ダイナトレース / DT:注目の米国オブザーバビリティ・AI関連成長株の最新の株価分析と今後の見通し

Ticker: DT / 4484文字 / 所要時間9分程度 / 強気

サマリー

  • ダイナトレースは世界中の企業にマルチクラウドのセキュリティソリューションを提供しているテクノロジー企業である。
  • 同社は売上高、利益、フリー・キャッシュ・フローを堅調に増加させている。
  • ファンダメンタルズと今後の低金利環境の可能性から、私は同社株式に対して「強気」に見ている。

ダイナトレースについて

ダイナトレース(DT)は11月2日、2024年第2四半期決算を発表し、売上高とコンセンサス利益の予想を上回る着地となった。

同社は世界中の企業にIT運用を自動化するマルチクラウド・セキュリティ・ソリューションを提供しているテクノロジー企業である。

同社のトップライン(売上高)成長率と利益実績は上昇傾向にあるため、2024年に資本コストが低下する可能性がある同社株式に対して、私は「強気」に見ている。

ダイナトレースの概要と市場

ダイナトレース(DT)は、米国マサチューセッツ州ウォルサムに本社を置くソフトウェア・インテリジェンス企業である。

同社はマルチクラウド環境向けのセキュリティプラットフォームを提供しており、顧客は同社のプロダクトを通じて、IT運用の近代化と自動化、ソフトウェアの開発とリリース、ユーザーエクスペリエンスの向上を実現することができる。

CEOのリック・マコーネル氏は2019年から同社に在籍している。

マコーネル氏はテクノロジー業界で25年以上の経験を持ち、アカマイ・テクノロジーズ(AKAM:Akamai Technologies)、ヒューレット・パッカード(HPQ)、Compaqなどの企業でリーダーシップを発揮してきた。

ダイナトレースは、アプリケーションとマイクロサービスのモニタリング、ランタイム・アプリケーション・セキュリティ、インフラモニタリング、ログ管理と分析、デジタル・エクスペリエンス・モニタリング、デジタル・ビジネス分析、クラウド自動化など、フルスタックのソリューションを顧客に提供している。

また、加えて、導入、コンサルティング、トレーニングサービスも提供している。

フォーチュン・ビジネス・インサイトのレポートによると、世界のクラウドセキュリティ市場規模は 2021年に 292億6000万ドルと評価され、 2022~2029年の年平均成長率は 18.1%を示し 、2029年には1060億2000万ドルに成長すると予測されて いる。

実際に、COVID-19の大流行により、クラウドセキュリティソリューションの導入が加速し、クラウドベースのソリューションに対する需要が大幅に増加している。

また、サイバー犯罪の高度化、サイバースパイ活動、新たなサイバー攻撃の発生などの要因によって、市場は予測期間中に力強い成長を遂げると予測されている。

また、クラウドベースのソリューションの採用、ハイブリッドクラウドの台頭、DevOpsの効率化も市場の成長を後押しすると予想される。

以下のリストは、クラウドセキュリティ市場の主要企業とその関連製品・サービスに関してである。

  • Fidelis Cybersecurity:同社は、パブリック、プライベート、ハイブリッドのクラウド環境に自動化されたセキュリティとコンプライアンス監視を提供するクラウドセキュリティプラットフォーム、Fidelis CloudPassage Haloを提供。また、その保護を拡大するために、さまざまなネットワーク・セキュリティ・ソリューションも提供。
  • Qualys(QLYS:クオリス):オンプレミス、パブリッククラウド、ハイブリッドクラウドのあらゆる環境で実行されるワークロードに対して、自動化されたセキュリティ可視化とコンプライアンス監視を提供するコンプライアンス・ソリューションを提供。
  • Palo Alto(PANW:パロアルト):オンプレミス、パブリッククラウド、ハイブリッドクラウドのあらゆる環境で実行されるワークロードに対して、自動化されたセキュリティ可視化とコンプライアンス監視を提供するクラウドワークロード保護ソリューションを提供。
  • Symantec:オンプレミス、パブリッククラウド、ハイブリッドクラウドのあらゆる環境で実行されるワークロードに対して、自動化されたセキュリティ可視化とコンプライアンス監視を提供するCASBソリューションを提供。
  • Tenable(TENB:テナブル):オンプレミス、パブリッククラウド、ハイブリッドクラウドのあらゆる環境で稼働するワークロードに対して、自動化されたセキュリティ可視化とコンプライアンス監視を提供する脆弱性管理ソリューションを提供。
  • Trend Micro(4704 JP:トレンドマイクロ):オンプレミス、パブリッククラウド、またはハイブリッドクラウド環境で実行されるワークロードに対して、自動化されたセキュリティ可視化とコンプライアンス監視を提供するハイブリッドクラウドセキュリティソリューションを提供。
  • Zscaler(ZS:ゼットスケーラー):オンプレミス、パブリッククラウド、ハイブリッドクラウドのあらゆる環境で実行されるワークロードに対して、自動化されたセキュリティ可視化とコンプライアンス監視を提供する高度な脅威防御ソリューションを提供。

