メタ・フェイスブック / META:注目のメタバース・AI関連成長株の最新の株価分析と今後の見通し – Part 2

Ticker: META / 3556文字 / 所要時間8分程度 / 強気

サマリー

  • 過去1年間の急騰を受けて、現在の株価は超割安とは言えないが、弊社の保守的な予測に基づけば、依然としてアップサイドが残されているように見える。
  • 本稿では、メタ(META)の広告事業、AIへの取り組み、メタバースへの展望を深堀りしていきた。

メタ(META)のメタコネクト(Meta Connect)2023に関して

メタコネクト 2023は、AIを製品カテゴリーとして強調し、AIのイノベーションに焦点を当てていた。メタ(META)は、メッセンジャー、インスタグラム、WhatsApp(ワッツアップ)での会話用に、有名人の顔をしたAIペルソナを発表する予定である。さらに、ザッカーバーグ氏は、コンテンツクリエイターやインフルエンサー向けの特注AIや、中小企業向けにカスタマイズされたカスタマーサポートAIを計画している。

また、ByteDance(バイトダンス)が所有するTikTokは、メタのAIの進歩の影響を受ける可能性が高いと見ている。メタのリールはすでに2020/21年以降、TikTokに対する同社の地位を安定させるのに役立っている。そして、新たなAI技術の開発は、この同社の傾向を継続させると予想される。

さらに、エヌビディア(NVDA)チップのトップバイヤーであるByteDanceは、中国本社の制約により、H100やH800を購入することができないというのが現状である。その結果、ByteDanceの最近のAI製品はOpenAI APIに依存しているが、一方で、メタのオーダーブックはより充実している。

新しいチャットボットであるMeta AIは、メッセージングアプリに統合される予定である。ユーザーは「@Meta AI」と入力することで、メタAIと会話を始めることができる。この機能は、グループチャット、ソーシャルミートアップの計画、議論の決着、画像の作成において人気が出ると予想されている。

加えて、メタは、メタ・メッセージングアプリ、フェイスブックページ、フェイスブックショップでAIを作成・使用する開発者向けにAIスタジオを導入している。有名人の顔をしたAIペルソナやMeta AIのようなMETA製のAIの人気は、開発者が他のタイプのAIを開発し統合することにつながる可能性があると見ている。

また、レイバン(Ray-Ban)のメタ・スマートグラスは、重要なAI開発である。ウェイファーラーとヘッドライナーのデザインは、魅力のないスマートグラスの商業的課題を克服することを目指している。ザッカーバーグ氏は、メガネが理想的なAIアシスタントのフォームファクターであり、AIがユーザーの行動を見聞きできるようになると考えている。

そして、レイバン・メタ・スマートグラスは、写真撮影やメッセージの音声コマンド、サラウンドサウンド再生、クリエイターのためのPOV撮影などの機能を提供する。結果として、クリエイターが視聴者とつながるためのユニークな方法を提供し、ライブストリーム中に携帯電話やカメラを持つ必要性を取り除くこととなる。

このメガネは、特定の瞬間を捉えることと体験することを両立させることで、カジュアルなユーザーにも実用性を提供している。通話やメッセージにはMeta Viewアプリが必要なため、日常的な使用は制限される。しかし、特殊なRFFE(Radio Frequency Front End)とモデムSoC(システム・オン・チップ)のためのクアルコムとのコラボレーションは、メタの機能を強化する可能性があると見ている。

そして、Meta AIをメガネに統合することで、ユーザーは周囲の環境について質問し、回答を受け取ることができるようになり、POVビデオやライブストリーム中のコンテンツ制作者の体験が向上すると見ている。

メタ(META)のメタバース事業に関して

メタの株価は過去1年間で180%上昇したにもかかわらず、同社のメタバースの潜在力は、足元、高成長・高収益企業として魅力的な倍率のバリュエーションで十分に評価されていないように見える(EV/売上高倍率:7.6倍、EV/粗利益倍率:9.4倍、株価/フリーキャッシュフロー倍率:26倍)。

Meta Quest 2(クエスト 2)の2021年発売により、Questのユーザーベースは2,000万人を超えている。2023年10月に発売されたQuest 3(クエスト 3)の販売台数は25~75万台で、Quest 2と比較すると不振であったが、これはおそらくVR技術の小規模な改良と高価格(300ドルに対して500ドル)が原因であると見ている。Quest 4(クエスト 4)の発売により、Quest 2の老朽化したチップ(2020年のSnapdragon 865と同様)が旧式化し、新しいソフトウェアにより多くの計算能力が必要になるため、販売台数が急増する可能性があると見ている。

