ロッキード・マーチン / LMT / 予想配当利回り2.92% / 連続増配ディフェンシブ銘柄の最新の決算分析と今後の株価見通し(2024年2月1日 / Lockheed Martin)

Ticker: LMT / 3286文字 / 所要時間7分程度 / 中立

サマリー

  • ロッキード・マーチンは世界最大の防衛関連企業であり、2001年にF-35統合打撃戦闘機プログラムを獲得して以来、欧米の高級戦闘機市場を支配してきた。
  • 同社の最大セグメントは航空事業で、収益の3分の2以上をF-35から得ている。
  • 同社の残りのセグメントは次の3つである:「主にシコルスキー社のヘリコプター事業を行うロータリー・ミッションシステム部門」、「ミサイルとミサイル防衛システムを製造するミサイル・火器管制部門」、「人工衛星を製造し、ユナイテッド・ローンチ・アライアンス社の合弁事業から持分収入を得る宇宙部門」。

ロッキード・マーチンの概要

セクター:航空宇宙・防衛

現在の価格:429ドル

時価総額:1,037億6,000万ドル

一株当たり本質的価値:455.86ドル

安全マージン:5.8%

5年間の配当成長率:8.20%

配当落ち日:2024年2月29日

配当支払い日:2024年3月29日

予想配当利回り:2.92%

5年間の売上高成長率:6.90%

10年間の売上高成長率:8.50%

ロッキード・マーチンの収益と成長に関して

ロッキード・マーチン(LMT)は、前々四半期のEPSが6.73ドルであったのに対し、前四半期にはEPSは7.9ドルとなり、これは、前々四半期比17.3%の増加である。

また、1株当たりの売上高も伸びており、第3四半期の67.458ドルに対し、第4四半期は76.88ドルとなっている。

そして、長期的なパフォーマンスを見ると、同社のEPSの5年間の年平均成長率(CAGR)は6.30%であり、10年間のCAGRは13.30%となっていることからも、同社が過去5年と10年で一貫した成長を実現していることが分かる。

さらに、業界の成長予測としては、航空宇宙・防衛セクターは今後10年間も安定した成長が見込まれる業界である。

世界的な緊張が高まり、高度な軍事能力が必要とされる中、ロッキード・マーチンの製品やサービスに対する需要は引き続き堅調に推移することが予想されている。

加えて、同社はこれまで、リスクをしっかりと管理しながら成長機会に投資できるよう、適度な財務レバレッジを維持してきている。

この慎重なアプローチにより、同社は継続的な成長に向けて好位置につけているように見える。

全体として、ロッキード・マーチンの前四半期の好業績は、その一貫した長期的成長と良好な業界見通しとともに、同社が将来さらに成長する可能性があることを示唆していると見ている。

ロッキード・マーチンの配当に関して

ロッキード・マーチンは過去数年間、一貫した配当成長を示してきた。

具体的には、過去5年間の配当成長率は8.20%となっており、過去3年間の1株当たり配当成長率も7.40%となっており、これは、同社が株主への配当を着実に増やしていることを示している。

直近の四半期では、同社は一株当たり配当金(DPS)3.15ドルを支払っている。

同社の配当実績をセクターと比較する際には、予想配当利回りを考慮することが重要であり、現在、同社の予想配当利回りは2.92%となっている。

これは、100ドルの投資に対し、年間2.92ドルの配当が期待できることを意味する。

全体として、ロッキード・マーチンは一貫した配当成長を示しており、そのセクターと比較しても競争力のある配当利回りを提供している。

安定して成長する配当収入を求める投資家にとって、同社は魅力的な投資対象となるかもしれない。

予想配当利回り:2.92%

配当性向:43%

配当カバレッジ・レシオ:2.27

5年間の配当成長率:8.20%

EBITDA有利子負債倍率:1.67

ロッキード・マーチンのバリュエーションに関して

ロッキード・マーチンの現在の株価である429.41ドルは、弊社算出の一株当たり本質的価値の455.86ドルを下回っており、株価が過小評価されている可能性があることを示している。

