【投資コラム】50年以上連続増配の米国株配当王の一覧・ランキングと投資を検討する際に考慮すべきポイントを徹底解説!

サマリー

  • 「配当王」とは、50年以上連続で配当を増やし続ける企業を指し、経済の変動に強い堅牢なビジネスモデルを持つことで知られています。
  • 「配当王」銘柄は特に米国株式市場に多く存在しており、投資家にとっては長期的な投資において安定した収入源となり、持続可能な成長を見込めることからも魅力的な投資対象となっております。
  • 本稿では、米国株における「配当王」として知られる企業の一覧(2024年2月末時点)を紹介しております。

はじめに

本稿では、米国株における「配当王」として知られる企業の一覧、並びに、米国株配当王銘柄への投資を検討する際に考慮すべきポイントを、5つの章に分けて詳しく解説しております。

下記のリストが、2024年2月末時点の米国株式市場における配当王銘柄の一覧です。

※ティッカー / 銘柄コードをクリックしていただくと、弊社の各銘柄に関する最新のレポートをご覧いただけます。

※第5章では、米国配当王銘柄の各企業の詳細を紹介しております。

日本語名ティッカー / 銘柄コード増配年数
アメリカン・ステーツ・ウォーターAWR69
ドーバー・コーポレーションDOV68
ノースウエスト・ナチュラル・ホールディングNWN68
ジェニュイン・パーツGPC67
プロクター・アンド・ギャンブルPG67
パーカー・ハネフィンPH67
エマーソン・エレクトリックEMR67
スリーエムMMM65
シンシナティ・ファイナンシャルCINF62
コカ・コーラKO61
ジョンソン・エンド・ジョンソンJNJ61
ケンビューKVUE61
ランカスター・コロニーLANC61
コルゲート・パーモリーブCL60
ノードソンNDSN60
ファーマーズ・アンド・マーチャンツ・バンコープFMCB58
ホーメル・フーズHRL57
ABMインダストリーズABM57
カリフォルニア・ウォーター・サービス・グループCWT56
スタンレー・ブラック・アンド・デッカーSWK56
フェデラル・リアルティ・インベストメント・トラストFRT56
ステパン・カンパニーSCL55
コマース・バンクシェアーズCBSH55
SJWグループSJW55
シスコSYY54
H.B. フラーFUL54
アルトリア・グループMO54
MSAセーフティMSA53
ナショナル・フューエル・ガスNFG53
ユニバーサル・コーポレーションUVV53
イリノイ・ツール・ワークスITW53
ブラック・ヒルズ・コープBKH52
W.W. グレインジャーGWW52
ターゲットTGT52
レゲット・アンド・プラットLEG52
PPGインダストリーズPPG52
ベクトン・ディキンソンBDX52
テナントTNC52
アッヴィABBV52
アボット・ラボラトリーズABT52
キンバリー・クラークKMB51
カナディアン・ユーティリティーズCDUAF51
ペプシコPEP51
ロウズLOW51
ニューコアNUE51
ザ・ゴーマン・ラップ・カンパニーGRC51
S&P グローバルSPGI50
ウォルマートWMT50
ミドルセックス・ウォーターMSEX50
ADMADM50
フォーティスFTS50
RPMインターナショナルRPM50
ユナイテッド・バンクシェアーズUBSI50
コンソリデーテッド・エジソンED50

【先行アクセス(+特典付き)とニュースレターへの登録】

インベストリンゴは、🇯🇵日本初、🇺🇸米国株式投資に特化した金融のプロフェッショナルが集まる📱メディアプラットフォームです。

🚀ローンチに先立ち、✉️ニュースレター経由で、彼らの最新のコンテンツを日々紹介しております。

インベストリンゴ公式ホームページはこちら

米国株投資家の皆様は、是非、上記リンクより、メールアドレスをご登録頂き、完全版の弊社レポートを、日々、無料でご覧頂ければと思います。

ご登録頂けますと、過去のレポートも全て無料でご覧頂けます。

また、X(旧Twitter)上でも、日々、米国株式市場に関する情報を配信しておりますので、是非、フォロー頂ければと思います。

X(旧Twitter):インベストリンゴ公式アカウントはこちら

配当銘柄関連記事 

【米国株式投資】アメリカン・ステイツ・ウォーター / AWR / 予想配当利回り2.43% / 強気 / 配当王:最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(American States Water)

【米国株式投資】ペプシコ / PEP / 予想配当利回り3.04%:連続増配ディフェンシブ銘柄の最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(PepsiCo)

【米国株式投資】コカ・コーラ / KO / 予想配当利回り3.09%:連続増配銘柄の最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し

➡ 【米国株式投資】ブリティッシュ・アメリカン・タバコ / BTI / 予想配当利回り9.57%:ディフェンシブ・タバコ関連銘柄の最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(British American Tobacco)

➡【米国株式投資】スターバックス・スタバ / SBUX / 予想配当利回り2.41%:連続増配ディフェンシブ銘柄の最新の決算分析と今後の株価見通し(2024年2月7日 / Starbucks)


【米国株式投資】アルトリア・グループ / MO / 予想配当利回り9.79%:連続増配ディフェンシブ銘柄の最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(Altria)

第1章: 配当王の定義とその重要性

投資戦略の中で特に注目されているのが、長期間にわたって配当を増やし続ける「配当王」という米国株の企業群です。この称号は、50年以上連続で配当を増加させた企業に与えられ、経済の波にも揺るがない強固なビジネスモデルと優れた経営戦略の証とされています。

配当王は、長期的な投資視点で見た場合、市場の変動に対する抵抗力が高く、定期的な収入源としての魅力を持っています。これらの企業は不況期においても配当を維持または増加させる財務の健全性と、ビジネスの持続可能性を有しているため、投資家にとっては特に安定したリターンを期待できる投資対象となります。

しかし、配当王の地位は簡単に得られるものではありません。これを維持するには、企業は絶えず市場の変化に適応し、持続可能な成長戦略を展開し続ける必要があります。企業が配当王であり続けるためには、イノベーションの推進、効率的なコスト管理、賢明な資本配分、強固なバランスシートの維持など、多くの要素が関係しています。

また、配当王の企業は、単に収益が高いだけではなく、社会的な責任と倫理的なビジネス慣行を重視する傾向にあります。これは、企業の持続可能性に直接関連し、投資家にとっては、企業の長期的な価値を保証する重要な要素となります。

