インテル / INTC:米国CHIPS法に関する資金調達セレモニーは、新工場設立の遅延報告の影に隠れる結果に(Intel)

Ticker: INTC / 5194文字 / 所要時間11分程度 

画像

サマリー

  • インテル(INTC)は、アリゾナ州で大規模なイベントを開催し、建設の遅れやサプライヤーの問題が報告されているにもかかわらず、米国でのチップ製造を増やすことを目的とした資金調達を祝った。
  • インテルの計画には、数千人の雇用創出が期待される大規模な投資が含まれており、多額の政府資金と税額控除によって支えられている。
  • 一方で、祝賀会とは裏腹に、インテルの新工場の建設遅れや地元サプライヤーの準備状況が懸念され、米国でのチップ生産拡大に課題があることが示された。

インテルのCHIPS法セレモニーの概要

インテル(INTC)は先週、バイデン大統領とジーナ・ライモンド商務長官がともにアリゾナに訪れ、先進的なチップ製造を米国に取り戻すための官民パートナーシップの歴史的な節目を祝った。

具体的には、ライモンド長官によれば、2030年までに最先端チップの米国での製造を現在のゼロから20%達成することが目標だという。

このイベント自体は、巧みにコーディネートされたもので、実際、地域社会とのつながりという点において傑作だったと言える。

加えて、バイデン大統領による選挙演説もうまく(そして素早く)組み込まれていた。

ただし、インテルにとって少々恥ずかしいことに、このイベントと同時に2つの報道がなされた。

ひとつは、インテルがオハイオ州に建設する2つの新工場の建設が2年遅れるというもので、もうひとつは、インテルとTSMC両社の複数のサプライヤーが、両社が建設中の新工場を支援するための現地での生産能力増強計画を縮小するか、一時的に延期しているというものだった。

以下は、インテルのCHIPS法のセレモニーと、インテルの晴れの日に影を落とした2つの報道についての私達の見解である 。

インテルが長い間約束していたCHIPS法の資金援助が今週ようやく実現し、アリゾナ州オコティロに建設予定の2つの新工場の建設現場を背景に、注目のイベントが開催された。(詳細はこちら

そして、資金調達の主な内容は以下の通りである。

  • 米商務省は、アリゾナ州、ニューメキシコ州、オハイオ州、オレゴン州におけるインテルの商用半導体プロジェクトを推進するため、CHIPS法(CHIPS and Science Act)を通じて最大85億ドルの直接資金拠出を提案している。
  • インテルはまた、1,000億ドルを超える適格投資に対して最大25%の米財務省投資税額控除(ITC)の恩恵を受け、110億ドルを上限とする連邦融資の資格も得られると見込んでいる。

これにより、インテルは 、5年間で1,000億ドル以上を米国に投資し、米国のチップ製造能力を拡大し、経済および国家安全保障に不可欠な能力を高め、AIなどの新興技術を加速させる義務がある。

さらに、雇用に関しても、地域社会への恩恵は計り知れないものである。

「インテルの投資により、1万人以上の企業雇用と2万人近くの建設雇用が創出され、サプライヤーや支援産業による5万人以上の間接雇用が支援されると予想されている。」

2022年9月にセレモニーが行われた オハイオ州の新製造拠点が加わり、インテルは米国内に4つの製造拠点を持つことになる。

そして、インテル・マーケティング・チームが自身のボーナスの支払いを正当化する必要があるため、これら4つの拠点にはすべてシリコンを意味するニックネームが付けられている。

ニューメキシコの地形に詳しくない人のために説明しておくと、ニューメキシコにはメサ(スペイン語でテーブルの意味)が点在している。メサとは、孤立した比較的平らな頂を持つ自然の高台のことで、通常はビュート(butte)よりも広く、プラトー(plateau)よりは広くない。

