【米国株投資】アドビ / ADBE:継続的な高い成長率と収益性に期待が高まる

Ticker: ADBE / 3505文字 / 所要時間8分程度 / Buy / ドノヴァン・ジョーンズ

サマリー

  • 2023年第3四半期決算で力強い成長と収益性を報告
  • 決算では、同社への急速な需要増加傾向を示している
  • アドビに対する私の見通しは、約562ドルで「買い」である

アドビについて

アドビ(ADBE)は9月14日、2023年第3四半期決算を発表し、売上高、および、コンセンサスの利益予想を上回る着地となった。

同社は、デジタル・メディア、デジタル・エクスペリエンス、デジタル出版&広告ソフトウェアを世界中に提供している。

アドビの売上高と収益性、そして1株当たり予想利益が好調であることから、アドビに対する私の見通しは、1株当たり約562ドルで「買い」である。

概要

アドビの主要製品には、Photoshop、Illustrator、InDesign、Acrobat、Lightroom、Premiere Proなどがある。

同社の最高経営責任者は、シャンタヌ・ナライエンであり、アップルやシリコングラフィックスで製品開発を担当した後、アドビに入社した。

同社は、セールスやマーケティング活動、パートナー・プログラムを通じて、新規顧客を獲得している。

モルドール・インテリジェンス(Mordor Intelligence)によると、アドビが事業を展開するデジタル・メディア市場規模は、2026年までに3,347億ドルに達し、2021年から2026年までの年平均成長率は11.9%になると予想されている。

また、アドビの主な競合他社は以下の通りである。

  • Corel:Illustratorと競合するCorelDRAW、Photoshopと競合するCorel Photo-Paint、Premiere Proと競合するCorel VideoStudio等、アドビの製品と直接競合するクリエイティブ・ソフトウェア製品を提供している。コーレルはバリュー重視の顧客をターゲットにしている。
  • Autodesk:同社のAutoCADとMaya製品は、デザインやエンジニアリングの専門家向けのアドビのクリエイティブツールと競合している。また、AutoCADは、アドビの技術図面用Illustratorと競合している。更に、Mayaはアドビのアニメーションやモデリングツールと競合している。
  • Nuance Communications:Nuanceは、Adobe Acrobatと直接競合するPower PDFのようなPDF、および、文書管理ソフトウェアを提供している。Nuanceは、自社プロダクトを、より手頃な価格のアクロバットの代替プロダクトと位置づけている。NuanceはOCR、スキャン、アクセシビリティ・ツールも提供しており、アドビ製品の一部と重複している。
  • Microsoft:Microsoft OfficeやPowerPointなどの製品を通じて、クリエイティブ・ソフトウェアやドキュメント・ソフトウェアでアドビと競合している。
  • Apple:Final Cut Pro、Logic Pro、Xcodeといった、アップルのクリエイティブ・プロ・アプリケーションは、アドビのクリエイティブ・ツールと競合している。
  • Google:ウェブベースのクリエイティブ・アプリケーションを提供しており、アドビの製品の一部と競合している。
  • Wondershare:アドビ製品の一部を低価格で提供する、クリエイティブ、および、PDFソフトウェアを作成している。
  • Affinity:アドビのCreative Cloudアプリケーションと競合する、手頃な価格のグラフィックデザインと写真編集ソフトウェアを提供している。
  • Canva:Canvaの無料グラフィックデザインツールは、PhotoshopやIllustratorの一部機能と競合している。

アドビの最近の財務動向

四半期ごとの総売上高(Total Revenue)は増加し続けており、四半期ごとの営業利益(Operating Income)も増加傾向にある。

画像

四半期別売上総利益率(緑色の線:Gross Margin Profit)は横ばい、四半期別総売上高に占める販売費および一般管理費の割合(茶色の線:Selling, G&A % of Revenue)は狭い範囲でわずかに変動している。

画像

希薄化後1株当たり利益(赤色の線:Earnings Per Share)は、ここ数四半期で大幅に増加している。

画像

(上記グラフのデータは全てGAAPベース)

一方で、過去12ヶ月間で、アドビの株価は87.56%上昇したのに対し、iシェアーズ・エクスパンデッド・テクノロジー・ソフトウェアETF (IGV)の株価は41.8%上昇した。

画像

貸借対照表では、現金、および、現金同等物と短期投資が75億ドル、長期債務が36億ドルとなっている。

12ヶ月間のフリーキャッシュフローは76億ドルで、その間の資本支出は4億400万ドルであり、加えて、過去4四半期に17億ドルの株式報酬を支払っている。

関連記事

【米国株投資】ズーム・ビデオ・コミュニケーションズ / ZM:同社の魅力的なキャッシュフローと業績に注目

【米国株投資】サムサラ / IOT:売上高は急成長するも、高止まりする営業損失が懸念材料

【米国株投資】ブロードコム / AVGO:将来フリー・キャッシュ・フロー15倍のバリュエーションは割安で魅力的柄

【米国株投資】ブロードコム / AVGO:誇大広告が少なく、持続可能性が高い魅力的な半導体関連銘柄

バリュエーションとその他の指標

以下は、同社に関連するバリュエーションの表である。

画像

成長、利益、フリー・キャッシュ・フローに余裕のある前提を用いたディスカウント・キャッシュ・フロー法に基づくと、同社の株価は、現在の562ドルに対して、約523ドルで評価されることになり、現時点では過大評価されている可能性があることを示している。

