【米国株投資】アップル & アマゾン / AAPL & AMZN:私が長期債務を抱える株式を好む理由

Ticker: AAPL, AMZN, GOOG, GOOGL, META, MSFT, NVDA, TSLA

2078文字 / 所要時間4分程度 / タリク・デニソン

Buy: AAPL, MSFT, NVDA, GOOGL / Sell: TSLA

サマリー

  • 「マグニフィセント・セブン」のうち、6銘柄(アップル、アマゾン、アルファベット、マイクロソフト、メタ、エヌビディア)は、全て米国債よりも償還期間の長い債券を発行している
  • これらの超長期債は、債券市場が比較的低いリスク・プレミアムで、今後40年間のこれらの企業の存続を保証することを望んでいることを示している
  • 企業が超長期債を発行できるということは、その企業が長期にわたって存続し続ける可能性が高いということであり、品質の証とみなすことができる

現在のバリュエーションで、私が最も買う気がない7銘柄は、よく言われる「マグニフィセント・セブン」であることに対して、読者の皆様も驚きではないと思う。

現時点では、「マグニフィセント・セブン」は下記の7銘柄を意味している。

  1. アップル(AAPL)
  2. アマゾン(AMZN)
  3. グーグル、別名、アルファベット(GOOGL)
  4. マイクロソフト(MSFT)
  5. メタ、別名、フェイスブック(META)
  6. エヌビディア(NVDA)
  7. テスラ(TSLA)

これら7社の株価が注目される一方で、私が、今年、債券市場に多くの時間を費やしている間に気づいたことで、もっと言及されるべきだと思うことがある。

それは、現在の30年物米国債(US30Y)は2053年に満期を迎えるが、MSFTの最長の債券は2057年に満期を迎え、AAPL、AMZN、GOOGL、META、そしてNVDAまでもが2060年以降に満期を迎える債券を発行しているという点である。

また、NVDAの債券を含めても、これら6つの超長期債の利回りがすべてUS30Yの約1%ポイント以内であることも注目に値する。

そして、これは、債券市場は、比較的低いリスク・プレミアムで、今後40年間のこれらの企業の存続を保証することを望んでいるということである。

最初は、これは長期債券投資家だけが興味を持つ見解のように思えるかもしれない。

しかし、ここまで読んでいただき、なぜ、私が、これらの超長期債券が、株式だけにしか関心がない場合でも重要だと考えるのか納得していただければ幸いである。

S&P500以外の銘柄に投資するとしても、ほとんどの株式投資家にとって、なぜこの7銘柄が重要なのかは説明するまでもないだろう。

これらの銘柄はS&P500の約4分の1を占め、株式市場のほぼ全体の日々の動きを支配しているからである。

市場は、METAやNVDAが今後40年間倒産することなく存続し続けることを本当に確信しているのだろうか。

それとも、これらの銘柄が現在S&P500をリードしているため、市場の力がこれらの債券を過大評価している(=信用リスクを過小評価している)のだろうか。

言い換えれば、おそらく市場はこれらの債券を40年物米国債の代用品と見なし始めているのだろう。

だから生命保険会社は、「アップル債を買っても誰もクビにならない」という気持ちでこれらの債券を買うことができるのである。

これらの銘柄の超低配当利回りに比べれば、これらの債券は確かに比較的魅力的だと思う。

この考えを、私が自身のポートフォリオにて購入している株式にも応用している理由は、企業が超長期債を発行する能力を質の高さの証と見ているからである。

フレゼニウス(OTCPK:FSNUY)を例にとると、 私は、最近、同社のことを「完璧なミッド・キャップ(中型株)銘柄」かもしれないと言ったが、今日、この企業がいつ社債を発行したかを調べてみた。

  1. 2020年:2033年満期の利率1.125%の社債を発行
  2. 2022年:2030年満期の利率2.875%の社債を発行
  3. 2023年:2030年満期の利率5.125%の社債を発行

今から思えば、彼らは2020年にもっと長期債を発行すべきだったと思う。

というのも、それ以後はもっと高い金利で社債を発行しなければならなかったのに対し、当時は低金利で発行する機会があったからである。

フレゼニウスの場合、この負債そのものが赤信号だとはまだ思わないが、どんな黒字企業でも、その利益が株主と社債権者の間でどのように分配されているかを見る必要がある。

この5.125%の社債は現在103.25ドル前後で取引されており、利回りはほぼ4.5%である。

これは、ドイツの7年物国債の取引利回りを2%ポイントも上回っている。

今のところ、フレゼニウス株の利回りと成長率は、同社の債券よりもはるかに優れていると私は見ている。

これと同じような株式と債券の分析を、何百銘柄とは言わないまでも、何十銘柄でも行うことができる。

しかし、当レポートの主な要点は、ある企業が非常に長い日付の社債を発行している場合、その企業は、そこまで長期の社債を発行していない企業よりも、質が高いと評価されている可能性があるということである。

結局のところ、長期投資が最初に満たすべき条件のひとつは、存在し続けることである。

2033年がフレゼニウス債の最長期間であることは、iPhoneが、人工透析装置よりも長い将来性を持っていることの表れかもしれないが、私はこの点に関しては懐疑的であるのも本音である。

関連記事

【米国株投資】アップル / AAPL:なぜ同社の株式より社債の方が魅力的に見えるのか?

