クラウドストライク / CRWD:サイバーセキュリティ関連成長株の最新の決算分析と今後の株価見通し(Crowdstrike)

Ticker: CRWD / 4246文字 / 所要時間9分程度 / Buy / ドノヴァン・ジョーンズ

サマリー

  • クラウドストライクは、サイバーセキュリティ関連のソフトウェアとサービスを世界中に提供している
  • 同社は、目覚ましい収益成長を続けており、現在の業績は黒字である
  • 同社に対する私の見通しは、1株当たり200ドル前後で「買い」である

クラウドストライクについて

クラウドストライク(CRWD)は、世界中の組織に対して、サイバーセキュリティ関連のソフトウェアを提供している。

同社は、サイバーセキュリティ市場の主要プレーヤーであり、プロダクトのラインアップと顧客基盤を拡大している。

収益性は若干低いものの、継続的な成長軌道と堅実な財務基盤は、同社の有望な将来性を示唆している。

以上より、同社に対する私の短期的見通しは、1株当たり200.00ドル前後での「買い」である。

概要

クラウドストライクは、テキサス州オースティンに本社を置く米国のサイバーセキュリティ・テクノロジー企業であるが、創業者の経歴から、シリコンバレーを連想されることが多いのが現状である。

同社は、エンドポイント、クラウド・ワークロード、アイデンティティ、データ等、様々な領域に渡り、クラウド経由により顧客にプロテクションを提供している。

また、SaaS(Software-as-a-Service)サブスクリプションモデルを採用している。

同社を率いているのは、CEO兼共同創業者のジョージ・カーツ氏である。

カーツ氏は、当業界で、28年以上の経験を持つセキュリティの専門家として知られている。

また、サイバーセキュリティのトピックに関する著者や講演者としても知られている。

同社の前には、Foundstoneを設立し、更に、McAfeeで最高技術責任者(CTO)を務めてた実績を持つ。

ターゲット市場と競合他社

世界のエンドポイント・セキュリティ市場は、2022年に124億6000万ドルと評価された。

Fortune Business Insightsのレポートによると、2023年の136億ドルから、2030年には257億1000万ドルに成長すると予測 されている。

この成長が達成されれば、予測期間中の年平均成長率(CAGR)は9.5%となる。

主要企業と製品

エンドポイント・セキュリティ市場では、複数の主要企業が様々な製品やサービスを提供している。

  • Broadcom Inc. (Symantec Corporation)、VMware INC.、Microsoft Corporation、Cisco Systems Inc.、McAfee LLC等が、この分野の主要企業である。
  • その他の注目すべき企業には、HCL Technologies Limited、The International Business Machines Corporation (IBM)、Trend Micro Incorporated、Palo Alto Networks, Inc.、Sophos Limited、AO Kaspersky Lab等が挙げられる。
  • 製品、および、サービスに関しては、従来のウイルス対策ソフトウェアから、より高度な脅威に対するインテリジェンス、および、対応ソリューションまで多岐に渡っている。

トレンド

エンドポイント・セキュリティ市場を形成しているトレンドは以下の通りである。

  • 人間を中心としたセキュリティ設計:コントロール管理における従業員の経験を重視し、サイバーセキュリティに起因する摩擦を軽減する。
  • 人材(タレント)管理の強化:サイバーセキュリティ分野における人材を引き付け、維持するためには、人間を中心とした人材管理に重点を置いている。
  • サイバーセキュリティ運用モデルの変革:技術的な仕事が、各事業部門にどのように分配されるかに適応し、且つ、各事業の成果を重視している。
  • 継続的脅威露出管理(Continuous Threat Exposure Management / CTEM):当管理プログラムを通じて、複雑な攻撃対象領域を管理するための評価手法を進化させている。
  • アイデンティティ・ファブリック・イミュニティ:アイデンティティ・インフラの脆弱性に対処し、新たな攻撃を防止する。
  • サイバーセキュリティの検証:サイバーセキュリティ検証用の自動化ツールを使用して、潜在的な脅威や脆弱性を評価する。