投資家が配当王に投資する際には、単に過去の実績に惑わされることなく、その企業が将来にわたって持続可能な成長と配当の増加を続けられるかを慎重に評価する必要があります。この評価には、企業の業績、業界内での位置づけ、成長戦略、経営チームの質など、多角的な分析が求められます。

配当王への投資は、リスクを管理しつつ長期的な資産増加を目指す戦略として有効です。これらの企業は、安定した収益を生み出すことに加え、経済全体や特定の業界に見られる逆風の中でも、堅実な業績を維持する能力を持っている可能性が高いため、多くの投資家にとって魅力的な選択肢となっています。

最終的に、配当王の定義とその重要性を理解することは、投資家がより戦略的かつ情報に基づいた投資決定を下すのに役立ちます。次章では、企業がこの貴重な称号を獲得し、維持するために必要な条件について、さらに詳しく掘り下げていきます。

第2章: 配当王になるための条件

配当王と呼ばれる企業になるための条件は厳しく、多くの企業がその称号を獲得することはできません。この章では、企業が配当王に数えられるために必要な条件と、その条件を満たすための企業側の努力について深く掘り下げて解説します。

配当王に必要な基本条件は明確です。企業は50年以上連続して配当を増加させなければなりません。これは、単に長期間存続するだけでなく、経済の波に乗りながらも安定した成長と利益を実現していることを示しています。しかし、この偉業を成し遂げるためには、企業はさまざまな経済的、経営的課題を乗り越えなければなりません。具体的には、配当王は下記の4つの課題を乗り越えなければなりません。

1.長期にわたる経済的安定性

これを達成するためには、強固な財務構造が不可欠です。企業は十分なキャッシュフローを維持し、負債を適切に管理し、収益性の高い事業に投資することが求められます。財務の健全性は、不確実性の高い経済環境の中でも配当を継続的に増やすための基盤となります。

2.持続可能なビジネスモデルの確立

市場の変動に強い事業構造を築くこと、革新的で競争力のある製品やサービスを提供すること、効果的なコスト管理戦略を実行することなどが、この課題を克服するために重要です。これには、業界内での競争優位性を確立し、市場の変化に迅速に対応できる経営戦略が必要です。

3.一貫した経営と戦略的な意思決定

企業は長期的な視点を持ち、戦略的な意思決定を行うことで、不確実な将来に対応し、持続可能な成長を遂げる必要があります。これには、強力なリーダーシップ、明確なビジョン、そして戦略的な計画が不可欠です。

4.社会的責任と倫理的な経営の実践

現代の投資家は、利益だけでなく、企業が社会や環境に与える影響にも注目しています。持続可能な経営慣行を取り入れることは、企業のイメージを向上させ、長期的な投資家の信頼を獲得するために重要です。

これらの課題を乗り越え、配当王の称号を獲得することは容易ではありませんが、達成した企業は長期的な投資家にとって魅力的な選択肢となります。この章では、企業が配当王になるために必要な条件とその達成のための努力について詳しく見てきました。次章では、投資家が配当王銘柄を選ぶ際の具体的なポイントに焦点を当てていきます。

第3章: 配当王銘柄を選ぶ際のポイント

配当王銘柄の選択は、単に配当実績が長い企業を選ぶ以上の慎重さが求められます。ここでは、予想配当利回りを含む複数の重要な評価基準について、詳細に解説します。

1.予想配当利回り

予想配当利回りは、将来企業が払うと見込まれる配当に基づいて算定されます。具体的には、今後1年間で1株あたりに支払われると予想される配当の合計額を、現在の株価で割って求めます。

ただし、この利回りがあくまでも「予想」であり、企業の将来の成績や経済の状況に応じて変動する可能性があり、この数値が確実なものではないということを理解することが必要です。もし企業の成績が予想よりも悪い場合、配当の減少のリスクが生じますし、その反対のケースも考えられます。

予想配当利回りを算出する際には、将来にわたって企業が支払うと見込まれる配当の総額を計算する必要がありますが、主に以下の方法が使われています。

過去の配当実績に基づく予想

企業が過去に実施した配当を基に、将来の配当を予想します。これは、企業が過去の配当の方針を引き続き守るという前提に立つ簡単な方法です。しかし、企業の成績や経済環境が変われば、配当も変動するため、この方法のみに依存することにはリスクが伴います。

企業の利益予想に基づく予想

企業の将来の利益予想に基づき、その一部が配当として支払われると見込みます。多くの企業は、利益のある割合を配当に割り当てる方針を持っているため、利益予想から配当を推定することが可能です。この方法は、企業の将来の成績に基づいているため、過去の実績のみに基づくよりも現実に即した予想ができる可能性があります。

2.配当性向

配当性向は、企業が稼いだ利益のうち配当に充てる割合を示す指標であり、通常、各企業が計算し、財務報告書などで公表しています。投資家は、企業の年次報告書や四半期報告書、投資家向けのプレゼンテーション資料からこの情報を入手することができます。また、金融情報サービスや投資情報サイトでは、企業の配当性向を含む様々な財務指標が提供されています。

配当性向を評価する際には、過去のデータと予測データの両方を考慮することが効果的です。過去の配当性向は企業が過去にどのように配当を行ってきたかを示し、将来の配当性向の予測は企業の将来的な配当方針や業績予測を反映します。ただし、予測には不確実性が伴うため、複数の情報源からのデータを照らし合わせることが重要です。

また、当期純利益がマイナスでも配当を行う企業は存在し、その場合、配当性向はマイナスとなります。これは、「企業が損失を出しているにもかかわらず配当を支払っている」ことを示し、その企業が外部資金や過去の利益蓄積を配当に充てている可能性があります。この状況は、企業の財務健全性や将来の配当支払い能力に関する疑問を投げかけるため、投資家はこのような企業に対して慎重な評価が必要です。長期的には、企業が利益を生み出し、その利益から配当を支払う能力を持っているかが重要となります。

3.配当成長率

配当成長率は、特定期間にわたって企業がどれだけ配当を増やしたかを示す重要な指標です。例えば、企業が過去5年間で毎年平均6%の配当増加を達成していた場合、その企業は持続可能な利益成長を実現していると考えられます。配当成長率を計算する際は、過去の配当額を年ごとに比較し、成長率を算出します。この指標は、単に現在の配当利回りだけでなく、将来的な収益性を見極める上で非常に有用です。特に、インフレ率を上回る配当成長を実現している企業は、長期的な投資価値が高いと評価されます。

