ドラフトキングス / DKNG:人気の米国ゲーム関連成長株の最新の株価分析と今後の見通し(2024年2月7日 / DraftKings)

Ticker: DKNG / 2231文字 / 所要時間5分程度 / 強気

サマリー

  • ドラフトキングスは、成長する米国オンライン・ゲーム業界において強力なポジションを確立していることから、私の2月のトップピックである。
  • 同社は、今後、大幅な収益性が見込まれ、現在のバリュエーションは2025年時点の将来フリーキャッシュフローの27倍となっている。
  • 同社の成長率と足元の有利なバリュエーション、並びに、2025年に年平均成長率17%から20%で堅調に成長すると予測されることを踏まえると。同社株式は魅力的な投資先に見える。

私のドラフトキングスへの過去の見解

ドラフトキングス(DKNG)は、2月15日(木)の引け後に第4四半期の決算発表を控えており、現在、同社株式は2025年時点のフリーキャッシュフローの27倍で取引されていると見ている。

私は11月の前回の分析で下記のように述べている。

「私はドラフトキングスは2024年にフリーキャッシュフローがプラスに転じ、2025年までにはフリーキャッシュフローは大幅に増加すると見ている。」


そして、現時点でも私はこの主張を維持し、同社は2025年にフリーキャッシュフローを大幅に増加すると考えている。

多くの市場の投資家は、ドラフトキングスを「またもやキャッシュを消費する成長株(yet another cash-burning growth stock)」と考えているようだが、下記に説明しているように、この見解は真実からかけ離れたものであると見ている。

ドラフトキングスの短期的な見通し

ドラフトキングスは、米国のオンラインゲーム業界における著名なプレーヤーであり、競争力の維持・拡大に明確に焦点を当てた業界リーダーとしての地位を確立している。

同社は現在、オンライン・スポーツ・ブッキングとiゲーミングの総売上高シェアの両方で米国No.1の地位を占めており、オンライン・ゲーミングのダイナミックな状況をナビゲートする上でのイノベーションを重視している。

次に、同社への見通しを判断する上で、同社プロダクトにおける顧客普及曲線に注目する必要がある。

同社のビジネスにおいて、有料顧客の成長率は、売上高成長率よりも同社株式への投資の魅力をはるかに左右すると見ている。

結局のところ、売上高成長率は、個々の四半期における値上げやその他の事柄によって不安定になる可能性がある。

しかし、有料顧客のベースが伸びているのであれば、その方が企業の将来性を示していると考えている。

とはいえど、ドラフトキングスの月間ユニーク課金者数は季節性が高く、同社のプラットフォームで最も人気のあるスポーツであるNFLとNBAのシーズンが重なるため、毎年第4四半期が同社のピークとなることを覚えておいてほしい。

ドラフトキングスの売上高成長率:2024年は30%に迫る見通し

ドラフトキングスは、2024年の年平均成長率を26%と予想している。

しかし、この経営陣が超保守的であることを踏まえると、2024年の年平均成長率は30%近くになると私は考えている。

私の主張を裏付けるために、2022年夏以降、実際の売上高がどれ程事前予想を上回ったかに注目してほしい。

上記のグラフよりご覧いただける通り、同社は、各四半期で5%超も予想を上回る売上高を上げていることがわかる。

以上より、同社の経営陣は、後に大幅に四半期毎の売上高で市場予想を上回るために、事前の予想を低く見積もることに長けていると言えるだろう。

ドラフトキングスのバリュエーション:2024年時点の将来フリーキャッシュフローの63倍

私の試算では、2024年のドラフトキングスの設備投資額は約1億2000万ドルになると考えている。

従って、ドラフトキングスは2024年に約3億ドルのフリーキャッシュフローを稼ぐこととなり、同社の株価は2024年時点のフリーキャッシュフローの63倍となる。

しかしながら、これは妥当なエントリーポイントであるように見えるが、決して私の心を躍らせるようなバリュエーションではない。
しかし、2025年までを見通すと、ドラフトキングスはEBITDAで約9000億ドルを稼ぎ出す可能性があると私は考えている。
そして約2億ドルの設備投資により、同社は7億ドルのフリーキャッシュフローを稼ぐ可能性があると見ている。
これは、2025年のトップライン売上高の年平均成長率が17%から20%近い事業としては、驚異的なバリュエーションであると見ている。