成長をリードする市場セグメント

  • BYOD(私的デバイスを持ち込むことを認める)ポリシーの導入:企業におけるBYODポリシーの導入により、エンドポイント・セキュリティ・ソリューションの強化が求められている。
  • AIと機械学習:脅威の検出と対応を改善するためのAIとMLベースのソリューションの導入が、大きな成長促進要因となっている。
  • 接続デバイス数の増加:デジタル化とIoTの導入による接続デバイス数の増加が、エンドポイント・セキュリティの需要に寄与している。

関連記事:サイバーセキュリティ銘柄

【米国株投資】フォーティネット / FTNT:収益成長の鈍化に警戒が必要なサイバーセキュリティ銘柄

➡【米国株投資】パロアルトネットワークス / PANW:好調な決算を発表、魅力的なサイバーセキュリティ関連銘柄

【米国株投資】パロアルトネットワークス決算 / PANW:サイバーセキュリティ関連株として最高の銘柄

【米国株投資】パロアルトネットワークス / PANW:私がこの銘柄にまだ強気である理由

【米国株投資】ゼットスケーラー / ZS:クラウド・セキュリティ分野で目覚ましい成長を実現

【米国株投資】センチネルワン (SentinelOne) / S:エンドポイント・セキュリティ市場で有利な立場にある魅力的なサイバーセキュリティ関連銘柄

【米国株投資】センチネルワン (SentinelOne) / S:魅力的なサイバーセキュリティ銘柄

最近の財務動向

四半期別総売上高(Total Revenue:青色の列)は目覚ましい成長を続けており、四半期別営業利益(Operating Incom:赤色の線)はブレークイーブンに向けて前進している。

四半期別売上総利益率(Gross Profit Margin:緑色の線)は、最近の四半期で上昇傾向にある。

また、四半期別総売上高に占める販売費および一般管理費の割合(Selling, G&A % Of Revenue:茶色の線)は低下しており、効率性の向上を示すポジティブなシグナルとなっている。

希薄化後一株当たり利益(Earnings Per Share:赤い線)は直近四半期でプラスに転じている。

(上記グラフのデータは全てGAAPベース)

過去12ヶ月間で、同社の株価は40.25%上昇したのに対し、iシェアーズ・エクスパンデッド・テクノロジー・ソフトウェアETF (IGV)の株価は35.79%のみ上昇した。

貸借対照表では、同社は31億7,000万ドルの現金および現金同等物と、7億4,200万ドルの負債(全て長期負債)で四半期を終えた。

12ヶ月間のフリーキャッシュフローは8億4,200万ドル、資本支出は2億1,900万ドルであった。

バリュエーションとその他の指標

以下は、同社に関連するバリュエーションの表である。

40%ルールとは、ソフトウェア業界の経験則であり、売上高成長率とEBITDA成長率の合計が40%以上であれば、その企業は、ソフトウェア企業として、許容できる成長とEBITDAの軌道に乗っていることを示すものである。

同社の直近の調整前40%ルールの計算値は、2024年第2四半期決算時点で42.0%であったため、下表の通り、同社は良好な業績を上げていることが分かる。

クラウドストライクに関するコメント

2024 年第2四半期決算に関する前回の決算説明会では、経営陣のコメントとして以下の点が強調された。

・同社は第2四半期に力強い成長を報告し、トップラインとボトムラインの両指標でガイダンスを上回った。これは、マクロ経済が厳しい状況にあるにもかかわらず達成されたものである。

・当四半期末の年間経常収益(ARR)は29億ドルで、前年同期比37%増となった。この成長を牽引したのは、クラウド・セキュリティ、アイデンティティ・プロテクション、LogScale Next-gen SIEMの記録的な貢献であり、これらのARRは合わせて5億ドルを突破した。

・同社のNon GAAPベースの営業利益率は21.3%と過去最高を記録し、Non GAAPベースの純利益は前年比109%増となった。また、2四半期連続でGAAPベースの黒字を達成した。

・第2四半期のフリーキャッシュフローは1億8,870万ドルで過去最高となった。また、8つ以上のファルコン・プラットフォーム・モジュールを含む案件が前年同期比で80%以上増加した。

・経営陣は通期の売上高見通しを上方修正し、第4四半期は目標とするNon GAAPベースの営業利益率内で終了する見込みである。また、25年度からは年間ベースで目標モデル内に留まる予定である。

・経営陣は、競争環境における大きな変化を観察しており、それが同社に独自の利益をもたらしていると考えている。下期の業績は、新規ARR純増数が2桁になると予想している。