ダイナトレースの最近の財務動向

四半期別総売上高(水色の線:Total Revenue)は成長軌道を維持しており、四半期別営業利益(青色の線:Operating Income)は直近四半期で最高水準となっている。

また、四半期別売上総利益(水色の線:Gross Profit)は顕著な伸びを続けており、四半期別販売費および一般管理費(青色の線:Selling General & Admin Expenses)は、比較すると、足元、伸びが緩やかになり始めており、これは良い兆候であると見ている。

また、希薄化後1株当たり利益(青色の線:EPS)はここ数四半期、前期比で増加傾向にある。

(上記グラフのデータはすべて百万USD単位・GAAPベース)

また、過去12ヶ月で、同社の株価は57%上昇したのに対し、iシェアーズ・エクスパンデッド・テクノロジー・ソフトウェアETF (IGV)の上昇率は67%であった。

ダイナトレースのバリュエーションとその他の指標

以下は、同社に関連するバリュエーションの表である。

成長、利益、フリー・キャッシュ・フローに余裕のある前提を用いたDCF法(ディスカウントキャッシュフロー法)に基づくと、同社の株価は、現在の57.1ドルに対して、約54.8ドルで評価されることになり、潜在的に今後のアップサイドが既に現在の株価に織り込まれている可能性が示唆されている。

また、40%ルールとは、ソフトウェア業界の経験則であり、売上高成長率とEBITDA成長率の合計が40%以上であれば、その企業は、ソフトウェア企業として、許容できる成長とEBITDAの軌道に乗っていることを示すものである。

下表のように、同社の直近の調整前40%ルールの計算値は、2024年第2四半期決算時点で31.9%であった。

ダイナトレースに関するコメント

市場のアナリストとの直近の決算電話会議において、経営陣は次のように述べている。

  • 収益の伸び:総収益は前年比24%増の3億5,200万ドル。サブスクリプション収入は前年比26%増の3億3,400万ドル。
  • 受注残:ARR(年間経常収益)は前年比24%増の13億4,000万ドル。
  • 予約:新規ARRは予想を上回る5,900万ドル。160の新規顧客を獲得。
  • 経費:営業利益率ガイダンスを125bps引き上げて27%としながらも、GSIパートナーシップ、販売能力、需要創出への投資を増やす予定。
  • キャッシュ・フロー:第2四半期のフリー・キャッシュ・フローは3,400万ドル。直近過去12ヵ月のフリー・キャッシュ・フローは3億3,000万ドルで、売上高の25%。
  • バランスシート:現金7億200万ドル、有利子負債はゼロ。
  • 国際事業:サンパウロ、シドニー、チューリッヒの新地域でクラウド関連ビジネスを拡大した。
  • トレンド:経営陣は、オブザーバビリティ(可観測性)とアプリケーション・セキュリティに対する要求が高まっていると見ている。
  • 顧客はベンダーを統合し、同社プラットフォームを標準化している。同社は、Grail上のログやアプリケーション・セキュリティ分析のような新製品の牽引力を高めている。新しいDPSの価格モデルも人気を集めている。
  • アナリストが同社首脳に様々なトピックについて質問したところ、経営陣は、現在のマクロ環境では既存顧客は拡張に慎重な姿勢を崩していないが、オブザーバビリティ・ソリューションに対する需要と可視性の高まりを示す新規顧客の獲得に牽引され、同社は好調な第2四半期を実現できたと回答した。
  • 同社は下半期に向けてパイプラインの成長が続くと見ており、将来の成長に備えるために営業採用への投資を増やし始めた。
  • 同社のAPM、インフラ、ログ、AIにまたがる広範なオブザーバビリティ・プラットフォームは、大規模で複雑な環境下で反響を呼んでおり、新規顧客の獲得につながるアーキテクチャ上の意思決定を促進している。
  • 最適化が進む一方で、同社のサブスクリプションモデルは、より良いオブザーバビリティによって効率性の向上を可能にする位置づけにありながら、顧客の利用状況の変化から同社を守るのに役立っている。