【米国株投資】AAPL / CVS:アップルとCVSヘルスの比較

免責事項:本レポート上で紹介する情報は、投資教育を目的としております。その為、本情報は、特定の証券の売買や投資戦略を勧誘するものではありません。また、私は税務、法律、会計に関する助言は一切いたしません。投資には常にリスクが伴い、リターン、あるいは、元本が保証されているものではない点にご留意ください。私の知る限りでは、私は自らの分析に、虚偽、または、重大な誤解を招く記述や事実の省略が含まれていないと認識しております。特定の投資助言における過去のパフォーマンスは、特定の状況、または、市場の出来事、投資の性質、および、タイミング、ならびに、投資に関連する制約についての知識がない限り、依拠すべきではありません。私は、チャート、グラフ、計算式、推奨銘柄について述べたり、表示したりすることがありますが、これらはそれ自体でどの証券を売買すべきか、あるいはいつ売買すべきかを決定するために使用されることを意図しておりません。このようなチャートやグラフは、限られた情報しか提供していないため、それだけで投資判断を下すべきではありません。実際に投資をする際には、ライセンスを保有する金融の専門家にご相談されることを強くお勧めします。ここに記載された意見は、あくまでも私個人のものであり、予告なしに変更されることがあります。また、参照した意見やデータは本レポートの発表日時点のものであり、市場や経済状況の変化により変更される可能性があります。

アナリストによる開示:私はAAPL、 MSFT, GOOGL, NVDAに関するロング・ポジションを現在保有しております。また、本記事は、私個人の見解に基づき、独自に執筆したものです。私は、インベストリンゴからの報酬を除き、この記事に対して、いかなる報酬も受け取っておりません。また、本文書で言及している企業とは、いかなる商業的関係も有しておりません。

インベストリンゴによる開示:インベストリンゴは、当社コンテンツ・クリエイターが、自身の専門・得意領域に関する情報・知識を、当社のユーザーと共有する事を目的とする米国株特化型のコミュニティです。本サイトのコンテンツは、投資教育、並びに、投資情報の提供のみを目的としており、特定の投資家に対して、投資、税務、法律等のアドバイスを提供することを意図しておりません。加えて、Investlingo Japan合同会社は、日本においてライセンスを保有する証券会社、投資顧問業者、または、投資銀行ではございません。ここで述べられている意見や見解は、あくまでも、各コンテンツ・クリエーター個人の見解であり、Investlingo Japan合同会社の立場を反映しているものではございません。当社のコンテンツ・クリエーターは、個人投資家を含む独立したブロガー・アナリストから構成されており、公的機関等からの金融関連のライセンスを取得していない場合もございます。その為、本サイト上のいかなる情報も、インベストリンゴ、または、弊社プラットフォーム上の第三者による、金融商品の推奨、或いは、投資助言として解釈されるべきではありません。インベストリンゴは、弊社プラットフォーム上の情報に基づいて行われるいかなる投資決定に対して、一切責任を負わず、各ユーザーが単独で責任を負う点にご留意ください。

アナリスト紹介

Tariq Dennison タリク・デニソン
拠点:スイス
セクター:高配当株・債券・ETF

デニソン氏は、スイスを拠点とするウェルス・マネージャーであり、アメリカ、ヨーロッパ、アジアで活動するグローバルなプロフェッショナルに対して投資口座管理等のサービスを提供。ニューヨーク、トロント、ロンドン、香港において、ベアー・スターンズ、JPモルガン、CIBC、ソシエテ・ジェネラル等の投資銀行で働いた経験を持ち、シンガポールでは、ESSEC Business Schoolにて、投資に関する修士号のクラスで教鞭をとっている。投資スタイルとしては、カントリー・リスクと為替リスクを効率的に管理するため、複数の市場における高品質の高配当株・債券・ETFにバランスよく投資することに重点を置いている。また、カリフォルニア大学ハースビジネススクールで修士号を取得。加えて、Society of Trust and Estate Practitioners (STEP)の正式メンバーであり、「Invest Outside the Box」、更に、近日発売予定の「10 Ways To Invest」の著者でもあり、また、CNBC Asiaにも頻繁にスピーカーとして出演。

上部へスクロール