アップル / AAPL:なぜ同社の株式より社債に投資する方が魅力的に見えるのか?(Apple)

Ticker:AAPL/ 2617文字 / 所要時間5分程度 / Hold / タリク・デニソン

サマリー

  • アップルは米国企業だが、その収益と資本構造は非常にグローバルである
  • 私は、米国企業が外貨建て債券を発行していれば、より私のポートフォリオにフィットするのではないかと考えるようになった
  • アップルの場合、同社の米ドル建て、英ポンド建て、ユーロ建ての債券は、同社の株式よりも魅力的だと考えている

私が世界最高の、最もグローバルな、最も収益性の高い企業に焦点を当てるのであれば(厳密には米国企業ではあるが)、避けることの出来ない銘柄のひとつが、世界最大のアップル社(AAPL)である。

同社はもちろん、S&P500(SPY / VOO)、ナスダック100(QQQ)、そしてMSCIワールド(URTH)やFTSEオールワールド(VT)といったグローバル・ベンチマークの上位構成銘柄である。

私がインドにいたとき、自問自答し続けたことのひとつは、(オランダ)東インド会社のような、つまり、当時、多くの政府の財政をも凌駕するほど強力だった大規模な多国籍企業の、今日における最良の類似点は何かということだった。

そして、アップルは、同様の類似点を保持しているように見える。

というのも、AAPLの時価総額2.6兆ドルはフランスのGDPとほぼ同じ規模であり、ロシア、カナダ、ブラジル、イタリア、オーストラリアのGDPを上回っているからである。

また、同社は、米国からの収益が半分以下であり、私が思いつくほとんどの国の都市でトップブランドであることから、「十分に国際的である」という私の基準にも合格している。

私は、最近、債券を見る機会が増えたが、ある企業がどれだけグローバルな企業であるかを見るには、その企業が何種類の通貨で債券を発行しているかを見るのが良いのではないかと思っている。

アップルの場合、Interactive Brokersで5つの異なる通貨で債券を見ることができる。

それは、米ドル建て、ユーロ建て、英ポンド建て、豪ドル建て、カナダドル建てである。

その大部分は米ドル建てであるが、同社の財務部門は、異なる通貨で借り入れを行う能力を持っており、その多くの借り入れが、低い金利と通貨リスクの分散を提供するものであることは喜ばしいことである。

最も長い満期の米ドル債は2062年満期の利率4.1%の債券であり、現在73.25前後で取引されており、利回りは約5.85%であり、30年物米国債(US30Y)より年率約0.8%高い。

私が1月に質問したように、今日アップル株の購入を検討している人は、同社株から、今後7年間、年平均5.85%のリターンを得られるかどうかを検討する必要がある。

そして、同時に、この同社債券を、今後40年間の投資における基準として見なすことができるかどうかも検討する必要がある。

同社株式の配当利回りは0.6%未満であるため、成長+利回りの組み合わせが5.85%の固定利回りを上回るためには、同社株は今後40年間、年率5%以上の成長率を維持する必要があることを意味する。

そして、私が考える最大のリスクは、デフォルト・リスクや金利上昇よりもインフレ・リスクである。

同社の債券を他の通貨で見てみると、豪ドル建て、カナダドル建てで見ている価格は個人的には信用できないというのが本音である。

しかし、英ポンド建て債券は5.4%の利回りで2番目に魅力的に見える。

私は長期的にGBPUSDペアに対して弱気(ポンドがドルに対して下落すると予想)なので、この英ポンド建て債券は、主にポンド建てで収入を必要とする人に適していると思っている。

ポンド建て債券は、アップルにとって、ボンドの下落に伴い、負債総額を切り下げられる可能性のある負債を持つための方法だと私は見ている。

一方で、ユーロ建てでは、アップルの2031年満期の債券のクーポンはわずか0.5%である。

したがって、ユーロの長期金利が非常に低かった頃に同社が行った優れた資金調達の判断の一例と言えそうである。

この債券は、現在、79円前後で取引されており、利回りは約3.5%である。

したがって、ユーロ建て債券は、同社がドル建て債券よりも、200ベーシス・ポイント(2%)ほど低いコストで、遥かに多くの資金を調達できる可能性がある通貨であることを示している。

以上で述べたことは、アップルが借りることができる全ての異なる金利を見るための、ややテクニカルな方法のように見えるかもしれない。

しかし、なぜ私が、同社を自身のポートフォリオに入れるに値するかという問いに対して考えるとすれば、それは同社の収益構造と債券における資金調達構造が非常にグローバルだからである。