4.業績の安定性と収益性

企業の業績の安定性と収益性を評価するには、過去数年間の財務諸表を詳細に分析する必要があります。具体的には、売上高、営業利益、純利益の推移を確認し、年々の成長または安定性をチェックします。また、コスト管理の効率性を評価するために、売上総利益率や営業利益率などの利益率指標も重要です。さらに、キャッシュフローの安定性を確認することで、企業が将来的に安定した配当支払いを継続できるかどうかを評価できます。例えば、安定したオペレーティングキャッシュフローを維持している企業は、経済環境の変化に強く、持続可能な配当の支払いが期待できます。

5.財務の健全性

企業の財務の健全性を評価するには、負債比率、流動比率、自己資本比率などの財務指標を詳しく分析します。例えば、負債比率が高い企業は、経済的な逆風が吹いた際に配当を維持することが難しくなる可能性があります。一方、流動比率が高い企業は、短期的な負債を返済する能力が高く、財務的な安定性が期待できます。自己資本比率が高い企業は、自己資本に依存した安定した資金構造を持っており、長期的な配当支払い能力が高いと評価できます。

6.バリュエーションの適正性

企業のバリュエーションを評価するには、株価収益率(PER)、株価純資産倍率(PBR)などの複数の指標を用いて、企業の価値を市場価格と比較します。PERが低い企業は、その利益に対して株価が低く評価されている可能性があり、過小評価されている場合に投資機会があるかもしれません。しかし、極端に低いPERは企業に問題があるサインでもあり得るため、慎重な分析が必要です。PBRは企業の純資産に対する株価の評価を示します。一般に、PBRが1未満の企業は、その資産価値に対して株価が割安であると考えられますが、業界や市場環境によって適正なPBRは異なるため、他の指標や企業の成長性と併せて評価することが重要です。

これらのポイントを総合的に検討し、投資家は自身の投資目標に合致する配当王銘柄を選択することができます。適切な情報収集と分析を通じて、賢明な投資判断を行いましょう。

第4章: 配当王投資のリスクと将来展望

配当王銘柄への投資は、長期的な収益性と安定性を提供する一方で、特有のリスクも内包しています。投資家が配当王投資のリスクを理解し、将来展望を見据えた戦略を立てることは、賢明な資産管理の基盤となります。

1.市場変動リスク

株式市場は常に変動しており、配当王銘柄も市場の動きから完全には隔離されません。経済状況、政策変更、業界内の変動など、多様な要因が株価に影響を及ぼし得ます。特に、市場全体が下落する際には、配当王銘柄も価値の減少を免れない場合があります。これらの市場変動リスクを軽減するためには、ポートフォリオの分散と定期的な見直しが必要です。

2.利回り逆転リスク

長期にわたる低金利環境が変わり、金利が上昇すると、配当株の魅力は相対的に低下します。金利が上昇すると、新たに発行される債券や他の金融商品の利回りが上昇し、投資家が配当株に求める利回りも高くなります。これにより、配当株の価格が下落する可能性があり、特に配当王銘柄のような高配当株が影響を受けやすいです。

3.企業業績の変化リスク

配当王の地位は過去の実績に基づくものであり、未来永劫にわたって保証されるものではありません。企業の業績が悪化し、収益が減少した場合、配当の維持や増加が困難になる可能性があります。そのため、定期的な業績チェックと、その企業の将来性に関する詳細な分析が重要です。

4.インフレリスク

インフレが進行すると、実質的な配当収益は減少します。特に、インフレ率が配当成長率を上回る場合、投資家の実質的な収益は低下します。そのため、配当王銘柄が持続的な配当成長を達成していたとしても、インフレの影響を十分にカバーできない場合があります。

配当王銘柄への投資を考える際には、これらのリスクを理解し、長期的な視点で戦略を立てることが重要です。経済環境や市場動向、企業の業績など、様々な要因を継続的に監視し、投資ポートフォリオを適宜調整することが求められます。また、配当王銘柄だけに依存せず、資産の分散を図ることで、リスクの管理と資産の成長をバランスよく進めることができます。

配当王投資は、リスクと将来の見通しを総合的に評価し、賢明な投資判断を行うことで、長期的な資産形成に大きく寄与する可能性を秘めています。

第5章: 米国株配当王銘柄一覧と各企業の特徴

※ティッカー / 銘柄コードをクリックしていただくと、弊社の各銘柄に関する最新のレポートをご覧いただけます。

※またこちらのリンクからもすべてのサンプルレポートがご覧いただけます

アメリカン・ステイツ・ウォーター

セクター:公益事業

ティッカー:AWR

増配年数:69年

アメリカン・ステイツ・ウォーターは、アメリカの水道事業を運営する企業です。彼らは水の供給、浄水、排水処理などのサービスを提供しています。地域社会に対する安定した水の供給は、住民や企業にとって重要であり、アメリカン・ステイツ・ウォーターは地域社会の基盤を支える役割を果たしています。

アメリカン・ステイツ・ウォーターに関するレポートはこちら

ドーバー・コーポレーション

セクター:資本財・サービス

ティッカー:DOV

増配年数:68年

ドーバー・コーポレーションは、幅広い産業に製品とサービスを提供する多国籍企業です。彼らの事業には、産業機械、エネルギー、流体制御、冷却システムなどが含まれます。革新的な技術と高品質な製品により、企業は世界中で高い評価を受けています。

ドーバー・コーポレーションに関するレポートはこちら

ノースウェスト・ナチュラル・ホールディング

セクター:公益事業

ティッカー:NWN

増配年数:68年

ノースウェスト・ナチュラル・ホールディングは、アメリカの多国籍公益事業持株会社であり、主に天然ガスの供給と配給を担っています。主要な事業はオレゴン州を中心に展開され、地域社会に天然ガスを提供しています。持続可能なエネルギー供給と顧客サービスの向上に注力し、地域のエネルギー需要を満たしています。

ノースウェスト・ナチュラル・ホールディングに関するレポートはこちら

ジェニュイン・パーツ

セクター:消費財

ティッカー:GPC

増配年数:67年

ジェニュイン・パーツは、アメリカの大手自動車部品販売会社であり、自動車用部品、工業用部品、および事務用品の販売を行っています。彼らの製品は、自動車修理業者やメカニックなどの専門家から一般消費者まで広く利用されています。高品質な製品と顧客サービスにより、ジェニュイン・パーツは長い間業界でリーダーシップを維持し、投資家には安定した配当収入を提供しています。

