アップル / AAPL / 予想配当利回り0.51%:連続増配テクノロジー銘柄の最新の決算分析と今後の株価見通し(Apple)

Ticker: AAPL / 3279文字 / 所要時間6分程度 / 中立

サマリー

  • アップルは、ハードウェアとソフトウェア製品の幅広いポートフォリオを持つ、世界最大級の企業であり、2024年2月1日に決算を発表している。
  • 売上の大半はiPhoneが占めており、Mac、iPad、Watchといったアップルの他の製品は、iPhoneを中心に設計されていることから、iPhoneは広範なソフトウェア・エコシステムの中心的存在となっている。
  • さらに、同社は、ストリーミング・ビデオ、サブスクリプション・バンドル、拡張現実などの新しいアプリケーションの追加に徐々に取り組んできている。
  • また、同社は自社でソフトウェアと半導体を設計する一方で、フォックスコンやTSMCといった下請け企業と協力して製品やチップを製造している。
  • 同社の売上の半分弱は、旗艦店を通じての直接的なもので、大半はパートナーシップや流通を通じた間接的なものである。

アップルの概要

セクター:ハードウェア

現在の株価:188ドル

時価総額:2.91兆ドル

一株当たり本質的価値:176.49ドル

安全マージン:-6.6%

5年間の配当成長率:6.60%

配当落ち日:2024年2月9日

配当支払い日:2024年2月15日

予想配当利回り:0.51%

5年間の売上高成長率:15.30%

10年間の売上高成長率:14.30%

アップルの収益と成長に関して

前四半期、アップル(AAPL)は2.18ドルの一株当たり利益(EPS)を報告し、前々四半期の1.46ドルから増加する着地となっており、これは同社のプラスの成長トレンドを表している。

一株当たり売上高も増加しており、前四半期の5.711ドルに対し7.677ドルとなっている。

そして、長期的なパフォーマンスを見ると、同社のEPSの5年間の年平均成長率(CAGR)は19.80%であり、10年間のCAGRは16.20%となっていることからも、同社が過去5年と10年で一貫した力強い成長を実現していることが分かる。

今後10年間の業界の成長予測に関しては、同社が急成長を続けると予想されるテクノロジー分野で事業を展開していることに注目することが重要である。

市場で確固たる地位を築き、革新的な製品を提供しているアップルは、この成長の恩恵を受ける好位置にあると見ている。

過去の財務レバレッジの度合いを考慮すると、同社は保守的なアプローチを維持しており、これにより、研究開発への投資、製品ポートフォリオの拡大、戦略的買収を行うための十分な財務的柔軟性が確保されている。

全体として、アップルの最新の業績アップデートは、1株当たりEPSと売上高の増加という好業績を反映している。

さらに、同社の長期的な成長率も印象的であり、テクノロジー業界で期待される成長に資本投下する態勢は整っていると見ている。

アップルの配当に関して

アップルは過去5年間、年間6.60%の成長率で安定した配当成長を実現しており、これは過去3年間の配当成長率5.70%より若干高い水準となっている。

また、EBITDA有利子負債倍率は0.81倍と比較的低く、収益に比べて負債が健全な水準にあることを示している。

一方で、アップルの予想配当利回りは0.51%となっており、セクター平均と比べると相対的に低く、投資家は配当金支払いだけでは大きな収入を得られない可能性があることを示唆している。

