【米国株投資】アメリカン・ファイナンシャル・グループ / AFG(年間予想配当利回り:3.9%):保険株への投資を通じて、パッシブ・インカムを実現 – Part 2

Ticker: AFG / 2408文字 / 所要時間5分程度 / Buy / ヴェンカット・ラガーヴァン

サマリー

  • 保険会社は、多くの場合、投資家に対して、信頼性が高く、予測可能な収入源を提供している
  • 保険会社のビジネスは、金利上昇の追い風に直面しており、彼らの投資は、低リスクの資産クラスで魅力的なリターンを提供している
  • ここでは、100年以上の歴史を持ち、堅実な株主還元を行っているアメリカン・ファイナンシャル・グループについて説明する

はじめに

保険は、私達の生活の最も基本的な側面において、しばしば必須要件となっている。

車を運転するためには自動車保険に加入することが法的に義務付けられているし、住居には住宅所有者保険や借家保険があり、購入する商品や旅行には保険をかけるオプションがある。

人々は、自分の経済的な幸福を、自分の寿命に照らし合わせて保険をかけ、保険商品がそれに救いの手を差し伸べるのである。

これは企業にも当てはまる。

例えば、賠償保険、ランオフ保険、サイバー保険、損害保険が挙げられるが、これらは、規制上の要件から、あるいは、不測の事態による事業全体のダウンを防ぐために、加入・維持が義務付けられている幾つかの保険のほんの一部に過ぎない。

現代経済における重要な要件である保険商品のスティッキネスを評価し、この保険事業の強みを、私達のパッシブ・インカムへのニーズに活用したいと考えている。

そこで、ここでは、1872年から続く、保険業界の素晴らしい高配当銘柄であるアメリカン・ファイナンシャル・グループについて説明する。

関連記事:高配当銘柄

【米国株投資】コストコ(年間予想配当利回り 2.4%)/ COST:継続して成長する配当が魅力的な大手小売企業 – Part 1

【米国株投資】AT&T(年間予想配当利回り 6.7%)/ T :魅力的な高配当を提供する大手テレコム企業 – Part 2

【米国株投資】ウィリアムズ・カンパニーズ / WMB(年間予想配当利回り:5%):魅力的な高配当の中流企業を探る – Part 2

【米国株投資】ONEOK(ワンオーク)/ OKE(年間予想配当利回り:5.6%):魅力的な高配当の中流企業を探る – Part 1

【米国株投資】ザイレム / XYL:高配当エッセンシャル・サービス銘柄に注目、「成長するキャッシュ・フローの蛇口を開けろ」- Part 1

2:アメリカン・ファイナンシャル・グループ(年間予想配当利回り:3.9%)

世界中に120以上の拠点を持ち、7,500人の従業員を抱えるアメリカン・ファイナンシャル・グループ(AFG)は、特殊損害保険分野のリーダーである。

AFGの投資家向けプレゼンテーション

Part 1で述べたように、保険会社にとって、保険引受の収益性は最も重要である。

これは、保険会社が、自らが購入するリスクに価格をつける能力を測るものであり、長期的には、徴収した保険料が支払保険金を上回らなければならない。

総合コンバインド・レシオとは、保険引受収益性を測定するために使用される世界的な保険指標であり、 契約者からのクレームによって発生した損害と費用の合計を、保険契約から得られた収入保険料で割ったものである。

この指標が100%を超えるということは、保険会社が保険料の回収よりも保険金の支払いを多く行っていることを意味する。

同社は 、10年連続でコンバインド・レシオが94%以下であったことから、保険引受の質に関する基準を、社内で確りと定めていると言える。

また、同社は、2023年度について、特殊損害保険の総合コンバインド・レシオを89~91%とし、堅調な保険引受における収益性を示している。更に、同社は、優れたバランスシートを維持しており、大手信用機関からA+/A1の格付けを受けている。

投資家は、AMベスト社から115年以上連続で「A」以上の評価を得ている米国企業は4社しかなく、同社はそのうちの1社であることに留意しなければならない。

同社の普通株は、過去10年間のトータル・リターンが約280%で、インデックスを大きく上回っており、株主にとって非常に有益な投資対象である。

同社は、金融システムを麻痺させ、大手銀行や保険会社が配当の支払いを停止、あるいは、減額する原因となった世界的な金融危機を経ても、18年連続で毎年増配を実施している。

同社は、一株当たり0.71ドルの普通配当を支払っている。

この配当に基づくと、配当性向は27%(年初来ベース)であり、株主還元に対する実質的な安全性と、同社が何度も実施してきた特別配当に対する十分な余力を示している。

最近、同社の取締役会は 、2023年11月22日に支払う1株当たり1.5 ドルの特別配当を承認した。

この支払いを含めると、AFGの利回りは3.9%となる。

同社の債券ポートフォリオの93%は投資適格証券であり、同社が金利上昇という好機に恵まれていることを示している。

保険大手である同社は、2030年まで債務の満期がなく、4億5,000万ドルのクレジットラインからの借入もない。

更に、同社は、第3四半期末時点で、12億ドルの現金と短期固定満期債券を保有しており、市場の混乱時でも、しっかりと収益を確保するために必要な流動性を保持している。

同社が追求する株主還元は配当だけではない。

同社は、積極的に自社株買いを行っており、2023年度の9ヶ月間で1億5300万ドルの自社株買いを行った。

更に、同社は、金融機関が生き残りをかけて資金調達に奔走していた2008年前後の世界金融危機の中、自社株買いに奔走していた。

カール・リンドナー・ジュニア(Carl Lindner, Jr.:1973年に同社を買収)の家族、会社の役員、職員のための退職年金制度が、同社の普通株の24%を所有していることからも、経営陣の意思決定と、株主の利益が一致する可能性が高いことを示している。

