アップラビン / APP:テクノロジー関連成長株の最新の株価分析と今後の見通し(Applovin)

Ticker: APP / 2574文字 / 所要時間5分程度 / 強気

  • アップラビンは、強力なファンダメンタルズとフリーキャッシュフローを生み出しているモバイル広告テクノロジー企業である
  • 同社のソフトウェア部門は素晴らしい利益率と急成長を遂げており、現在では事業の60%近くを占めている
  • 同社のバリュエーションは、将来フリーキャッシュフローの9倍であり、大きな成長の可能性を秘めた割安な投資機会であると見ている

投資テーマ

アップラビン(APP)は、私がこの銘柄に注目して以来、左程上昇していない。

事業が非常に強力なファンダメンタルズを提供していることは明らかであるにもかかわらず、実際に株価はほとんど変動していない。

私は、フィンテックや11月から12月にかけて好調だった銘柄だけを買いたいわけではない。

非常に強い将来性を持ちながら、市場が今報いていない(割安に放置されている)ビジネスを買いたいのである。

アップラビンはモバイル広告テクノロジー企業であり、大量のフリーキャッシュフローを生み出している。

さらに、同社はかなりの額の自社株買いを行っている。

以上より、同社株式には、強気になれる要素が沢山あると見ている。

なぜアップラビンなのか?なぜ今なのか?

私のレポート以外で、アップラビンについて聞いたことがある人は多くないだろう。

同社は、モバイルアプリケーションの最適化と収益化に特化したモバイルマーケティングプラットフォームである。

同社は、アプリ開発者向けのソリューションを提供しており、ソフトウェア部門と呼ばれるビジネスの至宝である。

次に、アプリ事業と呼ばれる別のセグメントがある。

このセグメントは高度にコモディティ化したビジネスである。

同社は、ターゲットを絞ったマーケティング戦略によって顧客のユーザー獲得を支援している。

そして、同社は、その広告テクノロジーであるAXON 2で知られており、実際に、顧客の大幅な成長を促進し、優れたパフォーマンス・ソリューションを提供する能力を実証してきた背景がある。

同社は、長期的な成長機会であるCTVイニシアチブとArrayを通じて、パフォーマンス・マーケティング技術をテレビに拡大することに重点を置き、新たな市場を開拓し、業界における優れた広告ソリューションに対する期待へのギャップを埋める態勢を整えている。

ゲームや非ゲーム分野を含む様々な業種へのAXON 2の統合の成功は、同社の技術力の汎用性と適応性を示している。

既に述べたように、同社の最も魅力的なセグメントはソフトウェア・セグメントと呼ばれている。

上にあるように、ソフトウェア部門は今やアプリ部門を追い越している。

そのため、現在ではソフトウェア事業が事業の60%近くを占めている。

これはなぜだろうか?

なぜなら、同社のソフトウェア部門は素晴らしい利益率を誇るだけでなく、非常に急速に成長しているからである。

そして、このことが実際に意味するのは、アプリ部門が縮小し小さくなり始めたとしても、同社の総売上高は成長できるということである。

実際に、より具体的に言えば、ソフトウェア事業は前年同期比63%増となっている。

そして、これはオーガニックな成長である。

更に、この事業の利益率を見てほしい。

EBITDAマージンは72%と驚異的な水準である。

同社の詳細な収益性については、後ほど説明することとして、その前に、まずは、同社の成長率について説明したい。

関連記事

【米国株投資】アップラビン / APP:フリー・キャッシュ・フローの約10倍程度と魅力的なバリュエーション

飛躍する売上高成長率

私がこの銘柄に注目した理由の一つは、この銘柄への市場の期待値が大幅に下がっていると考えたためである。

上記のグラフにあるように、同社は現在、第4四半期の年平均成長率を約30%と予想している。

しかし、市場のアナリストは、従前、同社の年平均成長率を約20%と予想していた。

その為、私は、市場のアナリストが同社の今後数四半期の収益予想を上げ始めるタイミングで、同社株式に投資することは良い投資手法ではないかと見ている。

人気の低き銘柄に事前に仕込み、その後、その銘柄が、市場のアナリストからの期待の高まりを受け、上昇し始めるのに期待するのである。

それこそが、私が注目する銘柄のタイプであり、最高の状況であると考えている。

強い追い風が吹いている割安株で、更に市場のアナリストがあなたの保有株を大絶賛し始めるのである。

将来フリーキャッシュフローの9倍と割安

アップラビンは2023年に14億ドルのEBITDAを稼ぐと見ている。

従って、安全マージンを計算に加えて、2024年には同社はEBITDAで約16億ドルを稼ぐことになるだろう。

同社が2023年に14億ドルを稼いだと仮定して、2024年には14%増しか実現出来ないというのは非現実的であると見ているが、この仮定においては、この数字を用いたい。