今後の見通しとして、経営陣は通期の売上高ガイダンスを前年比21~22%増の14億~14億2000万ドルに引き上げ、サブスクリプション収入のガイダンスを22~23%増の13~13.4億ドルに引き上げている。

また、通年のフリーキャッシュフローのガイダンスを3億1,300万~3億2,000万ドル(売上高利益率の22~23%)に引き上げた。

さらに、一株当たり利益は増加傾向にあり、フリー・キャッシュフローもかなり好調である。

私のDCF法に基づくバリュエーションでは、今後のアップサイドが、現在の株価に十分に織り込まれている可能性を示唆しているが、同社の今後の成長と利益パフォーマンスは加速しているのは事実である。

そのため、私は、2024年にかけて資本コストが下がる可能性があるダイナトレースに「強気」で見ている。

是非、下記リンクより、メールアドレスをご登録いただき、弊社レポートを日々無料でご覧いただければと思います。

インベストリンゴ公式ホームページはこちら

また、X(旧Twitter)上でも、日々、米国株式市場に関する情報を配信しておりますので、是非、フォロー頂ければと思います。

X(旧Twitter):インベストリンゴ公式アカウントはこちら

関連記事

【米国株投資】フォーティネット / FTNT:収益成長の鈍化に警戒が必要なサイバーセキュリティ銘柄

➡【米国株投資】パロアルトネットワークス / PANW:好調な決算を発表、魅力的なサイバーセキュリティ関連銘柄

【米国株投資】パロアルトネットワークス決算 / PANW:サイバーセキュリティ関連株として最高の銘柄

【米国株投資】パロアルトネットワークス / PANW:私がこの銘柄にまだ強気である理由

【米国株投資】ゼットスケーラー / ZS:クラウド・セキュリティ分野で目覚ましい成長を実現

【米国株投資】センチネルワン (SentinelOne) / S:エンドポイント・セキュリティ市場で有利な立場にある魅力的なサイバーセキュリティ関連銘柄

【米国株投資】センチネルワン (SentinelOne) / S:魅力的なサイバーセキュリティ銘柄

【米国株投資】クラウドストライク / CRWD:着実な成長軌道を維持する有望なサイバーセキュリティ企業

【米国株投資】アーム・ホールディングス(ARM):チップレット技術と有望な半導体銘柄への考察 – Part 1

【米国株投資】アーム・ホールディングス(ARM):チップレット技術と有望な半導体銘柄への考察 – Part 2

【米国株投資】クアルコム / QCOM:今後の更なる成長が期待出来る魅力的な半導体関連銘柄 – Part 1

【米国株投資】クアルコム / QCOM:今後の更なる成長が期待出来る魅力的な半導体関連銘柄 – Part 2

【米国株投資】モービルアイ / MBLY:自動運転技術・先進運転支援システム(ADAS)市場をリードする注目のテクノロジー企業 – Part 1

【米国株投資】モービルアイ / MBLY:自動運転技術・先進運転支援システム(ADAS)市場をリードする注目のテクノロジー企業 – Part 2

【米国株投資】最新の米国ワークフォース・マネジメント・ソフトウェア企業関連ニュース

【米国株投資】マンデードットコム / MNDY:金利低下を受け、バリュエーションの上昇が期待出来る魅力的なテクノロジー企業

【米国株投資】パランティア / PLTR :2024年の注目すべき4つのカタリスト

【米国株投資】アリスタ・ネットワークス / ANET :継続した売上高の成長が期待できる魅力的なクラウド・データセンター関連銘柄

【米国株投資】ギットラブ / GTLB :売上高の増加と足元のバリュエーションが魅力的なテクノロジー企業」

【米国株投資】サムサラ / IOT :継続する高い売上高成長率が魅力的なIoT(モノのインターネット)関連銘柄

【米国株投資】サムサラ / $IOT :売上高は急成長するも、高止まりする営業損失が懸念材料

【米国株投資】サービスナウ / NOW :増収増益が魅力的なクラウド関連テクノロジー企業

【米国株投資】データドッグ / DDOG :驚異的な成長と足元の営業利益の改善が魅力的なクラウド関連テクノロジー企業

【米国株投資】チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ / CHKP :収益成長の鈍化に警戒が必要なサイバーセキュリティ銘柄

【米国株投資】最新のAI関連ニュース

【米国株】 PANW CHKP FTNT :サイバーセキュリティ関連ニュース

【米国株投資】アップラビン / APP :年平均成長率が25%で、将来フリー・キャッシュ・フローの約9倍というバリュエーションが魅力的な割安銘柄

【米国株投資】ブロードコム / AVGO :将来フリー・キャッシュ・フロー15倍のバリュエーションは割安で魅力的柄

【米国株投資】ズーム・ビデオ・コミュニケーションズ / ZM :同社の魅力的なキャッシュフローと業績に注目

【米国株投資】パランティア / PLTR :今後18ヶ月で+50%のリターンを予想

【米国株投資】サムサラ / IOT :売上高は急成長するも、高止まりする営業損失が懸念材料

【米国株投資】アップル / AAPL :なぜ同社の株式より社債の方が魅力的に見えるのか?