さらに、実績PERは15.68となっており、これは、投資家が利益1ドルにつき15.68ドルを支払うことを望んでいることを示唆しており、業界平均とも一致している。

一方で、株価売上高倍率は1.6であり、同社が生み出す収益1ドルに対して投資家が1.60ドルを支払う意思があることを示している。

そして、これは業界平均をやや上回っており、投資家が同社の将来の売上高の成長性に前向きな見通しを持っていることを示唆している。

さらに、PEGレシオは2.34となっており、予想収益成長率に対して株価が割高である可能性を示唆している。

しかし、EV/EBITDAレシオは11.52となっており、EBITDAに対して割安である可能性を示唆している。

また、このレシオは業界平均も下回っており、同業他社と比較して魅力的な株価である可能性を示している。

全体として、ロッキード・マーチンのバリュエーション指標、特に株価売上高倍率とEV/EBITDAレシオから、同社の株価が過去の平均値や業界平均に比べて割安である可能性を示唆していることが分かる。

ロッキード・マーチンのリスクとリターンに関して

同社株のリスク評価分析では、投資家が投資決定を下す前に考慮すべきいくつかのポイントを取り上げたい。

まず第一に、同社の売上総利益率は年平均-1.9%と低下しており、長期的な低下を示している。

さらに、営業利益率は過去5年間減少し続けており、年平均-2.1%の減少率となっている。

こうした利益率の低下は、同社の収益性に懸念を抱かせる。

一方で、ポジティブな指標もいくつかある。

BeneishのMスコアは-2.62で、基準値の-1.78を下回っていることから、同社が利益操作に関与している可能性は低いと考えられる。

加えて、実績PERは15.68となっており、2年ぶりの低水準である14.64に近く、相対的に割安である可能性を示唆している。

さらに、同社は予測可能な売上高と利益の伸びを示している。

そして、株価売上高倍率の1.6は、2年ぶりの低水準である1.51に近く、魅力的なバリュエーションをさらに裏付けている形となっている。

さらに、配当利回りは5年ぶりの高水準に近く、配当重視の投資家にとって魅力的だ。

最後に、アルトマンZスコアの3.72は、同社の強固な財務状況を示している。

全体として、マージン減少の懸念はあるものの、同社の魅力的なバリュエーション、予測可能な成長、強固な財務体質は、投資家にとって安心感を与えるものである。

ロッキード・マーチンのインサイダー(内部関係者)による売買に関して

ロッキード・マーチンの過去12ヶ月間のインサイダーによる取引は限られており、インサイダーによる同社株式の購入は2件、売却は3件のみであった。

これは、インサイダーが同社株を積極的に売買していないことを示唆している。

一方で、インサイダーによる同社株式の保有率はわずか0.37%であることからも、インサイダーによる売買は、同社株価全体のパフォーマンスに大きな影響を与えない可能性が高い点にはご留意いただきたい。

しかし、機関投資家保有比率を見てみると38.49%となっており、同社株式の大部分を機関投資家が保有していることを示唆している。

これは、機関投資家の間で同社に対する信頼度が高いことを示唆しており、株価の将来的な見通しにとってポジティブな兆候である。

全体として、ロッキード・マーチンのインサイダー取引の動きと保有比率からは、目立ったトレンドやシグナルは見られない。

そのため、投資家は投資判断を下す前に、会社の財務実績や業界の見通しなど、他の要因も考慮する必要がある。

ロッキード・マーチンの流動性に関して

ロッキード・マーチンの流動性と取引分析によると、同社株式は比較的高い流動性を示している。

まず、過去2ヶ月間の1日平均出来高は1,153,062株であり、足元、前営業日の1日当たり出来高は1,117,513株となっており、これは、同社株式に一貫した取引があることを示唆している。