設備投資を含めると、2024年のフリーキャッシュフローは約15億ドル程度になることが予想される。

つまり、この株価は将来フリーキャッシュフローの9倍程度ということになる。

一方で、同社は28億ドルの純負債を抱えていることからも、2024年における同社の大型買収のペースはスローになることが予想される。

しかし、同社が好調な業績を上げ、2023年に行った買収を適切に消化すれば、来年の今頃には純負債が20億ドルを下回り、その時点で同社は再び重要な買収を行うことができるだろうと見ている。

結論

同社は卓越した業績軌道を示し続けている。

堅調なフリー・キャッシュ・フローを生み出すという将来予測に基づき、同社の現在のバリュエーションは、将来フリー・キャッシュ・フローの約9倍であり、割安な投資機会としての可能性を示している。

同社の目覚しい収益成長、更に、競争の激しいアドテク業界における同社の回復力と確固たるポジショニングを踏まえると、このバリュエーションは魅力的であると見ている。

創業者が依然として同社株式を多く保有していることは、同社の業績が市場予想を上回るという期待と相まって、同社への信頼性を強化し、継続的な成功の可能性を強調していると見ている。

上記のグラフにある通り、経営陣は依然として30億ドル以上の株式を保有している。

この数字には、最近のインサイダーによるセールも含まれている。

そして、私は、個人的な見解として、同社株式が2025年夏までに一株あたり60ドル程度になると見ている。

免責事項:本レポート上で紹介する情報は、投資教育を目的としております。その為、本情報は、特定の証券の売買や投資戦略を勧誘するものではありません。また、私は税務、法律、会計に関する助言は一切いたしません。投資には常にリスクが伴い、リターン、あるいは、元本が保証されているものではない点にご留意ください。私の知る限りでは、私は自らの分析に、虚偽、または、重大な誤解を招く記述や事実の省略が含まれていないと認識しております。特定の投資助言における過去のパフォーマンスは、特定の状況、または、市場の出来事、投資の性質、および、タイミング、ならびに、投資に関連する制約についての知識がない限り、依拠すべきではありません。私は、チャート、グラフ、計算式、推奨銘柄について述べたり、表示したりすることがありますが、これらはそれ自体でどの証券を売買すべきか、あるいはいつ売買すべきかを決定するために使用されることを意図しておりません。このようなチャートやグラフは、限られた情報しか提供していないため、それだけで投資判断を下すべきではありません。実際に投資をする際には、ライセンスを保有する金融の専門家にご相談されることを強くお勧めします。ここに記載された意見は、あくまでも私個人のものであり、予告なしに変更されることがあります。また、参照した意見やデータは本レポートの発表日時点のものであり、市場や経済状況の変化により変更される可能性があります。

アナリストによる開示:私はAPPに関するロング・ポジションを現在保有しております。また、本記事は、私個人の見解に基づき、独自に執筆したものです。私は、インベストリンゴからの報酬を除き、この記事に対して、いかなる報酬も受け取っておりません。また、本文書で言及している企業とは、いかなる商業的関係も有しておりません。

インベストリンゴによる開示:インベストリンゴは、当社コンテンツ・クリエイターが、自身の専門・得意領域に関する情報・知識を、当社のユーザーと共有する事を目的とする米国株特化型のコミュニティです。本サイトのコンテンツは、投資教育、並びに、投資情報の提供のみを目的としており、特定の投資家に対して、投資、税務、法律等のアドバイスを提供することを意図しておりません。加えて、Investlingo Japan合同会社は、日本においてライセンスを保有する証券会社、投資顧問業者、または、投資銀行ではございません。ここで述べられている意見や見解は、あくまでも、各コンテンツ・クリエーター個人の見解であり、Investlingo Japan合同会社の立場を反映しているものではございません。当社のコンテンツ・クリエーターは、個人投資家を含む独立したブロガー・アナリストから構成されており、公的機関等からの金融関連のライセンスを取得していない場合もございます。その為、本サイト上のいかなる情報も、インベストリンゴ、または、弊社プラットフォーム上の第三者による、金融商品の推奨、或いは、投資助言として解釈されるべきではありません。インベストリンゴは、弊社プラットフォーム上の情報に基づいて行われるいかなる投資決定に対して、一切責任を負わず、各ユーザーが単独で責任を負う点にご留意ください。

アナリスト紹介

Michael Wiggins De Oliveira マイケル・ウィギンズ・デ・オリベイラ
拠点:イギリス
セクター:エネルギー、コモディティ、テクノロジー

オリベイラ氏は、エネルギー・セクター、並びに、テクノロジー・セクターの専門家であり、「脱炭素化」、「AIによるデジタル化」、「脱グローバル化」の波が交差する「エネルギー・セクターの大きな転換期」を正確に捉え、より大きな投資リターンを実現することにフォーカスしている。オリベイラ氏は、9年以上に渡る数々の企業分析を通じて、上記の分野における卓越した専門的経験を持つ。

にほんブログ村:米国株ランキング

人気ブログランキング:米国株ランキング

上部へスクロール