【米国株投資】アボット・ラボラトリーズ / ABT(年間予想配当利回り:2.1%):MedTech(メドテック)業界における高配当銘柄 – Part 1

Ticker: ABT / 2430文字 / 所要時間5分程度 / Buy / ヴェンカット・ラガーヴァン

サマリー

  • ヘルスケア・セクターは、先進国の高齢化現象から追い風を受けている重要なセクターである
  • 医療機器関連株は、ウェイト・ロス(体重減少)新薬の登場により、長期投資家に絶好の買いの場を提供している
  • 当レポートでは、ヘルスケア・セクターをリードし、力強い成長を遂げ、安定したインカムポートフォリオ構築にフィットすべく配当金を継続して増やしているアボット・ラボラトリーズを取り上げたい

はじめに

医療技術の急速な進歩により 、何百万人もの人々が、より長く、より健康で、より生産的な 生活を送ることができている。

栄養補助食品からインプラント、人工装具から放射線治療まで、医療技術は患者と医療提供者の利益のために医療現場を大きく変えてきた。

全体として、これらのテクノロジーは生活の質を向上させ、入院期間を短縮し、かつては不治の病であった生命を脅かす病気を克服するのに役立っている。

1980年以降、先進医療技術のおかげで、病院で過ごす患者日数が38%減少したことは注目に値する。

技術、装置、機器、診断テスト、健康情報システム等を開発、製造、販売する企業は、人々の寿命を延ばすために、病気の早期発見、より侵襲性の低い処置、より効果的な治療法というサポートを提供している。

治療法へのアクセスが広まった結果、先進国では急速に高齢化が進んでいる。

米国では、高齢者人口(65歳以上)が5,580万人に達している(僅か10年で38.6%増)。

G7諸国では、日本が最も高齢化率が高く(28.5%)、多くの欧州諸国とカナダは、米国よりも高齢化率が高いと報告されている。

恐怖に満ちた市場は不合理な市場である

金利が上昇し、ノボノルディスク社の「オゼンピック」という新しい減量薬が人気を集める中、市場は医療機器への影響についてヒステリックになっている。

市場は、全ての患者が減量薬に頼るようになり、それによって患者がより健康になり、心血管治療やその他の病気の必要性が大幅に減少すると考えている。

下図は、現在の治療法に関して、減量薬の普及によって影響を受ける可能性のある全ての疾患を示している。

(出典:ブルームバーグ

市場は間違っている。

専門家は、患者が永久に服用(月1000ドル)する意思がない限り、この薬は病気の一時的な解決策に過ぎないと考えている。

これでは、病気や疾患の長期的な解決策とされる手術やその他の治療の必要性を先延ばしにしているに過ぎない。

しかし、短期的な非合理的な市場の動きにより、MedTech(メドテック)セクターの時価総額は3億ドル以上減り、長期投資家にとっては、ロング・ポジションを作る大きなチャンスとなっている。

ここでは、配当王である、アボット・ラボラトリーズを見てみよう。

関連記事:高配当銘柄

【米国株投資】コストコ(年間予想配当利回り 2.4%)/ COST:継続して成長する配当が魅力的な大手小売企業 – Part 1

【米国株投資】AT&T(年間予想配当利回り 6.7%)/ T :魅力的な高配当を提供する大手テレコム企業 – Part 2

【米国株投資】ウィリアムズ・カンパニーズ / WMB(年間予想配当利回り:5%):魅力的な高配当の中流企業を探る – Part 2

【米国株投資】ONEOK(ワンオーク)/ OKE(年間予想配当利回り:5.6%):魅力的な高配当の中流企業を探る – Part 1

【米国株投資】ザイレム / XYL:高配当エッセンシャル・サービス銘柄に注目、「成長するキャッシュ・フローの蛇口を開けろ」- Part 1

アボット・ラボラトリーズ(年間予想配当利回り:2.1%)

アボット・ラボラトリーズ(ABT)は、医薬品、医療機器、診断薬、栄養学など多様な製品を提供するグローバル・ヘルスケア企業である。

アボット社は、心血管機器、糖尿病治療、診断、成長・回復・持続可能な栄養の分野でリーダー的存在である。

アボット社の事業は160カ国にまたがり、地理的に高度に多角化されており、中核事業分野では複数の製品ラインが2桁の成長率を示している。

医療機器部門の売上高は14.7%増となり、構造的心疾患、糖尿病ケア、電気生理学、神経調節関連製品等の主要分野で、米国、および、国際市場の両方で2桁成長を達成している。

長年に渡り大きな成長ドライバーであり続けている糖尿病ケアでは、FreeStyle Libreの売上が前年同期比30.5%増という目覚ましい成長を達成し、電気生理学の海外売上高は20%以上の伸びを示すこととなった。

診断事業部門は、前年同期比10.1%増となったが、これは中核となる臨床検査診断が牽引したものであり、米国市場、および、海外で好調に推移し、2桁台の成長率を達成した。

栄養事業部門の売上高は、米国で20億7,000万ドル、海外で12億1,000万ドルと、前年同期比18%増という驚異的な伸びを達成した。

この例外的な成長には、主にシミラック(Similac:乳児用調製粉乳)の売上が力強く回復し、米国市場で41.8%増加したことが原動力となった。

小児用栄養製品の世界売上高は前年同期比20.9%増、成人用栄養製品の世界売上高は人気ブランド「エンシュア(Ensure)」に牽引され、前年同期比10.8%増となった。