ジェニュイン・パーツに関するレポートはこちら

プロクター・アンド・ギャンブル

セクター:消費財

ティッカー:PG

増配年数:67年

プロクター・アンド・ギャンブルは、世界的な消費財企業であり、家庭用品、個人用品、医薬品などの製造・販売を行っています。彼らの製品は、家庭清掃用品、洗濯用品、スキンケア製品など広範囲にわたり、多くの世帯で日常的に使用されています。プロクター・アンド・ギャンブルは、革新的な製品と強力なブランド戦略により、世界中で高い市場シェアを獲得しています。

プロクター・アンド・ギャンブルに関するレポートはこちら

パーカー・ハネフィン

セクター:資本財・サービス

ティッカー:PH

増配年数:67年

パーカー・ハネフィンは、世界的な産業機器メーカーであり、産業用機器、航空機器、自動車部品などの製造・販売を行っています。彼らの製品は、流体制御システム、エンジニアリング材料、および航空機の機器など多岐にわたります。パーカー・ハネフィンは、高品質な製品と革新的な技術により、世界中のさまざまな産業でリーダーシップを発揮しています。

パーカー・ハネフィンに関するレポートはこちら

エマソン・エレクトリック

セクター:資本財・サービス

ティッカー:EMR

増配年数:67年

エマソン・エレクトリックは、アメリカの多国籍企業であり、産業用機器および自動化ソリューションの開発・製造を行っています。彼らの製品は、工業用バルブ、計測機器、制御システム、および自動化ソフトウェアなど多岐にわたります。エマーソンは、製造業やエネルギー関連産業など、さまざまなセクターでの顧客にサービスを提供しています。

エマソン・エレクトリックに関するレポートはこちら

スリーエム

セクター:資本財・サービス

ティッカー:MMM

増配年数:65年

スリーエムは、多国籍企業であり、幅広い製品とサービスを提供しています。彼らの事業には、製品の開発と製造、技術革新、そして医療、産業、消費者向け製品の販売が含まれています。3Mの製品には、接着剤、研磨材、フィルター、医療機器などがあります。革新的な技術と高品質な製品により、スリーエムは世界的に信頼されるブランドとなっています。

スリーエムに関するレポートはこちら

シンシナティ・ファイナンシャル

セクター:金融

ティッカー:CINF

増配年数:62年

シンシナティ・ファイナンシャルは、アメリカの多国籍保険会社であり、財産保険、傷害保険、生命保険、再保険などの保険商品を提供しています。主に個人および商業顧客向けに保険サービスを提供しており、その商品には、自動車保険、住宅保険、事業保険などが含まれます。

シンシナティ・ファイナンシャルに関するレポートはこちら

コカ・コーラ

セクター:消費財

ティッカー:KO

増配年数:61年

コカ・コーラは、世界的な飲料会社であり、炭酸飲料、水、スポーツドリンク、ジュースなどの製造・販売を行っています。彼らの製品は世界中で広く愛され、コカ・コーラ、ダイエットコーク、スプライトなどの有名ブランドを含んでいます。コカ・コーラは、革新的なマーケティング戦略と高品質な製品により、世界中の市場でリーダーシップを築いています。

コカ・コーラに関するレポートはこちら

ジョンソン・エンド・ジョンソン

セクター:ヘルスケア

ティッカー:JNJ

増配年数:61年

ジョンソン・エンド・ジョンソンは、アメリカの多国籍医療機器、製薬および消費財企業です。彼らの事業には、製薬、医療機器、および消費財が含まれており、広範囲にわたる製品を提供しています。ジョンソン・エンド・ジョンソンは、世界中で数多くのブランドを所有し、医療と健康分野でリーダーの地位を築いています。

ジョンソン・エンド・ジョンソンに関するレポートはこちら

ケンビュー

セクター:消費財

ティッカー:KVUE

増配年数:61年

ケンビューは、アメリカの消費者向けヘルスケア企業です。かつてジョンソン・エンド・ジョンソンのコンシューマーヘルスケア部門であった同社は、Aveeno、Band-Aid、Benadryl、Zyrtec、Johnson’s、Listerine、Mylanta、Neutrogena、Tylenol、Visineなどの有名なブランドの所有者です。

ランカスター・コロニー

セクター:消費財

ティッカー:LANC

増配年数:61年

ランカスター・コロニーは、米国の消費財企業です。主に食品関連製品の製造・販売を行っており、サラダドレッシング、スナック、焼き菓子などの商品を提供しています。同社のブランドは、高品質で多くの顧客に愛されており、長期間にわたって増配を続けています。

コルゲート・パーモリーブ

セクター:消費財

ティッカー:CL

増配年数:60年

コルゲート・パーモリーブは、世界的な消費財企業であり、口腔衛生製品、ペットケア製品、ボディケア製品、ホームケア製品などの製造・販売を行っています。彼らのブランドには、コルゲート、パーモリーブ、ソフティ、ヒルズなどが含まれています。

コルゲート・パーモリーブに関するレポートはこちら

ノードソン

セクター:資本財・サービス

ティッカー:NDSN

増配年数:60年

ノードソンは、粘着剤および粘着剤アプリケーションシステムの設計、製造、販売に従事する米国の企業です。彼らの製品は、自動車、電子機器、包装、建設、医療などのさまざまな産業で使用されています。ノードソンは、革新的な技術と高品質の製品で知られており、長い間増配を続け、投資家に安定した配当を提供しています。

ファーマーズ&マーチャント・バンコープ

セクター:金融

ティッカー:FMCB (OTC)

増配年数:58年

ファーマーズ&マーチャント・バンコープは、アメリカの地域金融機関であり、主に銀行業務を行っています。同社は、地域社会に焦点を当て、個人、中小企業、農業関連の顧客に金融サービスを提供しています。彼らのサービスには、預金口座、ローン、クレジットカード、投資商品などが含まれます。ファーマーズ&マーチャント・バンコープは、長い間増配を続け、地域経済の発展に貢献しています。

ホーメルフーズ

セクター:消費財

ティッカー:HRL

増配年数:57年

ホーメルフーズは、アメリカの食品加工および食品製造企業です。同社は多岐にわたるブランドを持ち、ベーコン、ハム、チリ、スパム、およびジャイアント、スキッピー、ホティー、ウィンクなどの食品製品を提供しています。ホーメルフーズは、食品業界での革新と品質に注力し、投資家に安定した増配を提供しています。