そのようなメサのひとつが、有名なアコマ・プエブロのある場所である。

この4つの拠点に付けられたニックネームには、とても興味深い点がある。

それが何かわかるだろうか。

ヒントは、それはSilicon Mesa/Forest/Desert/Heartlandというラベルの部分についてではないということである。

まだお分かりになっていない方のために、後でもう一度この点に触れることとしよう。

この資金調達を記念して、インテルは3月20日にイベントを開催し、ジョー・バイデン大統領やジーナ・ライモンド商務長官をはじめ、地元の要人が出席した。

イベントの模様は、こちらでビデオ再生が可能です。

アリゾナの気温はまだ真夏のような暑さにはなっておらず、イベントは屋外で行われた。

そして、念のために、参加者には昔ながらの非電動タイプのインテルブランドの手持ち扇風機が用意された。

ビデオ再生から判断すると、セレモニーの間、観客はこの扇風機を大いに活用したようである。

私はこのようなイベントを企画したインテルに敬意を表したい。

そして、このようなイベントは包括的でなければ意味がない。

実際に、当イベントでは、たとえば、地元のネイティブ・アメリカンのコミュニティ・リーダー、地元の労働組合のリーダー、建設現場の板金工のスピーチがあった。

さらに、シークレット・サービス風のサングラスをかけたパット・ゲルシンガーCEOも本領を発揮していた。

画像

ジョー・バイデンもサングラスの選択肢を選び、1つか2つの些細なミスはあったものの、力強いスピーチを行った。

ただし、スピーチの中で特に注目すべきミスとしては、”前任者(predecessor)”、つまりトランプ前大統領のことを指すつもりが、誤って”教授(professor)”と口にしたのは訂正すべき点だろう。

画像

当然ながら、バイデン大統領はこのイベントを最大限に活用して、選挙キャンペーンに向けたメッセージを訴えた。

また、工事現場を背景にしたセッティングは印象的だった。

バイデン大統領が現場の建設チームのメンバーに先導されて演壇に上がったり降りたりするなどの絶妙な選択は、当イベントにおける完璧な振り付けだったと言える。

CHIPS法への資金提供が発表されたら、TSMC(TSM)はアリゾナでどのようなイベントを開催するのだろうか。

インテルが今週開催したイベントよりも控えめなものになるのではないだろうか。

アリゾナのインテル向け半導体サプライヤーによる遅延

3月19日、インテルCHIPS法資金調達が発表される前日、日経アジアは、インテルとTSMCのアリゾナ半導体サプライヤーが、両社の生産能力増強計画に対応するため、アリゾナでの設備建設を延期していると報じている

台北:台湾セミコンダクター・マニュファクチャリング社とインテル社のサプライヤー少なくとも5社が、アリゾナ州での施設建設を延期している。これは、アメリカのチップ・サプライ・チェーンの再建が予想以上に大きな課題であることを示している。

この報告書で本当に興味深いのは、1社や2社ではなく、複数の施設サプライヤーが施設建設を延期していると主張していることである。

遅延の主な理由は2つある。

1つ目の理由は、インテルとTSMCの両社が推進している新ファブ・プロジェクトのスケジュールに関する懸念である。

「サプライヤーはまた、インテルとTSMCの拡張工事の進捗が予想以上に遅いことも延期の理由に挙げている。」

2つ目の理由は、コスト高騰と労働力不足への懸念である。

「影響を受けた企業の多くは、建設資材や労働力の高騰、建設労働者の不足が延期の原因だとしている。チップや自動車など幅広い分野への投資が州内に殺到し、建設部門を圧迫している。」

この報告書のタイミングを考えると、現実には、これらのサプライヤーは、米国内の他の施設、あるいは海外にある他の施設からガスや化学物質を輸送することで、その間の需要を(いつ発生しても)満たすことができるだろう。

ただし、言い換えれば、TSMCとインテルにとっては少々恥ずかしいことではあるが、致命的問題といったほどではないだろう。

インテルのオハイオ工場の遅れ

Cleveland.comが3月20日付(インテルがアリゾナでCHIPS法の式典を行ったその日に)で報じたところによると、オハイオ州にあるインテルの工場は、当初の予定日から少なくとも2年後まで稼動しないという(詳細はこちら)。

原文:NEW ALBANY, Ohio — Construction on Intel’s silicon chip factories just outside Columbus is under way, but a report sent to state officials shows that they’ll start production at least two years later than originally expected. Both of Intel’s semiconductor chip plants won’t be finished until 2026 or 2027, and they won’t be operational until 2027 or 2028, the company said in a report to the state. During a ceremonial groundbreaking in September 2022, Intel said the plants would be operational in 2025.

日本語訳:コロンバス郊外にあるインテルのシリコンチップ工場の建設は進んでいるが、州当局に送られた報告書によると、生産開始は当初の予想より少なくとも2年遅れることになる。インテル社の半導体チップ工場は、いずれも2026年か2027年まで完成せず、操業開始は2027年か2028年になると、同社は州への報告書で述べている。 2022年9月の起工式で、インテルは工場が2025年に稼働すると発表した。

現実には、着工から3年というのは、グリーンフィールド半導体工場を立ち上げるのに十分な時間である。

インテルのオハイオ工場の場合、その起工式は2022年9月に行われ、ジョー・バイデン大統領も出席していた。

画像

報告されている2年以上の遅れから、私達はどのような結論が導き出されるだろうか?

