【投資コラム】人気の米国株式市場のサイバーセキュリティ関連銘柄8選と投資を検討する際に考慮すべきポイントを徹底解説!

サマリー

  • 本稿では、サイバーセキュリティの定義と重要性、米国における業界動向を詳細に解説しています。 
  • 人気の米国株サイバーセキュリティ関連銘柄8社を紹介し、投資を検討する際の重要なポイントを提供しています。 
  • サイバーセキュリティ業界での投資判断には、企業の市場シェア、技術革新、財務健全性が重要な評価基準とされています。

はじめに

本稿では、人気の米国株サイバーセキュリティ関連銘柄8社、並びに、それらの銘柄への投資を検討する際に考慮すべきポイントを、4つの章に分けて詳しく解説しております。

※下記グラフの「ティッカー / 銘柄コード」をクリックしていただくと、弊社の各銘柄に関する最新のレポートをご覧いただけます。

人気の米国株サイバーセキュリティ関連銘柄8社

日本語名英語名ティッカー / 銘柄コード
クラウドストライクCrowdStrike HoldingsCRWD
パロアルトネットワークスPalo Alto NetworksPANW
オクタOktaOKTA
フォーティネットFortinetFTNT
ゼットスケーラーZscalerZS
サイバーアークソフトウェアCyberArk SoftwareCYBR
チェックポイントソフトウェアテクノロジーズCheck Point Software TechnologiesCHKP
テネブルTenable Holdings, Inc.TENB

【先行アクセス(+特典付き)とニュースレターへの登録】

インベストリンゴは、🇯🇵日本初、🇺🇸米国株式投資に特化した金融のプロフェッショナルが集まる📱メディアプラットフォームです。

🚀ローンチに先立ち、✉️ニュースレター経由で、彼らの最新のコンテンツを日々紹介しております。

インベストリンゴ公式ホームページはこちら

米国株投資家の皆様は、是非、上記リンクより、メールアドレスをご登録頂き、完全版の弊社レポートを、日々、無料でご覧頂ければと思います。

ご登録頂けますと、過去のレポートも全て無料でご覧頂けます。

また、X(旧Twitter)上でも、日々、米国株式市場に関する情報を配信しておりますので、是非、フォロー頂ければと思います。

X(旧Twitter):インベストリンゴ公式アカウントはこちら

サイバーセキュリティ銘柄関連記事

【米国株式投資】パロアルトネットワークス / PANW / 強気:最新の24年度2Q決算分析と今後の株価見通し – Part 1(Palo Alto Networks)

【米国株式投資】サイバーアーク・ソフトウェア / CYBR:テクノロジー関連成長株の最新の24年第4四半期決算分析と今後の株価見通し(CyberArk Software)

【米国株式投資】オクタ / OKTA / 中立:最新の24年4Q決算分析と今後の株価見通し(Okta)

第1章: サイバーセキュリティ業界の概要と重要性

サイバーセキュリティとは、インターネットやネットワークを介して行われる情報の流通を安全に保つための技術や手法の総称です。この分野は、企業や政府機関、個人の情報資産を保護するために不可欠な役割を果たしています。サイバー攻撃は日々進化し、その脅威は増大する一方です。したがって、サイバーセキュリティは現代社会において欠かせない要素となっています。

テクノロジーが急速に進化し、私たちの生活はますますデジタル化されています。その結果、企業や政府だけでなく、個人のレベルでも、多くの重要な情報がオンラインで管理・交換されるようになりました。このような環境下では、情報の安全性を確保することが極めて重要です。サイバーセキュリティは、この安全性を保障するための鍵となります。

サイバーセキュリティの重要性は、ただ情報を保護するだけにとどまりません。サイバー攻撃による経済的損失、企業の信頼失墜、さらには国家安全保障への影響といった、広範な範囲にわたるリスクを軽減することができます。実際に、多くの企業がサイバー攻撃の犠牲となり、莫大な損失を被っています。これらのリスクから身を守るためにも、サイバーセキュリティは不可欠なのです。