ABMインダストリーズ

セクター:資本財・サービス

ティッカー:ABM

増配年数:57年

ABMインダストリーズは、米国の総合施設管理およびビルサービス会社です。同社は、清掃、保安、設備管理、エネルギーソリューションなどのサービスを提供しており、商業施設、政府施設、工業施設、小売施設などにサービスを展開しています。ABMは、高品質なサービスと効率的な施設管理で知られており、長期にわたり安定した増配を維持しています。

カリフォルニア・ウォーター・サービス・グループ

セクター:公益事業

ティッカー:CWT

増配年数:56年

カリフォルニア・ウォーター・サービス・グループは、カリフォルニア州を中心に水道事業を行う企業です。同社は、飲料水と下水処理サービスを提供しており、住宅、企業、農業などの顧客にサービスを提供しています。カリフォルニア・ウォーター・サービス・グループは、地域社会への貢献と水資源の持続可能な管理に重点を置き、長期間にわたり増配を続けています。

スタンレー・ブラック・アンド・デッカー

セクター:資本財・サービス

ティッカー:SWK

増配年数:56年

スタンレー・ブラック・アンド・デッカーは、世界的なツール、ハードウェア、インフラストラクチャー、およびセキュリティソリューションの提供企業です。同社は、スタンレーツール、ブラックアンドデッカーツール、デュロックツール、クラフツマン、およびポーターケーブルなどのブランドで知られています。スタンレー・ブラック・アンド・デッカーは、製品の革新と品質に注力し、長期間にわたって増配を続け、投資家に安定した収益を提供しています。

フェデラル・リアルティ・インベストメント・トラスト

セクター:不動産

ティッカー:FRT

増配年数:56年

フェデラル・リアルティ・インベストメント・トラストは、主に小売店舗、オフィスビル、および複合施設の所有、運営、開発を行う不動産投資信託(REIT)です。彼らのポートフォリオには、ショッピングセンターや商業地区などのプライムな不動産が含まれています。フェデラル・リアルティは、質の高い不動産資産の保有と運営に焦点を当て、長期間にわたって安定した増配を続けています。

ステパン・カンパニー

セクター:資本財・サービス

ティッカー:SCL

増配年数:55年

ステパン・カンパニーは、特殊化学品およびイングリディエントの製造会社であり、さまざまな産業向けに化学製品を提供しています。同社の製品は、洗浄剤、表面活性剤、ポリオール、ポリマーなどの広範な用途に使用されています。ステパン・カンパニーは、長期的な持続可能性とイノベーションを重視し、安定した配当の増配を行っています。

コマース・バンクシェアーズ

セクター:金融

ティッカー:C

増配年数:55年

コマース・バンクシェアーズは、アメリカの銀行持株会社であり、商業銀行業務を展開しています。同社は、個人向け銀行業務、商業銀行業務、およびその他金融サービスを提供しています。彼らのサービスには、預金口座、ローン、クレジットカード、投資商品などが含まれます。コマース・バンクシェアーズは、地域社会に密着し、長い間安定した増配を続け、顧客と投資家に価値を提供しています。

SJWグループ

セクター:公益事業

ティッカー:SJW

増配年数:55年

SJWグループは、水道および廃水処理事業に従事するアメリカの企業です。同社は、カリフォルニア州やテキサス州を中心に水道サービスを提供しています。また、廃水処理、再生水供給、水資源管理などのサービスも提供しています。SJWグループは、地域コミュニティの水道インフラの維持と改善に貢献し、長期的な増配を続けています。

シスコ(SYSCO)

セクター:消費財

ティッカー:SYY

増配年数:54年

シスコは、世界最大の食品および飲料製品の流通企業の一つです。同社は、レストラン、ホテル、医療施設、学校などのさまざまな顧客に食品、調理器具、および関連サービスを提供しています。シスコは、食品産業での長年の経験と幅広い製品ラインナップを活かし、安定した増配を実現しています。

H.B. フラー

セクター:素材

ティッカー:FUL

増配年数:54年

H.B. フラーは、接着剤、シーリング剤、塗料などの工業用接着剤と化学製品の製造企業です。彼らの製品は、自動車、建設、製紙など、さまざまな産業で広く使用されています。長年の経験と技術革新により、彼らは市場でのリーダーシップを維持し、安定した成長を実現しています。

アルトリア・グループ

セクター:消費財

ティッカー:MO

増配年数:54年

アルトリア・グループは、アメリカの大手タバコおよび関連製品企業です。同社は、主にたばこ製品の製造、販売、流通を行っており、主要ブランドにはマールボロ、ベンソン&ヘッジズ、キャメルなどがあります。たばこ産業は規制が厳しくなっていますが、アルトリアは戦略的に多角化を進め、持続可能な成長を実現しています。

アルトリア・グループに関するレポートはこちら

MSAセーフティ

セクター:資本財・サービス

ティッカー:MSA

増配年数:53年

MSAセーフティは、安全機器およびサービスの提供に特化した企業です。彼らはヘルメット、ガス検知器、耳栓などの製品を提供しています。安全性と保護に関する厳格な規制の下で、彼らの製品はさまざまな産業で広く使用されています。

ナショナル・フュエル・ガス

セクター:エネルギー

ティッカー:NFG

増配年数:53年

ナショナル・フュエル・ガスは、天然ガスの生産と販売に従事するエネルギー企業です。彼らは天然ガスの探査、開発、生産を行い、顧客にエネルギーを提供しています。天然ガスはエネルギー市場で重要な役割を果たしており、同社はその需要に応えるために安定した成長を遂げています。

ユニバーサル・コーポレーション

セクター:消費財

ティッカー:UVV

増配年数:53年

ユニバーサル・コーポレーションは、タバコおよび農産物の調達、処理、流通に従事しています。彼らは世界中の農家とタバコメーカーとの間の橋渡しを行い、製品の品質を維持し、持続可能性を確保しています。タバコ産業は厳しい規制下にありますが、ユニバーサル・コーポレーションはその業界でのリーダーシップを維持し続けています。

イリノイ・ツール・ワークス

セクター:資本財・サービス

ティッカー:ITW

増配年数:53年

イリノイ・ツール・ワークスは、産業機器、消費財、自動車部品などの製造を行う多国籍企業です。彼らの製品は製造業界で幅広く使用されており、品質と信頼性が評価されています。長期的な成長戦略と技術革新により、同社は市場での地位を強化し続けています。

