アプライド・マテリアルズ / AMAT:半導体・AI関連成長株の最新の24 年1Q決算分析と今後の株価見通し – Part 1(Applied Materials)

Ticker: AMAT / 2722文字 / 所要時間6分程度 / 弱気

画像

サマリー

  • アプライド・マテリアルズ(AMAT)は、2024年2月15日に2024年度第1四半期決算を発表し、売上高は67.1億ドルで、前四半期比、前年同期比ともに横ばいで予想の上限を達成する着地となった。
  • ゲーリー・ディッカーソン最高経営責任者(CEO)は同社の第1四半期の好調な業績、並びに、AIとIoTに不可欠な半導体技術におけるリーダーシップを強調した。
  • 中国市場のエクスポージャーに対する懸念は残り、今四半期のガイダンスは小幅に下方修正されたものの、同社の株価は市場の楽観論に後押しされて大幅に上昇し、週を199ドルで終えた。

アプライド・マテリアルズの2024年度第1四半期決算に関して

アプライド・マテリアルズ(AMAT)は先週、24年度第1四半期決算を発表し、売上高は67.1億ドルの着地となった。

画像

この業績についてゲーリー・ディッカーソンCEOは次のように述べている。

「アプライド・マテリアルズは2024年度第1四半期に好調な業績を達成し、5年連続で市場を上回る業績を達成しました。今後数年間、AIやIoTに不可欠な次世代チップ技術に対する需要が顧客の間で拡大する中、当社の主要な半導体の転換点におけるリーダーシップ・ポジションは、引き続き弊社の良好な業績を支えると考えています。」

今四半期のガイダンスについては、同社は中間値で65億ドルを予想しているが、これは前四半期比3%の小幅な下方修正であり、数週間前に同業他社のKLA(KLAC)やラム・リサーチ(LRCX)が発表したものとほぼ同じである。

画像

決算はほぼ予想通りであったにもかかわらず、AMATの株価は力強く上昇し、決算直前の180ドルから上昇し、日中の史上最高値206ドルからわずかに戻して、その週を199ドルで終えた。

本稿では、この予想外の上昇の背景には何があるのか、また、同社の中国市場へのエクスポージャーに対する懸念について、私の考えを述べたい。

加えて、決算説明会での主なコメント、特に2024年度の通期ガイダンスを提示することに難色を示したことについても分析したい。

アプライド・マテリアルズの2024年の見通し

ゲーリー・ディッカーソン最高経営責任者(CEO)は冒頭の挨拶で、下記のように一般的な市場環境についての考えを述べている。

「まず、市場環境についての私たちの最新の見通しをお話しします。お客様との話し合いの中で、全体的な市場ダイナミクスは改善していると聞いています。クラウド企業による設備投資が再加速し、ファブの稼働率はすべてのデバイスタイプで上昇し、メモリの在庫水準も正常化しています。2024年のアプライド・マテリアルズのビジネスについては、重要なプロジェクトが一部遅れているものの、最先端ファウンドリー・ロジックは前年比で好調に推移すると見ています。」

最後の文の後半に入るまでは順調だった。

公平を期すため、これはまったくの驚きではない。

なぜなら、TSMC(TSM)のアリゾナでの遅れについては以前から知っていたし、インテル(INTC)のオハイオ・キャンパス建設が大幅に遅れているという報告も最近耳にしていたからである。

「インテルの広報担当者はCRNに対し、オハイオ州での200億ドル規模のチップ製造プロジェクトが遅れていることを認めた。2025年の生産開始の代わりに、現在の建設完了は2026年後半になる見込みである。」

これらの(そしておそらく他の)遅れは、アプライド・マテリアルズの売上高に対してほとんど、或いは、まったく直接的な影響を与えないことは明らかである。

しかし、これは注視すべきポイントである。

なぜなら、年が明ければ、さらなる遅延や撤退の発表があると予想される。

特に懸念されるのは、そうした遅延と中国向け販売の急減が重なることである。

この2つが重なれば、WFE(半導体前工程装置)のセクター全体が苦境に立たされることになる。

これについてはまた後ほど言及したい。

ディッカーソン氏は、市場環境についての発言を続け、さらに次のように述べている。

「ICAPSの需要は2023年よりも若干減少すると予測しているが、これは一部の最終市場における低迷が、各地域の旺盛な投資によって相殺されるためです。NANDの売上は前年を上回ると予想しているが、NANDはウェハ・ファブの設備投資全体の10%未満にとどまると見ています。また、DRAMビジネスも引き続き好調で、高帯域幅メモリの増産を進めている顧客によって牽引されると見ています。」