私は、現時点では、同社株は所有・購入するには割高であると見ていることから、上記の点は非常に重要である。

その為、現時点では、私は同社の株式ではなく、同社の債券の一つである、ドル建ての2062年満期の債券を購入しようと考えている。

関連記事

【米国株投資】アップル & アマゾン / AAPL & AMZN:私が長期債務を抱える株式を好む理由

【米国株投資】AAPL / CVS:アップルとCVSヘルスの比較

免責事項:本レポート上で紹介する情報は、投資教育を目的としております。その為、本情報は、特定の証券の売買や投資戦略を勧誘するものではありません。また、私は税務、法律、会計に関する助言は一切いたしません。投資には常にリスクが伴い、リターン、あるいは、元本が保証されているものではない点にご留意ください。私の知る限りでは、私は自らの分析に、虚偽、または、重大な誤解を招く記述や事実の省略が含まれていないと認識しております。特定の投資助言における過去のパフォーマンスは、特定の状況、または、市場の出来事、投資の性質、および、タイミング、ならびに、投資に関連する制約についての知識がない限り、依拠すべきではありません。私は、チャート、グラフ、計算式、推奨銘柄について述べたり、表示したりすることがありますが、これらはそれ自体でどの証券を売買すべきか、あるいはいつ売買すべきかを決定するために使用されることを意図しておりません。このようなチャートやグラフは、限られた情報しか提供していないため、それだけで投資判断を下すべきではありません。実際に投資をする際には、ライセンスを保有する金融の専門家にご相談されることを強くお勧めします。ここに記載された意見は、あくまでも私個人のものであり、予告なしに変更されることがあります。また、参照した意見やデータは本レポートの発表日時点のものであり、市場や経済状況の変化により変更される可能性があります。

アナリストによる開示:私はAAPLに関するロング・ポジションを現在保有しております。また、本記事は、私個人の見解に基づき、独自に執筆したものです。私は、インベストリンゴからの報酬を除き、この記事に対して、いかなる報酬も受け取っておりません。また、本文書で言及している企業とは、いかなる商業的関係も有しておりません。

インベストリンゴによる開示:インベストリンゴは、当社コンテンツ・クリエイターが、自身の専門・得意領域に関する情報・知識を、当社のユーザーと共有する事を目的とする米国株特化型のコミュニティです。本サイトのコンテンツは、投資教育、並びに、投資情報の提供のみを目的としており、特定の投資家に対して、投資、税務、法律等のアドバイスを提供することを意図しておりません。加えて、Investlingo Japan合同会社は、日本においてライセンスを保有する証券会社、投資顧問業者、または、投資銀行ではございません。ここで述べられている意見や見解は、あくまでも、各コンテンツ・クリエーター個人の見解であり、Investlingo Japan合同会社の立場を反映しているものではございません。当社のコンテンツ・クリエーターは、個人投資家を含む独立したブロガー・アナリストから構成されており、公的機関等からの金融関連のライセンスを取得していない場合もございます。その為、本サイト上のいかなる情報も、インベストリンゴ、または、弊社プラットフォーム上の第三者による、金融商品の推奨、或いは、投資助言として解釈されるべきではありません。インベストリンゴは、弊社プラットフォーム上の情報に基づいて行われるいかなる投資決定に対して、一切責任を負わず、各ユーザーが単独で責任を負う点にご留意ください。

アナリスト紹介

Tariq Dennison タリク・デニソン
拠点:スイス
セクター:高配当株・債券・ETF

デニソン氏は、スイスを拠点とするウェルス・マネージャーであり、アメリカ、ヨーロッパ、アジアで活動するグローバルなプロフェッショナルに対して投資口座管理等のサービスを提供。ニューヨーク、トロント、ロンドン、香港において、ベアー・スターンズ、JPモルガン、CIBC、ソシエテ・ジェネラル等の投資銀行で働いた経験を持ち、シンガポールでは、ESSEC Business Schoolにて、投資に関する修士号のクラスで教鞭をとっている。投資スタイルとしては、カントリー・リスクと為替リスクを効率的に管理するため、複数の市場における高品質の高配当株・債券・ETFにバランスよく投資することに重点を置いている。また、カリフォルニア大学ハースビジネススクールで修士号を取得。加えて、Society of Trust and Estate Practitioners (STEP)の正式メンバーであり、「Invest Outside the Box」、更に、近日発売予定の「10 Ways To Invest」の著者でもあり、また、CNBC Asiaにも頻繁にスピーカーとして出演。

上部へスクロール