【米国株投資】パランティア決算 / PLTR :S&P500指数への採用期待が高まる景気後退局面でも強い有力銘柄

【米国株投資】ブロードコム / AVGO :誇大広告が少なく、持続可能性が高い魅力的な半導体関連銘柄

➡【米国株投資】NIO(ニーオ)/ NIO :電気自動車業界のアップル

【米国株投資】ドロップボックス / DBX :驚異的な成長と収益性を示す魅力的な銘柄

【米国株投資】ドラフト・キングス / DKNG :インベスター・デイのハイライト

【米国株投資】メタ(フェイスブック) / META:広告・AI・メタバースの三本柱からなる魅力的なテクノロジー企業の株式分析と市場トレンドに基づく今後の展望 – Part 1

【米国株投資】メタ(フェイスブック) / META:広告・AI・メタバースの三本柱からなる魅力的なテクノロジー企業の株式分析と市場トレンドに基づく今後の展望 – Part 2

免責事項:本レポートは投資教育を目的としており、金融、法律、投資のアドバイスを意図しておりません。また、本レポート上の情報は、誤りを含む可能性、時間の経過に伴い無関係となる可能性、また、予告なく変更・削除される可能性があります。加えて、私は投資アドバイザーのライセンスを保持しておりません。その為、投資の意思決定を下す際には、自身の財務状況について、自らの責任で調査を行ってください。また、過去のパフォーマンスは、将来の結果を保証するものではありません。米国上場企業、または、IPO銘柄への投資は、常に大きな変動と損失リスクを伴う可能性がある点にはご留意ください。

アナリストによる開示:私は、この記事で言及されている企業の株式に関するポジションを現時点で保有しておらず、また、今後5日以内にそのようなポジションを持つ予定もありません。本レポートは投資教育を目的としており、金融、法律、投資のアドバイスを意図しておりません。また、本記事は、私個人の見解に基づき、独自に執筆したものです。私は、インベストリンゴからの報酬を除き、この記事に対して、いかなる報酬も受け取っておりません。また、本文書で言及している企業とは、いかなる商業的関係も有しておりません。

インベストリンゴによる開示:インベストリンゴは、当社コンテンツ・クリエイターが、自身の専門・得意領域に関する情報・知識を、当社のユーザーと共有する事を目的とする米国株特化型のコミュニティです。本サイトのコンテンツは、投資教育、並びに、投資情報の提供のみを目的としており、特定の投資家に対して、投資、税務、法律等のアドバイスを提供することを意図しておりません。加えて、Investlingo Japan合同会社は、日本においてライセンスを保有する証券会社、投資顧問業者、または、投資銀行ではございません。ここで述べられている意見や見解は、あくまでも、各コンテンツ・クリエーター個人の見解であり、Investlingo Japan合同会社の立場を反映しているものではございません。当社のコンテンツ・クリエーターは、個人投資家を含む独立したブロガー・アナリストから構成されており、公的機関等からの金融関連のライセンスを取得していない場合もございます。その為、本サイト上のいかなる情報も、インベストリンゴ、または、弊社プラットフォーム上の第三者による、金融商品の推奨、或いは、投資助言として解釈されるべきではありません。インベストリンゴは、弊社プラットフォーム上の情報に基づいて行われるいかなる投資決定に対して、一切責任を負わず、各ユーザーが単独で責任を負う点にご留意ください。

アナリスト紹介

Donovan Jones ドノヴァン・ジョーンズ
拠点:米国
セクター:テクノロジー・IPO

ジョーンズ氏は、米国を拠点とする株式リサーチのスペシャリストであり、15年にわたり、米国のソフトウェア関連企業やIPO企業の投資を分析。主に、「高成長テクノロジー銘柄」、「消費者関連銘柄」、「資本財・サービス関連銘柄」、「メディア関連関連」、「ライフサイエンス銘柄」に焦点を当て、ファンダメンタル分析を用いて企業分析を実施。

にほんブログ村:米国株ランキング

人気ブログランキング:米国株ランキング

上部へスクロール