そして、それらの情報は、アプライド・マテリアルズにとって、2024年が2023年と比較してどの様にしんてんするのかを理解するのに役立つ情報である。

ちなみに、同社の業績は、同業他社と比べて非常に良好であり、財務カレンダーが一致していないことを考慮に入れてもなお、良好であったと言える。

画像

実際、2019年の最後の低迷による休止以降、過去3年間はいずれも、同社にとって特に好調な年であった。

画像

言い換えれば、同社が2024年に前四半期比横ばいの売上高を維持できたとしても、2019年以降の売上高の伸びを考えれば、それは素晴らしい結果である。

そして、様々なアナリストができるだけ試みたものの、2024年のより正確な見通しについては、CEOからもCFOからもそれ以上何も聞き出せなかった。

これは、同じトピックに関する別の質問に対して、少し不満そうなブリス・ヒル最高財務責任者(CFO)の回答のひとつである。

「私たちにできることは、アプライド・マテリアルズの視点から見たことをお話しすることだけです。23年についてコメントしたとき、アプライド・マテリアルズの好調な年だったと申し上げました。ご質問にあるように、ICAPSは好調でした。DRAMも好調でした。パッケージングも好調でした。ですから、24年に向けて、これらはプラス面とマイナス面となります。24年については正確な数字を申し上げるつもりはありません。」

要するに、アプライド・マテリアルズが2024年の見通しを示すことができれば、そうしていただろう。

しかし、単純な事実として、現時点でその年がどのような年になるかは彼らにも分からないのである。

全体として、我々はKLAとラム・リサーチの先のコメント、つまり前年比1桁台半ばから前半の成長率から2024年のヒントを得ている。

それではより詳細に分析していきたい。

※続きは「アプライド・マテリアルズ / AMAT:半導体・AI関連成長株の最新の24 年1Q決算分析と今後の株価見通し – Part 2(Applied Materials)」をご覧ください。信じている。

【先行アクセス(+特典付き)とニュースレターへの登録】

インベストリンゴは、🇯🇵日本初、🇺🇸米国株式投資に特化した金融のプロフェッショナルが集まる📱メディアプラットフォームです。

🚀ローンチに先立ち、✉️ニュースレター経由で、彼らの最新のコンテンツを日々紹介しております。

インベストリンゴ公式ホームページはこちら

米国株投資家の皆様は、是非、上記リンクより、メールアドレスをご登録頂き、完全版の弊社レポートを、日々、無料でご覧頂ければと思います。

ご登録頂けますと、過去のレポートも全て無料でご覧頂けます。

また、X(旧Twitter)上でも、日々、米国株式市場に関する情報を配信しておりますので、是非、フォロー頂ければと思います。

X(旧Twitter):インベストリンゴ公式アカウントはこちら

関連記事

【最新】米国株の今後の見通し:イコールウェイト型のS&P500に注目!先週のローテションより、強気ブレイクアウトが発動!

【米国株式投資】マクドナルド / MCD / 予想配当利回り2.29%:連続増配ディフェンシブ銘柄の最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(McDonald’s)

【米国株式投資】コカ・コーラ / KO / 予想配当利回り3.09%:連続増配銘柄の最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し

➡ 【米国株式投資】ブリティッシュ・アメリカン・タバコ / BTI / 予想配当利回り9.57%:ディフェンシブ・タバコ関連銘柄の最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(British American Tobacco)

➡【米国株式投資】スターバックス・スタバ / SBUX / 予想配当利回り2.41%:連続増配ディフェンシブ銘柄の最新の決算分析と今後の株価見通し(2024年2月7日 / Starbucks)


【米国株式投資】アルトリア・グループ / MO / 予想配当利回り9.79%:連続増配ディフェンシブ銘柄の最新の23年4Q決算分析と今後の株価見通し(Altria)

【米国株式投資】シェブロン/ CVX / 予想配当利回り4.06%:連続増配エネルギー銘柄の最新の決算分析と今後の株価見通し(Chevron)

【米国株式投資】エクソン・モービル / XOM / 予想配当利回り3.65%:連続増配エネルギー銘柄の最新の決算分析と今後の株価見通し(2024年2月9日 / Exxon Mobil)

【米国株式投資】ファイザー / PFE:予想配当利回り6.24%の増配を継続する注目の製薬・ディフェンシブ高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月5日 / Pfizer)

【米国株式投資】JPモルガン / JPM / 予想配当利回り2.38%:連続して増配する注目の銀行・高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(米国株式投資 / 2024年1月31日 / JP Morgan)

【米国株式投資】ジョンソン・エンド・ジョンソン / JNJ:予想配当利回り2.99%の増配を継続する注目のディフェンシブ高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月1日)

【米国株式投資】プロクター・アンド・ギャンブル / PG:予想配当利回り2.39 %の増配を継続する注目のディフェンシブ高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月1日)

【米国株式投資】ロッキード・マーチン / LMT:予想配当利回り2.92%の増配を継続する注目のディフェンシブ高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月1日 / 米国株式投資 / Lockheed Martin)

【米国株式投資】スリーエム / MMM:予想配当利回り6.29%の注目のディフェンシブ高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月1日 / 米国株式投資 / 3M Co)

【米国株式投資】メタ・フェイスブック / META / 予想配当利回り0.43%:注目のメタバース・AI関連成長株の最新の決算分析と今後の株価見通し(2024年2月2日 / Meta / Facebook)

【米国株式投資】ベライゾン / VZ:予想配当利回り6.28%の増配を継続する注目のディフェンシブ高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月1日 / 米国株式投資 / Verizon)

