フォーティネット / FTNT / 強気:サイバーセキュリティ関連銘柄のテクノロジー分析と今後の株価見通し – Part 1

Ticker: FTNT / 3158文字 / 所要時間7分程度 / 強気

画像

サマリー

  • フォーティネット(FTNT)の乖離したSASE戦略は、ネットワーキングとネットワーク・セキュリティの将来の進化において、同社を最も適応力のあるベンダーとしている。
  • 実際、我々は、SASOと呼ばれるSASEのバリエーションを作成し、FTNTのコンバージドネットワーキングとセキュリティにおける能力をよりよく表している。また、長期的にはSASOがSASEを徐々に吸収していくと考えている。
  • しかし、SASEやSASOは、より広範なネットワーキングにおける「ファーストマイル」に過ぎない。我々は、ミドルマイルとラストマイルにも同社の成長機会があると見ている。
  • 相対的に、投資家が同社の今後12カ月先のガイダンスのさらに先の成長性を見ることができれば、同社のバリュエーションは魅力的に見えると考える。また、私たちのバリュエーションは、現時点の同社株価から最大で50%のアップサイドを示唆している。

SASEとフォーティネットのバックグラウンド

ガートナーは2019年にSASE(セキュア・アクセス・サービス・エッジ)のコンセプトを発表し、ネットワーキングとネットワーク・セキュリティの状況を一変させた。ベンダーの多くは真のSASEに必要な包括的な機能を欠いていたため、混乱が生じ、企業の総所有コスト(TCO)が増加した。ガートナーの推進方法に対する批判が起こり、市場の混乱を招くこととなった。

ガートナーのアプローチの進化

ガートナーが最初に発表したSASEの概要は曖昧で、詳細なベンダー分析に欠けていた。ガートナーは、WANエッジインフラストラクチャのマジック・クアドラント(MQ)を更新し続け、SASEのセキュリティ側面であるSSE(セキュアサービスエッジ)の特定のMQを2022年にリリースするにとどまった。この遅れと細分化は混乱を助長し、ガートナー社内の軋轢を示唆している。

SASEランドスケープにおけるフォーティネットの位置づけ

ガートナーのSASEに関する議論では早くから漏れていたものの、フォーティネット(FTNT)はSASEにおける重要なプレーヤーと見なされており、独自のオンプレミスおよびPoP(Point of Presence)ソリューションを提供している。彼らのアプローチは、ガートナーのクラウド中心のSASEの定義に挑戦しており、企業のIT環境に基づいた柔軟性を提唱している。

運用環境とSASEの展開

クラウド中心のIT環境を持つ企業ではPoPベースのSASEが有益だが、ハイブリッド環境を持つ企業ではオンプレミスのソリューションの方が適しているかもしれない。包括的なネットワーキングとセキュリティ機能をオンプレミスに統合するフォーティネットの能力は、ガートナーが当初除外していた市場ポジションに影響を与える可能性があり、他とは一線を画している。

フォーティネットの技術的優位性

フォーティネットは、カスタムシリコンの開発と統合能力により、コンパクトで効率的なFortiGateアプライアンスを提供し、パフォーマンスとコストで競争力を発揮している。オンプレミス・ソリューションからクラウド・ネイティブ・フォーマットへの移行は、初期の批判に対処し、SASEの提供を強化するものである。

市場の反応と統合

ガートナーが最終的にフォーティネットのSASE機能を認めたことは、市場の理解に変化をもたらした。業界の統合は進化する状況を反映しており、ベンダーは SD-WANとSSEを統合して包括的なSASEソリューションを形成し、市場の要求とガートナーの評価との間のダイナミックな相互作用を浮き彫りにしている。

フォーティネットの継続的イノベーション

フォーティネットは自社開発と戦略的買収により、SASE領域における主要なイノベーターとしての地位を確立している。フォーティネットの統合的なアプローチは、競合他社と比較して技術的負債を削減し、SASE市場における迅速かつ持続的な進歩を支えている。