また、直近の四半期では、アップル社は1株当たり0.24ドルの配当金を支払っている。

同社は定期的な配当支払いスケジュールを持ち、四半期ごとに支払いが行われている。

直近の配当金の支払いとしては、権利落ち日が2024年2月9日、基準日が2024年2月12日、支払日が2024年2月15日となっている。

全体として、アップルは過去数年にわたり一貫した配当成長を示しているが、予想配当利回りはセクター平均に比べ相対的に低いことが分かる。

そのため、配当収入目的で同社の株価を評価する際には、この点を考慮すべきである。

予想配当利回り:0.51%

配当性向:15%

配当カバレッジ・レシオ:6.76

5年間の配当成長率:6.60%

純負債対EBITDA:0.81

画像

アップルのバリュエーションに関して

アップルの弊社算出の一株当たり本質的価値は176.49ドルとなっており、現在の株価である188.15ドルより低く、株価が割高である可能性を示している。

さらに、実績PERは29.31となっており、投資家が同社の収益にプレミアムを支払うことを望んでいることを示唆している。

また、株価売上高倍率は7.65となっており、業界平均より高く、投資家が同社の売上に対して高い価格を支払っていることを示している。

さらに、EV/EBITDAレシオは22.28と業界平均より高く、投資家は同社のEBITDAに対してより高い価格を支払うことを望んでいることを示している。

一方で、PEGレシオは1.73となっており、同社の収益成長が株価に十分に反映されていないことを示唆している。

全体として、アップルのバリュエーション指標は過去の平均や業界平均よりも総じて高く、株価が割高である可能性を示唆している。

しかし、高い株価売上高倍率とEV/EBITDAレシオは、投資家がアップルの将来の成長見通しに自信を持っていることを示している可能性がある点も考慮する必要がある。

画像

アップルのリスクとリターンに関して

同社株のリスク評価分析では、投資家が投資決定を下す前に考慮すべきいくつかのポイントを取り上げたい。

まず第一に、過去3ヵ月間、インサイダーによる同社株式の買い付けがなかった一方で、売却は確認されている。

実際には、かなりの株数(128,961株)が売られており、インサイダーが同社の将来性に対する自信のなさを示している可能性がある。

さらに、アップルの売上高の伸びはこの1年で鈍化しており、投資家にとっては気になるところだろう。

また、同社の現在の株価は、史上最高値水準にある。

加えて、株価売上高倍率も10年来の高値に近づいており、割高感があることを示している。

そして、同社の予想配当利回りは10年ぶりの低水準に近くなっている。

一方でプラス面では、同社のピオトロスキーFスコアは9で、非常に健全な財務状況を示している。

また、ベニッシュMスコアも利益操作を示唆する基準値を下回っており、安心感を与える内容である。

さらに、同社の営業利益率は拡大しており、これは一般的にポジティブな兆候である。

加えて、アルトマンZスコアは8.57で、倒産の可能性が低いことを示唆している。

全体として、アップルは、強固な財務状況や営業利益率の拡大など、いくつかのポジティブな指標を持つ一方で、インサイダーによる売却、売上高成長の鈍化、潜在的な株価の割高感などのリスクを投資家は考慮する必要がある。

アップルのインサイダー(内部関係者)による売買に関して

アップルのインサイダー取引データによると、過去12ヶ月でインサイダーによる買い付けはなかった一方で、17件の売却が確認されている。

これは、同社の取締役や経営陣が株式を買うよりも売っていることを示しており、株価のパフォーマンスに対する自信のなさを示唆している可能性がある。

ただし、インサイダーによる保有比率は僅かに0.11%である点にはご留意いただきたい。

一方で、機関投資家の保有比率は34.85%と比較的高い。

これは、大規模な投資会社やファンドが同社に大きな関心を持っていることを示しており、株価のパフォーマンスに大きな影響を与える可能性がある。

全体として、アップルのインサイダー取引分析およびトレンド分析は、同社の取締役および経営陣の慎重なスタンスと、同株式に対する大きな機関投資家の関心を示唆している。

投資家は投資判断の際、これらの要因を考慮すべきである。

画像

アップルの流動性に関して

アップルの前営業日の出来高は26,746,481株で、中程度の流動性を示している。

また、過去2カ月間の1日平均出来高は57,032,614株で、取引活動が比較的安定していることを示唆している。

一方で同社のダークプール指数(DPI)は38.76%で、この銘柄の取引活動のかなりの部分がダークプールで行われていることを示している。

ダークプールとは、機関投資家が公開市場を離れて大口取引を執行できる私設取引所のことであり、この高い水準にあるDPIは、同社株式の相当量の取引が機関投資家によって行われていることを示唆しており、公開市場での株価と流動性に影響を与える可能性がある。