さらに、サイバーセキュリティは様々な分野での役割を持ちます。金融、医療、教育、政府機関など、ほぼ全てのセクターで情報セキュリティが重要視されています。これらの分野では、大量の機密情報がやり取りされ、それらの情報が不正にアクセスされたり、失われることは許されません。サイバーセキュリティは、これらの情報を守るための盾となるのです。

現代のサイバーセキュリティは、単に攻撃を防ぐだけではなく、攻撃が発生した際の対応計画を含めた総合的なリスク管理を求められています。これには、予防、検出、対応、復旧というサイバーセキュリティの4つの主要な領域が含まれます。企業や組織は、これらの領域すべてにわたって、強固なサイバーセキュリティ対策を講じる必要があります。

サイバーセキュリティ業界は、このような背景から、急速に成長しています。新たな脅威が登場するたびに、対抗策も進化し続けています。そのため、この分野で働く専門家は、常に最新の知識と技術を学び続ける必要があります。そして、これらの専門家は、企業や国家のセキュリティを守るために不可欠な存在となっています。

サイバーセキュリティ業界の概要とその重要性を理解することは、現代の情報社会において、個人だけでなく、企業や組織にとっても必須の知識です。次章では、この業界がどのように米国内で展開されているのか、また市場動向にはどのような特徴があるのかについて詳しく見ていきましょう。

第2章: 米国のサイバーセキュリティ業界と市場動向

サイバーセキュリティは、現代のビジネス環境において中核的な役割を担っています。特に、技術の進歩が著しい米国では、サイバーセキュリティ業界が急速に発展しています。この章では、米国のサイバーセキュリティ業界の現状と、その市場動向について掘り下げていきます。

まず、米国のサイバーセキュリティ業界の規模について触れると、近年、この市場は著しい成長を遂げています。市場調査会社によると、米国のサイバーセキュリティ市場は、今後数年間で年平均成長率が二桁に達すると予測されています。これは、サイバー脅威の増加とともに、サイバーセキュリティへの意識が高まっていることが大きな要因です。

米国におけるサイバーセキュリティ業界の特徴の一つは、革新的な技術の開発と導入です。例えば、AI(人工知能)や機械学習を活用したセキュリティシステムが登場し、従来のシステムでは検出が困難だった脅威を特定できるようになっています。また、クラウドベースのセキュリティソリューションも普及し、企業がより柔軟かつ効率的にセキュリティ対策を実施できるようになっています。

供給網の変化も、米国のサイバーセキュリティ業界に大きな影響を与えています。多くの企業がグローバルなサプライチェーンを持つ中で、一箇所で発生したセキュリティインシデントが全体に影響を及ぼすリスクが高まっています。そのため、サプライチェーン全体のセキュリティ強化が重要な課題となっています。

政府の政策も、サイバーセキュリティ業界に大きな影響を与えています。米国政府は、国家安全保障を守るためにサイバーセキュリティを重視しており、多くの法規制やガイドラインが導入されています。これにより、企業は政府の基準に沿ったセキュリティ対策を講じることが求められています。

次に、米国のサイバーセキュリティ市場の動向ですが、近年は特に次のようなトレンドが見られます。一つは、サイバー攻撃の手法が日々進化し、より巧妙かつ複雑になっていることです。これに対抗するため、サイバーセキュリティ企業は継続的な研究開発に投資しています。もう一つのトレンドは、リモートワークの普及です。COVID-19パンデミックをきっかけにリモートワークが広がり、企業は従業員の自宅からのアクセスを安全に保つために新たなセキュリティ対策を講じる必要に迫られています。

最後に、この章では、これらの市場動向と業界の特性を踏まえ、米国のサイバーセキュリティ業界が今後直面する可能性のある課題とチャンスについても考察します。技術革新のスピード、国際的な規制環境の変化、新たな脅威の出現など、業界を取り巻く環境は常に変動しています。これらの変化にいかに迅速かつ効果的に対応できるかが、米国のサイバーセキュリティ業界の将来を左右する鍵となるでしょう。

第3章: 人気の米国株サイバーセキュリティ関連銘柄8選

サイバーセキュリティの重要性が高まる中で、投資家たちは特にこの分野の企業に注目しています。ここでは、現在特に人気のある米国株のサイバーセキュリティ関連銘柄を8選紹介し、それぞれの特徴と投資の魅力について解説します。