・アナリストは、同社経営陣に対して、業績と今後のガイダンス、製品と競争環境について質問した。

・経営陣は、収益と顧客定着率に満足しており、事業ラインの複数の分野で力強さが見られると回答した。

・にもかかわらず、取引サイクルが長期化しているため、今後のガイダンスには慎重を期しているという。

・製品に関しては、買い手は、同セグメントにおける包括的なプラットフォームを購入することに注力しており、市場におけるレガシー・システムを置き換える大きな機会があると経営陣は考えている。

・2023年度の2022年度対比での成長率30.6%に対し、2024年度のコンセンサス収益成長率は35.6%と予想されており、同社のトップライン収益の成長は加速する可能性がある。

・同社の新興製品も急成長を遂げており、中でもアイデンティティ・プロテクション・モジュールはARRに大きく貢献している。

・同社のLogScale製品のARRは前年比200%増を記録しており、ログ管理プラットフォームにおいても競争優位性を示している。

以上より、クラウドストライクはサイバーセキュリティ市場のリーディング・プレイヤーであり、プロダクト・ラインアップと顧客基盤を継続して拡大している。

現時点での収益性は低いものの、その成長軌道と堅実な財務基盤は同社の将来性を示唆している。

その為、同社に対する私の短期的な見通しは、1株当たり200.00ドル前後で「買い」である。

免責事項:本レポートは投資教育を目的としており、金融、法律、投資のアドバイスを意図しておりません。また、本レポート上の情報は、誤りを含む可能性、時間の経過に伴い無関係となる可能性、また、予告なく変更・削除される可能性があります。加えて、私は投資アドバイザーのライセンスを保持しておりません。その為、投資の意思決定を下す際には、自身の財務状況について、自らの責任で調査を行ってください。更に、過去のパフォーマンスは、将来の結果を保証するものではありません。米国上場企業、または、IPO銘柄への投資は、常に大きな変動と損失リスクを伴う可能性がある点にはご留意ください。

アナリストによる開示:私は、この記事で言及されている企業の株式に関するポジションを現時点で保有しておらず、また、今後5日以内にそのようなポジションを持つ予定もありません。また、本記事は、私個人の見解に基づき、独自に執筆したものです。私は、インベストリンゴからの報酬を除き、この記事に対して、いかなる報酬も受け取っておりません。また、本文書で言及している企業とは、いかなる商業的関係も有しておりません。

インベストリンゴによる開示:インベストリンゴは、当社コンテンツ・クリエイターが、自身の専門・得意領域に関する情報・知識を、当社のユーザーと共有する事を目的とする米国株特化型のコミュニティです。本サイトのコンテンツは、投資教育、並びに、投資情報の提供のみを目的としており、特定の投資家に対して、投資、税務、法律等のアドバイスを提供することを意図しておりません。加えて、Investlingo Japan合同会社は、日本においてライセンスを保有する証券会社、投資顧問業者、または、投資銀行ではございません。ここで述べられている意見や見解は、あくまでも、各コンテンツ・クリエーター個人の見解であり、Investlingo Japan合同会社の立場を反映しているものではございません。当社のコンテンツ・クリエーターは、個人投資家を含む独立したブロガー・アナリストから構成されており、公的機関等からの金融関連のライセンスを取得していない場合もございます。その為、本サイト上のいかなる情報も、インベストリンゴ、または、弊社プラットフォーム上の第三者による、金融商品の推奨、或いは、投資助言として解釈されるべきではありません。インベストリンゴは、弊社プラットフォーム上の情報に基づいて行われるいかなる投資決定に対して、一切責任を負わず、各ユーザーが単独で責任を負う点にご留意ください。

アナリスト紹介

Donovan Jones ドノヴァン・ジョーンズ
拠点:米国
セクター:テクノロジー・IPO

ジョーンズ氏は、米国を拠点とする株式リサーチのスペシャリストであり、15年にわたり、米国のソフトウェア関連企業やIPO企業の投資を分析。主に、「高成長テクノロジー銘柄」、「消費者関連銘柄」、「資本財・サービス関連銘柄」、「メディア関連関連」、「ライフサイエンス銘柄」に焦点を当て、ファンダメンタル分析を用いて企業分析を実施。

上部へスクロール