【米国株式投資】AT&T / T:予想配当利回り6.26%の注目のディフェンシブ高配当関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月1日 )

【米国株式投資】ラム・リサーチ / LRCX(Lam Research:予想配当利回り0.95%):注目の半導体関連銘柄の24年度第2四半期決算・株価分析と今後の展望

【米国株投資】エヌビディア / NVDA(NVIDIA Corp:年間予想配当利回り0.03%):注目の半導体・AI関連銘柄から学んだ配当と株価リターンに関する教訓

【米国株投資】エヌビディア / NVDA / 予想配当利回り0.03%:半導体AI関連銘柄の株価分析と今後の見通し(NVIDIA)

【米国株投資】エンブリッジ(ENB:年間予想配当利回り7.5%)& ベライゾン(VZ:年間予想配当利回り6.7%):高水準の予想配当利回りが魅力的な、おススメの2つの高配当個別銘柄

【米国株投資】マリオット・インターナショナル(MAR:年間予想配当利回り0.9%):グローバル・ブランド関連のおススメの高配当個別銘柄 – Part 2

【米国株投資】メドトロニック/ MDT:予想配当利回り3.20%の注目の高配当ヘルスケア関連個別銘柄

【米国株投資】ONEOK(ワンオーク)/ OKE:予想配当利回り5.57%の注目の高配当エネルギー関連銘柄

免責事項:本レポート上で紹介する情報は、情報の提供、並びに、エンターテインメントの提供を目的としております。その為、本情報は、特定の証券の売買や投資戦略を勧誘するものではありません。また、私は税務、法律、会計に関する助言は一切いたしません。投資には常にリスクが伴い、リターン、あるいは、元本が保証されているものではない点にご留意ください。私の知る限りでは、私は自らの分析に、虚偽、または、重大な誤解を招く記述や事実の省略が含まれていないと認識しております。特定の投資助言における過去のパフォーマンスは、特定の状況、または、市場の出来事、投資の性質、および、タイミング、ならびに、投資に関連する制約についての知識がない限り、依拠すべきではありません。私は、チャート、グラフ、計算式、推奨銘柄について述べたり、表示したりすることがありますが、これらはそれ自体でどの証券を売買すべきか、あるいはいつ売買すべきかを決定するために使用されることを意図しておりません。このようなチャートやグラフは、限られた情報しか提供していないため、それだけで投資判断を下すべきではありません。実際に投資をする際には、ライセンスを保有する金融の専門家にご相談されることを強くお勧めします。ここに記載された意見は、あくまでも私個人のものであり、予告なしに変更されることがあります。また、参照した意見やデータは本レポートの発表日時点のものであり、市場や経済状況の変化により変更される可能性があります。

アナリストによる開示:私は、この記事で言及されている企業の株式に関するポジションを現時点で保有しておらず、また、今後5日以内にそのようなポジションを持つ予定もありません。また、本記事は、私個人の見解に基づき、独自に執筆したものです。私は、インベストリンゴからの報酬を除き、この記事に対して、いかなる報酬も受け取っておりません。また、本文書で言及している企業とは、いかなる商業的関係も有しておりません。

インベストリンゴによる開示:インベストリンゴは、当社コンテンツ・クリエイターが、自身の専門・得意領域に関する情報・知識を、当社のユーザーと共有する事を目的とする米国株特化型のコミュニティです。本サイトのコンテンツは、投資教育、並びに、投資情報の提供のみを目的としており、特定の投資家に対して、投資、税務、法律等のアドバイスを提供することを意図しておりません。加えて、Investlingo Japan合同会社は、日本においてライセンスを保有する証券会社、投資顧問業者、または、投資銀行ではございません。ここで述べられている意見や見解は、あくまでも、各コンテンツ・クリエーター個人の見解であり、Investlingo Japan合同会社の立場を反映しているものではございません。当社のコンテンツ・クリエーターは、個人投資家を含む独立したブロガー・アナリストから構成されており、公的機関等からの金融関連のライセンスを取得していない場合もございます。その為、本サイト上のいかなる情報も、インベストリンゴ、または、弊社プラットフォーム上の第三者による、金融商品の推奨、或いは、投資助言として解釈されるべきではありません。インベストリンゴは、弊社プラットフォーム上の情報に基づいて行われるいかなる投資決定に対して、一切責任を負わず、各ユーザーが単独で責任を負う点にご留意ください。

アナリスト紹介

ウィリアム・キーティング
拠点:香港
セクター:半導体・テクノロジー

キーティング氏は、半導体とテクノロジーのリサーチ&コンサルティング会社であるIngenuity (Hong Kong) Ltdの創立者兼CEO。半導体業界において重要性の高いニッチなテーマを専門にする。主に、インテル、AMD、サムスン、アップル、マイクロン等の企業や、ASML、AMAT、キヤノン、ニコンなどの主要機器サプライヤーの製品、ロードマップ、技術に焦点を当てたリサーチ、並びに、コンサルティング・サービスを提供。

にほんブログ村:米国株ランキング

人気ブログランキング:米国株ランキング

上部へスクロール