※ティッカー / 銘柄コードをクリックしていただくと、弊社の各銘柄に関する最新のレポートをご覧いただけます。

クラウドストライク / CrowdStrike Holdings(CRWD

クラウドベースのエンドポイントセキュリティを提供するクラウドストライクは、AI技術を活用した先進的な脅威検出システムを持っています。迅速な脅威検出と対応が可能で、多くの企業から信頼されています。

クラウドストライクに関するレポートはこちら

パロアルトネットワークス / Palo Alto Networks(PANW

セキュリティ業界の大手であるパロアルトネットワークスは、総合的なセキュリティプラットフォームを提供し、特にファイアウォール技術で高い評価を得ています。クラウドセキュリティとAIにも力を入れ、成長を続けています。

パロアルトネットワークスに関するレポートはこちら

オクタ / Okta(OKTA

アイデンティティとアクセス管理に特化したサービスを提供しているオクタは、クラウドアプリケーションの普及に伴いその需要が増加しています。独自のアイデンティティクラウドプラットフォームは多くの企業に採用されています。

オクタに関するレポートはこちら

フォーティネット / Fortinet(FTNT

幅広いセキュリティ製品とサービスを提供するフォーティネットは、特にその性能の高いファイアウォールと統合脅威管理(UTM)アプライアンスで知られています。コストパフォーマンスに優れ、中小企業から大企業まで幅広い顧客層を持ちます。

フォーティネットに関するレポートはこちら

ゼットスケーラー / Zscaler(ZS

クラウドベースのセキュリティサービスを提供するズスケーラーは、特にその革新的なゼロトラストネットワークアクセスで注目されています。リモートワークの増加と共に、その需要は高まっています。

ゼットスケーラーに関するレポートはこちら

サイバーアークソフトウェア / CyberArk Software(CYBR

プリビレッジアクセス管理(PAM)に特化したサイバーアークソフトウェアは、特に高いセキュリティが求められる環境での採用が増えています。機密情報へのアクセス管理を強化し、セキュリティ違反のリスクを低減します。

サイバーアークソフトウェアに関するレポートはこちら

チェックポイントソフトウェアテクノロジーズ / Check Point Software Technologies(CHKP

ファイアウォールとVPN製品で広く知られているチェックポイントソフトウェアテクノロジーズは、その技術力と安定性で高い評価を受けています。企業のネットワークセキュリティニーズに対応する幅広い製品ラインナップを持ちます。

チェックポイントソフトウェアテクノロジーズに関するレポートはこちら

テナブル / Tenable(TENB

テナブルは、サイバーエクスポージャーの管理に焦点を当てています。そのフラグシップ製品であるTenable.ioは、クラウドベースのプラットフォームで、組織のネットワーク全体の脆弱性を継続的に評価し、対策を促します。

テナブルに関するレポートはこちら

これらの銘柄は、サイバーセキュリティ業界の中でも特に注目されている企業です。各社の事業内容、市場での立ち位置、成長の可能性を詳しく理解することで、投資家はより戦略的な投資判断を下すことができるでしょう。

第4章: サイバーセキュリティ関連銘柄を選ぶ際の8つのポイント

サイバーセキュリティ関連銘柄を選定する際には、業界固有の要素を考慮することが必要です。ここでは、サイバーセキュリティ企業に特有なポイントを中心に、投資判断に役立つ要素を解説します。

1.業界内での立ち位置と市場シェア

銘柄選定時には、その企業がサイバーセキュリティ業界内でどのような立ち位置にあり、市場シェアはどの程度かを評価することが重要です。市場リーダーまたは革新的なニッチプレーヤーは、安定した成長が見込まれる可能性が高いです。

2.財務健全性

企業の財務諸表を分析し、収益性、負債水準、キャッシュフローなどの財務健全性を評価します。成長産業であっても、過剰な負債や収益性の低い企業はリスクが高いと言えます。

3.継続的なイノベーションと技術の進化

サイバーセキュリティ企業は常に新たな脅威に対抗するために技術を進化させる必要があります。企業がどのようにイノベーションを推進し、技術をアップデートしているかを評価します。特に、人工知能(AI)や機械学習(ML)を活用した製品開発は、業界内での競争力を高める重要な要素です。