さらに、同社のダークプール指数(DPI)は40.43%で、同社株式のダークプール取引が中程度であることを示している。

DPIは、ダークプールで発生する取引の割合を示している。

ダークプールとは、機関投資家が公的な取引所から離れた場所で大量の株式ブロックを取引できる私設取引所のことである。

そのため、DPIが高いほど、ダークプール内での取引が多いことを示唆する。

全体として、同社の流動性と取引分析では、同社株式が一貫した取引量と健全な流動性を提供していることを示している。

さらに、ダークプール取引のレベルが中程度であることから、機関投資家 が積極的に同社株式の売買に参加していることもが伺える。

是非、下記リンクより、メールアドレスをご登録いただき、弊社レポートを日々無料でご覧いただければと思います。

インベストリンゴ公式ホームページはこちら

また、X(旧Twitter)上でも、日々、米国株式市場に関する情報を配信しておりますので、是非、フォロー頂ければと思います。

X(旧Twitter):インベストリンゴ公式アカウントはこちら

関連記事:高配当銘柄 

スリーエム / MMM:予想配当利回り6.29%の注目のディフェンシブ高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月1日 / 米国株式投資 / 3M Co)

ベライゾン / VZ:予想配当利回り6.28%の増配を継続する注目のディフェンシブ高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月1日 / 米国株式投資 / Verizon)

AT&T / T:予想配当利回り6.26%の注目のディフェンシブ高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月1日 / 米国株式投資)

【米国株投資】アルトリア・グループ(年間予想配当利回り10%):著しく割安に放置されているおススメの高配当銘柄 Part-2

【米国株投資】ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(年間予想配当利回り10%):著しく割安に放置されているおススメの高配当銘柄 Part-1

【米国株投資】コストコ / COST(年間予想配当利回り 2.4%):継続して成長する配当が魅力的な大手小売企業 – Part 1

【米国株投資】AT&T(年間予想配当利回り 6.7%)/ T :魅力的な高配当を提供する大手テレコム企業 – Part 2

【米国株投資】ウィリアムズ・カンパニーズ / WMB(年間予想配当利回り:5%):魅力的な高配当の中流企業を探る – Part 2

【米国株投資】ONEOK(ワンオーク)/ OKE(年間予想配当利回り:5.6%):魅力的な高配当の中流企業を探る – Part 1

【米国株投資】メドトロニック / MDT(年間予想配当利回り:3.9%):MedTech(メドテック)業界における高配当銘柄 – Part 2

【米国株投資】アボット・ラボラトリーズ / ABT(年間予想配当利回り:2.1%):MedTech(メドテック)業界における高配当銘柄 – Part 1

【米国株投資】アメリカン・ファイナンシャル・グループ / AFG(年間予想配当利回り:3.9%):保険株への投資を通じて、パッシブ・インカムを実現 – Part 2

【米国株投資】マニュライフ・ファイナンシャル / MFC(年間予想配当利回り:5.8%):保険株への投資を通じて、パッシブ・インカムを実現 – Part 1

【米国株投資】バンク・オブ・ノバスコシア / BNS(年間予想配当利回り:7.5%):退職後の生活を支える2つの高配当銘柄 – Part 2

【米国株投資】ハンティントン・バンクシェアーズ / HBAN(年間予想利回り:6.5%):退職後の生活を支える2つの高配当銘柄 – Part 1

➡【米国株投資】エマソン・エレクトリック(EMR:年間予想配当利回り2.2%):産業用オートメーション関連のおススメの高配当銘柄 Part-1

【米国株投資】ファイザー(PFE):予想配当利回り5.85%の注目の高配当銘柄

【米国株投資】ハネウェル・インターナショナル(HON:年間予想配当利回り2.1%):産業用オートメーション関連のおススメの高配当銘柄 Part-2

【米国株投資】ベライゾン・コミュニケーションズ (VZ):予想配当利回り7.06%の注目の高配当銘柄

【米国株投資】マニュライフ・フィナンシャル / MFC:予想配当利回り5.1%の注目の高配当銘柄

【米国株投資】ナイキ(NKE:年間予想配当利回り1.5%):スポーツ・ブランド関連のおススメの高配当銘柄 Part-1

【米国株投資】マリオット・インターナショナル(MAR:年間予想配当利回り0.9%):グローバル・ブランド関連のおススメの高配当個別銘柄 – Part 2

【米国株投資】エンブリッジ(ENB:年間予想配当利回り7.5%)& ベライゾン(VZ:年間予想配当利回り6.7%):高水準の予想配当利回りが魅力的な、おススメの2つの高配当個別銘柄