ブラック・ヒルズ

セクター:公益事業

ティッカー:BKH

増配年数:52年

ブラック・ヒルズは、電気と天然ガスの供給を行う公益事業会社です。地域のエネルギー需要に対応するために、持続可能なエネルギー戦略を展開しています。安定した収益と地域コミュニティへの貢献により、投資家からの信頼を獲得しています。

WWグレインジャー

セクター:資本財・サービス

ティッカー:GWW

増配年数:52年

WWグレインジャーは、産業用品と設備の配送企業です。彼らはさまざまな業界向けに工具、安全機器、清掃用品などを提供しています。同社は効率的な配送ネットワークと高品質なサービスを通じて、顧客に価値を提供しています。

ターゲット

セクター:消費財

ティッカー:TGT

増配年数:52年

ターゲットは、アメリカの大手小売企業であり、家庭用品、衣料品、電化製品などの幅広い製品を提供しています。彼らの店舗は、一般消費者からファッション愛好家まで幅広い顧客層を対象としており、オンラインおよびオフラインの販売チャネルを通じて製品を提供しています。顧客志向のアプローチと品質の高い商品ラインナップにより、ターゲットは顧客の支持を獲得し、市場での競争力を維持しています。

ターゲットに関するレポートはこちら

レゲット・アンド・プラット

セクター:資本財・サービス

ティッカー:LEG

増配年数:52年

レゲット・アンド・プラットは、特殊製品やコンポーネントの製造企業です。彼らは家具、自動車、航空宇宙などの業界向けに広範な製品を提供しています。長い歴史と高い品質基準により、同社は産業市場でのリーダーシップを確立しています。

PPGインダストリーズ

セクター:資本財・サービス

ティッカー:PPG

増配年数:52年

PPGインダストリーズは、塗料、コーティング、特殊化学品の製造および販売に従事しています。建築、自動車、産業製品など、さまざまな市場向けに製品を提供しています。技術革新と持続可能性に焦点を当てることで市場での地位を強化しています。

ベクトン・ディッキンソン

セクター:ヘルスケア

ティッカー:BDX

増配年数:52年

ベクトン・ディッキンソンは、医療機器と診断製品のリーディングカンパニーです。彼らの製品は、医療機関やラボで広く使用されており、医療の品質と効率性を向上させています。持続的な成長とイノベーションにより、企業は医療業界でのリーダーシップを築いています。

テナント

セクター:資本財・サービス

ティッカー:TNC

増配年数:52年

テナントは、清掃機器とソリューションのリーディングプロバイダーです。彼らは床掃除機、洗浄剤、機器メンテナンスサービスなどを提供しています。清掃効率と環境配慮型製品の開発に注力し、顧客に価値を提供しています。

アッヴィ

セクター:ヘルスケア

ティッカー:ABBV

増配年数:52年

アッヴィは、世界的なバイオ医薬品企業であり、慢性疾患やがんなどの重篤な疾患の治療薬を開発・製造しています。彼らの製品ポートフォリオには、ヒュミラ、エンブレル、リンクス、ヴィクトリーザ、スカイリゾ、イムランなどが含まれます。革新的な医薬品と高度な研究開発により、アッヴィは患者の生活を改善することに貢献し、医療分野でのリーダーシップを確立しています。

アッヴィに関するレポートはこちら

アボット・ラボラトリーズ

セクター:ヘルスケア

ティッカー:ABT

増配年数:52年

アボット・ラボラトリーズは、医療機器、診断製品、医薬品などの製造企業です。彼らの製品は、心臓血管疾患、糖尿病、感染症などの治療に貢献しています。革新的な医療ソリューションと継続的な成長により、アボット・ラボラトリーズは世界的な医療企業としての地位を確立しています。

アボット・ラボラトリーズに関するレポートはこちら

キンバリー・クラーク

セクター:消費財

ティッカー:KMB

増配年数:51年

キンバリー・クラークは、パーソナルケア製品、衛生用品、消耗品などを製造する企業です。彼らのブランドには、ハッギス、キンバリー、コットンエールなどがあります。世界中の消費者に信頼されているブランドと高品質な製品により持続的な成長を達成しています。

カナディアン・ユーティリティズ

セクター:公益事業

ティッカー:CDUAF (OTC)

増配年数:51年

カナディアン・ユーティリティズは、カナダの電気、天然ガス、水道事業を行う企業です。彼らはエネルギーと公共サービスの分野でリーダーシップを発揮し、持続可能なエネルギーの供給とインフラの整備に貢献しています。

ペプシコ

セクター:消費財

ティッカー:PEP

増配年数:51年

ペプシコは、飲料とスナックの多国籍企業です。ペプシ、レイズ、トロピカーナなどのブランドを所有しており、世界中の消費者に人気のある商品を提供しています。革新的な製品開発とマーケティング戦略により市場での地位を維持しています。

ペプシコに関するレポートはこちら

ロウズ

セクター:消費財

ティッカー:LOW

増配年数:51年

ロウズは、アメリカを中心にホームセンターおよび建材小売業を展開しています。DIY愛好家やプロの建築業者向けに、ツール、建材、家具などの製品を提供しています。顧客志向のサービスと高品質な製品により顧客からの信頼を築き上げています。

ニューコア

セクター:資本財・サービス

ティッカー:NUE

増配年数:51年

ニューコアは、アメリカの鉄鋼メーカーであり、鋼材および関連製品の製造を行っています。彼らの製品は建設、自動車、製造業などのさまざまな産業に使用されています。持続可能性と革新に焦点を当てることで、鉄鋼業界でのリーダーシップを発揮しています。

ゴーマン・ラップ

セクター:資本財・サービス

ティッカー:GRC

増配年数:51年

ゴーマン・ラップは、ポンプとポンプシステムの設計・製造・販売に従事しています。彼らの製品は、水処理、建設、農業などのさまざまな産業に広く使用されています。品質と信頼性の高い製品を提供することで、企業は市場での地位を確立しています。

S&Pグローバル

セクター:金融

ティッカー:SPGI

増配年数:50年

S&Pグローバルは、金融情報と分析サービスのリーディングプロバイダーです。彼らのサービスには、クレジットレーティング、市場データ、企業情報などが含まれています。市場参加者に信頼性の高い情報と分析を提供することで、金融業界で不可欠な役割を果たしています。