40%ルールとは、ソフトウェア業界の経験則であり、売上高成長率とEBITDA成長率の合計が40%以上であれば、その企業は、ソフトウェア企業として、許容できる成長とEBITDAの軌道に乗っていることを示すものである。

アドビの直近の調整前40%ルールの計算値は、2023年第3四半期決算時点で44.6%であったため、下表の通り、この点で同社は非常に良好な業績を上げている。

画像

アドビに関するコメント

2023年第3四半期決算を対象とした前回の決算説明会では、経営陣が準備していた発言の中では、以下の点が強調された。

・第3四半期の売上高が、前年同期比13%増の48億9000万ドルとなり、過去最高を記録した。

・デジタルメディアの第3四半期の売上高は、前年同期比14%増の35億9,000万ドル。

・Creative Cloudの売上高は、前年同期比14%増の29億1,000万ドル。

・ドキュメント・クラウドの売上高は、前年同期比15%増の6億8500万ドル。

・デジタルエクスペリエンス第3四半期の売上高は、前年同期比11%増の12.3億ドル。

・第3四半期末の残存履行義務(受注残高)は157億2000万ドルで、為替調整後では前年同期比13%増。

・第3四半期の営業キャッシュフローは18.7億ドル。

・期末の現金、および、投資残高は75.2億ドル。

・第3四半期に210万株を10億ドルで買い戻した。

・自社株買い枠は31.5億ドル。

・第4四半期の売上高ガイダンスは、49億7,500万ドル~50億2,500万ドル。

・Non-GAAPベースのEPSガイダンスは、4.10~4.15ドル。

・主な成長要因は、新規ユーザーの獲得、Creative CloudとDocument Cloudの採用、Adobe Experience Platform、Experience Cloudのネイティブアプリとのこと。

長期借入金はあるが、同社の財務状況は極めて良好で、流動性は潤沢で、フリーキャッシュフローの水準も非常に高い。

更に、アドビの40%ルールのパフォーマンスも素晴らしい。

今後の見通しとして、今年度の予想売上高成長率は10.1%であるのに対し、前年度の成長率は11.5%である。

株価の上昇要因としては、デジタル・メディア・パッケージにAIの要素が組み込まれ、ユーザーの導入が促進される可能性がある点である。

アドビの売上高と収益性の伸び、更に1株当たりの予想利益を考慮すると、私の見通しは、1株当たり約562ドルで「買い」である。

免責事項:本レポートは投資教育を目的としており、金融、法律、投資のアドバイスを意図しておりません。また、本レポート上の情報は、誤りを含む可能性、時間の経過に伴い無関係となる可能性、また、予告なく変更・削除される可能性があります。加えて、私は投資アドバイザーのライセンスを保持しておりません。その為、投資の意思決定を下す際には、自身の財務状況について、自らの責任で調査を行ってください。更に、過去のパフォーマンスは、将来の結果を保証するものではありません。米国上場企業、または、IPO銘柄への投資は、常に大きな変動と損失リスクを伴う可能性がある点にはご留意ください。

アナリストによる開示:私は、この記事で言及されている企業の株式に関するポジションを現時点で保有しておらず、また、今後5日以内にそのようなポジションを持つ予定もありません。また、本記事は、私個人の見解に基づき、独自に執筆したものです。私は、インベストリンゴからの報酬を除き、この記事に対して、いかなる報酬も受け取っておりません。また、本文書で言及している企業とは、いかなる商業的関係も有しておりません。

インベストリンゴによる開示:インベストリンゴは、当社コンテンツ・クリエイターが、自身の専門・得意領域に関する情報・知識を、当社のユーザーと共有する事を目的とする米国株特化型のコミュニティです。本サイトのコンテンツは、投資教育、並びに、投資情報の提供のみを目的としており、特定の投資家に対して、投資、税務、法律等のアドバイスを提供することを意図しておりません。加えて、Investlingo Japan合同会社は、日本においてライセンスを保有する証券会社、投資顧問業者、または、投資銀行ではございません。ここで述べられている意見や見解は、あくまでも、各コンテンツ・クリエーター個人の見解であり、Investlingo Japan合同会社の立場を反映しているものではございません。当社のコンテンツ・クリエーターは、個人投資家を含む独立したブロガー・アナリストから構成されており、公的機関等からの金融関連のライセンスを取得していない場合もございます。その為、本サイト上のいかなる情報も、インベストリンゴ、または、弊社プラットフォーム上の第三者による、金融商品の推奨、或いは、投資助言として解釈されるべきではありません。インベストリンゴは、弊社プラットフォーム上の情報に基づいて行われるいかなる投資決定に対して、一切責任を負わず、各ユーザーが単独で責任を負う点にご留意ください。

アナリスト紹介

Donovan Jones ドノヴァン・ジョーンズ
拠点:米国
セクター:テクノロジー・IPO

ジョーンズ氏は、米国を拠点とする株式リサーチのスペシャリストであり、15年にわたり、米国のソフトウェア関連企業やIPO企業の投資を分析。主に、「高成長テクノロジー銘柄」、「消費者関連銘柄」、「資本財・サービス関連銘柄」、「メディア関連関連」、「ライフサイエンス銘柄」に焦点を当て、ファンダメンタル分析を用いて企業分析を実施。

上部へスクロール