免責事項:本レポート上で紹介する情報は、投資教育を目的としております。その為、本情報は、特定の証券の売買や投資戦略を勧誘するものではありません。また、私は税務、法律、会計に関する助言は一切いたしません。投資には常にリスクが伴い、リターン、あるいは、元本が保証されているものではない点にご留意ください。私の知る限りでは、私は自らの分析に、虚偽、または、重大な誤解を招く記述や事実の省略が含まれていないと認識しております。特定の投資助言における過去のパフォーマンスは、特定の状況、または、市場の出来事、投資の性質、および、タイミング、ならびに、投資に関連する制約についての知識がない限り、依拠すべきではありません。私は、チャート、グラフ、計算式、推奨銘柄について述べたり、表示したりすることがありますが、これらはそれ自体でどの証券を売買すべきか、あるいはいつ売買すべきかを決定するために使用されることを意図しておりません。このようなチャートやグラフは、限られた情報しか提供していないため、それだけで投資判断を下すべきではありません。実際に投資をする際には、ライセンスを保有する金融の専門家にご相談されることを強くお勧めします。ここに記載された意見は、あくまでも私個人のものであり、予告なしに変更されることがあります。また、参照した意見やデータは本レポートの発表日時点のものであり、市場や経済状況の変化により変更される可能性があります。

アナリストによる開示:私は、この記事で言及されている企業の株式に関するポジションを現時点で保有しておらず、また、今後5日以内にそのようなポジションを持つ予定もありません。また、本記事は、私個人の見解に基づき、独自に執筆したものです。私は、インベストリンゴからの報酬を除き、この記事に対して、いかなる報酬も受け取っておりません。また、本文書で言及している企業とは、いかなる商業的関係も有しておりません。

インベストリンゴによる開示:インベストリンゴは、当社コンテンツ・クリエイターが、自身の専門・得意領域に関する情報・知識を、当社のユーザーと共有する事を目的とする米国株特化型のコミュニティです。本サイトのコンテンツは、投資教育、並びに、投資情報の提供のみを目的としており、特定の投資家に対して、投資、税務、法律等のアドバイスを提供することを意図しておりません。加えて、Investlingo Japan合同会社は、日本においてライセンスを保有する証券会社、投資顧問業者、または、投資銀行ではございません。ここで述べられている意見や見解は、あくまでも、各コンテンツ・クリエーター個人の見解であり、Investlingo Japan合同会社の立場を反映しているものではございません。当社のコンテンツ・クリエーターは、個人投資家を含む独立したブロガー・アナリストから構成されており、公的機関等からの金融関連のライセンスを取得していない場合もございます。その為、本サイト上のいかなる情報も、インベストリンゴ、または、弊社プラットフォーム上の第三者による、金融商品の推奨、或いは、投資助言として解釈されるべきではありません。インベストリンゴは、弊社プラットフォーム上の情報に基づいて行われるいかなる投資決定に対して、一切責任を負わず、各ユーザーが単独で責任を負う点にご留意ください。

アナリスト紹介

Yiannis Zourmpanos
イアニス・ゾルンパノス
拠点:キプロス
セクター:北米高配当銘柄、テクノロジー

ゾルンパノス氏は、詳細なビジネス分析を通じてデューデリジェンス・プロセスを向上させることを目的とした株式市場調査プラットフォーム、「Yiazou Capital Research」の創設者。以前はDeloitteとKPMGで外部監査と内部監査、コンサルティング業務に従事。公認会計士資格を保有し、ACCAグローバルのフェロー・メンバー。また、英国の一流ビジネススクールで学士号と修士号を取得。

にほんブログ村:米国株ランキング

人気ブログランキング:米国株ランキング

上部へスクロール