【投資コラム】私が安定した米国株高配当銘柄からなるポートフォリオを好む理由

Ticker: GENERAL / 2494文字 / 所要時間5分程度 

サマリー

  • 本稿では、なぜ配当株投資が私の主要な投資戦略なのかを説明したい。
  • 配当収入を上手く活用することで、ポートフォリオに安定性と予測可能性を与えることができると考えている。
  • 相場は常に揺れ動くものであり、日々、不安に悩まされるか、或いは、冷静さを保ちながら定期的な配当収入により資産を構築するかは自分次第である。

なぜ配当株投資?

私が配当株投資にこだわる理由ついて、度々、質問されることがある。

恐らく、市場には実に多くの投資における選択肢がある中で、なぜ「配当株投資」という特定のサブカテゴリーに限定するのかと疑問を持つ人が多いからだろう。

或いは、テクノロジー企業等の成長株(グロース株)に投資することで、資産を2、3倍に増加することができる可能性がある一方で、なぜ私は1桁台の利回りに甘んじているのかと疑問に思っている方も多くいるかもしれない。

その答えは「パッシブ・インカム(受動的収入)」にある。

私を含む多くの人は、正社員として自分の時間とスキルの対価として収入を受け取り、生計を立てるために働いている。

しかし、時間は常に有限であり、地球上のどんなに裕福な人であっても、1日を1秒でも長くすることはできないのである。

そのため、時間という物は、本質的にお金よりもずっと価値のあるものであると考えている。

そして私は、所謂、労働を通じて、いつまでも自分の時間をお金に換え続ける生活を送りたくはないと思っている。

その代わりに、私は自分の資産を活用し、受動的により多くの資産を生み出したいと考えている。

より多くの資産を生み出すことで、より多くの時間を家族と過ごしたり、趣味を追求したり等、毎日のスケジュールを自ら管理し、自分の人生に意味を与えてくれることを追求するために時間を使うことができるようになると信じている。

そして、私が主な投資戦略として、配当株投資を追求する理由は以下の通りである。

1. 配当は安定した信頼できる収入源

配当株に投資する主な理由のひとつは、配当株が投資家にもたらす安定性である。安定した配当金を支払っている企業は、多くの場合、財務的に堅固で、安定した収益の歴史をたどることができる。

この信頼性は投資家にとって安定した収入源となることから、配当株は定期的で予測可能なキャッシュフローを求める投資家にとって特に魅力的な投資対象となる。

2. 配当による手元の現金の獲得

保有する有価証券を売却するまで実現されることのない含み益とは異なり、配当投資は原証券の所有権を変更することなく、定期的に使用可能な現金が手元に入ることを可能とする。

つまり、収益を得るために資産を売却するわけではなく、理想的な企業に投資していれば、永久に配当が支払われる可能性があることになる。

つまり、マーケットにおける売買のタイミングも、神経質なチャート・パターン分析も、指値注文も、運の要素も一切関係ないのである。

3. 配当による初期投資の回収

配当は収入をもたらすだけでなく、投資回収を早める可能性もある。

初期投資資金の回収は、株式投資におけるセーフティネットのようなものだと考えてほしい。

株式が長期的にどのように推移するかは誰にもわからないが、投資回収期間を事前に計算することで、初期投資を回収するための予想ベースライン・パフォーマンス(最悪のシナリオ)を確立することができる。

配当投資には、「72の法則」というものがある。

これは、72という数字を、自身のポジションの利回りで割ると、初期投資額を回収するのに必要な年数が算出できるというものである。

つまり、利回り9%の株は8年で投資額をすべて回収し、その後は将来のキャッシュフローを自由に生み出す源泉となるということである。

そして、最も重要なことは、その配当を生み出し続ける株式の所有権は変わらないということである。

4. 配当によるリスクとボラティリティの低減

配当は、ポートフォリオ全体のリスクとボラティリティを下げる大きな要因となる。

株価が急落すると、損失を減らすために株式の売却を検討するのが、頻繁に見られる人間の行動である。

しかし、四半期ごとに高額の配当金が支払われる銘柄であれば、当株式の売却を考え直すことになるだろう。

さらに、歴史的な市場パフォーマンスを見ると、配当金は長期的に市場リターンの中で最も大きな部分を占めており、不況時や弱気相場時にその割合が顕著に高くなっていることが分かる。