ただし、典型的なQuest 2のユーザーを特定するには不確実性が伴う。もし彼らがVR愛好家ではなく、主にカジュアルゲーマーであれば、Quest 3の販売台数は気になるところだ。このシナリオは、Quest 2の人気が短命に終わった可能性を示唆しており、1日のエンゲージメントが低く、Quest 3へのアップグレードに関心がないことを示唆していることになる。

また、投資家がメタのメタバース展望に興奮しないのは、様々な要因に起因する。2023年においては、メタの中核である広告事業の効率性に焦点が当てられており、Quest 3の成功によってメタバースへの関心が再燃する可能性があった。しかしながら、Quest 3の低調な業績とReality Labsの大幅な赤字(2023年度第3四半期で37億ドル)により、メタバース物語は投資対象から外れている。

Quest 3の個人的な体験としては、その印象的な複合現実感機能と楽しいゲーム体験を感じることができた。しかし、携帯電話とは異なり、Quest 3を使用するには専用の時間を割く必要であるため、日常生活への溶け込みが弱く、採用には困難が伴うように見える。気軽で社交的な使い方ができる電話とのこの違いは、VRヘッドセットが常用となることにおいて重要な障害を浮き彫りにしているように見える。

そして、ザッカーバーグ氏のメタバース・ビジョンに向けた漸進的な進歩は、よりスリムなヘッドセット、より正確なハンドトラッキング、より速いローディング時間といった課題に直面している。既存のメタバースは、1,000以上のアプリがあるにもかかわらず、実質的なユーザーベースに欠けている。しかし、現在あまり注目を浴びていないことは事実であるが、将来的なQuestモデルの利便性と操作性の向上は、常用ユーザーの増加とともに、メタバースの成長を促進すると予想される。

先見の明のある投資家は、メタバースが最終的にザッカーバーグ氏のビジョンに沿った形で実現すると見ているかもしれない。物理的なプレゼンスとホログラフィックな参加を組み合わせた社交の場が、10年後には当たり前のものになる可能性がある。

メタバースの発展には、アバターやその他のアーティファクトを作成するためのAIを統合し、その発展を加速させることが含まれるかもしれない。将来のメタバースシナリオには、AIを搭載した3Dの顧客アシスタントや、汎用人工知能(AGI)研究のメタバースアプリケーションへのシフトが含まれる可能性があり、現在の投資家の懐疑論とは対照的に、汎用人工知能開発の重要な段階を示すことになるかもしれない。

メタのメタバースへの野望は、アップル(AAPL)のMR(複合現実)ヘッドセットであるVision Proの発売もあり、投資家の関心が低いことに直面している。Vision Proは高価格で、ゲームや社会的交流よりもエンターテインメントに重点を置いており、大手ハイテク企業がVision Pro専用アプリの開発に消極的なことも相まって、Questに対する競争上の脅威は薄れているというのが現状である。

メタ(META)のバリュエーションに関して

現在織り込まれている価格と比較すると、当社の予測ではメタには今後30%程度ののアップサイドがあるように思われる。

私達は、市場が予測しているように、3年後の成長が1桁台後半まで減速するとは考えていない。

むしろ、AIのさらなる融合、新たな収益源と収益を増加させるファクター、そしてメタバースにおける今後の可能性を考慮すると、メタは最終的なフリー・キャッシュ・フロー・マージンを、市場が現在織り込んでいると思われる水準よりも数百ベーシスポイント(数パーセント)高くすることができると見ている。