医薬品部門は、心血管代謝、女性の健康促進、中枢神経系疼痛管理などの重要な分野での成長に後押しされ、売上高が11%急増し、これらの極めて重要なヘルスケア分野におけるアボットの広範囲な影響力を強調した 。

アボット社は、AA-格のバランスシートを維持し、短期借入金はなく、ポートフォリオ全体を強化するために戦略的買収を行っている。

同社は最近、9月にビッグフット・バイオメディカル(Bigfoot Biomedical)社を買収し 、糖尿病部門をさらに成長させ、先進的なインスリン管理システムを開発するのに有利な位置につけている。

減量薬の採用について経営陣は、患者が糖尿病やその他の関連疾患を管理するために、同薬と他の治療法を含めた二重のアプローチを採用しているのを目の当たりにしているとコメントしている。

一方で、アボット社は、51年連続増配中の配当王である。

1株当たり0.51ドルの四半期配当は、年換算利回り2.1%に相当し、株主は、次回の配当発表(12月予定)時に、小幅な増配が発表されることが予想できる。

同社は2023年度の予想EPSガイダンスを4.42~4.46ドルに引き下げ、年間配当の配当性向は45.9%と魅力的な水準にある。

アボット社は、2030年までに地球上の3人に1人にプラスの影響を与えることを目指している。

以上より、アボット社は、株主への配当を増やしながら、この目標を達成するのに有利な立場にあると見ている。

関連記事:高配当銘柄

【米国株投資】メドトロニック / MDT(年間予想配当利回り:3.9%):MedTech(メドテック)業界における高配当銘柄 – Part 2

【米国株投資】アメリカン・ファイナンシャル・グループ / AFG(年間予想配当利回り:3.9%):保険株への投資を通じて、パッシブ・インカムを実現 – Part 2

【米国株投資】マニュライフ・ファイナンシャル / MFC(年間予想配当利回り:5.8%):保険株への投資を通じて、パッシブ・インカムを実現 – Part 1

【米国株投資】バンク・オブ・ノバスコシア / BNS(年間予想配当利回り:7.5%):退職後の生活を支える2つの高配当銘柄 – Part 2

【米国株投資】ハンティントン・バンクシェアーズ / HBAN(年間予想利回り:6.5%):退職後の生活を支える2つの高配当銘柄 – Part 1

免責事項:本レポート上で紹介する情報は、あくまでも私個人の意見であり、投資教育を目的としております。その為、本レポートは、特定の投資家に対して、どのような投資が適切であるかについて、推奨、または、助言するものではございません。また、過去のパフォーマンスは、将来の結果を保証するものではございません。Venkat Raghavan、または、Finfluencer Inc.は、政府より認可を受けた証券ディーラー、ブローカー、投資アドバイザー、投資銀行ではございません。その為、当社の分析は、規制当局からの免許、または、認可を受けていない著者により執筆されている可能性がある点にご留意ください。以上より、実際に投資をする際には、ライセンスを保有する金融の専門家にご相談されることを強くお勧めします。

アナリストによる開示:私はこの記事で言及されている企業の株式に関するポジションを現時点で保有しておらず、また、今後5日以内にそのようなポジションを持つ予定もありません。また、本記事は、私個人の見解に基づき、独自に執筆したものです。私は、インベストリンゴからの報酬を除き、この記事に対して、いかなる報酬も受け取っておりません。また、本文書で言及している企業とは、いかなる商業的関係も有しておりません。

インベストリンゴによる開示:インベストリンゴは、当社コンテンツ・クリエイターが、自身の専門・得意領域に関する情報・知識を、当社のユーザーと共有する事を目的とする米国株特化型のコミュニティです。本サイトのコンテンツは、投資教育、並びに、投資情報の提供のみを目的としており、特定の投資家に対して、投資、税務、法律等のアドバイスを提供することを意図しておりません。加えて、Investlingo Japan合同会社は、日本においてライセンスを保有する証券会社、投資顧問業者、または、投資銀行ではございません。ここで述べられている意見や見解は、あくまでも、各コンテンツ・クリエーター個人の見解であり、Investlingo Japan合同会社の立場を反映しているものではございません。当社のコンテンツ・クリエーターは、個人投資家を含む独立したブロガー・アナリストから構成されており、公的機関等からの金融関連のライセンスを取得していない場合もございます。その為、本サイト上のいかなる情報も、インベストリンゴ、または、弊社プラットフォーム上の第三者による、金融商品の推奨、或いは、投資助言として解釈されるべきではありません。インベストリンゴは、弊社プラットフォーム上の情報に基づいて行われるいかなる投資決定に対して、一切責任を負わず、各ユーザーが単独で責任を負う点にご留意ください。

アナリスト紹介

Venkat Raghavan ヴェンカット・ラガーヴァン
拠点:カナダ
セクター:北米高配当銘柄

テクノロジー・アドバイザーのラガーヴァン氏は、高配当銘柄を中心に投資アイデアを執筆。執筆活動以前は、米国とカナダにて、経営コンサルタントとして、主にフォーチュン500社に含まれる大手テクノロジー企業を中心に、コンサルティング・サービスを提供。彼は、強固なファンダメンタルズと競争優位性を持ち、更に、巨大なキャッシュフローを生み出す可能性のある魅力的なビジネスモデルを特定・評価するプロフェッショナル。その為、インカム・ゲイン(配当収入)と長期キャピタルゲインを同時に狙える割安な高配当成長銘柄を投資対象としている。

上部へスクロール