全体として、アップルは妥当なレベルの流動性を示しているが、その取引活動を分析する際には、ダークプール取引の大きな存在感を考慮する必要があると考える。

是非、下記リンクより、メールアドレスをご登録いただき、弊社レポートを日々無料でご覧いただければと思います。

インベストリンゴ公式ホームページはこちら

また、X(旧Twitter)上でも、日々、米国株式市場に関する情報を配信しておりますので、是非、フォロー頂ければと思います。

X(旧Twitter):インベストリンゴ公式アカウントはこちら

関連記事

ユナイテッド・マイクロエレクトロニックス / UMC:インテルとの提携で注目の半導体・AI関連成長株の最新の決算分析と今後の株価見通し – Part 1

ユナイテッド・マイクロエレクトロニックス / UMC:インテルとの提携で注目の半導体・AI関連成長株の最新の決算分析と今後の株価見通し – Part 2

【米国株投資】アーム・ホールディングス(ARM):チップレット技術と有望な半導体銘柄への考察 – Part 1

【米国株投資】アーム・ホールディングス(ARM):チップレット技術と有望な半導体銘柄への考察 – Part 2

【米国株投資】クアルコム / QCOM:今後の更なる成長が期待出来る魅力的な半導体関連銘柄 – Part 1

【米国株投資】クアルコム / QCOM:今後の更なる成長が期待出来る魅力的な半導体関連銘柄 – Part 2

【米国株投資】エヌビディア / NVDA(NVIDIA Corp:年間予想配当利回り0.03%):注目の半導体・AI関連銘柄の株価分析と今後の展望

【米国株投資】エヌビディア / NVDA(NVIDIA Corp:年間予想配当利回り0.03%):注目の半導体・AI関連銘柄から学んだ配当と株価リターンに関する教訓

【米国株式投資】ラム・リサーチ / LRCX(Lam Research:予想配当利回り0.95%):注目の半導体関連銘柄の24年度第2四半期決算・株価分析と今後の展望

【米国株式投資】ラム・リサーチ / LRCX:注目の半導体関連銘柄の最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年2月1日 / Lam Research )

【米国株投資】ドラフト・キングス / DKNG:インベスター・デイのハイライト

【米国株投資】ドラフト・キングス / DKNG:分岐点となり得る四半期、2024年は強力なフリーキャッシュフローに期待

【米国株投資】アップル / AAPL :なぜ同社の株式より社債の方が魅力的に見えるのか?

【米国株投資】メタ(フェイスブック) / META:広告・AI・メタバースの三本柱からなる魅力的なテクノロジー企業の株式分析と市場トレンドに基づく今後の展望 – Part 1

【米国株投資】メタ(フェイスブック) / META:広告・AI・メタバースの三本柱からなる魅力的なテクノロジー企業の株式分析と市場トレンドに基づく今後の展望 – Part 2

【米国株投資】ダイナトレース / DT:収益成長とバリュエーションの改善が期待出来る注目のオブザーバビリティ(可観測性)・AI関連テクノロジー企業

【米国株式投資】アルファベット・グーグル / GOOG・GOOGL:最新の決算・株価分析と今後の見通し(2024年1月31日 / Alphabet )

【米国株式投資】アルファベット・グーグル / GOOG・GOOGL:メタとは対照的に無配当を継続するGAFAMの一角の最新の決算分析と今後の株価見通し(2024年2月5日 / Alphabet)

【米国株式投資】アドバンスト・マイクロ・デバイセズ / AMD:人気の半導体・AI関連成長株の最新の決算・株価分析と今後の見通し – Part 1(2024年2月8日 / Advanced Micro Devices)

