT:収益成長の鈍化に警戒が必要なサイバーセキュリティ銘柄

➡【米国株投資】パロアルトネットワークス / PANW:好調な決算を発表、魅力的なサイバーセキュリティ関連銘柄

【米国株投資】パロアルトネットワークス決算 / PANW:サイバーセキュリティ関連株として最高の銘柄

テスラのADASにおける進化

テスラが2016年に同社からエヌビディアのDRIVE PX 2プラットフォームに移行し、その後エヌビディアのDRIVE Orinに移行したのは、ADASにおける柔軟なハードウェアおよびソフトウェア・ソリューションの需要を反映している。

テスラの決定は、エヌビディアの高い計算能力とOEMとの協業意欲に影響されている。

しかし、エヌビディアのプラットフォームでは、自動緊急ブレーキ(AEB)の問題などの課題に直面し、テスラは独自のADASチップとニューラルネットワーク・アルゴリズムを開発することになった。

2023年までに、テスラのハードウェア3.0は144 TOPSを提供し、他社を凌駕している。

そして、2024年に発表されるクアルコムの130ワックアルコムTOPSが競争に拍車をかけることが予想される。

モービルアイ(MBLY)、エヌビディア(NVDA)、クアルコム(QCOM)、ADASバリューチェーン

同社はロボットタクシーと自動運転車領域でリードすることを目指しているが、OEMはADASスタックの価値を維持することに重点を置いている。

実際に、同社の成功は、ソフトウェアとハードウェアの統合と高精細マッピングに依存していた。

しかし、市場ではこれらのコンポーネントの分離に対する需要が高まっている。

画像

エヌビディアのADAS戦略

エヌビディアは技術の世界では自己主張の強いアプローチで知られており、当初はTOPSの高いチップに焦点を当て、OEMがソフトウェアを構築できるようにしてADAS分野に参入した。

しかしその後、シミュレーション・ソフトウェア、SDK、自律走行車向けモジュール式リファレンス・アーキテクチャであるDRIVE Hyperionなど、追加のツールやサービスを提供することで、従来のアプローチから逸脱している。

このシフトには、現在、メルセデスのみが採用しているレベニューシェア価格モデルが導入されている。

一方、同社は、足元、ソフトウェアとハードウェアをより密接に統合しており、OEMは同社への依存度とスイッチングコストの上昇を見極めなければならない厳しい状況に置かれている。

クアルコムの自動車産業へのアプローチ

スマートフォン分野で成功を収めたクアルコムは、同様のアプローチを自動車にも適用している。

同社はデジタル・シャシー全体に焦点を当て、インフォテインメント・システムをリードし、高品質のコネクティビティと包括的なソリューションを提供している。

同社の戦略は、MediaTekのような格安SoCベンダーとは異なり、長期的なソフトウェアアップデートをサポートすることである。

同社のモバイルチップを車載用に再利用する能力と、エッジ推論AIにおける効率性により、ADAS領域における強力なプレイヤーとなる可能性があると見ている。

Zeekrとモービルアイ:EVパートナーシップ

Geely傘下の中国のEV新興企業Zeekrは、モービルアイのSuperVisionシステムを全面的に採用していることから、モービルアイの主要顧客である。

※SuperVisionシステム:カメラセンサー(高価なLiDARではない)を使用したL2+ ADASソリューション

Zeekrは約15万台でSuperVisionを独占的に使用しており、モービルアイの将来にとって極めて重要で、より高い平均販売単価と台数を牽引している。

Zeekrがエヌビディアに移行する可能性があることから、モービルアイのCEOはZeekrの資金調達に参加し、EV市場の競争力と戦略的協力を強調した。

2023年7月、Zeekrはモービルアイと共同でSuperVisionを改良し、性能を10倍に高めた。

Zeekrの統合の課題とベンダーとの関係

独自の機能を開発しながらモービルアイの技術を統合することは困難な課題である。

Zeekrは、インフォテインメントではクアルコムのような様々なベンダーに依存し、ADASではエヌビディアのOrinを検討しており、効率化のためにベンダーの統合に繋がる可能性のあるマルチベンダーアプローチを示唆しているように見える。

クアルコムの820Aインフォテインメントの初期遅延と、クアルコムが8155を発売した際の無償アップグレードに対するユーザーの要求は、自動車チップの状況におけるクアルコムの影響力を示している。

Zeekr が Waymoと2022年に共同開発したSEA-Mは、さまざまな ADAS ソリューションに対応するオープン・インターフェイスを備えたネイティブなL4自動運転車を実現し、L4競争を激化させることを目的としている。

※続きは「【米国株投資】モービルアイ / MBLY:自動運転技術・先進運転支援システム(ADAS)市場をリードする注目のテクノロジー企業 – Part 2」をご覧ください。