4.脅威インテリジェンスとリサーチ能力

サイバーセキュリティ企業は、最新の脅威情報を収集し、分析する能力を持つ必要があります。企業がどれだけ効果的に脅威インテリジェンスを活用し、新たな攻撃手法に迅速に対応できるかを確認します。

5.セキュリティインシデントへの対応履歴

過去に発生したセキュリティインシデントへの対応を調査し、その企業が危機管理をどの程度効果的に行えているかを評価してください。インシデント後の対応は、その企業の信頼性と専門性を示す指標になります。

6.顧客との信頼関係

サイバーセキュリティは、顧客の信頼を基盤とする業界です。顧客からの信頼を獲得し、維持しているかどうかは、企業の長期的な成功に直結します。企業がどのように顧客との関係を築き、維持しているかを評価します。

7.コンプライアンスと規制への対応

サイバーセキュリティ業界は、法規制や業界基準の変化に柔軟に対応する必要があります。特に、データ保護規則やプライバシー関連の規制に適合しているかどうかは、企業の信頼性を左右します。企業が規制変更にどう対応しているか、コンプライアンス体制が整っているかを検証します。

8.サービスの幅広さと深さ

サイバーセキュリティの脅威は多岐にわたります。そのため、企業が提供するサービスの幅広さと専門性の深さは重要なポイントです。エンドポイント保護、ネットワークセキュリティ、クラウドセキュリティ、インシデントレスポンスなど、多様なニーズに応えるサービスを提供しているかを評価します。

これらのポイントは、サイバーセキュリティ関連銘柄を選定する際に重要な要素です。投資家はこれらのポイントを基に、企業の現状と将来のポテンシャルを総合的に分析し、賢明な投資判断を行うべきです。

まとめ

サイバーセキュリティは現代社会の不可欠な要素で、その市場は米国を中心に世界的に拡大しています。投資家は、技術の進化、市場の競争力、財務健全性などを総合的に評価し、魅力的な銘柄を選定する必要があります。米国外の市場も急速に成長しており、グローバルな視点での分析が重要です。継続的な学習と市場動向の把握を通じて、投資家はサイバーセキュリティ分野の機会を最大限に活用できるでしょう。

最後に

インベストリンゴでは、弊社のアナリストが、サイバーセキュリティ関連銘柄を含め、米国個別企業に関する動向を日々アップデートしております。米国株式市場に関心のある方は、是非、弊社プラットフォームより、関連のレポートをご覧いただければと思います。

【先行アクセス(+特典付き)とニュースレターへの登録】

インベストリンゴは、🇯🇵日本初、🇺🇸米国株式投資に特化した金融のプロフェッショナルが集まる📱メディアプラットフォームです。

🚀ローンチに先立ち、✉️ニュースレター経由で、彼らの最新のコンテンツを日々紹介しております。

インベストリンゴ公式ホームページはこちら

米国株投資家の皆様は、是非、上記リンクより、メールアドレスをご登録頂き、完全版の弊社レポートを、日々、無料でご覧頂ければと思います。

ご登録頂けますと、過去のレポートも全て無料でご覧頂けます。

また、X(旧Twitter)上でも、日々、米国株式市場に関する情報を配信しておりますので、是非、フォロー頂ければと思います。

X(旧Twitter):インベストリンゴ公式アカウントはこちら

関連記事

【米国株式投資】【最新】ビットコインのテクニカル分析と今後の見通し – Part 1(2024年3月 / BTCUSD / Bitcoin)

【米国株式投資】24年1月の世界の半導体市場の売上高と今後の見通

【最新】米国株の今後の見通し / RSP / 強気:株式市場はバブルなのか?