SASEからSASOへ

COVID-19の時代、SASEは極めて重要なネットワーキングとセキュリティのフレームワークとして注目されました。しかし、ハイブリッドITの存続は、クラウド移行の複雑性とともに、オンプレミスとクラウドの両方のソリューションの必要性を示唆しており、クラウド中心の未来という概念に挑戦しているというのも現状である。そして、集中化と分散化の間で揺れ動く技術的状況は、SASEが究極のモデルではない可能性を示唆している。

進化するアーキテクチャとSASOコンセプト

サイバーセキュリティを含む様々な分野における集中型システムと分散型システムの間の歴史的なシフトは、SASEの集中型アプローチが進化する可能性があることを示している。このようなパターンとフォーティネット(FTNT)のネットワーキング/セキュリティの融合戦略に注目し、SASO(セキュア・アクセス・サービス・オムニ)のコンセプトが浮上している。

Convequity Impulseと市場予測

Convequity Impulseは、ベンダーの市場導入力と製品力を評価するツールで、業界の方向性を洞察するのに役立っている。現在の強みと将来のロードマップを考慮して市場のシフトを予測し、進化するネットワーキングとセキュリティのランドスケープにおける製品開発と市場受容の間のダイナミックな相互作用を予測している。

画像

SASE & SASO を超えて – セキュア・ネットワーキングの進化

セキュア(安全な)・ネットワーキングの旅は、SASEを超えて、ファーストマイル、ミドルマイル、ラストマイルにわたるデータ転送プロセス全体に及ぶ。この包括的な視点は、フォーティネット(FTNT)をこれらのセグメントにおける重要なプレーヤーとして位置づけ、ネットワーキングとセキュリティの状況をより幅広く理解することを可能にする。

ファーストマイル:SASEとSASOが存在する場所

ファーストマイル、つまりWANエッジはSASEの領域であり、オンプレミス・ソリューションを含むSASOへと進化している。フォーティネットは、FortiGateまたはFortiSASEを介した汎用性の高い統合ネットワーキングおよびセキュリティ・ソリューションを提供することで、競合他社のサービス・チェーン・アプローチと比較して真のコンバージェンスを示している。市場シェアでは特定の競合他社に遅れをとっているが、同社のASIC駆動型FortiGateアプライアンスとFortiOSを利用した膨大な顧客基盤は、特にSASEソリューションの展開と拡張において大きな強みとなっている。

ミドルマイル:フォーティネットのリーチを拡大

フォーティネットは、コロケーションサービスを利用する競合他社とは対照的に、100を超える自社PoPの確立を目指し、ミドルマイルでの拡大を意欲的に進めています。この戦略的展開には、独自のPoPの構築、Google Cloudの活用による急速な拡大、エクイニクスのコロケーションサービスの活用、サービスプロバイダーとの共同PoP構築といった多面的なアプローチが含まれる。この戦略は、フォーティネットのミドルマイルでの存在感を高め、Networking-as-a-Service(NaaS)の強力な基盤を提供し、フォーティネットを市場で強力なプレーヤーとして位置づけることを目的としている。

ラストワンマイル:フォーティネットのアプリケーションエッジの強み

※続きは「フォーティネット / FTNT / 強気:サイバーセキュリティ関連銘柄のテクノロジー分析と今後の株価見通し – Part 2」をご覧ください。

【先行アクセス(+特典付き)とニュースレターへの登録】

インベストリンゴは、🇯🇵日本初、🇺🇸米国株式投資に特化した金融のプロフェッショナルが集まる📱メディアプラットフォームです。

🚀ローンチに先立ち、✉️ニュースレター経由で、彼らの最新のコンテンツを日々紹介しております。

インベストリンゴ公式ホームページはこちら

米国株投資家の皆様は、是非、上記リンクより、メールアドレスをご登録頂き、完全版の弊社レポートを、日々、無料でご覧頂ければと思います。

ご登録頂けますと、過去のレポートも全て無料でご覧頂けます。

また、X(旧Twitter)上でも、日々、米国株式市場に関する情報を配信しておりますので、是非、フォロー頂ければと思います。

X(旧Twitter):インベストリンゴ公式アカウントはこちら

弊社最新レポート

【米国株式投資】ライフMD / LFMD / 強気:テレヘルス(遠隔医療)企業の最新の23年4Q決算と今後の株価見通し(LifeMD)