関連記事

【米国株投資】パロアルトネットワークス / PANW:私がこの銘柄にまだ強気である理由

【米国株投資】ゼットスケーラー / ZS:クラウド・セキュリティ分野で目覚ましい成長を実現

【米国株投資】センチネルワン (SentinelOne) / S:エンドポイント・セキュリティ市場で有利な立場にある魅力的なサイバーセキュリティ関連銘柄

【米国株投資】センチネルワン (SentinelOne) / S:魅力的なサイバーセキュリティ銘柄

【米国株投資】クラウドストライク / CRWD:着実な成長軌道を維持する有望なサイバーセキュリティ企業

【米国株投資】アーム・ホールディングス(ARM):チップレット技術と有望な半導体銘柄への考察 – Part 1

【米国株投資】アーム・ホールディングス(ARM):チップレット技術と有望な半導体銘柄への考察 – Part 2

【米国株投資】クアルコム / QCOM:今後の更なる成長が期待出来る魅力的な半導体関連銘柄 – Part 1

【米国株投資】クアルコム / QCOM:今後の更なる成長が期待出来る魅力的な半導体関連銘柄 – Part 2

免責事項:本レポート上で紹介する情報は、投資教育を目的としております。その為、本情報は、特定の証券の売買や投資戦略を勧誘するものではありません。また、私は税務、法律、会計に関する助言は一切いたしません。投資には常にリスクが伴い、リターン、あるいは、元本が保証されているものではない点にご留意ください。私の知る限りでは、私は自らの分析に、虚偽、または、重大な誤解を招く記述や事実の省略が含まれていないと認識しております。特定の投資助言における過去のパフォーマンスは、特定の状況、または、市場の出来事、投資の性質、および、タイミング、ならびに、投資に関連する制約についての知識がない限り、依拠すべきではありません。私は、チャート、グラフ、計算式、推奨銘柄について述べたり、表示したりすることがありますが、これらはそれ自体でどの証券を売買すべきか、あるいはいつ売買すべきかを決定するために使用されることを意図しておりません。このようなチャートやグラフは、限られた情報しか提供していないため、それだけで投資判断を下すべきではありません。実際に投資をする際には、ライセンスを保有する金融の専門家にご相談されることを強くお勧めします。ここに記載された意見は、あくまでも私個人のものであり、予告なしに変更されることがあります。また、参照した意見やデータは本レポートの発表日時点のものであり、市場や経済状況の変化により変更される可能性があります。

アナリストによる開示:私は、この記事で言及されている企業の株式に関するポジションを現時点で保有しておらず、また、今後5日以内にそのようなポジションを持つ予定もありません。また、本記事は、私個人の見解に基づき、独自に執筆したものです。私は、インベストリンゴからの報酬を除き、この記事に対して、いかなる報酬も受け取っておりません。また、本文書で言及している企業とは、いかなる商業的関係も有しておりません。

インベストリンゴによる開示:インベストリンゴは、当社コンテンツ・クリエイターが、自身の専門・得意領域に関する情報・知識を、当社のユーザーと共有する事を目的とする米国株特化型のコミュニティです。本サイトのコンテンツは、投資教育、並びに、投資情報の提供のみを目的としており、特定の投資家に対して、投資、税務、法律等のアドバイスを提供することを意図しておりません。加えて、Investlingo Japan合同会社は、日本においてライセンスを保有する証券会社、投資顧問業者、または、投資銀行ではございません。ここで述べられている意見や見解は、あくまでも、各コンテンツ・クリエーター個人の見解であり、Investlingo Japan合同会社の立場を反映しているものではございません。当社のコンテンツ・クリエーターは、個人投資家を含む独立したブロガー・アナリストから構成されており、公的機関等からの金融関連のライセンスを取得していない場合もございます。その為、本サイト上のいかなる情報も、インベストリンゴ、または、弊社プラットフォーム上の第三者による、金融商品の推奨、或いは、投資助言として解釈されるべきではありません。インベストリンゴは、弊社プラットフォーム上の情報に基づいて行われるいかなる投資決定に対して、一切責任を負わず、各ユーザーが単独で責任を負う点にご留意ください。

アナリスト紹介

Convequity – FZCO / コンヴェクィティ
拠点:イギリス / アラブ首長国連邦(UAE)
セクター:テクノロジー

2019年に設立されたConvequityは、サイバーセキュリティ、SaaSを含むエンタープライズ(企業)向けテクノロジーを扱うテック企業に関するエクイティ・リサーチを提供。セールス・チャネルや対象企業の経営陣との関係に依存する投資銀行や証券会社のアナリストとは異なり、Convequityは対象企業のプロダクト、アーキテクチャー、ビジョンを深掘りすることで投資家に有益な情報を提供することに努めている。特に、Convequityは、第一線で活躍する企業や イノベーションをリードするスタートアップ企業を含め、テクノロジー業界を幅広くカバーすることで、投資家のビジビリティと長期的なアルファの向上に努めている。

ジョーダン・ランバート CFA / LinkedIn

長年にわたるハイテク投資家であり、テクノロジー関連銘柄、および、株式リサーチとバリュエーションのニュアンスに特別な関心を持つ。CFA取得後、自身のソフトウェア、株式リサーチ、並びに、株式投資へのパッションを下に、2019年10月にConvequityを設立。新たなテクノロジー業界におけるトレンドと長期的に成功する可能性が高い企業を見極めることを得意としている。

サイモン・ヒー / LinkedIn

10年以上に渡りテクノロジーのあらゆる側面をカバーしてきた経験を生かし、テクノロジー起業への投資における、勝者と敗者を見極める鋭い洞察力を持つ。彼のテクノロジーに関するノウハウは、ビジネス戦略や財務分析への理解と相まって、Convequityの投資リサーチに反映されている。Convequityを設立する前は、オンラインITフォーラムでコミュニティ・マネージャーを務め、ネットワーク・セキュリティの業務に従事。ユニバーシティ・カレッジ・ダブリンで商学士号を取得。

にほんブログ村:米国株ランキング

人気ブログランキング:米国株ランキング

上部へスクロール