【米国株式投資】アドバンスト・マイクロ・デバイセズ / AMD:人気の半導体・AI関連成長株の最新の決算・株価分析と今後の見通し – Part 2(2024年2月8日 / Advanced Micro Devices)

免責事項:本レポート上で紹介する情報は、投資教育を目的としております。その為、本情報は、特定の証券の売買や投資戦略を勧誘するものではありません。また、私は税務、法律、会計に関する助言は一切いたしません。投資には常にリスクが伴い、リターン、あるいは、元本が保証されているものではない点にご留意ください。私の知る限りでは、私は自らの分析に、虚偽、または、重大な誤解を招く記述や事実の省略が含まれていないと認識しております。特定の投資助言における過去のパフォーマンスは、特定の状況、または、市場の出来事、投資の性質、および、タイミング、ならびに、投資に関連する制約についての知識がない限り、依拠すべきではありません。私は、チャート、グラフ、計算式、推奨銘柄について述べたり、表示したりすることがありますが、これらはそれ自体でどの証券を売買すべきか、あるいはいつ売買すべきかを決定するために使用されることを意図しておりません。このようなチャートやグラフは、限られた情報しか提供していないため、それだけで投資判断を下すべきではありません。実際に投資をする際には、ライセンスを保有する金融の専門家にご相談されることを強くお勧めします。ここに記載された意見は、あくまでも私個人のものであり、予告なしに変更されることがあります。また、参照した意見やデータは本レポートの発表日時点のものであり、市場や経済状況の変化により変更される可能性があります。

アナリストによる開示:私は、この記事で言及されている企業の株式に関するポジションを現時点で保有しておらず、また、今後5日以内にそのようなポジションを持つ予定もありません。また、本記事は、私個人の見解に基づき、独自に執筆したものです。私は、インベストリンゴからの報酬を除き、この記事に対して、いかなる報酬も受け取っておりません。また、本文書で言及している企業とは、いかなる商業的関係も有しておりません。

インベストリンゴによる開示:インベストリンゴは、当社コンテンツ・クリエイターが、自身の専門・得意領域に関する情報・知識を、当社のユーザーと共有する事を目的とする米国株特化型のコミュニティです。本サイトのコンテンツは、投資教育、並びに、投資情報の提供のみを目的としており、特定の投資家に対して、投資、税務、法律等のアドバイスを提供することを意図しておりません。加えて、Investlingo Japan合同会社は、日本においてライセンスを保有する証券会社、投資顧問業者、または、投資銀行ではございません。ここで述べられている意見や見解は、あくまでも、各コンテンツ・クリエーター個人の見解であり、Investlingo Japan合同会社の立場を反映しているものではございません。当社のコンテンツ・クリエーターは、個人投資家を含む独立したブロガー・アナリストから構成されており、公的機関等からの金融関連のライセンスを取得していない場合もございます。その為、本サイト上のいかなる情報も、インベストリンゴ、または、弊社プラットフォーム上の第三者による、金融商品の推奨、或いは、投資助言として解釈されるべきではありません。インベストリンゴは、弊社プラットフォーム上の情報に基づいて行われるいかなる投資決定に対して、一切責任を負わず、各ユーザーが単独で責任を負う点にご留意ください。

アナリスト紹介

イアニス・ゾルンパノス
拠点:キプロス
セクター:北米高配当銘柄、テクノロジー

ゾルンパノス氏は、詳細なビジネス分析を通じてデューデリジェンス・プロセスを向上させることを目的とした株式市場調査プラットフォーム、「Yiazou Capital Research」の創設者。以前はDeloitteとKPMGで外部監査と内部監査、コンサルティング業務に従事。公認会計士資格を保有し、ACCAグローバルのフェロー・メンバー。また、英国の一流ビジネススクールで学士号と修士号を取得。

上部へスクロール