【米国株式投資】【半導体関連】2023年度の世界半導体市場の統計の振り返りと2024年度の世界半導体市況の見通し

【米国株式投資】スノーフレイク / SNOW :新CEOのスリダール・ラマスワミ氏と2024年以降の同社の戦略に関して

【米国株式投資】セールスフォース / CRM / 強気:最新の24年4Q決算分析と今後の株価見通し(Salesforce)

【米国株式投資】最新のサプライチェーン・マネジメント・ソフトウェア企業関連ニュース

【米国株式投資】パロアルトネットワークス / PANW / 強気:サイバーセキュリティ銘柄の最新の24年度2Q決算分析と今後の株価見通し(Palo Alto Networks)

【米国株式投資】【半導体関連】2023年の世界のシリコンウェーハ市場の概要と2024年の見通し

【米国株式投資】【最新】米国株の今後の見通し / IWM / グロース株はバリュー株に取って代わられるかもしれない

【米国株式投資】リングセントラル / RNG / 中立:最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(RingCentral)

【米国株式投資】【最新】ビットコインのテクニカル分析と今後の見通し – Part 1(2024年3月 / BTCUSD / Bitcoin)

【米国株式投資】オクタ / OKTA / 中立:最新の24年4Q決算分析と今後の株価見通し(Okta)

【米国株式投資】24年1月の世界の半導体市場の売上高と今後の見通

【最新】米国株の今後の見通し / RSP / 強気:株式市場はバブルなのか?

【米国株式投資】WFE(半導体前工程製造装置 / 半導体ウェハー製造装置)業界と関連株式の2023年のまとめ&今後の市場見通し – Part 2

【米国株式投資】WFE(半導体前工程製造装置 / 半導体ウェハー製造装置)業界と関連株式の2023年のまとめ&今後の市場見通し – Part 1

【米国株式投資】半導体メモリ業界と関連株式の2023年のまとめ&今後の半導体メモリ市場の見通し – Part 2

【米国株式投資】最新のエンタープライズ・リソース・プランニング(ERP)ソフトウェア企業関連ニュース

【米国株式投資】半導体メモリ業界と関連株式の2023年のまとめ&今後の半導体メモリ市場の見通し – Part 1

【米国株式投資】アブポイント / AVPT / 中立:最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(AvePoint)

【最新】米国株の今後の見通し / RSP / 強気:強気派が主導権を握る市場へ

【最新】米国株の今後の見通し:今日の米国株に投資するには?引き続き、イコールウェイト型のS&P500に注目!

【最新】米国株の今後の見通し:AI関連銘柄以外の銘柄、イコールウェイト型のS&P500(RSP)に引き続き注目!

【最新】米国株の今後の見通し:イコールウェイト型のS&P500に注目!先週のローテションより、強気ブレイクアウトが発動!

【米国株投資】ドロップボックス / DBX / 強気:最新の23年度第4四半期決算分析と今後の株価見通し(Dropbox)

【米国株式投資】グローバルファウンドリーズ / GFS:最新の23年第4四半期決算分析と今後の株価見通し – Part 1(GlobalFoundries)

【米国株式投資】パロアルト・ネットワークス / PANW / 弱気:最新の24年度第2四半期決算分析と今後の株価見通し(Palo Alto Networks)

【米国株式投資】サイバーアーク・ソフトウェア / CYBR:テクノロジー関連成長株の最新の24年第4四半期決算分析と今後の株価見通し(CyberArk Software)

【米国株式投資】アプライド・マテリアルズ / AMAT:半導体・AI関連成長株の最新の24 年1Q決算分析と今後の株価見通し – Part 1(Applied Materials)

免責事項: 本レポート上で紹介する情報は、投資教育を目的としております。その為、本情報は、特定の証券の売買や投資戦略を勧誘するものではありません。また、私は税務、法律、会計に関する助言は一切いたしません。投資には常にリスクが伴い、リターン、あるいは、元本が保証されているものではない点にご留意ください。私の知る限りでは、私は自らの分析に、虚偽、または、重大な誤解を招く記述や事実の省略が含まれていないと認識しております。特定の投資助言における過去のパフォーマンスは、特定の状況、または、市場の出来事、投資の性質、および、タイミング、ならびに、投資に関連する制約についての知識がない限り、依拠すべきではありません。私は、チャート、グラフ、計算式、推奨銘柄について述べたり、表示したりすることがありますが、これらはそれ自体でどの証券を売買すべきか、あるいはいつ売買すべきかを決定するために使用されることを意図しておりません。このようなチャートやグラフは、限られた情報しか提供していないため、それだけで投資判断を下すべきではありません。実際に投資をする際には、ライセンスを保有する金融の専門家にご相談されることを強くお勧めします。ここに記載された意見は、あくまでも私個人のものであり、予告なしに変更されることがあります。また、参照した意見やデータは本レポートの発表日時点のものであり、市場や経済状況の変化により変更される可能性があります。