つまり、配当を定期的に支払う企業に分散して投資するポートフォリオは、仮に激しいボラティリティ環境下でも、概ね配当収入を維持できる可能性が高いということである。

5. 配当支払企業は安定した高収益企業

一般的に、企業が配当金を支払うのは、事業費、借入金、再投資などをすべて支払った後の余剰資金がある場合のみである。

そして、定期的な配当を維持するのは、継続的な収益性に自信を持っている企業だけである。

人生はしばしば競争であり、私たちは常にあらゆる面で他人よりも優れようとする。

学校では、同級生よりも良い成績を取ろうと競い合い、職場では、昇進や昇給を得るために同僚と競い合うのである。

さらに、世界有数の大企業では、勤勉で才能あるプロフェッショナルがさまざまなポジションで働いているのである。

そして、現実としては、私は彼ら全員と競争することはできないし、彼ら全員に勝ることもできない。

しかし、配当株投資という私の戦略を用いることで、自身の資産を構築するために、実際に成功している各企業で働く優秀なプロフェッショナルの知識、勤勉さ、技術を利用することができるのである。

それは、まるで、彼らが四半期ごとに私が配当金を稼ぐために、日々、一生懸命に働いてくれているのと同じであるように見える。

したがって、誰かが、アップルやマイクロソフト、あるいはその他の配当支払い額の大きいメガ・キャップ企業でトップに就任したというニュースを私に教えてくれる時には、私は静かに、私の経済的将来に対する彼らの貢献に対し感謝しているのである。

これこそが配当投資の魅力であり、私が配当株投資を好む理由である。

免責事項:本レポート上で紹介する情報は、あくまでも私個人の意見であり、投資教育を目的としております。その為、本レポートは、特定の投資家に対して、どのような投資が適切であるかについて、推奨、または、助言するものではございません。また、過去のパフォーマンスは、将来の結果を保証するものではございません。Venkat Raghavan、または、Finfluencer Inc.は、政府より認可を受けた証券ディーラー、ブローカー、投資アドバイザー、投資銀行ではございません。その為、当社の分析は、規制当局からの免許、または、認可を受けていない著者により執筆されている可能性がある点にご留意ください。以上より、実際に投資をする際には、ライセンスを保有する金融の専門家にご相談されることを強くお勧めします。

筆者による開示: 私は、この記事で言及されている企業の株式に関するポジションを現時点で保有しておらず、また、今後5日以内にそのようなポジションを持つ予定もありません。本記事は、私個人の見解に基づき、独自に執筆したものです。私は、Investlingoからの報酬を除き、この記事に対して、いかなる報酬も受け取っておりません。また、本文書で言及している企業とは、いかなる商業的関係も有しておりません。

Investlingoによる開示: Investlingo Japan合同会社は、個別の投資に関する推奨やアドバイスを提供することを意図しておりません。加えて、Investlingo Japan合同会社は、日本においてライセンスを持つ証券会社、投資顧問、または投資銀行ではございません。ここで述べられている意見や見解は、あくまでも、各コンテンツ・クリエーターの個人の見解であり、Investlingo Japan合同会社の立場を反映しているものではございません。当社のコンテンツ・クリエーターは、個人投資家を含む独立したブロガー・アナリストから構成されており、公的機関等からの金融関連のライセンスを取得していない場合もございます。また、過去の実績は、将来の結果を保証するものではございません。

アナリスト紹介

Venkat Raghavan ヴェンカット・ラガーヴァン
拠点:カナダ
セクター:北米高配当銘柄

テクノロジー・アドバイザーのラガーヴァン氏は、高配当銘柄を中心に投資アイデアを執筆。執筆活動以前は、米国とカナダにて、経営コンサルタントとして、主にフォーチュン500社に含まれる大手テクノロジー企業を中心に、コンサルティング・サービスを提供。彼は、強固なファンダメンタルズと競争優位性を持ち、更に、巨大なキャッシュフローを生み出す可能性のある魅力的なビジネスモデルを特定・評価するプロフェッショナル。その為、インカム・ゲイン(配当収入)と長期キャピタルゲインを同時に狙える割安な高配当成長銘柄を投資対象としている。

にほんブログ村:米国株ランキング

人気ブログランキング:米国株ランキング

上部へスクロール