【最新】ビットコインのテクニカル分析と今後の見通し – Part 2(2024年3月 / BTCUSD / Bitcoin)

Ticker: BTC-USD / 2587文字 / 所要時間5分程度 / 中立

サマリー

  • ビットコインの価格目標は、市場の一部では100,000ドルを超える野心的な見通しがあるが、実際の価格動向は異なるモデルによってさまざまに予測されている。
  • レインボー・チャートやエリオット波動分析を使用した場合には、ビットコインの将来価格が90,000ドルから150,000ドルの範囲になると予測されている。
  • 投資家は事前に戦略を立て、目標価格に達したら利益確定を行うべきであり、売却タイミングは指標や市場のサイクルに基づいて決定されるべきであると考える。

3.ビットコインは10万ドルを目指すのか?

現在、市場では、ビットコイン(BTC-USD)の目標価格として、100,000ドルよりもはるかに野心的な目標がある。

しかし、これはビットコインに強気なすべての人にとって最低限必要な数字のようにも見える。

確かに、クールな数字であり、「直感」に基づくだけで、理にかなっているようにも聞こえる。

そして、実際に、ビットコインは、2018年の18,000ドルから、最後のサイクルでは63,000ドルになっている。

そのため、ビットコインは今回も少なくとも2倍になる可能性はあるだろう。

有名なStock-to-Flow Model(ストック・トゥ・フロー・モデル)では、次の半減後に100万ドル以上になると予想されている。

そして、弱気相場では、ビットコインの価格がこのモデルから逸脱しているのを私たちは見てきました。

それを踏まえ、読者の皆さんは、このモデルがまだ有効だと思うだろうか。

むしろ、私はレインボー・チャートがより現実的な見通しを提供していると考えている。

これは単純に対数関数的成長曲線に基づいてビットコインをマッピングし、異なる色の領域を適用することで、サイクルのどこにいるのかを示している。

しかし、サイクルごとに、ビットコインはレインボーの頂点からどんどん遠ざかっていることに注目して欲しい。

前回のサイクルでは、薄赤色の帯が頂点だった。

このトレンドが続けば、ビットコインはオレンジバンド内のどこかで頂点に達し、120,000ドルから150,000ドルがターゲットになると予想される。

しかし、エリオット波動に基づくと、このレベルを超えないという、さらに弱気な見通しもある。

上のチャートでは、IV波の距離を計測している。

エリオット波動によると、1.236-1.618の延長線が、その後の波Vの妥当なターゲットとなる。

このレンジの下限では91,141ドル、上限では150,000ドルとなる。

また、このすぐ上にある、過去2回の頂点からのトレンドラインが上値の上限となる可能性もあると見ている。

いずれにせよ、ビットコインはこの水準で最大になることで、多くの強気派を下方向に驚かせる可能性があると思う。

仮に150,000ドルになったとしても、多くの投資家が驚くだろう。

もちろん、ビットコインがどこで頂点に達するかを知ることは不可能である。

唯一合理的なのは、戦略を立て、指標が指示したときにエグジット(売却)することである。

ビットコインの売るタイミングとは?

個人的には、現在保有しているビットコインのうち、幾つかのビットコインを超長期保有することを検討したい。

しかし、その他の分はどうすればいいのだろうか?