結論

ドラフトキングスは、急成長する米国オンラインゲーム業界における独自のポジションにより、今月2月の私の注目銘柄の一つとなっている。
2025年を見据えた場合、同社の株価は将来フリーキャッシュフローの27倍と推定され、今後12ヶ月を超える大幅な高収益への道筋を示していると考える。
2024年の将来フリーキャッシュフローの63倍という現在のバリュエーションは左程魅力的には映らないかもしれないが、本当の理由は2025年以降の成長にある。
2025年のフリーキャッシュフローが大幅に増加すると予想されることから、ドラフトキングスのバリュエーションは将来フリーキャッシュフローの27倍まで下がり、2025年のトップラインの年平均成長率が17%から20%と堅調に推移すると予想される事業としては素晴らしいバリュエーションであると言える。
以上より、同社の売上高成長率の見通しと魅力的なバリュエーションは、同社を非常に魅力的な投資先にしていると見ている。

是非、下記リンクより、メールアドレスをご登録いただき、弊社レポートを日々無料でご覧いただければと思います。

インベストリンゴ公式ホームページはこちら

また、X(旧Twitter)上でも、日々、米国株式市場に関する情報を配信しておりますので、是非、フォロー頂ければと思います。

X(旧Twitter):インベストリンゴ公式アカウントはこちら

関連記事

【米国株投資】ドラフト・キングス / DKNG:インベスター・デイのハイライト

【米国株投資】ドラフト・キングス / DKNG:分岐点となり得る四半期、2024年は強力なフリーキャッシュフローに期待

免責事項:本レポート上で紹介する情報は、投資教育を目的としております。その為、本情報は、特定の証券の売買や投資戦略を勧誘するものではありません。また、私は税務、法律、会計に関する助言は一切いたしません。投資には常にリスクが伴い、リターン、あるいは、元本が保証されているものではない点にご留意ください。私の知る限りでは、私は自らの分析に、虚偽、または、重大な誤解を招く記述や事実の省略が含まれていないと認識しております。特定の投資助言における過去のパフォーマンスは、特定の状況、または、市場の出来事、投資の性質、および、タイミング、ならびに、投資に関連する制約についての知識がない限り、依拠すべきではありません。私は、チャート、グラフ、計算式、推奨銘柄について述べたり、表示したりすることがありますが、これらはそれ自体でどの証券を売買すべきか、あるいはいつ売買すべきかを決定するために使用されることを意図しておりません。このようなチャートやグラフは、限られた情報しか提供していないため、それだけで投資判断を下すべきではありません。実際に投資をする際には、ライセンスを保有する金融の専門家にご相談されることを強くお勧めします。ここに記載された意見は、あくまでも私個人のものであり、予告なしに変更されることがあります。また、参照した意見やデータは本レポートの発表日時点のものであり、市場や経済状況の変化により変更される可能性があります。

アナリストによる開示:私はDKNGに関するロング・ポジションを現在保有しております。本記事は、私個人の見解に基づき、独自に執筆したものです。私は、Investlingoからの報酬を除き、この記事に対して、いかなる報酬も受け取っておりません。また、本文書で言及している企業とは、いかなる商業的関係も有しておりません。

インベストリンゴによる開示:インベストリンゴは、当社コンテンツ・クリエイターが、自身の専門・得意領域に関する情報・知識を、当社のユーザーと共有する事を目的とする米国株特化型のコミュニティです。本サイトのコンテンツは、投資教育、並びに、投資情報の提供のみを目的としており、特定の投資家に対して、投資、税務、法律等のアドバイスを提供することを意図しておりません。加えて、Investlingo Japan合同会社は、日本においてライセンスを保有する証券会社、投資顧問業者、または、投資銀行ではございません。ここで述べられている意見や見解は、あくまでも、各コンテンツ・クリエーター個人の見解であり、Investlingo Japan合同会社の立場を反映しているものではございません。当社のコンテンツ・クリエーターは、個人投資家を含む独立したブロガー・アナリストから構成されており、公的機関等からの金融関連のライセンスを取得していない場合もございます。その為、本サイト上のいかなる情報も、インベストリンゴ、または、弊社プラットフォーム上の第三者による、金融商品の推奨、或いは、投資助言として解釈されるべきではありません。インベストリンゴは、弊社プラットフォーム上の情報に基づいて行われるいかなる投資決定に対して、一切責任を負わず、各ユーザーが単独で責任を負う点にご留意ください。

アナリスト紹介

Michael Wiggins De Oliveira マイケル・ウィギンズ・デ・オリベイラ
拠点:イギリス
セクター:エネルギー、コモディティ、テクノロジー

オリベイラ氏は、エネルギー・セクター、並びに、テクノロジー・セクターの専門家であり、「脱炭素化」、「AIによるデジタル化」、「脱グローバル化」の波が交差する「エネルギー・セクターの大きな転換期」を正確に捉え、より大きな投資リターンを実現することにフォーカスしている。オリベイラ氏は、9年以上に渡る数々の企業分析を通じて、上記の分野における卓越した専門的経験を持つ。

にほんブログ村:米国株ランキング

人気ブログランキング:米国株ランキング

上部へスクロール