【米国株式投資】WFE(半導体前工程製造装置 / 半導体ウェハー製造装置)業界と関連株式の2023年のまとめ&今後の市場見通し – Part 2

【米国株式投資】WFE(半導体前工程製造装置 / 半導体ウェハー製造装置)業界と関連株式の2023年のまとめ&今後の市場見通し – Part 1

【米国株式投資】半導体メモリ業界と関連株式の2023年のまとめ&今後の半導体メモリ市場の見通し – Part 2

【米国株式投資】半導体メモリ業界と関連株式の2023年のまとめ&今後の半導体メモリ市場の見通し – Part 1

【米国株式投資】アブポイント / AVPT / 中立:最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(AvePoint)

【米国株式投資】グローバルファウンドリーズ / GFS:最新の23年第4四半期決算分析と今後の株価見通し – Part 1(GlobalFoundries)

【米国株式投資】パロアルト・ネットワークス / PANW / 弱気:最新の24年度第2四半期決算分析と今後の株価見通し(Palo Alto Networks)

【米国株式投資】サイバーアーク・ソフトウェア / CYBR:テクノロジー関連成長株の最新の24年第4四半期決算分析と今後の株価見通し(CyberArk Software)

【米国株式投資】アプライド・マテリアルズ / AMAT:半導体・AI関連成長株の最新の24 年1Q決算分析と今後の株価見通し – Part 1(Applied Materials)

免責事項:本レポート上で紹介する情報は、投資教育を目的としております。その為、本情報は、特定の証券の売買や投資戦略を勧誘するものではありません。また、私は税務、法律、会計に関する助言は一切いたしません。投資には常にリスクが伴い、リターン、あるいは、元本が保証されているものではない点にご留意ください。私の知る限りでは、私は自らの分析に、虚偽、または、重大な誤解を招く記述や事実の省略が含まれていないと認識しております。特定の投資助言における過去のパフォーマンスは、特定の状況、または、市場の出来事、投資の性質、および、タイミング、ならびに、投資に関連する制約についての知識がない限り、依拠すべきではありません。私は、チャート、グラフ、計算式、推奨銘柄について述べたり、表示したりすることがありますが、これらはそれ自体でどの証券を売買すべきか、あるいはいつ売買すべきかを決定するために使用されることを意図しておりません。このようなチャートやグラフは、限られた情報しか提供していないため、それだけで投資判断を下すべきではありません。実際に投資をする際には、ライセンスを保有する金融の専門家にご相談されることを強くお勧めします。ここに記載された意見は、あくまでも私個人のものであり、予告なしに変更されることがあります。また、参照した意見やデータは本レポートの発表日時点のものであり、市場や経済状況の変化により変更される可能性があります。

アナリストによる開示:私は、この記事で言及されている企業の株式に関するポジションを現時点で保有しておらず、また、今後5日以内にそのようなポジションを持つ予定もありません。また、本記事は、私個人の見解に基づき、独自に執筆したものです。私は、インベストリンゴからの報酬を除き、この記事に対して、いかなる報酬も受け取っておりません。また、本文書で言及している企業とは、いかなる商業的関係も有しておりません。

インベストリンゴによる開示:インベストリンゴは、当社コンテンツ・クリエイターが、自身の専門・得意領域に関する情報・知識を、当社のユーザーと共有する事を目的とする米国株特化型のコミュニティです。本サイトのコンテンツは、投資教育、並びに、投資情報の提供のみを目的としており、特定の投資家に対して、投資、税務、法律等のアドバイスを提供することを意図しておりません。加えて、Investlingo Japan合同会社は、日本においてライセンスを保有する証券会社、投資顧問業者、または、投資銀行ではございません。ここで述べられている意見や見解は、あくまでも、各コンテンツ・クリエーター個人の見解であり、Investlingo Japan合同会社の立場を反映しているものではございません。当社のコンテンツ・クリエーターは、個人投資家を含む独立したブロガー・アナリストから構成されており、公的機関等からの金融関連のライセンスを取得していない場合もございます。その為、本サイト上のいかなる情報も、インベストリンゴ、または、弊社プラットフォーム上の第三者による、金融商品の推奨、或いは、投資助言として解釈されるべきではありません。インベストリンゴは、弊社プラットフォーム上の情報に基づいて行われるいかなる投資決定に対して、一切責任を負わず、各ユーザーが単独で責任を負う点にご留意ください。

にほんブログ村:米国株ランキング

人気ブログランキング:米国株ランキング

上部へスクロール