ビットコインの目標価格を設定する

事前に立てた計画に忠実であり、目標価格を定め、そのタイミングが来たら、利益確定をするのである。

これが実際にどのように機能するかを考えてみよう。

前回の分析に基づき、私は90,000ドル~150,000ドルの価格目標を持っている。

そのため、90,000ドルに達したらビットコインの半分を売却し、このまま上昇し続けた場合に備えて半分を残しておく。

そして、2番目の目標価格である150,000ドルで30%を利益確定することを検討する。

その後、保険として20%をもっと高く売ることもできる。

あるいは、これは私の触れることのない「コア」ポジションと考えることもできる。

ビットコインが高値を更新し続ければ、確かに私は利益を逃したかもしれないが、利益確定を行う過程では、私は非常に大きなリターンも手にしているのも事実である。

一方、ビットコインが下降に向かえば、私はストップロスを使うこともできるし、勢いが衰える兆しが見えた時点で売却することもできる。

EMAとRSI

最も簡単なのは、短期EMA(指数平滑移動平均線)とRSI(相対力指数)のダイバージェンスを追跡することである。

EMAは感度が高いので、反転をいち早く察知できる。

前回のサイクルでは、20週EMAが50週EMAを割り込んだとき、弱気相場が本格化した。

このシグナルが発生したときに売れば、かなりの下落を免れただろう。

一方、2回目のBTCトップ時に形成された巨大なRSIダイバージェンスを見てみよう。

後知恵でこのようなことを見抜くのはいつも簡単ではあるが、RSIが買われ過ぎに近い状態でダイバージェンスを形成していることも良い指標である。

私は、週足RSIはすでにこの3波でトップに近づいていると考えている。

そして、もう1度高値を更新し、RSIがそうでない場合は、早期の売りシグナルとなるだろう。

タイミング

最後に、単純に半値戻しのサイクルに基づいて、利食いのタイミングを決めることができる。

ビットコインを売るのに最適なタイミングは、半減から12~18カ月後であると言う人もいるだろう。

つまり、2025年の4月から8月あたりが売り時ということになる。

しかし、これは一般的なビットコインのシナリオに当てはまり、今回は間違っていることが証明されるかもしれない。

そのため、私の第一の予想として、私はビットコインはその1年前に頂点に達すると見ている。

しかし、もし2025年にまだ新高値を更新しているのであれば、私は2025年の後半までに残りのポジションを売却することを検討するだろう。

最後に

ビットコインに投資している私たちにとって、今が非常にエキサイティングな時期であることは間違いない。

個人投資家はFOMOを感じ始めており、これは上昇に向かうサインであると同時に、終わりに近づいているサインでもある。

そして、今回は、適切なタイミングで利益確定をすることを検討しており、これはアルトコインのポジションの売却タイミングにも当てはまる。

【先行アクセス(+特典付き)とニュースレターへの登録】

インベストリンゴは、🇯🇵日本初、🇺🇸米国株式投資に特化した金融のプロフェッショナルが集まる📱メディアプラットフォームです。

🚀ローンチに先立ち、✉️ニュースレター経由で、彼らの最新のコンテンツを日々紹介しております。

インベストリンゴ公式ホームページはこちら

米国株投資家の皆様は、是非、上記リンクより、メールアドレスをご登録頂き、完全版の弊社レポートを、日々、無料でご覧頂ければと思います。

ご登録頂けますと、過去のレポートも全て無料でご覧頂けます。

また、X(旧Twitter)上でも、日々、米国株式市場に関する情報を配信しておりますので、是非、フォロー頂ければと思います。

X(旧Twitter):インベストリンゴ公式アカウントはこちら

関連記事

【米国株式投資】【最新】ビットコインのテクニカル分析と今後の見通し – Part 1(2024年3月 / BTCUSD / Bitcoin)

【米国株式投資】オクタ / OKTA / 中立:最新の24年4Q決算分析と今後の株価見通し(Okta)

【米国株式投資】24年1月の世界の半導体市場の売上高と今後の見通

【最新】米国株の今後の見通し / RSP / 強気:株式市場はバブルなのか?

【米国株式投資】WFE(半導体前工程製造装置 / 半導体ウェハー製造装置)業界と関連株式の2023年のまとめ&今後の市場見通し – Part 2

【米国株式投資】WFE(半導体前工程製造装置 / 半導体ウェハー製造装置)業界と関連株式の2023年のまとめ&今後の市場見通し – Part 1

【米国株式投資】半導体メモリ業界と関連株式の2023年のまとめ&今後の半導体メモリ市場の見通し – Part 2

【米国株式投資】最新のエンタープライズ・リソース・プランニング(ERP)ソフトウェア企業関連ニュース

【米国株式投資】半導体メモリ業界と関連株式の2023年のまとめ&今後の半導体メモリ市場の見通し – Part 1

【米国株式投資】アブポイント / AVPT / 中立:最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(AvePoint)

【最新】米国株の今後の見通し / RSP / 強気:強気派が主導権を握る市場へ

【最新】米国株の今後の見通し:今日の米国株に投資するには?引き続き、イコールウェイト型のS&P500に注目!

【最新】米国株の今後の見通し:AI関連銘柄以外の銘柄、イコールウェイト型のS&P500(RSP)に引き続き注目!

【最新】米国株の今後の見通し:イコールウェイト型のS&P500に注目!先週のローテションより、強気ブレイクアウトが発動!