インテルは、少なくともあと3~4年は、これらの工場が追加する生産能力を必要としていない。

2つの工場用地は準備され、ユーティリティ設備も整い、シェルも建設されるかもしれない。

しかし、インテルがオハイオの工場を埋める顧客を見つけるまでは、オハイオの工場はそのままである。

つまり、インテルがオハイオの工場を埋める顧客を見つけた時初めて、ツールが発注され、設置されることになる。

ここで、インテルが米国に持つ4つの製造拠点のニックネームについて、先ほどの私の質問に戻りたい。

オハイオとアリゾナの表示を比較してみよう。

そして、オハイオ州がインテルの新たな「Leading-Edge(リーディング・エッジ)」拠点となるのに対し、アリゾナ州は「Leading-Edge(リーディング・エッジ)」の言及はないが、インテルの「Powerhouse(重要製造拠点)」となるとされていることに注目してほしい。

ここでは、「Leading-Edge(リーディング・エッジ)」の達成は、オハイオ工場が稼動することと連動している、というインテルからのサブリミナル・メッセージでもあるのだろうか。

そしてその建設は今、2年遅れていると言われている。

おそらく、この表現は単なる偶然だろうが、今後の同社の進展には引き続き注目したい。

【先行アクセス(+特典付き)とニュースレターへの登録】

インベストリンゴは、🇯🇵日本初、🇺🇸米国株式投資に特化した金融のプロフェッショナルが集まる📱メディアプラットフォームです。

🚀ローンチに先立ち、✉️ニュースレター経由で、彼らの最新のコンテンツを日々紹介しております。

インベストリンゴ公式ホームページはこちら

米国株投資家の皆様は、是非、上記リンクより、メールアドレスをご登録頂き、完全版の弊社レポートを、日々、無料でご覧頂ければと思います。

ご登録頂けますと、過去のレポートも全て無料でご覧頂けます。

また、X(旧Twitter)上でも、日々、米国株式市場に関する情報を配信しておりますので、是非、フォロー頂ければと思います。

X(旧Twitter):インベストリンゴ公式アカウントはこちら

弊社配当関連レポート

【米国株式投資】【最新】米国株の今後の見通し / RSP / 強気:ソフトランディングは目前

【米国株式投資】注目の受託製造業者のジェイビル(JBL)とフレックス(FLEX)の最新の決算と今後の株価見通し – Part 2

【米国株式投資】注目の受託製造業者のジェイビル(JBL)とフレックス(FLEX)の最新の決算と今後の株価見通し – Part 1

【米国株式投資】ブラック・ヒルズ / BKH / 予想配当利回り5% / 弱気 / 配当王:23年4Q決算と今後の株価見通し(Black Hills)

【米国株式投資】キンバリー・クラーク / KMB / 予想配当利回り3.92% / 中立 / 配当王:23年4Q決算と今後の株価見通し(Kimberly-Clark)

【米国株式投資】レゲット・アンド・プラット / LEG / 予想配当利回り10% / 弱気 / 配当王:23年4Q決算と今後の株価見通し(Leggett & Platt)

【米国株式投資】コストコ / COST / 予想配当利回り0.56% / 中立:最新の24年2Q決算と今後の株価見通し(Costco)

【米国株式投資】コルゲート・パルモリーブ / CL / 予想配当利回り2.17% / 中立 / 配当王:23年4Q決算と今後の株価見通し(Colgate)

【米国株式投資】シンシナティ・ファイナンシャル / CINF / 予想配当利回り2.7% / 中立 / 配当王:23年4Q決算と今後の株価見通し(Cincinnati Financial)

【米国株式投資】アッヴィ / ABBV / 予想配当利回り3.47% / 弱気 / 配当王:最新の23年4Q決算と今後の株価見通し(AbbVie)

【米国株式投資】アボット・ラボラトリーズ / ABT / 予想配当利回り1.83% / 中立 / 配当王:最新の23年4Q決算と今後の株価見通し(Abbott Laboratories)

【米国株式投資】ターゲット / TGT / 予想配当利回り2.57% / 中立 / 配当王:最新の23年4Q決算と今後の株価見通し(Target)

【米国株式投資】フィリップ・モリス / PM / 予想配当利回り5.65% / 強気:最新の23年4Q決算と今後の株価見通し(Philip Morris)

【米国株式投資】TモバイルUS / TMUS / 予想配当利回り0.8% / 中立:最新の23年4Q決算と今後の株価見通し(T-Mobile)

【米国株式投資】【投資コラム】米国株配当王の一覧と配当王への投資を検討する際に考慮すべきポイントを徹底解説!