ウォルマート

セクター:消費財

ティッカー:WMT

増配年数:50年

ウォルマートは、アメリカの小売業界で最大手の企業であり、割安な商品を提供することで知られています。彼らの大規模な店舗ネットワークとオンラインプレゼンスは、顧客に広範囲の商品を提供しています。価格競争力と効率性により、同社は市場での支配的な地位を確立しています。

ウォルマートに関するレポートはこちら

ミドルセックス・ウォーター

セクター:公益事業

ティッカー:MSEX

増配年数:50年

ミドルセックス・ウォーターは、アメリカの水道公益事業企業です。彼らは水の供給と処理に従事し、ニュージャージー州などの地域にサービスを提供しています。高品質な水の供給と効率的なサービスにより、同社は地域社会で信頼されています。

アーチャー・ダニエルズ・ミッドランド

セクター:資本財・サービス

ティッカー:ADM

増配年数:50年

アーチャー・ダニエルズ・ミッドランドは、農業製品の処理、貯蔵、流通に従事する企業です。彼らは穀物、油脂、食品添加物などを製造および販売しています。持続可能な農業と食品供給に貢献し、世界中の顧客に高品質な製品を提供しています。

フォーティス

セクター:公益事業

ティッカー:FTS

増配年数:50年

フォーティスは、カナダを拠点とする多国籍公益事業持株会社です。同社は電力・ガスなどの公益事業を運営しており、カナダ、米国、カリブ海地域などで事業を展開しています。フォーティスは、持続可能なエネルギー供給と顧客サービスの向上に重点を置き、高い評価を得ています。長い増配の歴史により、投資家に安定した配当収入を提供しています。

フォーティスに関するレポートはこちら

RPMインターナショナル

セクター:資本財・サービス

ティッカー:RPM

増配年数:50年

RPMインターナショナルは、塗料、シーリング、特殊化学製品の製造および販売を行う企業です。彼らの製品は建設、自動車、産業などの分野で使用されており、高品質な製品と革新的なソリューションにより、同社は顧客の信頼を獲得しています。

ユナイテッド・バンクシェアーズ

セクター:金融

ティッカー:UBSI

増配年数:50年

ユナイテッド・バンクシェアーズは、銀行と金融サービスを提供する企業です。彼らは主に米国の中規模都市に焦点を当て、顧客に個別の金融ソリューションを提供しています。

コンソリデーテッド・エジソン

セクター:公益事業

ティッカー:ED

増配年数:50年

コンソリデーテッド・エジソンは、アメリカの多国籍公益事業持株会社で、主に電力供給を行っています。ニューヨーク市およびその周辺地域において、電力・ガス事業を展開し、地域のエネルギー需要を満たしています。長い歴史と高い信頼性により、コンソリデーテッド・エディソンは投資家に安定した収益を提供し、地域コミュニティに貢献しています。

まとめ

この記事を通じて、米国株の配当王について深く掘り下げてきました。配当王は、50年以上にわたり配当を増やし続けている企業群であり、その堅牢なビジネスモデルと優れた経営戦略は、投資家にとって大きな信頼性の証です。これらの企業は、市場の変動や経済の不確実性の中でも安定した収益を生み出し、投資家に長期的な収益をもたらします。

配当王への投資は、単なる利益追求だけでなく、企業の社会的責任と倫理的なビジネス慣行を評価することも含まれます。これらの企業は、持続可能な成長と利益還元を通じて、投資家のポートフォリオに安定性と成長性をもたらします。

しかし、配当王への投資には市場変動リスク、利回り逆転リスク、企業業績の変化リスク、インフレリスクなどが伴います。これらのリスクを理解し、適切に管理することで、配当王投資は長期的な資産形成へとつながる賢明な選択となります。

最終的に、配当王は、その長期的な安定性と成長の潜在力を評価し、戦略的に投資を行うことで、投資家にとって大きな価値をもたらす可能性があります。読者の皆様も、この魅力的な投資機会を活用し、賢明な投資判断を通じて、将来の資産形成につなげていただければ幸いです。

最後に

インベストリンゴでは、弊社のアナリストが、配当王銘柄を含め、米国個別企業に関する動向を日々アップデートしております。米国株式市場に関心のある方は、是非、弊社プラットフォームより、関連のレポートをご覧いただければと思います。

【先行アクセス(+特典付き)とニュースレターへの登録】

インベストリンゴは、🇯🇵日本初、🇺🇸米国株式投資に特化した金融のプロフェッショナルが集まる📱メディアプラットフォームです。

🚀ローンチに先立ち、✉️ニュースレター経由で、彼らの最新のコンテンツを日々紹介しております。

インベストリンゴ公式ホームページはこちら

米国株投資家の皆様は、是非、上記リンクより、メールアドレスをご登録頂き、完全版の弊社レポートを、日々、無料でご覧頂ければと思います。

ご登録頂けますと、過去のレポートも全て無料でご覧頂けます。

また、X(旧Twitter)上でも、日々、米国株式市場に関する情報を配信しておりますので、是非、フォロー頂ければと思います。

X(旧Twitter):インベストリンゴ公式アカウントはこちら

配当銘柄関連記事

【米国株式投資】ウォルマート / WMT / 中立 / 予想配当利回り1.39% / 配当王:最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(Walmart)

【米国株式投資】クローガー / KR / 予想配当利回り2.36% / 中立:注目の連続増配銘柄の最新の23年3Q決算と今後の株価見通し(Kroger)

【米国株式投資】エマソン・エレクトリック / EMR / 予想配当利回り2% / 中立 / 配当王:最新の24年1Q決算と今後の株価見通し(Emerson Electric

【米国株式投資】パーカー・ハネフィン / PH / 予想配当利回り1.12% / 弱気 / 配当王:最新の24年2Q決算分析と今後の株価見通し(Parker-Hannifin)

【米国株式投資】ドーバー / DOV / 予想配当利回り1.24% / 中立 / 配当王:最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(Dover)

【米国株式投資】ノースウエスト・ナチュラル / NWN / 予想配当利回り5.32% / 配当王:23年4Q決算分析と今後の株価見通し(Northwest Natural Holding)

【米国株式投資】アメリカン・ステイツ・ウォーター / AWR / 予想配当利回り2.43% / 強気 / 配当王:最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(American States Water)

【米国株式投資】ペプシコ / PEP / 予想配当利回り3.04%:連続増配ディフェンシブ銘柄の最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(PepsiCo)

【米国株式投資】フォード・モーター / F / 予想配当利回り4.88%:注目の高配当銘柄の最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(Ford Motor)

