投稿者名:hara518ishi

TSMC / TSM:台湾半導体関連銘柄、インテル同様に米CHIPS法で補助金獲得に加えアリゾナ州に第3工場建設(後編)

TSMC(TSM)は、アリゾナ工場を安定性と安全性の理由から旧式の5nm技術でスタートさせることを選択し、より高度な技術に後でアップグレードすることを計画している。
同社はプレスリリースの中で、堅調な成長と高い収益性という財務目標を再表明し、インテルの経営難とは対照的に、自社の事業力を強調した。

TSMC / TSM:台湾半導体関連銘柄、インテル同様に米CHIPS法で補助金獲得に加えアリゾナ州に第3工場建設(前編)

TSMC(TSM)は、潜在的な融資や税額控除とともに、米国CHIPS法から66億ドルを受け取ったが、これはインテルの補助金よりわずかに少ない。
TSMCは、インテルの手の込んだイベントとは対照的に、シンプルなプレスリリースで資金調達を発表し、アリゾナ州に第3の工場を建設する計画について言及した。

フォーティネット / FTNT / 強気:注目のサイバーセキュリティ銘柄のテクノロジー/強みと将来性 – Part 3

フォーティネット(FTNT)は、ネットワーク・セキュリティのファースト・マイルとラスト・マイルに優れており、グローバル・ネットワークの拡張と新サービスを通じてミドル・マイルに有望な機会がある。
同社は、IoTセキュリティのような新しい分野での成長も視野に入れており、全体的な価値を高めている。

パロアルトネットワークス / PANW / 強気:サイバーセキュリティ企業のテクノロジー/競争優位性 – Part 3

Xの法則は、40%ルールをアップデートしたもので、企業の業績を評価する際に成長をより重視し、投資家のリターンに対する重要性を強調するために倍率を使用する。
パロアルトネットワークス(PANW)は、最近の市場の疑心暗鬼や進行中の戦略調整にもかかわらず、その力強い成長と財務指標により、良い投資先とみなされている。

パロアルトネットワークス / PANW / 強気:注目のサイバーセキュリティ銘柄の強みと将来性 – Part 2

パロアルトネットワークス(PANW)は、そのハードウェアとグローバルなネットワークカバレッジにより、ファーストマイルのネットワークセキュリティに優れているが、競合のフォーティネット(FTNT)とは異なり、オンプレミスでのネットワーク管理とセキュリティの組み合わせでは遅れをとっている。

マックスリニア / MXL:半導体・AI銘柄の最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し – 後編(MaxLinear)

マーベル・テクノロジー(MRVL)はPAM4 DSP市場を支配しており、400G出荷では95%以上のシェアを占めている。一方、マックスリニア(MXL)は劣勢だが、800G市場では可能性はある。
一方で、同社は新しい統合EMLレーザー技術による競争力について懐疑的な見方があるが、成長市場での大きなシェアを目標としている。

マックスリニア / MXL:半導体・AI銘柄の最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し – 前編(MaxLinear)

2003年に設立されたマックスリニア(MXL)は、2024年1月31日に23年第4四半期決算を発表している。
半導体製品で知られる同社は、業界の低迷を乗り越え、回復に向けた戦略を練っている。
同社は電気通信技術、特にPAM4 DSPに可能性を見出しており、最近の役員インセンティブは楽観的な見通しを示唆している。

上部へスクロール