【米国株式投資】クローガー / KR / 予想配当利回り2.36% / 中立:注目の連続増配銘柄の最新の23年3Q決算と今後の株価見通し(Kroger)

【米国株式投資】ウォルマート / WMT / 中立 / 予想配当利回り1.39% / 配当王:最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(Walmart)

【米国株式投資】エマソン・エレクトリック / EMR / 予想配当利回り2% / 中立 / 配当王:最新の24年1Q決算と今後の株価見通し(Emerson Electric)

【米国株式投資】パーカー・ハネフィン / PH / 予想配当利回り1.12% / 弱気 / 配当王:最新の24年2Q決算分析と今後の株価見通し(Parker-Hannifin)

【米国株式投資】ドーバー / DOV / 予想配当利回り1.24% / 中立 / 配当王:最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(Dover)

【米国株式投資】ノースウエスト・ナチュラル / NWN / 予想配当利回り5.32% / 配当王:23年4Q決算分析と今後の株価見通し(Northwest Natural Holding)

【米国株式投資】アメリカン・ステイツ・ウォーター / AWR / 予想配当利回り2.43% / 強気 / 配当王:最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(American States Water)

【米国株式投資】ペプシコ / PEP / 予想配当利回り3.04%:連続増配ディフェンシブ銘柄の最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(PepsiCo)

【米国株式投資】フォード・モーター / F / 予想配当利回り4.88%:注目の高配当銘柄の最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(Ford Motor)

【米国株式投資】マクドナルド / MCD / 予想配当利回り2.29%:連続増配ディフェンシブ銘柄の最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(McDonald’s)

【米国株式投資】コカ・コーラ / KO / 予想配当利回り3.09%:連続増配銘柄の最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し

➡ 【米国株式投資】ブリティッシュ・アメリカン・タバコ / BTI / 予想配当利回り9.57%:ディフェンシブ・タバコ関連銘柄の最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(British American Tobacco)

➡【米国株式投資】スターバックス・スタバ / SBUX / 予想配当利回り2.41%:連続増配ディフェンシブ銘柄の最新の決算分析と今後の株価見通し(2024年2月7日 / Starbucks)


【米国株式投資】アルトリア・グループ / MO / 予想配当利回り9.79%:連続増配ディフェンシブ銘柄の最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(Altria)

【米国株式投資】シェブロン/ CVX / 予想配当利回り4.06%:連続増配エネルギー銘柄の最新の決算分析と今後の株価見通し(Chevron)

【米国株式投資】エクソン・モービル / XOM / 予想配当利回り3.65%:連続増配エネルギー銘柄の最新の決算分析と今後の株価見通し(2024年2月9日 / Exxon Mobil)

【米国株式投資】ファイザー / PFE:予想配当利回り6.24%の増配を継続する注目の製薬・ディフェンシブ高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月5日 / Pfizer)

【米国株式投資】JPモルガン / JPM / 予想配当利回り2.38%:連続して増配する注目の銀行・高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(米国株式投資 / 2024年1月31日 / JP Morgan)

【米国株式投資】ジョンソン・エンド・ジョンソン / JNJ:予想配当利回り2.99%の増配を継続する注目のディフェンシブ高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月1日)

【米国株式投資】プロクター・アンド・ギャンブル / PG:予想配当利回り2.39 %の増配を継続する注目のディフェンシブ高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月1日)

【米国株式投資】ロッキード・マーチン / LMT:予想配当利回り2.92%の増配を継続する注目のディフェンシブ高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月1日 / 米国株式投資 / Lockheed Martin)

【米国株式投資】スリーエム / MMM:予想配当利回り6.29%の注目のディフェンシブ高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月1日 / 米国株式投資 / 3M Co)

【米国株式投資】メタ・フェイスブック / META / 予想配当利回り0.43%:注目のメタバース・AI関連成長株の最新の決算分析と今後の株価見通し(2024年2月2日 / Meta / Facebook)

【米国株式投資】ベライゾン / VZ:予想配当利回り6.28%の増配を継続する注目のディフェンシブ高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月1日 / 米国株式投資 / Verizon)

【米国株式投資】AT&T / T:予想配当利回り6.26%の注目のディフェンシブ高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月1日 )

【米国株式投資】ラム・リサーチ / LRCX(Lam Research:予想配当利回り0.95%):注目の半導体関連銘柄の24年度第2四半期決算・株価分析と今後の展望