【米国株式投資】マクドナルド / MCD / 予想配当利回り2.29%:連続増配ディフェンシブ銘柄の最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(McDonald’s)

【米国株式投資】コカ・コーラ / KO / 予想配当利回り3.09%:連続増配銘柄の最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し

➡ 【米国株式投資】ブリティッシュ・アメリカン・タバコ / BTI / 予想配当利回り9.57%:ディフェンシブ・タバコ関連銘柄の最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(British American Tobacco)

➡【米国株式投資】スターバックス・スタバ / SBUX / 予想配当利回り2.41%:連続増配ディフェンシブ銘柄の最新の決算分析と今後の株価見通し(2024年2月7日 / Starbucks)


【米国株式投資】アルトリア・グループ / MO / 予想配当利回り9.79%:連続増配ディフェンシブ銘柄の最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(Altria)

【米国株式投資】シェブロン/ CVX / 予想配当利回り4.06%:連続増配エネルギー銘柄の最新の決算分析と今後の株価見通し(Chevron)

【米国株式投資】エクソン・モービル / XOM / 予想配当利回り3.65%:連続増配エネルギー銘柄の最新の決算分析と今後の株価見通し(2024年2月9日 / Exxon Mobil)

【米国株式投資】ファイザー / PFE:予想配当利回り6.24%の増配を継続する注目の製薬・ディフェンシブ高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月5日 / Pfizer)

【米国株式投資】JPモルガン / JPM / 予想配当利回り2.38%:連続して増配する注目の銀行・高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(米国株式投資 / 2024年1月31日 / JP Morgan)

【米国株式投資】ジョンソン・エンド・ジョンソン / JNJ:予想配当利回り2.99%の増配を継続する注目のディフェンシブ高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月1日)

【米国株式投資】プロクター・アンド・ギャンブル / PG:予想配当利回り2.39 %の増配を継続する注目のディフェンシブ高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月1日)

【米国株式投資】ロッキード・マーチン / LMT:予想配当利回り2.92%の増配を継続する注目のディフェンシブ高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月1日 / 米国株式投資 / Lockheed Martin)

【米国株式投資】スリーエム / MMM:予想配当利回り6.29%の注目のディフェンシブ高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月1日 / 米国株式投資 / 3M Co)

【米国株式投資】メタ・フェイスブック / META / 予想配当利回り0.43%:注目のメタバース・AI関連成長株の最新の決算分析と今後の株価見通し(2024年2月2日 / Meta / Facebook)

【米国株式投資】ベライゾン / VZ:予想配当利回り6.28%の増配を継続する注目のディフェンシブ高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月1日 / 米国株式投資 / Verizon)

【米国株式投資】AT&T / T:予想配当利回り6.26%の注目のディフェンシブ高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月1日 )

【米国株投資】エンブリッジ(ENB:年間予想配当利回り7.5%)& ベライゾン(VZ:年間予想配当利回り6.7%):高水準の予想配当利回りが魅力的な、おススメの2つの高配当個別銘柄

【米国株投資】マリオット・インターナショナル(MAR:年間予想配当利回り0.9%):グローバル・ブランド関連のおススメの高配当個別銘柄 – Part 2

【米国株投資】メドトロニック/ MDT:予想配当利回り3.20%の注目の高配当ヘルスケア関連個別銘柄

【米国株投資】ONEOK(ワンオーク)/ OKE:予想配当利回り5.57%の注目の高配当エネルギー関連銘柄

免責事項:本レポート上で紹介する情報は、投資教育を目的としております。その為、本情報は、特定の証券の売買や投資戦略を勧誘するものではありません。また、私は税務、法律、会計に関する助言は一切いたしません。投資には常にリスクが伴い、リターン、あるいは、元本が保証されているものではない点にご留意ください。私の知る限りでは、私は自らの分析に、虚偽、または、重大な誤解を招く記述や事実の省略が含まれていないと認識しております。特定の投資助言における過去のパフォーマンスは、特定の状況、または、市場の出来事、投資の性質、および、タイミング、ならびに、投資に関連する制約についての知識がない限り、依拠すべきではありません。私は、チャート、グラフ、計算式、推奨銘柄について述べたり、表示したりすることがありますが、これらはそれ自体でどの証券を売買すべきか、あるいはいつ売買すべきかを決定するために使用されることを意図しておりません。このようなチャートやグラフは、限られた情報しか提供していないため、それだけで投資判断を下すべきではありません。実際に投資をする際には、ライセンスを保有する金融の専門家にご相談されることを強くお勧めします。ここに記載された意見は、あくまでも私個人のものであり、予告なしに変更されることがあります。また、参照した意見やデータは本レポートの発表日時点のものであり、市場や経済状況の変化により変更される可能性があります。

アナリストによる開示:私は、この記事で言及されている企業の株式に関するポジションを現時点で保有しておらず、また、今後5日以内にそのようなポジションを持つ予定もありません。また、本記事は、私個人の見解に基づき、独自に執筆したものです。私は、インベストリンゴからの報酬を除き、この記事に対して、いかなる報酬も受け取っておりません。また、本文書で言及している企業とは、いかなる商業的関係も有しておりません。

インベストリンゴによる開示:インベストリンゴは、当社コンテンツ・クリエイターが、自身の専門・得意領域に関する情報・知識を、当社のユーザーと共有する事を目的とする米国株特化型のコミュニティです。本サイトのコンテンツは、投資教育、並びに、投資情報の提供のみを目的としており、特定の投資家に対して、投資、税務、法律等のアドバイスを提供することを意図しておりません。加えて、Investlingo Japan合同会社は、日本においてライセンスを保有する証券会社、投資顧問業者、または、投資銀行ではございません。ここで述べられている意見や見解は、あくまでも、各コンテンツ・クリエーター個人の見解であり、Investlingo Japan合同会社の立場を反映しているものではございません。当社のコンテンツ・クリエーターは、個人投資家を含む独立したブロガー・アナリストから構成されており、公的機関等からの金融関連のライセンスを取得していない場合もございます。その為、本サイト上のいかなる情報も、インベストリンゴ、または、弊社プラットフォーム上の第三者による、金融商品の推奨、或いは、投資助言として解釈されるべきではありません。インベストリンゴは、弊社プラットフォーム上の情報に基づいて行われるいかなる投資決定に対して、一切責任を負わず、各ユーザーが単独で責任を負う点にご留意ください。

にほんブログ村:米国株ランキング

人気ブログランキング:米国株ランキング

上部へスクロール