アナリストによる開示:私はFTNTに関するロング・ポジションを現在保有しております。また、本記事は、私個人の見解に基づき、独自に執筆したものです。私は、インベストリンゴからの報酬を除き、この記事に対して、いかなる報酬も受け取っておりません。また、本文書で言及している企業とは、いかなる商業的関係も有しておりません。

インベストリンゴによる開示:インベストリンゴは、当社コンテンツ・クリエイターが、自身の専門・得意領域に関する情報・知識を、当社のユーザーと共有する事を目的とする米国株特化型のコミュニティです。本サイトのコンテンツは、投資教育、並びに、投資情報の提供のみを目的としており、特定の投資家に対して、投資、税務、法律等のアドバイスを提供することを意図しておりません。加えて、Investlingo Japan合同会社は、日本においてライセンスを保有する証券会社、投資顧問業者、または、投資銀行ではございません。ここで述べられている意見や見解は、あくまでも、各コンテンツ・クリエーター個人の見解であり、Investlingo Japan合同会社の立場を反映しているものではございません。当社のコンテンツ・クリエーターは、個人投資家を含む独立したブロガー・アナリストから構成されており、公的機関等からの金融関連のライセンスを取得していない場合もございます。その為、本サイト上のいかなる情報も、インベストリンゴ、または、弊社プラットフォーム上の第三者による、金融商品の推奨、或いは、投資助言として解釈されるべきではありません。インベストリンゴは、弊社プラットフォーム上の情報に基づいて行われるいかなる投資決定に対して、一切責任を負わず、各ユーザーが単独で責任を負う点にご留意ください。

アナリスト紹介

コンヴェクィティ
拠点:イギリス / アラブ首長国連邦(UAE)
セクター:テクノロジー

2019年に設立されたConvequityは、サイバーセキュリティ、SaaSを含むエンタープライズ(企業)向けテクノロジーを扱うテック企業に関するエクイティ・リサーチを提供。セールス・チャネルや対象企業の経営陣との関係に依存する投資銀行や証券会社のアナリストとは異なり、Convequityは対象企業のプロダクト、アーキテクチャー、ビジョンを深掘りすることで投資家に有益な情報を提供することに努めている。特に、Convequityは、第一線で活躍する企業や イノベーションをリードするスタートアップ企業を含め、テクノロジー業界を幅広くカバーすることで、投資家のビジビリティと長期的なアルファの向上に努めている。

ジョーダン・ランバート CFA / LinkedIn

長年にわたるハイテク投資家であり、テクノロジー関連銘柄、および、株式リサーチとバリュエーションのニュアンスに特別な関心を持つ。CFA取得後、自身のソフトウェア、株式リサーチ、並びに、株式投資へのパッションを下に、2019年10月にConvequityを設立。新たなテクノロジー業界におけるトレンドと長期的に成功する可能性が高い企業を見極めることを得意としている。

サイモン・ヒー / LinkedIn

10年以上に渡りテクノロジーのあらゆる側面をカバーしてきた経験を生かし、テクノロジー起業への投資における、勝者と敗者を見極める鋭い洞察力を持つ。彼のテクノロジーに関するノウハウは、ビジネス戦略や財務分析への理解と相まって、Convequityの投資リサーチに反映されている。Convequityを設立する前は、オンラインITフォーラムでコミュニティ・マネージャーを務め、ネットワーク・セキュリティの業務に従事。ユニバーシティ・カレッジ・ダブリンで商学士号を取得。

にほんブログ村:米国株ランキング

人気ブログランキング:米国株ランキング

上部へスクロール