【米国株投資】エノビックス / ENVX:現代のバッテリー市場の覇権獲得に向けて加速

Ticker: ENVX / 2341文字 / 所要時間5分程度 / Buy / マイケル・ウィギンズ・デ・オリベイラ

サマリー

  • エノビックスは、世界的なOEM向けの、バッテリーの大量生産に特化したビジネスを展開する、Pre-revenue(収益を生み出す前段階の)企業である
  • 同社の高度なバッテリー技術は、現行のリチウム・バッテリーより、30%以上大きい容量を実現
  • 合理化された事業運営、好調な財務パフォーマンス、更に、当面は追加での資本調達の必要性がないことを踏まえると、同社の短期的な見通しは有望であると見ている

投資テーマ

エノビックス(ENVX)は、Pre-revenue(収益を生み出す前段階の)ビジネスである。

つまり、現在は収益がないのである。

同事業は、世界最大のOEMからの需要に応えるため、バッテリーを大量生産する為のキャパシティーの構築に懸命に取り組んでいる。

彼らはコスト構造をコントロールし続けることに真剣に注力している。

そして、私の想定では、同社は、2024年にはこれ以上の資本調達は必要ないだろうと見ている。

私は、以前から、この事業が非常に魅力的であると信じ続けている。

しかし、この事業が、バッテリーの商業化から一定の収益を計上し始めるのは、少なくとも2025年以降になると見ている。

エノビックスが達成しようとしていること

誰もがエノビックスのストーリーを知っているわけではない。

そこで、この5つの文章で、できるだけ簡潔に背景を説明したい。

同社は、より容量の大きい最新のリチウム・バッテリーを開発し、商業化しようとしている。

また、同社は、彼らのバッテリーは、最新、且つ、最高の現代のリチウム・バッテリーよりも、30%程容量が大きいと信じている。

その結果、規模が大きくなれば、信頼できるリチウム・バッテリーの供給を求めるメガキャップのOEMに販売できるようになる。

より多くのバッテリー容量を保有することの利点は、デバイスがより大きな馬力を要求するようになると、また、バッテリーがデバイスの潜在能力を最大限に引き出すための制限要因になることに対応できる点である。

同社に対する弱気論調は、同社が売上を計上していないという事実とは別に、同社がバッテリーの生産を、計画通り、且つ、予算通り拡大するのに苦労するだろうというものである。

また、信頼性の高い最新のリチウム・バッテリーの供給を求める世界最大のOEMに相手にされるほど、同社は生産量を増やすことには成功しないだろうと、弱気派は信じている。

短期的な見通し

エノビックスの短期的な見通しは、戦略的イニシアティブ、技術革新、好調な財務パフォーマンスに牽引され、有望であると思われる。

よりコスト効率の高い製造モデルへの移行と、Routejadeの買収に成功したことで、同社は業務を合理化し、能力を拡大した。

特筆すべきは、同社の高度なバッテリー技術、特にEX2が、現在のベースラインと比較して30%以上の容量増加を実現する態勢を整えていることである。

これは、スマートフォン市場の需要増加に対応し、より大規模なEV市場の成長に向けて、同社を有利なポジションに押し上げる可能性がある。

さらに、同社は、今四半期を3億7,000万ドルの潤沢な現金残高で終えている。

当事業が、年間約1億7,000万ドルのキャッシュ・バーン(消費する現金量)で経営されていることを考えると、少なくとも今後1年間は、エノビックスがこれ以上資本を調達する必要がないことを意味している。

現在の金融情勢が如何に厳しいかを考えれば、これは重要な検討事項である。

また、同社は非常に透明性を保ち、いつから安定した収益が得られるのかという市場の疑問に正面から取り組んでいる。

現実的には、2025年までは、一定の収益は得られないであろう。

透明性を確保するために付け加えさせて頂くが、私は以前のレポートで、エノビックスは2024年末から収益を上げ始めると述べていたが、その目標は現在では延期されている。

注目すべき懸念材料

エノビックスが必要とする数百万個のバッテリー・ユニットの生産に達するまで、キャッシュバーンを減速させるため、同社はカリフォルニアを拠点とするFab1施設の閉鎖を進めている。

しかし、マレーシアのFab2施設での生産開始には時間がかかる模様である。

そして、投資家は、同社にそのような時間を与えたがらない可能性がある。

エノビックスが直面しているもう一つの争点は、このチームが、果たして、バッテリー生産において、歩留まり率を90%の水準まで持っていけるかどうかが疑わしいという点である。

