サンプル・ニュースレター一覧

マックスリニア / MXL:半導体・AI銘柄の最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し – 後編(MaxLinear)

マーベル・テクノロジー(MRVL)はPAM4 DSP市場を支配しており、400G出荷では95%以上のシェアを占めている。一方、マックスリニア(MXL)は劣勢だが、800G市場では可能性はある。
一方で、同社は新しい統合EMLレーザー技術による競争力について懐疑的な見方があるが、成長市場での大きなシェアを目標としている。

マックスリニア / MXL:半導体・AI銘柄の最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し – 前編(MaxLinear)

2003年に設立されたマックスリニア(MXL)は、2024年1月31日に23年第4四半期決算を発表している。
半導体製品で知られる同社は、業界の低迷を乗り越え、回復に向けた戦略を練っている。
同社は電気通信技術、特にPAM4 DSPに可能性を見出しており、最近の役員インセンティブは楽観的な見通しを示唆している。

マイクロン・テクノロジー / MU:半導体・AI銘柄最新の24年2Q決算分析と今後の株価見通し(Micron)

マイクロン・テクノロジー(MU)は2024年3月20日に24年第2四半期決算を発表している。
同社の業績と売上高は予想を上回り、今後の予測も有望で業績が上向く可能性を示している。
同社は生産プロセスを強化し、高帯域幅メモリー(HBM)に注力しており、収益性の改善が期待される。

オペラ / OPRA / 強気:最新の23年第4四半期決算分析と今後の株価見通し(Opera)

オペラ(OPRA)は世界中のユーザーに様々なインターネット・ブラウザ・ソフトウェアを提供しているテクノロジー企業である。
同社は2024年2月29日に2023年第4四半期決算を発表しており、売上高と利益は好調に維持している。
それらを踏まえ、私は引き続き同社株式に対して「強気」で見ている。

エヌビディア / NVDA:データセンターは新しいコンピュートユニット、同社が目指すシステムレベルのスケーリング(前編)

エヌビディア(NVDA)のジェンセン・フアン最高経営責任者(CEO)は、データセンターがコンピートの新しい単位であることを強調し、ムーアの法則の原則に沿って、チップと同様にラック内で性能と電力を拡張することの重要性を強調した。

【半導体・AI】2024年2月台湾半導体サプライチェーン企業の月次売上高に関する分析

台湾半導体企業の月次売上高報告は、グローバルサプライチェーンダイナミクスの洞察を提供する重要なデータである。
2024年2月の実績はまちまちであり、いくつかの企業は前月比マイナスとなっている。
前年同月比では、GlobalwafersとFoxconnを除き、ほとんどの企業が前年同月比プラス成長となっている。

上部へスクロール