【米国株投資】エヌビディア / NVDA(NVIDIA Corp:年間予想配当利回り0.03%):注目の半導体・AI関連銘柄から学んだ配当と株価リターンに関する教訓

【米国株投資】エヌビディア / NVDA / 予想配当利回り0.03%:半導体AI関連銘柄の株価分析と今後の見通し(NVIDIA)

【米国株投資】エンブリッジ(ENB:年間予想配当利回り7.5%)& ベライゾン(VZ:年間予想配当利回り6.7%):高水準の予想配当利回りが魅力的な、おススメの2つの高配当個別銘柄

【米国株投資】マリオット・インターナショナル(MAR:年間予想配当利回り0.9%):グローバル・ブランド関連のおススメの高配当個別銘柄 – Part 2

【米国株投資】メドトロニック/ MDT:予想配当利回り3.20%の注目の高配当ヘルスケア関連個別銘柄

【米国株投資】ONEOK(ワンオーク)/ OKE:予想配当利回り5.57%の注目の高配当エネルギー関連銘柄

免責事項:本レポート上で紹介する情報は、情報の提供、並びに、エンターテインメントの提供を目的としております。その為、本情報は、特定の証券の売買や投資戦略を勧誘するものではありません。また、私は税務、法律、会計に関する助言は一切いたしません。投資には常にリスクが伴い、リターン、あるいは、元本が保証されているものではない点にご留意ください。私の知る限りでは、私は自らの分析に、虚偽、または、重大な誤解を招く記述や事実の省略が含まれていないと認識しております。特定の投資助言における過去のパフォーマンスは、特定の状況、または、市場の出来事、投資の性質、および、タイミング、ならびに、投資に関連する制約についての知識がない限り、依拠すべきではありません。私は、チャート、グラフ、計算式、推奨銘柄について述べたり、表示したりすることがありますが、これらはそれ自体でどの証券を売買すべきか、あるいはいつ売買すべきかを決定するために使用されることを意図しておりません。このようなチャートやグラフは、限られた情報しか提供していないため、それだけで投資判断を下すべきではありません。実際に投資をする際には、ライセンスを保有する金融の専門家にご相談されることを強くお勧めします。ここに記載された意見は、あくまでも私個人のものであり、予告なしに変更されることがあります。また、参照した意見やデータは本レポートの発表日時点のものであり、市場や経済状況の変化により変更される可能性があります。

アナリストによる開示:私はINTCに関するロング・ポジションを現在保有しております。私は、インベストリンゴからの報酬を除き、この記事に対して、いかなる報酬も受け取っておりません。また、本文書で言及している企業とは、いかなる商業的関係も有しておりません。

インベストリンゴによる開示:インベストリンゴは、当社コンテンツ・クリエイターが、自身の専門・得意領域に関する情報・知識を、当社のユーザーと共有する事を目的とする米国株特化型のコミュニティです。本サイトのコンテンツは、投資教育、並びに、投資情報の提供のみを目的としており、特定の投資家に対して、投資、税務、法律等のアドバイスを提供することを意図しておりません。加えて、Investlingo Japan合同会社は、日本においてライセンスを保有する証券会社、投資顧問業者、または、投資銀行ではございません。ここで述べられている意見や見解は、あくまでも、各コンテンツ・クリエーター個人の見解であり、Investlingo Japan合同会社の立場を反映しているものではございません。当社のコンテンツ・クリエーターは、個人投資家を含む独立したブロガー・アナリストから構成されており、公的機関等からの金融関連のライセンスを取得していない場合もございます。その為、本サイト上のいかなる情報も、インベストリンゴ、または、弊社プラットフォーム上の第三者による、金融商品の推奨、或いは、投資助言として解釈されるべきではありません。インベストリンゴは、弊社プラットフォーム上の情報に基づいて行われるいかなる投資決定に対して、一切責任を負わず、各ユーザーが単独で責任を負う点にご留意ください。

アナリスト紹介

ウィリアム・キーティング
拠点:香港
セクター:半導体・テクノロジー

キーティング氏は、半導体とテクノロジーのリサーチ&コンサルティング会社であるIngenuity (Hong Kong) Ltdの創立者兼CEO。半導体業界において重要性の高いニッチなテーマを専門にする。主に、インテル、AMD、サムスン、アップル、マイクロン等の企業や、ASML、AMAT、キヤノン、ニコンなどの主要機器サプライヤーの製品、ロードマップ、技術に焦点を当てたリサーチ、並びに、コンサルティング・サービスを提供。

にほんブログ村:米国株ランキング

人気ブログランキング:米国株ランキング

上部へスクロール