是非、下記リンクより、メールアドレスをご登録いただき、弊社レポートを日々無料でご覧いただければと思います。

インベストリンゴ公式ホームページはこちら

また、X(旧Twitter)上でも、日々、米国株式市場に関する情報を配信しておりますので、是非、フォロー頂ければと思います。

X(旧Twitter):インベストリンゴ公式アカウントはこちら

関連記事

【米国株投資】フォーティネット / FTNT:収益成長の鈍化に警戒が必要なサイバーセキュリティ銘柄

➡【米国株投資】パロアルトネットワークス / PANW:好調な決算を発表、魅力的なサイバーセキュリティ関連銘柄

【米国株投資】パロアルトネットワークス決算 / PANW:サイバーセキュリティ関連株として最高の銘柄

【米国株投資】パロアルトネットワークス / PANW:私がこの銘柄にまだ強気である理由

【米国株投資】ゼットスケーラー / ZS:クラウド・セキュリティ分野で目覚ましい成長を実現

【米国株投資】センチネルワン (SentinelOne) / S:エンドポイント・セキュリティ市場で有利な立場にある魅力的なサイバーセキュリティ関連銘柄

【米国株投資】センチネルワン (SentinelOne) / S:魅力的なサイバーセキュリティ銘柄

【米国株投資】クラウドストライク / CRWD:着実な成長軌道を維持する有望なサイバーセキュリティ企業

【米国株投資】アーム・ホールディングス(ARM):チップレット技術と有望な半導体銘柄への考察 – Part 1

【米国株投資】アーム・ホールディングス(ARM):チップレット技術と有望な半導体銘柄への考察 – Part 2

【米国株投資】クアルコム / QCOM:今後の更なる成長が期待出来る魅力的な半導体関連銘柄 – Part 1

【米国株投資】クアルコム / QCOM:今後の更なる成長が期待出来る魅力的な半導体関連銘柄 – Part 2

【米国株投資】モービルアイ / MBLY:自動運転技術・先進運転支援システム(ADAS)市場をリードする注目のテクノロジー企業 – Part 1

【米国株投資】モービルアイ / MBLY:自動運転技術・先進運転支援システム(ADAS)市場をリードする注目のテクノロジー企業 – Part 2

【米国株投資】最新の米国ワークフォース・マネジメント・ソフトウェア企業関連ニュース

【米国株投資】マンデードットコム / MNDY:金利低下を受け、バリュエーションの上昇が期待出来る魅力的なテクノロジー企業

【米国株投資】パランティア / PLTR :2024年の注目すべき4つのカタリスト

【米国株投資】アリスタ・ネットワークス / ANET :継続した売上高の成長が期待できる魅力的なクラウド・データセンター関連銘柄

【米国株投資】ギットラブ / GTLB :売上高の増加と足元のバリュエーションが魅力的なテクノロジー企業」

【米国株投資】サムサラ / IOT :継続する高い売上高成長率が魅力的なIoT(モノのインターネット)関連銘柄

【米国株投資】サムサラ / $IOT :売上高は急成長するも、高止まりする営業損失が懸念材料

【米国株投資】サービスナウ / NOW :増収増益が魅力的なクラウド関連テクノロジー企業

【米国株投資】データドッグ / DDOG :驚異的な成長と足元の営業利益の改善が魅力的なクラウド関連テクノロジー企業

【米国株投資】チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ / CHKP :収益成長の鈍化に警戒が必要なサイバーセキュリティ銘柄

【米国株投資】最新のAI関連ニュース

【米国株】 PANW CHKP FTNT :サイバーセキュリティ関連ニュース

【米国株投資】アップラビン / APP :年平均成長率が25%で、将来フリー・キャッシュ・フローの約9倍というバリュエーションが魅力的な割安銘柄

【米国株投資】ブロードコム / AVGO :将来フリー・キャッシュ・フロー15倍のバリュエーションは割安で魅力的柄

【米国株投資】ズーム・ビデオ・コミュニケーションズ / ZM :同社の魅力的なキャッシュフローと業績に注目

【米国株投資】パランティア / PLTR :今後18ヶ月で+50%のリターンを予想

【米国株投資】サムサラ / IOT :売上高は急成長するも、高止まりする営業損失が懸念材料

【米国株投資】アップル / AAPL :なぜ同社の株式より社債の方が魅力的に見えるのか?

【米国株投資】パランティア決算 / PLTR :S&P500指数への採用期待が高まる景気後退局面でも強い有力銘柄

【米国株投資】ブロードコム / AVGO :誇大広告が少なく、持続可能性が高い魅力的な半導体関連銘柄

➡【米国株投資】NIO(ニーオ)/ NIO :電気自動車業界のアップル

【米国株投資】ドロップボックス / DBX :驚異的な成長と収益性を示す魅力的な銘柄

【米国株投資】ドラフト・キングス / DKNG :インベスター・デイのハイライト

➡【米国株投資】メタ(フェイスブック) / META:広告・AI・メタバースの三本柱からなる魅力的なテクノロジー企業の株式分析と市場トレンドに基づく今後の展望 – Part 1