【米国株投資】ドロップボックス / DBX / 強気:最新の23年度第4四半期決算分析と今後の株価見通し(Dropbox)

【米国株式投資】グローバルファウンドリーズ / GFS:最新の23年第4四半期決算分析と今後の株価見通し – Part 1(GlobalFoundries)

【米国株式投資】パロアルト・ネットワークス / PANW / 弱気:最新の24年度第2四半期決算分析と今後の株価見通し(Palo Alto Networks)

【米国株式投資】サイバーアーク・ソフトウェア / CYBR:テクノロジー関連成長株の最新の24年第4四半期決算分析と今後の株価見通し(CyberArk Software)

【米国株式投資】アプライド・マテリアルズ / AMAT:半導体・AI関連成長株の最新の24 年1Q決算分析と今後の株価見通し – Part 1(Applied Materials)

免責事項:本レポート上で紹介する情報は、投資教育を目的としております。その為、本情報は、特定の証券の売買や投資戦略を勧誘するものではありません。また、私は税務、法律、会計に関する助言は一切いたしません。投資には常にリスクが伴い、リターン、あるいは、元本が保証されているものではない点にご留意ください。私の知る限りでは、私は自らの分析に、虚偽、または、重大な誤解を招く記述や事実の省略が含まれていないと認識しております。特定の投資助言における過去のパフォーマンスは、特定の状況、または、市場の出来事、投資の性質、および、タイミング、ならびに、投資に関連する制約についての知識がない限り、依拠すべきではありません。私は、チャート、グラフ、計算式、推奨銘柄について述べたり、表示したりすることがありますが、これらはそれ自体でどの証券を売買すべきか、あるいはいつ売買すべきかを決定するために使用されることを意図しておりません。このようなチャートやグラフは、限られた情報しか提供していないため、それだけで投資判断を下すべきではありません。実際に投資をする際には、ライセンスを保有する金融の専門家にご相談されることを強くお勧めします。ここに記載された意見は、あくまでも私個人のものであり、予告なしに変更されることがあります。また、参照した意見やデータは本レポートの発表日時点のものであり、市場や経済状況の変化により変更される可能性があります。

アナリストによる開示: 私はBTC-USDに関するロング・ポジションを現在保有しております。また、本記事は、私個人の見解に基づき、独自に執筆したものです。私は、インベストリンゴからの報酬を除き、この記事に対して、いかなる報酬も受け取っておりません。また、本文書で言及している企業とは、いかなる商業的関係も有しておりません。

インベストリンゴによる開示:インベストリンゴは、当社コンテンツ・クリエイターが、自身の専門・得意領域に関する情報・知識を、当社のユーザーと共有する事を目的とする米国株特化型のコミュニティです。本サイトのコンテンツは、投資教育、並びに、投資情報の提供のみを目的としており、特定の投資家に対して、投資、税務、法律等のアドバイスを提供することを意図しておりません。加えて、Investlingo Japan合同会社は、日本においてライセンスを保有する証券会社、投資顧問業者、または、投資銀行ではございません。ここで述べられている意見や見解は、あくまでも、各コンテンツ・クリエーター個人の見解であり、Investlingo Japan合同会社の立場を反映しているものではございません。当社のコンテンツ・クリエーターは、個人投資家を含む独立したブロガー・アナリストから構成されており、公的機関等からの金融関連のライセンスを取得していない場合もございます。その為、本サイト上のいかなる情報も、インベストリンゴ、または、弊社プラットフォーム上の第三者による、金融商品の推奨、或いは、投資助言として解釈されるべきではありません。インベストリンゴは、弊社プラットフォーム上の情報に基づいて行われるいかなる投資決定に対して、一切責任を負わず、各ユーザーが単独で責任を負う点にご留意ください。

アナリスト紹介

ジェームズ・フォード
拠点:スペイン
セクター:ハイテク・コモディティ・仮想通貨

フォード氏は、エコノミストとして、過去10年に渡り、世界市場の株式市場を分析。自らを「実践的な投資家」と位置付け、資産を継続的に維持・拡大させることを目的とした、分散されたポートフォリオを構築することに重点を置いている。主に、「グローバル・マクロ」、「ハイテク銘柄」、「コモディティ銘柄」、「暗号通貨関連銘柄」に焦点を当て、ファンダメンタル分析、並びに、テクニカル分析を用いて企業分析を実施。

にほんブログ村:米国株ランキング

人気ブログランキング:米国株ランキング

上部へスクロール