同社の利回りは小さく見えるかもしれないが、私は、同社のことを、長期に渡って予測可能なキャッシュを提供し続ける素晴らしいマシンであると見ている。

10年前に同社に1万ドル投資した場合、18,955ドルの配当収入を得ることが出来ただろう。

そして、この配当収入に加えて、その時点より、同社株は95%も上昇しているのである。

Portfolio Visualizer

アメリカン・ファイナンシャル・グループは、非常に良く経営されている企業であり、かなり自社株式をインサイダーが所有している。

普通株式はPERが9.5倍と魅力的な価格で取引されており、配当は非常に余裕のある配当性向で支払われており、更に、同社は多額の特別配当を支払っている。

以上より、私は、利回りが3.9%の同社は、パッシブ・インカム(受動的な収入)を求める投資家のニーズを満たす、最適のキャッシュ・マシンであると考える。

関連記事:高配当銘柄

【米国株投資】メドトロニック / MDT(年間予想配当利回り:3.9%):MedTech(メドテック)業界における高配当銘柄 – Part 2

【米国株投資】アボット・ラボラトリーズ / ABT(年間予想配当利回り:2.1%):MedTech(メドテック)業界における高配当銘柄 – Part 1

【米国株投資】マニュライフ・ファイナンシャル / MFC(年間予想配当利回り:5.8%):保険株への投資を通じて、パッシブ・インカムを実現 – Part 1

【米国株投資】バンク・オブ・ノバスコシア / BNS(年間予想配当利回り:7.5%):退職後の生活を支える2つの高配当銘柄 – Part 2

【米国株投資】ハンティントン・バンクシェアーズ / HBAN(年間予想利回り:6.5%):退職後の生活を支える2つの高配当銘柄 – Part 1

免責事項:本レポート上で紹介する情報は、あくまでも私個人の意見であり、投資教育を目的としております。その為、本レポートは、特定の投資家に対して、どのような投資が適切であるかについて、推奨、または、助言するものではございません。また、過去のパフォーマンスは、将来の結果を保証するものではございません。Venkat Raghavan、または、Finfluencer Inc.は、政府より認可を受けた証券ディーラー、ブローカー、投資アドバイザー、投資銀行ではございません。その為、当社の分析は、規制当局からの免許、または、認可を受けていない著者により執筆されている可能性がある点にご留意ください。以上より、実際に投資をする際には、ライセンスを保有する金融の専門家にご相談されることを強くお勧めします。

アナリストによる開示:私はAFGに関するロング・ポジションを現在保有しております。また、本記事は、私個人の見解に基づき、独自に執筆したものです。私は、インベストリンゴからの報酬を除き、この記事に対して、いかなる報酬も受け取っておりません。また、本文書で言及している企業とは、いかなる商業的関係も有しておりません。

インベストリンゴによる開示:インベストリンゴは、当社コンテンツ・クリエイターが、自身の専門・得意領域に関する情報・知識を、当社のユーザーと共有する事を目的とする米国株特化型のコミュニティです。本サイトのコンテンツは、投資教育、並びに、投資情報の提供のみを目的としており、特定の投資家に対して、投資、税務、法律等のアドバイスを提供することを意図しておりません。加えて、Investlingo Japan合同会社は、日本においてライセンスを保有する証券会社、投資顧問業者、または、投資銀行ではございません。ここで述べられている意見や見解は、あくまでも、各コンテンツ・クリエーター個人の見解であり、Investlingo Japan合同会社の立場を反映しているものではございません。当社のコンテンツ・クリエーターは、個人投資家を含む独立したブロガー・アナリストから構成されており、公的機関等からの金融関連のライセンスを取得していない場合もございます。その為、本サイト上のいかなる情報も、インベストリンゴ、または、弊社プラットフォーム上の第三者による、金融商品の推奨、或いは、投資助言として解釈されるべきではありません。インベストリンゴは、弊社プラットフォーム上の情報に基づいて行われるいかなる投資決定に対して、一切責任を負わず、各ユーザーが単独で責任を負う点にご留意ください。

アナリスト紹介

Venkat Raghavan ヴェンカット・ラガーヴァン
拠点:カナダ
セクター:北米高配当銘柄

テクノロジー・アドバイザーのラガーヴァン氏は、高配当銘柄を中心に投資アイデアを執筆。執筆活動以前は、米国とカナダにて、経営コンサルタントとして、主にフォーチュン500社に含まれる大手テクノロジー企業を中心に、コンサルティング・サービスを提供。彼は、強固なファンダメンタルズと競争優位性を持ち、更に、巨大なキャッシュフローを生み出す可能性のある魅力的なビジネスモデルを特定・評価するプロフェッショナル。その為、インカム・ゲイン(配当収入)と長期キャピタルゲインを同時に狙える割安な高配当成長銘柄を投資対象としている。

上部へスクロール