免責事項: 免責事項:本レポート上で紹介する情報は、投資教育を目的としております。その為、本情報は、特定の証券の売買や投資戦略を勧誘するものではありません。また、私は税務、法律、会計に関する助言は一切いたしません。投資には常にリスクが伴い、リターン、あるいは、元本が保証されているものではない点にご留意ください。私の知る限りでは、私は自らの分析に、虚偽、または、重大な誤解を招く記述や事実の省略が含まれていないと認識しております。特定の投資助言における過去のパフォーマンスは、特定の状況、または、市場の出来事、投資の性質、および、タイミング、ならびに、投資に関連する制約についての知識がない限り、依拠すべきではありません。私は、チャート、グラフ、計算式、推奨銘柄について述べたり、表示したりすることがありますが、これらはそれ自体でどの証券を売買すべきか、あるいはいつ売買すべきかを決定するために使用されることを意図しておりません。このようなチャートやグラフは、限られた情報しか提供していないため、それだけで投資判断を下すべきではありません。実際に投資をする際には、ライセンスを保有する金融の専門家にご相談されることを強くお勧めします。ここに記載された意見は、あくまでも私個人のものであり、予告なしに変更されることがあります。また、参照した意見やデータは本レポートの発表日時点のものであり、市場や経済状況の変化により変更される可能性があります。

アナリストによる開示:私はMETAに関するロング・ポジションを現在保有しております。また、本記事は、私個人の見解に基づき、独自に執筆したものです。私は、インベストリンゴからの報酬を除き、この記事に対して、いかなる報酬も受け取っておりません。また、本文書で言及している企業とは、いかなる商業的関係も有しておりません。

インベストリンゴによる開示:インベストリンゴは、当社コンテンツ・クリエイターが、自身の専門・得意領域に関する情報・知識を、当社のユーザーと共有する事を目的とする米国株特化型のコミュニティです。本サイトのコンテンツは、投資教育、並びに、投資情報の提供のみを目的としており、特定の投資家に対して、投資、税務、法律等のアドバイスを提供することを意図しておりません。加えて、Investlingo Japan合同会社は、日本においてライセンスを保有する証券会社、投資顧問業者、または、投資銀行ではございません。ここで述べられている意見や見解は、あくまでも、各コンテンツ・クリエーター個人の見解であり、Investlingo Japan合同会社の立場を反映しているものではございません。当社のコンテンツ・クリエーターは、個人投資家を含む独立したブロガー・アナリストから構成されており、公的機関等からの金融関連のライセンスを取得していない場合もございます。その為、本サイト上のいかなる情報も、インベストリンゴ、または、弊社プラットフォーム上の第三者による、金融商品の推奨、或いは、投資助言として解釈されるべきではありません。インベストリンゴは、弊社プラットフォーム上の情報に基づいて行われるいかなる投資決定に対して、一切責任を負わず、各ユーザーが単独で責任を負う点にご留意ください。

アナリスト紹介

Convequity – FZCO / コンヴェクィティ
拠点:イギリス / アラブ首長国連邦(UAE)
セクター:テクノロジー

2019年に設立されたConvequityは、サイバーセキュリティ、SaaSを含むエンタープライズ(企業)向けテクノロジーを扱うテック企業に関するエクイティ・リサーチを提供。セールス・チャネルや対象企業の経営陣との関係に依存する投資銀行や証券会社のアナリストとは異なり、Convequityは対象企業のプロダクト、アーキテクチャー、ビジョンを深掘りすることで投資家に有益な情報を提供することに努めている。特に、Convequityは、第一線で活躍する企業や イノベーションをリードするスタートアップ企業を含め、テクノロジー業界を幅広くカバーすることで、投資家のビジビリティと長期的なアルファの向上に努めている。

ジョーダン・ランバート CFA / LinkedIn

長年にわたるハイテク投資家であり、テクノロジー関連銘柄、および、株式リサーチとバリュエーションのニュアンスに特別な関心を持つ。CFA取得後、自身のソフトウェア、株式リサーチ、並びに、株式投資へのパッションを下に、2019年10月にConvequityを設立。新たなテクノロジー業界におけるトレンドと長期的に成功する可能性が高い企業を見極めることを得意としている。

サイモン・ヒー / LinkedIn

10年以上に渡りテクノロジーのあらゆる側面をカバーしてきた経験を生かし、テクノロジー起業への投資における、勝者と敗者を見極める鋭い洞察力を持つ。彼のテクノロジーに関するノウハウは、ビジネス戦略や財務分析への理解と相まって、Convequityの投資リサーチに反映されている。Convequityを設立する前は、オンラインITフォーラムでコミュニティ・マネージャーを務め、ネットワーク・セキュリティの業務に従事。ユニバーシティ・カレッジ・ダブリンで商学士号を取得。

にほんブログ村:米国株ランキング

人気ブログランキング:米国株ランキング

上部へスクロール