しかし、同社は、2025年までに製造方法を改善し、90%という高い歩留まり率に到達することに成功するだろうと主張している。

結論

エノビックスは、現在、収益を生み出す前段階にある。

しかし、「大規模なバッテリー生産を確保し、世界の大手OEMの需要に応える」という目標に対する同社の断固とした取り組みを考慮すると、私は、同社は魅力的な長期投資機会を提供していると考える。

同社は、一定の規模の収益を上げるにはまだ時間がかかると認識しながらも、業界最高水準のリチウム・バッテリーと比較して、容量が30%も大幅に増加すると予想される大容量リチウム・バッテリーの商業化に全力を注いでいる。

特筆すべきは、最近のRoutejade社の買収とコスト削減の成功により、経営効率と持続的成長への取り組みが明確になったことである。

同社は、約3億7,000万ドルの潤沢な現金残高により、追加資本を直ちに必要とすることなく商業化への道を歩む態勢を整えており、これは現在の金融情勢における大きな利点である。

12ヶ月以上の長い目線で、ビジネスに付き合うスタミナがある投資家にとっては、同社は非常に魅力的なエントリー・ポイントを提供していると考える。

免責事項:本レポート上で紹介する情報は、投資教育を目的としております。その為、本情報は、特定の証券の売買や投資戦略を勧誘するものではありません。また、私は税務、法律、会計に関する助言は一切いたしません。投資には常にリスクが伴い、リターン、あるいは、元本が保証されているものではない点にご留意ください。私は、自らの分析に、虚偽、または、重大な誤解を招く記述や事実の省略が含まれていないと認識しております。特定の投資助言における過去のパフォーマンスは、特定の状況、または、市場の出来事、投資の性質、および、タイミング、ならびに、投資に関連する制約についての知識がない限り、依拠すべきではありません。私は、チャート、グラフ、計算式、推奨銘柄について述べたり、表示したりすることがありますが、これらはそれ自体でどの証券を売買すべきか、あるいはいつ売買すべきかを決定するために使用されることを意図しておりません。このようなチャートやグラフは、限られた情報しか提供していないため、それだけで投資判断を下すべきではありません。実際に投資をする際には、ライセンスを保有する金融の専門家にご相談されることを強くお勧めします。ここに記載された意見は、あくまでも私個人のものであり、予告なしに変更されることがあります。また、参照した意見やデータは本レポートの発表日時点のものであり、市場や経済状況の変化により変更される可能性があります。

アナリストによる開示:私はENVXに関するロング・ポジションを現在保有しております。また、本記事は、私個人の見解に基づき、独自に執筆したものです。私は、インベストリンゴからの報酬を除き、この記事に対して、いかなる報酬も受け取っておりません。また、本文書で言及している企業とは、いかなる商業的関係も有しておりません。

インベストリンゴによる開示:インベストリンゴは、当社コンテンツ・クリエイターが、自身の専門・得意領域に関する情報・知識を、当社のユーザーと共有する事を目的とする米国株特化型のコミュニティです。本サイトのコンテンツは、投資教育、並びに、投資情報の提供のみを目的としており、特定の投資家に対して、投資、税務、法律等のアドバイスを提供することを意図しておりません。加えて、Investlingo Japan合同会社は、日本においてライセンスを保有する証券会社、投資顧問業者、または、投資銀行ではございません。ここで述べられている意見や見解は、あくまでも、各コンテンツ・クリエーター個人の見解であり、Investlingo Japan合同会社の立場を反映しているものではございません。当社のコンテンツ・クリエーターは、個人投資家を含む独立したブロガー・アナリストから構成されており、公的機関等からの金融関連のライセンスを取得していない場合もございます。その為、本サイト上のいかなる情報も、インベストリンゴ、または、弊社プラットフォーム上の第三者による、金融商品の推奨、或いは、投資助言として解釈されるべきではありません。インベストリンゴは、弊社プラットフォーム上の情報に基づいて行われるいかなる投資決定に対して、一切責任を負わず、各ユーザーが単独で責任を負う点にご留意ください。

アナリスト紹介

Michael Wiggins De Oliveira マイケル・ウィギンズ・デ・オリベイラ
拠点:イギリス
セクター:エネルギー、コモディティ、テクノロジー

オリベイラ氏は、エネルギー・セクター、並びに、テクノロジー・セクターの専門家であり、「脱炭素化」、「AIによるデジタル化」、「脱グローバル化」の波が交差する「エネルギー・セクターの大きな転換期」を正確に捉え、より大きな投資リターンを実現することにフォーカスしている。オリベイラ氏は、9年以上に渡る数々の企業分析を通じて、上記の分野における卓越した専門的経験を持つ。

上部へスクロール